topimage

2017-02

個展 「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」 - 2017.03.21 Tue

個展を企画いただきました。ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。

個展 「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」

2017年3月15日(水)-21日(火) 10時~20時 (最終日16時閉場)
京都タカシマヤ 6階美術画廊 (京都市下京区 四条通河原町西入真町52番地 )
電話番号 075- 221-8811

・ 学生時代を過ごしました京都の地で、纏まった形で作品を発表できます機会をいただき、幸せに思います。

・ 静寂の夜に煌めくカフェレストラン、デパートの待合所にある長いソファ、夜の水辺に咲くクローバー、薔薇、ユリ、紫陽花などを描きました作品を、16×16㎝の小品から162×324㎝の大作まで20余点、展観いたします。 
静かな都会の夜、内奥を照らす優しい光、夜と水に抱かれて煌めく生命・・・・。 透き通る静寂を、鉛筆で描き留めました。 永遠に続く夜の世界を、ご高覧ください。

・ 私は、3月15日(土)の10時~17時、 18日(土)の12時~20時、 19日(日)の終日、 画廊に居る予定です。 お声をかけていただければ嬉しいです。

2017京都タカシマヤ02
(DM画像面)

2017京都タカシマヤ01
(DM宛名面・紹介文)

阿吽の呼吸 - 2017.02.23 Thu

画廊Tのスタッフさんを通して画家のSさんから、愛猫・Kちゃんの動画サイトを教えてもらいました。
スタッフさんと画家Sさんとのやり取りの中にも、「猫大好きの方の」Sさんも絡んでいたそうです(笑)。

映像の中では、画家のSさんが話し終わった絶妙のタイミングでKちゃんが鳴いていて、そこには長年のパートナーとの信頼関係、阿吽の呼吸が伺われました。

猫好き同士のなせる業 / みる立場で触れますと - 2017.02.22 Wed

夕方より画廊Tへ行きました。今日からこちらでは 「絵描きと猫の物語」と題した展覧会が催されていまして、そちらの作家懇親会にお誘いいただいていました。 私の友人で先日めでたく猫ライターとしてデビューしました筋金入りの猫好きSさんも何故か(当然か・笑)誘われていました。

会場では美しい作品に囲まれ、出品作家さんと歓談でき、お料理も美味しく、とても楽しいひと時でした。
Sさんはギリギリまで仕事があったのに、駅から走って来られました。流石、猫への嗅覚、と思いました(笑)。
画廊スタッフさんや出品者さんともすぐに打ち解けられていましたのは、猫好き同士のなせる業であり、Sさんのご人徳と思います。

各作品の隣にはその作品へ文章のパネルが掲げられていて、作品を見る際の取っ掛かりになりました。 
私も京都タカシマヤでの個展(3月15日~21日)へ向けて、先日書きました。書いている時は本当に大変でしたが、みる立場で触れますと、やはりパネルが在ると良いなあと思いました。

新聞、大学の研究室への手紙 - 2017.02.21 Tue

京都タカシマヤでの個展(3月15日~21日)の情報とDM画像を、このブログのトップに上げました。

個展へ向けて、京都の各新聞、四国新聞、大学の研究室へ、告知文と、紙上やサイトにてご案内をご掲載頂きたい旨の手紙を書きました。DMと同封して投函します。 封入までの作業をし終えました。

作品への文章 - 2017.02.19 Sun

このブログの画面左の「プロフィール」にも書いています、京都タカシマヤでの個展(3月15日~21日)へ出品させて頂きます作品への文章を考えています。実際に展示されるか否か分からない物も含め、出品の可能性があります30点分、書きます。
タカシマヤのスタッフさんからお客様へ、ご説明いただきます際などでお使い頂ければと思います。

先週、全体の3分の1の点数については書きましたが、その後もまだ残っていました。
残りの20点分・・・・書きました。昨日と今日で、書きました。
先週以降少しずつ下書きをしていましたが、事務仕事は時間がかかります。

丸2日の執筆中も、個展のDMを封入する封筒へ、先付けや差出人住所を印刷したり、在る原稿のデータをつくったり。諸々の事務仕事も並行して行いました。

顔出しパネルの前で - 2017.02.16 Thu

画像は先日、葛飾区の北斎美術館へ行きました際、その帰り道に遭遇した、ひとコマです。

力士の顔出しパネルがあるのが、如何にも両国、という感じで、外国人観光客がはしゃぐのかな、と思っていましたら、パネルの前で撮影し始めました。

好きなことを仕事にする - 2017.02.14 Tue

Sさん (猫信者) からメールを頂きました。 遂に念願叶い猫に携わるお仕事に就いたSさん、初仕事となります案件を終えたそうです。おつかれ様です。

「好きなことを仕事にする。」
言葉でいうのは容易いですが、実際にやっていますと、好きだからこその大変さもあるかと思います。それでも、やっぱり好きだし、幸せですよ。

新しい眼鏡 - 2017.02.12 Sun

自宅近くのお店で、眼鏡を買いました。 これまでメインで使っていました物はデザインが気に入っていましたが、ビスが取れることが何度かあり、レンズも段々曇りやすくなっていました。

メインで使うことを念頭にしていましたら、ツルは細く自在に曲がる素材でフレームレス、横長楕円レンズの超軽量。以前と殆ど同じデザインになりました。 変わった点は、ツルが折り畳めなくなっていて、丁度全体が弛いカチューシャのような形態という点です。

毎日長時間つかう物ですから、かけているのを忘れるくらい、薄い着け心地の物が好みです。


奥(左)が以前の眼鏡、 手前(右)が新しい眼鏡。

四国の某所にて発見 - 2017.02.09 Thu

昨日の件、購買者が多い東京では既に在庫はないと思い、東京以外の街にあって通信販売もされているお店へ電話し、在庫がないか訊きました。
京都、大阪、愛知、栃木・・・・、と何軒かのお店にかけましたが軒並みありません。 宮城の某店の倉庫に1個あるだけでした。当然その1個は購入し送ってもらうよう頼みました。

仕方がない、こんなものか、と無理矢理自分を納得させながら諦められず、故郷・香川県で昔からお世話になっていますNへ、すがる気持ちで電話しました。すると受話器の向こうで店員さんは言います。「ウチではそもそもグレーは扱っていない」 と。

・・・・・・どうせ無いだろうと思いながら、四国の某所に電話しますと、在りました (驚)。
私の望んでいますサイズの商品が3個も。サイズ違いのなんて、数え切れないくらい・・・・・・。
来月にならないと受け取りに行けませんのでひと月ほど確保してもらうよう頼みました。ありがたいです。
でも大丈夫なのでしょうか、名前こそ伝えましたが、私の電話番号など何も訊かれませんでしたけど。

商品の色調変更 - 2017.02.07 Tue

以前から私が定期購入しています商品があります。色とサイズ別に10種類くらいラインナップされているのですが、その中で私はグレーの商品を愛用しています。

東京の某店にてグレーが陳列されている所を見ますと、私が思っていたグレーではなく、明らかに薄い色合いの物が在ります。 製造メーカーが商品の色調を変更するというのは、たまにあることなのですが、個人的には痛手です。
同店のオンラインショップを見ますと、「メーカー在庫なくなり次第順次新仕様に変更致します。」との文言。しかしその横にあります商品画像は従来の色でしたので、私はお店のバックヤードに以前の色の商品も在庫があるのだろうと思いました。
店員に訊きますと、全く在りません、とご回答いただきました。

だったらオンラインショップの画像は新色の物に変えて、色が変更された旨を書いておかないと、誤解しますよ・・・・。

窓の外はずっと静かで暗くて - 2017.02.06 Mon

このところは朝方まで起きて描いていることが多いです。 私の場合、仕事は朝型でも夜型でもそんなに効率は変わらないと思うのですが、冬の何が良いって、4時や5時でも窓の外はずっと静かで暗くて、夜の時間が本当に長くて、なかなか朝が来ない点です。 夏の朝のような騒がしさは正直嫌なものです。

そんな時に限って午前中に電話がかかってくるモノで、着信音で起きる事も少なくありません。応対します私の声は、明らかに寝起きと判るようです。
画廊TのMさんからお電話頂きました今日は、旧知の相手ですし、リラックスした心境のもと比較的大丈夫だったように思うのですが如何だったでしょうか。

小品を3つ描いています - 2017.02.04 Sat

描こうとしています画が3つ在り、全てに粗描きを施しています。 カットグラスに挿したヒマワリ(4号)、古い庁舎とクラシックカー (6号)、テーブルに肘を付いた人物(6号)。
3点それぞれへ、メインとなる箇所を中心に輪郭線を描き起こしたりしました。
3点を同時に進めながらも、クラシックカーの画を、少し先行して描こうと思います。

気になる箇所は序盤に或る程度詳細に描いておいた方が、(後に修正することになったとしても、) 次の段階の制作へスムーズに取り掛かれるような気がします。

猫の人の幸福な移動 - 2017.02.02 Thu

友人でライターのSさん(猫大好き) と電話で話しました。遂にこの春から移動で、猫の雑誌でも仕事をされるそうです。
好きな事に仕事で携われるなんて、喜ばしく思います。

画廊Tでは今月末、猫を描いた作品の展覧会が開催されます。
初日は2月22日。この日は、「ニーニーニー(222)」 で「猫の日」だそうです。

中国の・・・・・ - 2017.01.31 Tue

下の画像は新宿でタカシマヤから出た途端、左前方から近付いて来たモノです。



中国の旅行会社のマスコットと言っていましたが、一瞬、中国版の「ことちゃん」 かと思いました。
このゆるキャラもですが、隣のお兄さんも良い表情でした。

因みに 「ことちゃん」 は、故郷・香川県を走っています私鉄、琴平電鉄(ことでん) のマスコット。
これです。



床のパース線 / 仕事に感謝 - 2017.01.30 Mon

描いています画の、床となります部分には格子状の溝があります。斜めから見たアングルなので、奥へと向かうパース線となります。
基本的には2点透視図法で描きますが、より遠大なスケール感を感じてもらえるように工夫を施します。
現場で体感した夜の大きさ、懐の深さは、杓子定規な図法ではとても再現できるものではありませんから。

夕方、郵便受けを見に行きますと、昨年も展覧会を企画いただきました画廊Tから、グループ展の出品依頼を頂きました。
画面左の「プロフィール」 に書きました、京都タカシマヤでの個展もそうですが、お仕事のお声をかけて頂けますことは本当にありがたく思います。やる気が出ます。

紙モノの整理 - 2017.01.28 Sat

自宅に何冊かありますクリアファイルブック。昔は紙資料が情報の全てでしたので保存しておいた物も、改めて見返しますと不要なものも多く、大量に棄てました。
家電の説明書や契約書、ご掲載頂いた新聞や目録など本当に残しておきたいもの以外の、取りあえず残しておいた物は棄てました。ファイルブックも2冊省けました。

これを機に、残った資料を分野別にファイリングしました。お陰で大分整理できました。

資料作りに専念 - 2017.01.26 Thu

現在、或る案件を進めていまして、今日は現地視察でした。
諸事情により私は行けませんでしたが、JさんとKさんに行ってもらい、あとで電話やメールで詳細を伺いました。

良好に進んでいるようで何よりです。
私は当事者なのですが、このところは専ら資料作りに専念している感じがします(笑)。

遅れてるよ・・・・ - 2017.01.23 Mon

画像は本日届きました葉書です。
消印・・・・、1月4日?
遅れ過ぎでしょ?

或る画廊からの案内書なのですが、会期を過ぎています。これじゃ役目を果たしていません・・・・。

東洋オリーブ - 2017.01.22 Sun

画像は先日銀座へ行った際、香川のアンテナショップで見付けましたオリーブオイルです。
この「東洋オリーブ」、故郷・香川県では普通に見かけますし、秘密のケンミンshowでも紹介されていました。

ラベルのデザインがレトロでお洒落なのですが、この展示では、隠れてしまっています(笑)。

下絵つくりは慎重に吟味 - 2017.01.19 Thu

以前6号で描こうと作りました風景の下絵があります。それを眺めていますと、先日取材しましたクラシックカーの姿がそこに重なって見えてきました。
早速2つの画像を重ねて配してみますと、それはまさにその場所で私が想った像でした。

毎回そうなのですが、日常の中で出逢った光景を取材したりそれを素に下絵を作っても、直ぐには描かず暫くアトリエの壁に貼っています。
想いを表すのに相応しいならそれらを組み合わせて、逆に不要な物は廃して。 下絵つくりは慎重に吟味します。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 個展「煌めく夜」
3月15日-21日 京都タカシマヤ

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (53)
文献・メディア (25)
日記 (1457)
雑記 (142)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事