FC2ブログ
topimage

2018-12

阪急×アートコレクターズ 「ニュースター達の美術展 2018」 - 2018.12.17 Mon

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。


阪急×アートコレクターズ
「ニュースター達の美術展 2018」

2018年12月12日(水)~17日(月) 10時~20時 (金曜と土曜は21時迄 ・ 最終日は18時迄)
阪急うめだ本店 9階ギャラリー ・ アートステージ
(大阪市北区角田町8-7)
電話番号 06-6361-1381
詳しくはこちら

・ 出品作家・・・・
泉東臣、伊藤尚尋、稲垣佳奈、稲葉知宏、井上裕起、岩田壮平、上野高、大河原典子、大路誠、
大平由香理、長田佳子、片桐聖子、金澤隆、金丸悠児、狩俣公介、川島優、川又聡、北澤龍、
釘町彰、小林範之、小林美樹、小森隼人、古家野雄紀、近藤隼次、鹿間麻衣、澁澤星、嶋中俊文、
島村信之、スタティック、関谷理、楚里勇己、平良志季、瀧下和之、田中武、タビー、冨田典子、
中島健太、並木秀俊、西岡良太、野路美樹子、八谷真弓、曳地聡美、広田稔、藤巻嶺、藤原由葵、
堀本恵美子、本多翔、松枝悠希、松岡歩、松沢真紀、松村公太、三嶋哲也、宮川佑介、毛利美穂、
望月宗生、安冨洋貴、山内大介、幸亮太、ロームカウチ、若佐慎一、など(50音順・敬称略)
〈特別出展〉 青木敏郎、有田巧、アンディ・ウォーホル、上村松園、絹谷幸二、千住博、手塚雄二、
奈良美智、バンクシー、東山魁夷、平松礼二、平山郁夫、宮北千織、村岡貴美男、吉村誠司、など
(50音順・敬称略)

・ 私は4号~8号の風景画を出品いたします。

ニュースターたちの美術展2018-02

ニュースターたちの美術展2018-01

「没後50年 藤田嗣治展」(京都国立近代美術館)へ - 2018.12.11 Tue

8時30分に家を出て、今日から2泊3日で旅行へ行っています。 行き先は京都(1日目)、滋賀(2日目)、大阪(3日目)と、範囲だけは多岐に渡っています。
1日目の目的のメインは京都国立近代美術館での「没後50年 藤田嗣治展」。
展覧会は、これまで画集で見た作品の実物を、それも大量に見られるのが嬉しいものです。

肌や衣服に施した微かなシャドウ、乳白色の地に煙のような薄いシャドウが対象の周りをモヤのようにまとわりつく様や、面相筆による細くて優美な曲線は、繊細で柔らかい印象。
落ち着いた色彩が仄かにありつつも、基本的には乳白色と背景の黒がキリッと別れていて、画面に静謐な空気を創っているように思いました。
特有の画風を確立した後も、様々な描き方を取り込み、好奇心を満たそうと生涯挑み続けていたように思えました。

年賀状作成 - 2018.12.08 Sat

年賀状は毎年秋に郵便局勤務のMさんから注文書が粗品と共に届きますので、必要事項をそれに書いて投函しておきますと、指定日に届けてくれますのでとても便利です。

illustratorを使って、作品画像を貼り、背景にグラデーションを着けました。
これまでは画像面に差出人(私の事)住所も印刷して、宛名面には印刷しないことが常でしたが、昨年から宛名面に差出人住所と、愛息・春斗の画を印刷するようにしました。 昨年は水彩画を、今回はクロッキーを載せました。

春斗クロッキー20181208(撮影)blog

錦色の庭 / 春斗ポーズ - 2018.12.06 Thu

ここ数日の寒暖差により、庭の紅葉は緑から黄、そして朱へと美しく色を変えていて、気候や季節の移り変わりを感じられます。



後ろの壁の焦げ茶色とも相まって色彩が映えます。



このところ愛息・春斗は膝に乗せるとこのように肘を掛けてきます。


まるで文豪・・・・

からの~~


アインシュタイン(笑)

クローバーの画 - 2018.12.04 Tue

このところはクローバーの画を5号サイズで描いています。
これまでも10枚ほど描いているモチーフで、毎回描き込みに苦労しているのですが、今回少しコツのような物が伺えた感じがします。
群生するクローバーがその表層から深奥へと重なる様を描くのが、透明な傘の表面に着いた水滴を描くのと似た要素があると思いました。

この次は8号サイズで同じくクローバーの画を描くのですが、既に大まかな構図等は描いています。
描きたい物も、またそれを見てもらう展覧会の予定も次々とあり、本当にありがたい限りです。あとは私の手がもっと速くなれば…と思うばかりです。

春斗さんぽ (○○跡地・・・・) - 2018.12.02 Sun

朝、愛息・春斗を散歩に誘おうとしますが、彼は毎回最初は乗り気じゃありません。


コタツから頭を出しても


しばらく固まっています(笑)。


「ん~、じゃあ行きますか。」(春斗談)

一旦外へ出ますとグイグイ進んでいきます。


グイグイ


グイグイ


「あ、ここはヤバい場所だった・・・・」(春斗談)

棚を製作 - 2018.11.30 Fri

自宅キッチンの壁に棚を着けました。


上の2つは以前からあったのですが、1番下の物を着けました。


壁と板(焼き杉板)はこんな感じで金具で留めているのですが、壁は薄く中空なので


こういった受けるパーツを壁に打った上でビスで留めます。


全ての規格を揃えて、すっきりした印象です。

冬の足音 - 2018.11.28 Wed

自宅では既にリビングにコタツ、寝室に加湿器を出しています。 ストーブはまだですが、数日前には灯油をポリタンク3つに入れてきました。これでいつでもストーブも使えます。

今年は暖冬らしく冬支度も例年より遅いのですが、それでも冬が確実に近付いているのを感じます。
愛息・春斗もいち早く、感じています。


(寒がりなんだよ~・春斗談)


行ったり来たり - 2018.11.26 Mon

先週の金曜日、マット加工してもらうべく朝イチで寺下額縁 太田営業所へ。このお店ではこれまで何度も額縁を作ってもらっています。過日同件で来店した時は直前に電話して行きましたら、すぐに加工してもらえました。
その事もあり、今回は電話せずに行きましたら、お店のシャッターが閉まっています。しばらく訳が分からなかったのですが、帰り道、祝日だから休業していたのだと気付きました。

そして今日、改めて行きましたら、今日は開いていました。 希望しています2件を記したメモを渡しましたら、2件の内の1件については在庫が不明なのでもしも時間に余裕があるなら明日にしてほしい、との事でしたので一旦帰宅しました。
しばらくして、お願いした2件の内、今回後回しにしてほしいと言われた件ではない件の方が、どちらかといえば急いでいる物でしたので、そちらだけ先に用意してもらえないかと思いました。電話しその旨を話しますと、それなら大丈夫と言われました。
一安心して2時間後、お店へ向かおうとガレージのシャッターを上げていますと、お店から着信。出ますと、担当スタッフが今日は休んでいて商品を探しきれなかった、明日は担当者が居りますのでまた明日連絡します、とのこと。

とりあえず2度目の来店しようとしていましたのが、無駄足にならずに済んだのは良かったです。

2025年 国際博覧会(万博)・大阪 - 2018.11.24 Sat

2025年に行われます国際博覧会(万博)の開催地が大阪市に決定したとのことです。
2025年5月3日~11月3日、夢洲(ゆめしま)という大阪市此花区にある人工島で。
個人的にはアゼルバイジャンのバクー(超金持ち国・笑)かも、と思っていましただけに喜びもひとしおです。

関西は高校卒業後、18年間住んでいましたのでとても馴染みがあります。
国内での大規模万博の開催は2005年の愛知万博以来20年振り、大阪では1970年以来55年振り。 1978年生まれの私にとって70年の大阪万博は当然リアルタイムでは知らないのですが、嘉門達夫さんなど関西出身の芸能人が「万博に本気で未来を見ていた」とラジオで当時を熱く語っているのを、高校生のころから聴いていて、高校卒業後関西に住むようになり実際に万博記念公園に行き、「あの熱気がここにあったのか・・・・」と独り感慨に浸ったりしたものです(笑)。

ともあれ、世界中の注目が日本に、関西に集まり、大成功しますことを祈念しています。

3連休初日 - 2018.11.23 Fri

所用あり文具店・パピア(正式名「文具マイスターパピア」)へ。 このお店、長らく「文具生活 高松店」だったのですが、昨夏いまの店名に変わりました。
お店に入りますと、お客さんの多さに驚きました。

買い物の後、同じレインボー通り沿いにあります、宮脇書店 高松南本店へ。
今度は駐車場に停められないほどです。

そういえば今日は3連休の初日でした。 画家という自営業とは言え、講師業で外勤もしていますので曜日の感覚は持っているのですが、逆に祝日を意識することは少ないです。

言葉が与えられるのを待っている - 2018.11.20 Tue

東京の画廊TのMさんよりお電話頂きました。今は広島の福山に来られているそうです。
Mさん、先月高松で一緒に夕食を食べたと思ったらその翌週に東京へ帰り、先週また高松に来ていて会って、数日前から福山に出張とのこと。もうご自身が今どこにいるかも分からなくなるんじゃないかと心配します。 
しかしこうして方々で画を紹介頂けるスタッフさんの存在があるからこそ、私が画を描いて生きていけます。
そりゃ需要超過の巨匠なら、新作を紹介するどころか画廊に飾るまでもなく、何なら描く前から売れてたりするのですが(←あ、これは少ないながら私もあるか・笑)。

スタッフさんと会ってお話を聞きますのは、お客様からのご感想や反応を聞くことが多いです。 
画をお買い上げただいたお客様で、直接お手紙が書けそうな方へは直接お礼状をお出しします。 特に希望が無ければ、個人情報保護もありますので、お店がお客様の事を作家に教えたりはしません。 

私は描いた画にそれぞれ文章を記していて、お礼状にも、お買い上げくださった画の文章を書きます。
画を描きたいと思った動機や想いは確実に在る筈なのですが、描く前の段階ではそれは言語化できるほど明瞭ではなく、描く中でそれらが炙り出されてきて、結び付き、やがて文章になる感覚です。
なので画は、描かれることを通して自身にふさわしい言葉が与えられるのを待っているのではないかと、最近はそう思っています。

日本美術家連盟 四国地区会員研修会 - 2018.11.18 Sun

所属しています日本美術家連盟の、四国地区会員研修会があり徳島へ。受付を済ませていますと旧知の方からお声をかけていただきました。母校・三本松高校のOGのFさん(三高→女子美大)も参加されていました。

内容は「人物デッサン会・バレリーナを描く」。 プロのバレリーナをモデルに、ポーズを変えながら25分、20分、15分、10分、と時間を縮めいていき、最後は30分かけて描き込みます。
最初にイーゼルの位置をクジを引いて決めるのですが、そのクジ引きで何たる運命のいたずらか、私の右隣が同連盟四国地区代表委員の河崎良行先生(彫刻家・徳島大学教授)・・・・。描画中も描きながらチラチラ河崎先生の画を見て、とても刺激を頂きました。 
舟越桂やジャコメッティもそうですが、彫刻家の描くデッサンは画家のそれとは線の使い方(意味)などが少し違っていて、形態や重心の把握など、天性のセンスや鋭さが込められているように思います。

他の参加者もそれぞれの目的に応じた描法で描きますので、カラーペーパーにパステルでかく方、水彩を使う方、ベルナール·ビュッフェのような直線的なタッチでかく方など様々でした。
私はベージュ色のクロッキー用紙に0.9mmの芯のシャープペンで描きました。
参加する前はもっと緊張して描くのに苦労するかも、と思っていましたが、そんな心配は全く杞憂で、大変楽しく集中して描けました。

普段制作では写真から作った下絵をもとに描いていますので、実物(モデル、モチーフ)を見ながら描くのは案外久し振りです。しかも私の画は風景や花が中心で、人物は肖像画では描きますが、それを除けば描きませんし。 
なので実は今週2日ほど練習しました。全部で20枚くらい。それも1枚7~8分で。 ここで慣らしておいたのと、短い時間で描く事で、ポーズによる身体の各部位の向きや重心の掛かり方など全体像を把握するのに時間がかからなくなったおかげで、余裕をもって挑めたのだと思います。

IMG_20181120_140113のコピー

イメージの確認 - 2018.11.16 Fri

以前より自宅のキッチンのリフォームを考えていて、今夏ついに具体的になり、資料をもらい検討し、先日業者の方が採寸に来られて見積もりを出してもらいました。 
そして今日、NHK文化センター高松での仕事の後、TOTO DAIKEN YKK AP高松コラボレーションショールームへ。 実際に設置されている状態を見て、具体的なイメージの確認をしました。
色はネイビー×ライトグレー。 紺は大好きな色(ひょっとしたら一番好きな色)ですので、強く推しました(笑)。

「建もの探訪」に出てくるほど個性的ではありませんが(当然・笑)、館内にはバスルームやドア、クローゼットなど多種多様な見本があり、いちいち刺激を頂けます。 平日ですが少なくない人数の方が来られていました。

治ったと思ったら - 2018.11.14 Wed

数日前、左肩に痛みが出ました。寝違えたのか疲労なのか今も不明です。
湿布を貼ったりマッサージしたりして左肩が治った頃、右肩が・・・・(笑)。意識はしていませんでしたが、知らず知らずの内に庇っていたのだと思います。
その右肩が治った今、今度は全体的に風邪気味(笑)。

私の場合風邪は毎回そうなのですが、最初に喉に違和感が表れます。 すぐに薬を飲み、アトリエではマスクをして描いています。
とにかくケアするのは喉なのです・・・・。

「第2回 讚美会」 / クリスマスツリー - 2018.11.11 Sun

高松国際ホテルでの「第2回 讚美会」へ昼から出かけました。 昨年は私の作品を特集頂きました。展覧していますと、その事が昨日の事のように思い出されました。
入り口近くの壁には同年代の同郷の画家・高松明日香さんの画が特集されていました。高松さんも在廊していて少しお話しできました。
藤田嗣治、ローランサン、カシニョール、高野野十郎、千住博、など普段なかなか見ることのできない逸品をたくさん見られて、有意義なひとときでした。

自宅では早々とクリスマスツリーを飾っています。 ハロウィンは世代的に馴染みが薄いので特に何もしないのですが、その分クリスマスに対してはウキウキしてしまいます。



春斗の散歩コース - 2018.11.10 Sat

愛息・春斗は先日散歩中にドーベルマンに吠えられて以来、玄関を出てもすぐ帰ろうとします。普段は歩いている内に納得して歩を進めるのですが(それでも往路に比べて復路の方が速い・笑)、今日はいつにも増して嫌がります。
仕方なく引き返しますと途中に脇道があり、そのルートなら彼も歩いて行けそうです。

でもこの道、このまま進んでいくと前述のドーベルマンのいる家の方向なのですが・・・・(笑)。
そんなこと春斗は知りませんので、怖い記憶のある道を避けられた安心感からか、悠々と進んでいきます。遂に件の家の前に着いてしまいました。
しかし今日はドーベルマンも吠えませんし春斗は余裕でいます。 結局そんな春斗に、私が気を焼きます。


あ~、怖かった・・・・。(春斗・談)

箱額のマージン調整 - 2018.11.08 Thu

夜の商店街を描いた新作が完成しました。 さっそく額装してみますと、何か違和感。額縁は箱額なのですが、フレームと作品が浮いているような感じ。両者の間隔がいつもより広く感じられます。

フレームと作品の間隔部分、多くの箱額では布を張っている部分に、私は水彩額で使うマット(エンボスのある厚紙)を使っています。素材を色々試した結果、作品が紙だからでしょうか、マットも同じ紙素材の方が相性が良いように思うのです。
以前は消し墨色のマットを使っていて、その時は丁度良いと思っていたのですが、今回銀色に替えたところ、膨張色だからでしょうか、同じ長さでも長く感じてしまうのです。 (その後さらに見続ける中で他の理由も浮かんできました。)

朝9時の開店と同時に寺下額縁へ電話確認し、芯も黒の黒色マットを購入。それを幅10㎜残して大きく穴を抜く加工をしてもらいました。
それを今回の額縁のマットに貼り合わせました。 すると正面から見ると周囲のフレームが内側に10㎜延長し、同時に内側の銀色が10㎜縮小されます。
怪我の功名ながら、これが新機軸へのヒントになっていく気がしています。

生徒作品 (フォンテーヌ絵画教室、NHK高松(金曜クラス)) - 2018.11.06 Tue

勤めていますNHK文化センター高松の金曜クラスと、フォンテーヌ絵画教室の、生徒さんの新作の一部を、下に載せます。
10月8日の記事にアップしましたNHK文化センター高松の月曜クラスと、NHK文化センター徳島の生徒作品(こちら)と共に見て頂ければと思います。

IMG_20181005_114910_1.jpg

IMG_20181005_114525_2.jpg

20181016121154184-01.jpg



実は上掲の作品画像は全て制作途中の状態。 それぞれのモチーフ特有の質感や立体感を最後まで詰めて描き込みましょう。
3枚目の作品ではビニール袋とポストの間にある空間、4枚目の作品では籠のツルと果実の間にある空間も、留意して描き進んでいます。

「しんわ美術展」 受賞式 - 2018.11.04 Sun

出品しています、しんわ美術展の授賞式に出るため岡山県津山市へ向かいました。
岡山駅まではマリンライナーで行き、そこからは津山線に乗り換えます。


これが津山線を走る列車。 この列車に乗るのは10年前の奈義現代美術館で企画頂いた個展のとき以来です。1時間半くらいかけて終点の津山駅に着きますと、そこには・・・・・


B'z!(笑) 
津山はB'zの稲葉さんの出身地。


のどか・・・・(笑)。

駅前のバスターミナルは10年前から変わったように思いますが記憶違いかもしれません。10年前はここからバスに乗り換えて奈義町へ行きましたが、今日は歩いて展覧会場のアルネ津山へ行きました。
会場には受賞された方が全国から来られていました。 表彰して頂いた後、私を含む3人は受賞コメントというのが設けられていました。
ご評価くださった事への感謝、今回の出品作のコンセプトとも重なる西日本豪雨災害からの復旧祈念 (物心ともに)、10年前奈義現代美術館で個展を企画頂いたことをはじめ今年1月も岡山市内の百貨店 (天満屋)で個展を企画頂くなど、岡山県との繋がりが続いている事などを話しました。

授賞式のあと、先日ご連絡頂いていたTさん(この方も数年前のグランプリ受賞者)と奈義町現代美術館へ行きました。今夏、木村克朗先生の個展で来て以来です。
館長のKさん、個展をされていましたHさんともお話しできました。
その後Tさんと津山へ戻り、Tさんの画友Sさんなど6人と夕食していますと、同席の7人中私を含む6人がガラケーユーザーということが判明(笑)。前述の奈義現代美術館の館長Kさんもガラケーユーザー(笑)。
陶芸作家の糸井さんもそうですが、個人事業主はガラケーが多いのかもしれませんし、単に世代的な物かもしれません。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
12月4日 (火)
12月18日 (火)
1月8日 (火) ※第2火
1月22日 (火) ※第4火
2月5日 (火)
2月19日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-2192.html


【これからの出品予定】
■「ニュースターたちの美術展」
12月12日(水)~17日(月)
阪急うめだ本店 9階ギャラリー
(大阪市北区角田町8-7)
電話番号 06-6361-1381

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (70)
文献・メディア (34)
絵画講座 (2)
日記 (1373)
雑記 (166)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事