FC2ブログ
topimage

2019-10

3回で学ぶ はじめてのデッサン・水彩 - 2019.10.28 Mon

短期講座を企画いただきました。 ありがたいです。

※ 講座初回まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

IMG_20180909_224811-02.jpg

こちらのブログで生徒さんの作品画像を見た方や、実際に授業を見学に来られた方から、
「絵を描くのは初めてですが描けるのでしょうか・・・・」
「描きたいけど、他の生徒さんについていけるか不安・・・・」
といった声をよく聞きます。

そこで、初めての方もチャレンジしやすい、3回講座を企画しました。

「3回で学ぶはじめてのデッサン ・ 水彩画」

10/28、11/11、11/25 月曜 15:15~17:00 (詳細はこちら)

絵画をはじめる第一歩であるデッサンを楽しく学んでみませんか。水彩絵具で色もつけ仕上げます。
これから絵画をはじめたい方、基本から学び直したい方、絵は苦手だと思われる方も、安心してご受講ください。デッサンを通して絵画を描く喜びを味わいましょう。

NHK文化センター高松
香川県高松市浜ノ町 1-20 JR高松駅 COM高松3階
電話番号: 087-823-6677

img20190827_14073066.jpg

名前も知らなかった伴走者 - 2019.10.06 Sun

私のブログではお馴染みのこの掛け時計。



私の誕生祝いとして、母の友人からプレゼントされて以来41年間、故障せず動き続けています。
しかもこのキャラクター・「タキシードサム」が生まれたのも私と同じ1978年で、まさに私の人生すべての時を刻み、伴走しくれています。

つい最近まで名前も知らなかった皇帝ペンギンですが(笑)。

観念(イメージ)に、感受可能な形を纏わせて - 2019.09.16 Mon

先日のNHK文化センター京都での1日講座に併せて、大阪で開催されています2つの展覧会、「ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道」(国立国際美術館)と「ギュスターヴ・モロー展」(あべのハルカス美術館)へ行きました。
私の大好きな象徴主義の作家の展覧会なので、いつにも増して熱中して見ました。

19世紀末のヨーロッパ、急速に都市化が進む中で人間の精神は寧ろ不安や葛藤、物質主義への反発が起こり ます。そして神秘的で超自然的な物を、それを象徴する外界の形を借りて描く画家が現れます。
この「観念(イメージ)に、感受可能な形を纏わせて、表現する」というのは私の絵画表現の基本にある想いです。
(なので先日つくりました美術史プリントでも、歴史上あまた在る芸術活動や主張の中で、象徴主義の作家や作品の紹介に、最も多くを割きました)


グスタフ・クリムト《エミーリエ・フレーゲの肖像》
(これだけは撮影可能でした)

鉛筆画の1日講座(NHK文化センター京都) - 2019.09.12 Thu

こちらの1日講座は終了いたしました。 ありがとうございました。

鉛筆画の1日講座を開講いたします

※ 講座終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。


IMG_20180909_224811-02.jpg



NHK文化センター京都  (京都市下京区 四条通柳馬場西入ル立売中之町99 四条SETビル3F)
電話番号 075-254-8701

「挑戦・基礎デッサン ~本を描く~」
2019年9月12日(木) 10:30~12:30
講座ホームページはこちら
1niti 190912-am01
(※ 上の作品画像には眼鏡も描かれていますが、実際に講座で描くのは本のみで、眼鏡は描きません)

「写真のように描ける鉛筆画 ~バラを描く~」
2019年9月12日(木) 13:30~16:30
講座ホームページはこちら
1niti 190912-pm01

生徒作品(徳島新聞カルチャーセンター) - 2019.07.23 Tue

徳島新聞カルチャーセンターの生徒さんの作品を下に載せます。 
実際は完成作品はもっと多いのですが、私が撮り忘れたりしていて、一部のみとなっております。
今回掲載していますのは偶然、透明水彩を使った作品ばかりですが、教室では鉛筆画やアクリル画を描く方もおられて、様々な表現の画を一堂に見られるのも魅力です。


何度もタッチを重ね、岩肌や森の複雑な質感を表現しています。
岩、樹木、草、波、個々の対象を描き切り、画面の中で多くを占める寒色やモノクロームの自然物と、人工物である鳥居の朱色がコントラストを演出し、この風景の中で鮮やかに映えます。


色数も構図も絞り、見易い画面です。
メジロの黄緑の中に紫が差し込まれたり、垂れる枝が途中から黄緑に変調するなど、モチーフ間で色彩をシェアする(部分的に同じ色を配する)ことで、その対象の色彩が豊かになると同時に、画面内の統一感も出ています。


画面全体を点描的に描いた意欲作。
元の下絵は、構図や色彩が一見纏まって見える物だったのですが、それだけに、樹の陰や空も単一色で表現するのではなく、その中に紫や茶色を差し込み、色彩を豊かにしています。

赤・黄・青 - 2019.07.19 Fri


画像はアトリエがありますマンションの駐輪場。 偶然、こんな色鮮やかな並びになりました。
因みに私の自転車は、真ん中の黄色。


ステッカーにあります「un garcon monque(アン・ギャルソン・モンケ)」は、フランス語で「おてんば娘」の意(笑)。

3回で学ぶ はじめてのデッサン・水彩 - 2019.07.08 Mon

短期講座を企画いただきました。 ありがたいです。

※ 講座初回まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。


こちらのブログで生徒さんの作品画像を見た方や、実際に授業を見学に来られた方から、
「絵を描くのは初めてですが描けるのでしょうか・・・・」
「描きたいけど、他の生徒さんについていけるか不安・・・・」
といった声をよく聞きます。

そこで、初めての方もチャレンジしやすい、3回講座を企画しました。

「3回で学ぶはじめてのデッサン ・ 水彩画」

7/8、7/22、7/29 月曜 15:15~17:00 (詳細はこちら)

絵画をはじめる第一歩であるデッサンを楽しく学んでみませんか。水彩絵具で色もつけ仕上げます。
これから絵画をはじめたい方、基本から学び直したい方、絵は苦手だと思われる方も、安心してご受講ください。デッサンを通して絵画を描く喜びを味わいましょう。

NHK文化センター高松
香川県高松市浜ノ町 1-20 JR高松駅 COM高松3階
電話番号: 087-823-6677

3kai 190708-01

今回この講座を受講されるのが、初めての方、2度目の方、それぞれの描く対象を下に載せました。

1(材木と色紙)
初めてご受講の方・・・材木と色紙
(受講生作品)

2(2色の布と紙コップ)01
2度目のご受講の方・・・2色の布と紙コップ
(受講生作品)

電子書籍 「洋画1 素描と絵画」 - 2019.07.03 Wed

先日発売されました電子書籍 「洋画1 素描と絵画」 (京都造形芸術大学 東北芸術工科大学 出版局)の、第2部・第一章に「鉛筆による静物画表現」 というタイトルで、著述しています。

Amazon オンデマンド (ペーパーバック) 版 → こちら
Kindle版 → こちら

こうやって自身の制作について考えている事を、文章に纏めた物が発表されますのは実に10年振りで、本当に感無量です。

上記の他、下記サイトからも買えます。 「洋画1 素描と絵画」で検索お願いします。
■ヨドバシカメラ  yodobashi.com
■honto  https://honto.jp
■どこでも読書  http://dokodoku.jp/
■miobon 電子書籍 未来屋書店  https://mibon.jp
■シャープの電子書籍ストア COCORO BOOKS  http://galapagosstore.com/
■iBookstore  https://itunes.apple.com/jp/genre/books/id38?mt=11&itscg=

31W640sM84L.jpg

フランス語 - 2019.06.24 Mon

2年前に高松へ転居して以来、私の生活圏にはフランス語を銘打ったお店や施設が幾つかあります。
「プランタン」(自宅近くの美容室)、「ラフォーレ」(自宅近くのアパート)、「ルミエール」(自宅近くのマンション)、「パルフェ」(自宅近くのパン店)、「フォンテーヌ」(勤めています絵画教室のある画廊)・・・・・、フランス好きですね(笑)。

因みに意味はそれぞれ、「春」、「森」、「光」、「完全」、「泉」。

ショートメール - 2019.05.14 Tue

昨日の記事に書きましたKさんからのメールは、ショートメールでした。 この業界特有なのか、単なる世代的な事なのか、私の周囲は所謂ガラケーユーザーが多いです。(私はタブレットとガラケーの2台持ち)

そして今の20歳代以下の人たちには、その存在も知らない人が過半数と思われますショートメールも、ガラケー特有の機能。
それは、打てる文字数が全角最大70文字以内、しかし電話番号がそのままアドレスなのでとても簡便。 この2点だけを見ればlineのようですが、そこはあくまでメール。「既読」など出ません。(と言いますか、個人的にはこういう表示が出ない点が、楽なのですが・笑)
そもそも携帯電話でのメール機能は、最初ショートメールのみでして、そういう黎明期から携帯を使っていますと、この「限られた文字数に何とか収める」べく「工夫する」のが、とても楽しいのです。

新年度 - 2019.04.19 Fri

新年度になり、開講しています講座にも新しい生徒さんが増えていて、大変ありがたいです。
とは言え、講座によって受講者数に偏りがあり、特に金曜日のNHK文化センター高松での講座(「楽しむデッサン・鉛筆画」  第1・3金曜日 10時~13時) は、まだまだ余裕がございます。

開講中の講座はこちらに記しています。
これまで通われている生徒さん同様に、新しい生徒さんへも丁寧に指導したいです。

廊下の照明 - 2019.03.04 Mon

アトリエが入っていますマンションの、廊下の天井には電球が5つあります。それらは水銀灯のように自動的に毎日夕方には点灯し、昼間は消えています。
それが先月、私の部屋に一番近い物が点かなくなりました。不動産会社へ連絡しましたが、何も変化なくそのままというのが暫く続きました。その内6階の廊下の照明が全て点かなくなりました。

会社には既に言っていますし、再度連絡する機会がなかなか無いまま1週間ほど経った頃、1階のエレベーターのボタンに、「廊下の照明の事、会社へ連絡しました」 とのメモが貼られていました。
なんと全フロアの照明が作動しなくなっていたようです。

今では廊下の照明はきちんと点いています。
しかし今度は昼間も点いた状態のまま。 気付いた人がスイッチを入切しなくてはならなくなりました。

つられて無心に - 2019.03.02 Sat

制作中、無音では却って色々な想念が浮かんでしまうので、アトリエのイーゼル横のノートパソコンから音楽や動画を描けているのですが、最近ようやく、何もかけなくても集中できる時間を持てるようになっています。

そんなこの頃ですが、漫画家・荒木飛呂彦さんがポスター(或いは扉絵)のカラーイラストを描く制作風景を定点観測的にとった動画を最近見付けました。 今のところこれが、流しっ放しにしておくのに丁度良いです。
ミケランジェロの作品集などを参考にしながらのアイデアスケッチ、ラフ、ペン入れ、墨入れ、着彩、マスキングをし背景をエアブラシで塗布、修正加筆、と動画は流れていきます。
大作家が制作している様子が傍らで流れていますと、私もつられて無心になれます。

新講座 「3回で学ぶはじめてのデッサン ・ 水彩画」 - 2019.01.28 Mon

新講座を企画いただきました。 ありがたいです。

※ 講座初回まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています


こちらのブログで生徒さんの作品画像を見た方や、実際に授業を見学に来られた方から、
「絵を描くのは初めてですが描けるのでしょうか・・・・」
「描きたいけど、他の生徒さんについていけるか不安・・・・」
といった声をよく聞きます。

そこで、初めての方もチャレンジしやすい、3回講座を企画しました。


「3回で学ぶはじめてのデッサン ・ 水彩画」

絵画をはじめる第一歩であるデッサンを楽しく学んでみませんか。水彩絵具で色もつけ仕上げます。
これから絵画をはじめたい方、基本から学び直したい方、絵は苦手だと思われる方も、安心してご受講ください。デッサンを通して絵画を描く喜びを味わいましょう。

NHK文化センター高松
香川県高松市浜ノ町 1-20 JR高松駅 COM高松3階
電話番号: 087-823-6677

1/28、2/11、2/25 月曜 15:15~17:00 (詳細はこちら)

img20181221_22214229-01.jpg

生徒作品 (フォンテーヌ絵画教室、NHK高松(金曜クラス)) - 2018.11.06 Tue

勤めていますNHK文化センター高松の金曜クラスと、フォンテーヌ絵画教室の、生徒さんの新作の一部を、下に載せます。
10月8日の記事にアップしましたNHK文化センター高松の月曜クラスと、NHK文化センター徳島の生徒作品(こちら)と共に見て頂ければと思います。

IMG_20181005_114910_1.jpg

IMG_20181005_114525_2.jpg

20181016121154184-01.jpg



実は上掲の作品画像は全て制作途中の状態。 それぞれのモチーフ特有の質感や立体感を最後まで詰めて描き込みましょう。
3枚目の作品ではビニール袋とポストの間にある空間、4枚目の作品では籠のツルと果実の間にある空間も、留意して描き進んでいます。

ワークショップ 「鉛筆を削ることからはじめよう~濃淡で描く~」  - 2018.10.28 Sun

こちらのワークショップは終了いたしました。 ありがとうございました。
ワークショップを企画いただきました。 ありがたいです。

※ 講座初回まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

通常のブログは下方で更新しています。


はじまりのみかた vol.1 
「鉛筆を削ることからはじめよう~濃淡で描く~」


大学院を修了した2004年の春、神戸・新開地にあります神戸アートビレッジセンターでの展覧会「神戸アートアニュアル2004」へ推薦して頂き、出品参加しました。 それは同年の秋までの間、出品する作品の制作は勿論ですが、展覧会に向けての会議やインタビューDVDのための撮影、期間中のオープンミーティングなど、作家の主体性を重視した独自のプログラムがあり、この業界で触れるセルフプロデュースのトレーニングでした。
その神戸アートビレッジセンターが企画しますワークショップシリーズ「はじまりのみかた」に、お声をかけていただきました。

下記は神戸アートビレッジセンターのホームページに掲載されています紹介文です。
詳細はこちらにあります。

【記】
アートのはじまりの見方を提案し、はじまりを味方するワークショップシリーズ「はじまりのみかた」。
文化活動の入口となる様々な事柄に着目し、「体感する」「思考する」「探求する」「創造する」をキーワードに、幅広いジャンルを横断しながら企画を構成します。
シリーズを通した受講によって、参加者が文化芸術に親しみ、また自身の生活の中に文化的な視野を育むきっかけとなるような講座を目指します。

第一弾は「創造する」をキーワードとして、どの世代にも馴染みのある画材「鉛筆」に焦点を当てます。
鉛筆を用いた写実絵画を制作する画家の安冨洋貴さんを講師にお迎えし、絵を描くために適した鉛筆の削り方を学ぶほか、様々な表現技法についてご紹介いただきます。
一見簡単そうにも見える鉛筆削りは、削り方によって線の強弱や色の濃淡を変えることができ、描く前の精神統一にも繋がる大切な作業です。ぜひ、その奥深さに触れてみてください。

会場 : 神戸アートビレッジセンター (神戸市兵庫区新開地5-3-14)
日時 : 10月28日(日) 14:00~17:00
定員 : 10名
対象 : 小学高学年以上の方
講師 : 安冨洋貴(画家)

料金 : 一般1200円、かぶっクラブ会員1000円(鉛筆1ダース付き)
お問い合わせ先 : 078-512-5500
お申込み方法 : メールまたは電話からお申し込みください。

はじまりのみかた_鉛筆WSblog01

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
10月8日 (火) ※第2火
10月22日 (火) ※第4火
11月5日 (火)
11月19日 (火)
12月3日 (火)
12月17日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


■ 「50周年記念 薔薇展」
11月13日(水)~19日(火)
玉川タカシマヤ
(東京都世田谷区玉川3ー17ー1
電話 03-3709-3111)


● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html

● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (78)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1524)
雑記 (180)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事