topimage

2017-08

1日講座 「モノクロームの魅力 鉛筆で描くリンゴ」 - 2017.08.18 Fri

鉛筆画の1日講座を開講します

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。

「モノクロームの魅力 鉛筆で描くリンゴ」


2017年8月18日(金) 13:30~15:30
NHK文化センター青山 (東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館4F)
電話番号 03-3475-1151

教室ホームページはこちら

リンゴをモチーフに、鉛筆の濃淡による、モノクローム表現の魅力をレクチャーします。
画面の中でモノを立体的に描き表すために必要な理論を、丁寧にレクチャーします。
初めて取り組む方から、もう一度デッサンを見直してみたい方まで歓迎です。

春斗くんの食事情 - 2017.08.09 Wed

愛息子・春斗くん、普段はフードと細かく切ったジャーキーを混ぜたご飯をあげていますが、いつも最初にフードを咥えては脇へどかし、ジャーキーを先に食べます。
好きなものを集中的に全部、先にたべて、フードは後で気が向いた時にボソボソ食べたり、残したりしています。

あくまでマイペース。
まったく自然界では考えられない態度で過ごしています。

画像は、食事が終わって少し眠くなった春斗くん。


ペット人間化メーカー - 2017.07.25 Tue

ペット人間化メーカーというサイトにて、愛息子・春斗くん(オス・3歳)を調べました。
そうしたらこんなキャラだそうです。(笑)


「まだまだイケイケ世代?! 置いて行かれるとあせっちゃいます」 とのコメント。
もう笑っちゃうくらいピッタリ!


ギャラリーボランチ・絵画教室 - 2017.07.04 Tue

この度、新しく絵画教室を開講いたします。

※ 初回授業日まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。

ギャラリー ボランチ 
絵 画 教 室 (デッサン、水彩画、鉛筆画)

講座日時: 7月4日から、毎月第1、3火曜日 10時~12時
受講料 : 8,400円(4回分)。  見学無料、1日体験授業 2,100円
  住所 : 香川県高松市天神前7-19 2階 ギャラリー ボランチ

生徒さんお一人ごとにモチーフを設定し描いていただきます。
なので、他の生徒さんとの歩調や締切等を気にせず、ご自身が納得のいくまで描けます。
その中で適時、講師がアドバイスいたします。
鉛筆画、デッサン、水彩画など、好きな画材で描いて頂けます。

ご興味頂けましたら、画面左の 「メールフォーム」 にお名前、メールアドレス、お電話番号をご記入のうえ 「確認」をクリックし、ご送信いただきますと、こちらから詳細をご連絡差し上げます。



ボランチdm-ブログ



ボランチ地図 _ 風景写真 ブログ

アトリエの椅子 - 2017.06.28 Wed

少し前までアトリエで画を描く時に使っていました椅子、背もたれが高いからなのか理由は分かりませんが、1年近く使いましたが描くときに少し描きにくさを感じていました。
それ以前はホームセンターで買ったそれなりの物を使っていて、その椅子に対しては、特に快も不快も感じませんでした。 このままでも不満はなかったのに、換えたらこの違和感椅子・・・・。

そこで買ったのが下の椅子。 使い始めて10日くらい経ちますが何の問題もありません。
結局、画を描くための椅子なのですから、業務用っぽいものがベストなのかもしれません。


後輩? - 2017.06.14 Wed

アトリエとして使っていますマンションは、1階部分が全て駐車場と駐輪場となっています。

そこで見つけたのが、下の画像。 私の母校・S高校のステッカー・・・・。
数字から、後輩と分かります。まさか同じマンションにいるとは。

春斗くん誕生日 (という過去のネタ・笑) - 2017.06.01 Thu

タブレットに入っています過去の画像を眺めていますと、愛犬・春斗の誕生会の画像がありましたので下に貼ります。

画像に見られますように、3歳です。
そして見られますように、冬生まれです。

彼の誕生日は12月18日。これは私の父 (故人) の誕生日と同じ。
本当に奇遇です。

高松の画材店「ナルホド 成豊堂」 - 2017.05.22 Mon

画像は高松市番町にあります画材店、成豊堂(ナルホド)。「赤いクリップが目印」 という点は、銀座の超有名文具店Iと同じ(笑)。
市役所の隣という高松市のど真ん中にあり、油絵具やアクリル、水彩はもとより、日本画の顔料や箔、書画道具に至るまで、必要な大概の画材はここで不足なく買え、大変重宝しています。



下の画像は現在の成豊堂(ナルホド)の向かいにありますビル。
20数年前まではここに入っていました。
私が高校2年のときに現在のビルへ移りました。



イーゼル事情 - 2017.05.20 Sat

画面を垂直に立てて描く場合、あると便利なものにイーゼルがあります。 とは言え美術学校の学生の頃は、壁やパーテションに釘を打ち、そこにパネルを掛けて描く人の方が多数派でした。
そんな中でも私は、高校生の頃からイーゼルが使い易いと思い使っていました。
卒業後、自宅でも同じ条件で描けるように美術学校で使っていたのと同じ、トリガーイーゼルを用意しました。 その前年、大阪の某イーゼル大手メーカーDが××したため、その商品を安く買えました。
引っ越しの度に持って行っていましたが、今のマンションに入るにあたり、メインで使っていますイーゼルの上部をカットしました。高校生の頃から使っていました小型イーゼルは捨てました。

数年前から、イーゼルの上部はカットしても大丈夫では、と思っていて、今回実行しました。
そして今は殆どイーゼルの昇降機能は使わず、高さを変えて打ちつけた釘にパネルを掛けて、高さを調節しています。

まるであの頃の同級生のスタイルのようです。

内子旅行(後編) - 2017.05.07 Sun

愛媛県内子町へ行くのは昨年に続いて2度目。 泊まったホテルも訪れる街並みも前回と同じ。

このトウモロコシは飾ると格好いいと思い1ふさ買いました。


昨年来たときは1年で最も暑い日だったと思います。 今回季節は春真っ只中。満開には少し早かったようでしたが、道中多くの桜が咲いていました。


菜の花も、


クローバーも、


時がゆっくり流れていました。

内子旅行(前編) - 2017.05.07 Sun

すっかり過日となりました4月の3日と4日、愛媛県内子町へ出掛けました。

途中、砥部焼観光センターに寄りました。これも今回の旅の目的地です。
これまで私は砥部焼に対して一定の固着したデザインのイメージがあったのですが、実際は伝統的な柄から個性的な物まで、作家が各々のイマジネーションで創っていて、見ていて飽きませんでした。







二分割できるベッド - 2017.04.08 Sat

画像はアトリエに入れていますベッド。これは全長を7:3で二分割できます。寝るときは合体しベッドとして、昼間は分割し片方はパソコン用の椅子、片方はソファとして使っています。

こういった機能的なデザイン、大好きです。移動も小回りが効きますし、設置しても場所を取らないので重宝しそうです。

画への文章 - 2017.03.18 Sat

今回の個展では、作品タイトルの横に、画への文章も併せて展示しています。

ご覧になる方からも好評で、画を見て頂くきっかけになっているのが、嬉しいです。


顔出しパネルの前で - 2017.02.16 Thu

画像は先日、葛飾区の北斎美術館へ行きました際、その帰り道に遭遇した、ひとコマです。

力士の顔出しパネルがあるのが、如何にも両国、という感じで、外国人観光客がはしゃぐのかな、と思っていましたら、パネルの前で撮影し始めました。

東洋オリーブ - 2017.01.22 Sun

画像は先日銀座へ行った際、香川のアンテナショップで見付けましたオリーブオイルです。
この「東洋オリーブ」、故郷・香川県では普通に見かけますし、秘密のケンミンshowでも紹介されていました。

ラベルのデザインがレトロでお洒落なのですが、この展示では、隠れてしまっています(笑)。

性格診断と運勢 - 2017.01.06 Fri

元日に詣りました田村神社では、誕生日による高嶋易を引ける所がありました。 性格診断と運勢が書かれていました。
私の誕生日は6月20日ですが、「貴方の性格」 には概ね、こう書かれていました。

・ 些細なことに感じ易い。
・ 着手前に考慮が足りないが、適所に当たれば思い切り伸びることが出来る。
・ あれこれと気迷いせずに、自分に適当と思った仕事は最後まで努力を続けることが必要。
・ 元来が才能に恵まれているが、一気に成功を望むことなく目上の人に相談せよ。

・・・・・嫌だなあ。 当たってる・・・・ (笑)。

DCIM0326.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 個展「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」
8月16日~22日
横浜タカシマヤ
(045-311-5111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1526)
雑記 (155)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事