topimage

2017-03

個展 「 安冨洋貴展  ~煌めく夜~ 」最終日 - 2017.03.21 Tue

個展 「 安冨洋貴展  ~煌めく夜~ 」 、本日最終日でした。 今回 もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうござ いました。 そして格別のご評価の上、お買い上げいただきました皆様には、心から感謝申し上げます。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。

学生時代を過ごしました京都での開催ということもあり、昔からの友人、当時から今に至るまで私がお世話になり続けています先生、これまでの展覧会から波及していったお客様から、今も見ていただけていますことに心から感謝します。

展覧会へ臨む間や、開催期間中は、唯々自身の画の事ばかり考えているものですが、改めて、多くのお客様に見ていただける場所で、色んなスタッフさんの後押しをいただき個展を企画開催いただけることの、有り難さに感じ入る処です。

会場に飾られた全ての画を見て、お客様からご感想を伺い、そこで感じたことから今後の課題や展望が見えてきました。
この貴重な経験を糧に、これからも充実した画を描き切りたく思います。

個展 「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」 - 2017.03.21 Tue

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

個展を企画いただきました。ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。

個展 「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」

2017年3月15日(水)-21日(火) 10時~20時 (最終日16時閉場)
京都タカシマヤ 6階美術画廊 (京都市下京区 四条通河原町西入真町52番地 )
電話番号 075- 221-8811

・ 学生時代を過ごしました京都の地で、纏まった形で作品を発表できます機会をいただき、幸せに思います。

・ 静寂の夜に煌めくカフェレストラン、デパートの待合所にある長いソファ、夜の水辺に咲くクローバー、薔薇、ユリ、紫陽花などを描きました作品を、16×16㎝の小品から162×324㎝の大作まで20余点、展観いたします。 
静かな都会の夜、内奥を照らす優しい光、夜と水に抱かれて煌めく生命・・・・。 透き通る静寂を、鉛筆で描き留めました。 永遠に続く夜の世界を、ご高覧ください。

・ 私は、3月15日(水)の10時~17時、 18日(土)の12時~20時、 19日(日)の終日、 画廊に居る予定です。 お声をかけていただければ嬉しいです。

2017京都タカシマヤ02
(DM画像面)

2017京都タカシマヤ01
(DM宛名面・紹介文)

終日在廊していました - 2017.03.19 Sun

昨夜は美術画廊の前で陶芸作品を展示されていますIさんと夕食を共にしました。夜の京都に若干ドキドキしましたが、とても楽しかったです。

今日は終日在廊していました。
京都タカシマヤでの2年前の4人展の時に作品をお買い上げいただきましたKさんや、昨年末京都の画廊Hでお買い上げいただきました○さん等、お手紙でのやり取りはしていてもお会いしますのは初めてという方、ともお会いできました。
また、京都造形芸大の大阪学舎に勤めていました頃の生徒さんや、東京からおこしくださる方、そして閉店時間に程近い頃、京都造形芸大のN先生、K先生、A先生、Y先生、同期のYさんが来られて、ご高覧くださいました。
久しくお会いしていなかった方も見に来てくださり、懐かしく思いました。

個展は21日まで開催されています。ご高覧頂ければ幸いです。
私は今日で埼玉の自宅へ戻りますが、美術画廊のスタッフの皆様にはお世話になります。

画への文章 - 2017.03.18 Sat

今回の個展では、作品タイトルの横に、画への文章も併せて展示しています。

ご覧になる方からも好評で、画を見て頂くきっかけになっているのが、嬉しいです。


個展初日 - 2017.03.15 Wed

昨夜は京都駅前のホテルに泊まりました。 今朝、窓を開けますと雨。しかし少しあとでフロントを出る頃には止んでいて、昨日と同じ流れでした。
京都駅からタカシマヤのあります河原町までバスで行きました。このバスに乗るのって学生の頃以来と思います。
バス停に並ぶ人からしてそうなのですが、相変わらず京都のバスはよく混んでいます。

小雨が降ったり止んだりの天候の中、多くの方に見ていただきました。ありがとうございます。
週末の土曜日と日曜日に、在廊いたします。

画像は美術画廊の正面。 障子風の引き戸、紫色が基調の看板、と所々に「京都らしさ」が伺えます。


個展の飾り付け作業しました。 - 2017.03.14 Tue

明日から始まります個展の、飾り付けに参加するため昼前に家を出るのですが、朝、外を見ますとうっすら雨でした。 手荷物もありますので傘を差すのも気が退けていましたら、出発時間の少し前に止みました。
家を出て、自宅最寄りのJR北戸田駅へ向かう途中、郵便局へ寄り、先日作成しました確定申告を投函しました。

16時に京都タカシマヤへ着きますと、美術画廊のスタッフさんや、画廊TのMさんが片付けを始めたところでした。
ほどなくして私の画を飾り付けいただきました。

美術画廊の壁に飾られて、この空間に自作があるということに対して、何だか自分の事じゃないような、不思議な感覚になります。
未だに展覧会の度にほぼ毎回、そんな気分になります。

毎回間に合っていますが・・・・ - 2017.03.12 Sun

京都タカシマヤでの個展(3月15日~21日)へ出品します最後の1枚が夕方完成しました。この画は会場へ直接持参します。

そして夜、作品ファイルに追加します分のページをプリントアウトし、国税庁のホームページにあります、「確定申告書等作成コーナー」を使って確定申告も纏めてプリントアウトしました。
どれも予め準備は出来ていましたが、本当にギリギリです。毎回そうやって間に合っていますが、もう少し余裕が要ります。

奇跡的で貴重 - 2017.03.11 Sat

一昨日、京都タカシマヤでの個展(3月15日~21日)へ出品します画を、画廊TのMさんに集荷に来てもらいました。
最後の1点は飾り付けをします14日に、直接京都の会場へ持って行くべく、このところはラストスパートで描いていましたが、それも何とか目処がつきました。
綱渡りなスケジュール繰りですが、不思議と毎回何とかなっていきます。

それを支え可能にしている普通の日常、普段はさほど意識しない健康、これこそ、実は奇跡的で貴重な事と思います。

アイドリング状態を常に。 - 2017.03.08 Wed

京都タカシマヤへの出品作品を描きながら、次に描きます画の下絵もつくっています。まったく自転車操業です。
幾つかの案を数ヵ月前から考えていましたが、漸くサイズもテーマもピッタリと思えますものに行き着きました。

この仕事はメリハリや集中力も要りますが、アイドリング状態を常に保っておく事が必要です。

インターネット環境が変わりそう - 2017.03.06 Mon

或る案件に取り組んでいます。制作の傍ら、そのための各種手続きを電話やインターネットにてしています。
特にインターネット環境が変わりそうで、パソコン(デスクトップ、ノート) とタブレットがうまく連動できるのか不安もあり、プロバイダやNTTや携帯会社へ訊きました。
その結果、現状の契約で大丈夫そうでした。新しいサービスが増えて複雑なのですが、その辺りもキチンとフォローされているようで安心しました。

以前も電話質問しましたが、今回はより丁寧に教えてくださり、助かりました。

一度アンインストールした後に再インストール - 2017.03.04 Sat

タブレットで使っていますGoogleマップアプリに、昨日より不具合が あって難儀していました。起動しますし、現在地や目的地にピンは立てられますが、地図画像が表示されません。

一度アンインストールした後に再インストールしましたら、正常に表れるようになりました。
表示されなかった期間は案外不便なものでしたし、このやり方も欠講不安を煽られます。

MさんとSさんのビジネスバッグ  - 2017.03.02 Thu

画廊TのMさんから作品集荷の件でお電話いただきました。細かくご連絡頂けますことが、ありがたいです。
会話の中で、先日の画廊でのことが挙がり、Mさんのビジネスバッグと、私の旧知のSさんのバッグが、ブランドも色もサイズも全く一緒であったとの事でした。

MさんもSさんも、私にとっては一緒にいて大変居心地の良い方ですので、共通の何かが有るのかもしれません。

勧誘は丁寧にお願いいたします。 - 2017.02.28 Tue

アトリエで描いていましたら、インターホンが鳴りました。ドアに出ますと、新聞の勧誘でした。(Y売でした)
インターホンの鳴らし方が乱雑だったこともあり、妙に怖かったです。 寸前までオカルト動画を見ていたのもそう思った一因かもしれません (多分そうでしょう・笑)

モニターだったり、エントランスでオートロック、という環境でしたら、このテとの遭遇は無くなると思います。
飛び込み営業的な活動自体は、普通に存在する事と思いますが、相手は何の準備もなく対応するわけなので、せめて丁寧にお願いいたします。

DM投函 - 2017.02.26 Sun

このブログのトップでご案内しています京都タカシマヤでの個展 (3月15日~21日) のDMを投函しました。
昨日は日曜日も営業しています埼玉中央郵便局で、今日は自宅最寄りの戸田郵便局で、投函しました。

今回、封筒に貼ります切手を買う際、薔薇のイラストの切手がありました。薔薇はタカシマヤのイメージフラワーということで、うまい具合に入手できました。
投函しました殆どの方へはその切手を貼りましたが、お二人分、不足してしまいました。こうなりますと寧ろ、その二人・FさんとMさんはレアと言えるかもしれません。

阿吽の呼吸 - 2017.02.23 Thu

画廊Tのスタッフさんを通して画家のSさんから、愛猫・Kちゃんの動画サイトを教えてもらいました。
スタッフさんと画家Sさんとのやり取りの中にも、「猫大好きの方の」Sさんも絡んでいたそうです(笑)。

映像の中では、画家のSさんが話し終わった絶妙のタイミングでKちゃんが鳴いていて、そこには長年のパートナーとの信頼関係、阿吽の呼吸が伺われました。

猫好き同士のなせる業 / みる立場で触れますと - 2017.02.22 Wed

夕方より画廊Tへ行きました。今日からこちらでは 「絵描きと猫の物語」と題した展覧会が催されていまして、そちらの作家懇親会にお誘いいただいていました。 私の友人で先日めでたく猫ライターとしてデビューしました筋金入りの猫好きSさんも何故か(当然か・笑)誘われていました。

会場では美しい作品に囲まれ、出品作家さんと歓談でき、お料理も美味しく、とても楽しいひと時でした。
Sさんはギリギリまで仕事があったのに、駅から走って来られました。流石、猫への嗅覚、と思いました(笑)。
画廊スタッフさんや出品者さんともすぐに打ち解けられていましたのは、猫好き同士のなせる業であり、Sさんのご人徳と思います。

各作品の隣にはその作品へ文章のパネルが掲げられていて、作品を見る際の取っ掛かりになりました。 
私も京都タカシマヤでの個展(3月15日~21日)へ向けて、先日書きました。書いている時は本当に大変でしたが、みる立場で触れますと、やはりパネルが在ると良いなあと思いました。

新聞、大学の研究室への手紙 - 2017.02.21 Tue

京都タカシマヤでの個展(3月15日~21日)の情報とDM画像を、このブログのトップに上げました。

個展へ向けて、京都の各新聞、四国新聞、大学の研究室へ、告知文と、紙上やサイトにてご案内をご掲載頂きたい旨の手紙を書きました。DMと同封して投函します。 封入までの作業をし終えました。

作品への文章 - 2017.02.19 Sun

このブログの画面左の「プロフィール」にも書いています、京都タカシマヤでの個展(3月15日~21日)へ出品させて頂きます作品への文章を考えています。実際に展示されるか否か分からない物も含め、出品の可能性があります30点分、書きます。
タカシマヤのスタッフさんからお客様へ、ご説明いただきます際などでお使い頂ければと思います。

先週、全体の3分の1の点数については書きましたが、その後もまだ残っていました。
残りの20点分・・・・書きました。昨日と今日で、書きました。
先週以降少しずつ下書きをしていましたが、事務仕事は時間がかかります。

丸2日の執筆中も、個展のDMを封入する封筒へ、先付けや差出人住所を印刷したり、在る原稿のデータをつくったり。諸々の事務仕事も並行して行いました。

顔出しパネルの前で - 2017.02.16 Thu

画像は先日、葛飾区の北斎美術館へ行きました際、その帰り道に遭遇した、ひとコマです。

力士の顔出しパネルがあるのが、如何にも両国、という感じで、外国人観光客がはしゃぐのかな、と思っていましたら、パネルの前で撮影し始めました。

好きなことを仕事にする - 2017.02.14 Tue

Sさん (猫信者) からメールを頂きました。 遂に念願叶い猫に携わるお仕事に就いたSさん、初仕事となります案件を終えたそうです。おつかれ様です。

「好きなことを仕事にする。」
言葉でいうのは容易いですが、実際にやっていますと、好きだからこその大変さもあるかと思います。それでも、やっぱり好きだし、幸せですよ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 2人展「廣田真知子 & 安冨洋貴」
4月26日-5月1日 福山天満屋

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (53)
文献・メディア (25)
日記 (1469)
雑記 (143)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事