FC2ブログ
topimage

2011-01

DM到着 - 2011.01.18 Tue

今朝、3月初旬に企画いただいています個展の、DMが届きました。
諸事により今回は早めにDMをご準備いただきましたが、画廊スタッフさんのテキパキした動きにはいつもながら本当に頭が下がります。 おかげで制作に力が入ります。

個展の詳細は下記の通りです。
会期が近付きましたらこのブログのトップでも、ご案内し続けられるようにしておこうと思います。

安冨洋貴展 「夜の岸辺」
3月2日(水)~8日(火) 午前10時~午後7時30分(最終日は午後4時まで)
高松天満屋 5階美術画廊 (香川県高松市常磐町1丁目3番地1)
087-812-7548(直通電話)


DM画像面 (2011年2月17日 追記)
夜の岸辺DM画像面-1


DM宛名面・紹介文 (2011年2月17日 追記)
夜の岸辺DM宛名面-1

-Perfume of Night and Pencil ♯02- - 2011.01.18 Tue

I work on Night as the theme of my tableaux with a pencil.
Whenever I come across the spectacles that there is none and are surrounded by mystic lights at dark vast nights,
I feel as if it is the mirror of my mind and genuinely sympathize with it.
I feel an ordinary part of a town as my irreplaceable Grounds.
It inspires in my mind a spectacle on which I can rely, enough to make me keep the image in my work.

Night is not a shade from all light but a transparent darkness in which we can catch delicate signs.
I found out a pencil as painting materials in pursuit of the transparency and of the original color tone which are not to be cloudy even after piling any touches.
Pencil makes the color of papers visible through touches and it particularly shows as pellucid light on pure-white background.
I would like to draw innumerable lines to fill my works with transparent light and signs in the dark.

-Perfume of Night and Pencil ♯02- - 2011.01.18 Tue

「夜」をモチーフに鉛筆で描いています。

誰もいない、茫洋とした夜の中、
吸い込まれるような光に包まれた光景と出逢うと、
その光景と自分の心の波長が、まるで写し鏡のように
感じられ、心許せる一体感を覚えます。

どこにでもあるような街の片隅が、何かかけがえのない
「拠り所」に思えてきて、
そこから生じた心象光景に心を預けられる居場所を感じ、
この光景を描き留めておきたいと思いました。

夜は、一切の感覚を遮蔽する訳ではなく、
微かな気配が通い合う透明な暗闇です。

どんなに重ねても失われない透明感、
独特の色彩を求めて、
鉛筆という素材に辿り着きました。

また鉛筆は下地の紙の色を透かして窺わせ、
特に純白地の上に施せば
透明な光となります。

鉛筆の筆致を幾十、幾百と重ね、透過する光や、
闇の中の気配で、画面が満ちればと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1684)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事