topimage

2011-07

半透明の影 - 2011.07.29 Fri

午後よりNHK文化センター梅田で授業を行いました。
今日は第5金曜日で、通常は授業はないのですが、来月の第2金曜日がちょうどお盆休みになりますので、それの振替授業を行いました。 

授業後、目当ての展覧会がありましたので某百貨店の美術画廊を訪れ、観賞しました。
或る系統でくくれる作品を集め展覧会をするのですが、作家ごとに表現の目的が違えば技法もタッチも異なります。 今回、写実的に描かれた作品を幾枚か見る内に、或る洋画家の半透明で肉厚な影の表現と、自身の仕事との共通性に気づきました。特にモチーフと光の扱い方は今後取り入れる事もできるのでは、と思いました。

この作家の作品は以前個展でまとめて見たことがあり、その時は今日のように何かを気づくことはありませんでした。グループ展ですと、作家個々の違いが際立ち、作品も1点1点独立して見えます。

「月刊アートコレクター」8月号掲載 - 2011.07.28 Thu

一昨日に発売されました 「月刊アートコレクター」(株式会社 生活の友社)8月号 の20ページに、私の作品 「夜を補うⅡ」、「光の共鳴」の画像と、作品の紹介文が掲載されています。 
一頁全面に載っていまして驚きました。 
(このブログでもまだ発表していない、今後の展覧会スケジュールも記載されています。・笑)
巻頭特集 「細密アートの愛しかた -驚きの小宇宙」のページです。

今年は多くのメディアに取り上げていただき、嬉しく思いますと同時に、正直、私自身驚いています。 ご推薦くださいました画廊スタッフさんに感謝申し上げます。 

しかしながらこれまでは、といいますと、このブログの 「カテゴリ」の中の 「プロフィール」に入っていただき、その下の方にあります 「文献・メディア」をご覧になられるとお分かりのように、ここ2年以上、全国メディアに出ていませんでした。 
(5月ごろブログ記事に書きましたが、関係してくださいます方々には本当に申し訳ないと思いながらも、今も私は内容によっては取材や掲載をお断りすることがあります。)
 
その間も地元の新聞やマスコミには出させていただくことがあり、そこで丁寧に取材していただいたことは、私としても丁寧に対応し、そして制作や生活も丁寧に、という気持ちになれました。 またそれには今年よりこちらでブログを始めさせていただき、文章が公開されることでその表現に責任を感じさせていただいたことも、幾ばくか繋がっていると思います。

Thank you!暑中見舞い - 2011.07.27 Wed

今日、高校時代のクラスメイト、Fさんより暑中見舞いが届きました。 夏らしい青空と海辺のイラストと共に、先日の台風のことがかかれていました。 とても嬉しいです。ありがとうございました。

昨今このような習慣も少なくなっていて、私も年賀状は毎年、比較的多く書く方だと思うのですが、暑中見舞いはここ数年、その時期に展覧会など作品を発表する機会があれば、そのDMに同封する便箋の書き出しを「暑中お見舞い申し上げます・・・・」で書き、それに代えていました。

Fさんは地元香川県で郵政公社に勤めています。 だからというわけでは勿論ありませんが、消印が昨日の午後で、今日の昼には着いていました。香川と兵庫ってそんなに近いのでしょうか。(笑) 
もっとも宅配便事業の各社はサービスに力を注いでますので、郵政公社もそれに準ずるのだと思います。
実際Y社には、近県に限り集荷した当日にお届けするサービスがあるくらいです。 先日も大阪のお客様より、そのサービスで生菓子をいただきました。後日ご本人にお会いしてお礼を言った際、知りました。

回答・メールによる切り替え - 2011.07.26 Tue

一昨日、メールによる気持ちの切り替えについてブログに書きましたところ、早速ご回答くださいました。
Sさん(当事者)が。
以下、Sさんからの回答文です。転載の許可を得ています。


モードチェンジのわかりやすい目安をお伝えしておきます。要はメールのタイトルとアクションで識別するんです。

【雑談モード】
・メールのタイトルが無題の時。
・同様に「萌え」、「シャア」、「ガンプラ」などと書いてある時。

【確認モード】
・「メール受信」などタイトル自体が「ちゃんと見ましたよ」というメッセージになっている場合。

【シリアスモード】
・タイトルにFwd(メール転送)が付いている時。
・タイトルに事前予告に絡む言葉がついている時。
・メールすっ飛ばして電話で確認を求めてきた時。

【ゴッドモード】
・タイトルに「猫」、「た○ちゃん(Sさんちの猫)」などが付いている時。
・猫画像が添付されている時。

ちなみに、ゴッドモードは私にとってシリアスモード以上に重要な用件のことが多いのです。
何せ猫神様の勅命で送っているメールですからね。
あ、これに返信する必要はありません。ただ、画像を見た瞬間、あまりの神々しさに携帯を神棚に置いた後、床に額をこすりつけて拝んでくださったり、あまりの可愛さに悶絶して病院送りになられても私は文句を言いませんよ、異教徒の友よ。


・・・・当初、私のブログにまでご丁寧に回答くださり、なんてバ○丁寧 (失礼)なんだ、と感謝まじりに当惑していましたら、後半ゴッドモードが始まったあたりで、本質に気付きました。
そしてこのゴッドモードの話が結構長い(笑)。

ホームページでもご紹介いただきました - 2011.07.23 Sat

昨日のブログに書きました、今月号の月刊美術の 特別企画「プレミアム頒布「虎の子の1点」凄腕写実」 ですが、月刊美術のホームページでもご紹介されていました。 こちらです。
(私の作品 「旅の彼方」はこちらにて、昨日のブログ記事より大きい画像と、紹介文をご覧になれます。)

このように広くご紹介いただき本当に嬉しく思います。 皆様に支えられていることに改めて感謝いたします。

この作品は過去に一旦完成としたものの、今年になってその作品の描かれた情景への想い入れ、画面に漂う気配 (有り体に言えばメッセージですがそれほど硬いものではありません)の核とすべきは何だったのかが当時よりも明瞭になっていることを日増しに感じ、その気持ちが抑えきれなくなり、加筆しトリミングし直した作品です。 その日のブログでも書いていました。

「月刊美術」8月号掲載 - 2011.07.22 Fri

一昨日に発売されました 「月刊美術」 (株式会社サン・アート)8月号 の139ページに、私の作品 「旅の彼方」の画像と、作品の紹介文が掲載されています。 
特別企画「プレミアム頒布「虎の子の1点」凄腕写実」 のページです。

同誌の先月号の特集記事 「息をのむ感動!凄腕写実 -新世代&実力派30人の最新作」で掲載されました作家の作品を中心に、14点の作品が紹介されています。
同じ本に2ヶ月連続で取り上げていただいたのは、今回が初めてのことです。 ご尽力、ご推薦くださいました画廊スタッフさんに感謝申し上げます。
 
月刊美術表紙と139ページ2


(画像上:「月刊美術」8月号の表紙。 画像下:同誌139ページ)

ペンギンの時計・25年以上 - 2011.07.21 Thu

先日ブログで書きました、琴平電鉄のマスコットキャラクター・ことちゃん、直後より各所から
「どう見てもペンギン」、 「琴平電鉄のホームページに載ってる相方のことみちゃんもペンギン」、「イルカにしてはあのお腹は・・・、やはりペンギンでは?」、等のご意見がありました。

そこで、というわけでもありませんが家の中にペンギングッズが他にないか探してみますと、いきなり頭上にありました。
アトリエに掛けてあります時計です。
この時計は、私が小学校に上がるか否かの頃からずっとありますので、25年以上時を刻み続けています。

2011072100170000-1.jpg

台風の影響 - 2011.07.20 Wed

昨日ブログに書きました台風ですが、川西市では昨日の午前中に雨がたくさん降った以外はあまり変わったこともなく、今日は降雨そのものがありませんでした。

正午頃、諸用で外出したついでにキオスクで今日発売の週刊誌を買おうとすると、棚にありませんでした。
レジの人に訊くと、「すみません。台風の影響で遅れてるみたいです。夕方までには届く予定です。」 と言われました。
このようなところに影響が出ていたとは。 結局今日は買いませんでした。

制作ではガーベラが2つ入った4号の絵を描いています。今日、左側の花弁を描き上げました。
また、傘の絵の、新しい構成を幾つかエスキスに留めました。

雨戸 - 2011.07.19 Tue

台風が近付いているらしいです。 
夕方外出していましたが、確かに風はあるものの雨はあまり降っておらず、怖さを感じるというものではありませんでした。 しかし明日は大雨の恐れがあるようです。 雨戸を閉めた方が良いかもしれません。

実家のあります香川県は、台風被害にあうことが殆どありません。 同じ四国でも太平洋側の高知県、徳島県の一部は荒れますが、四国山脈によりブロックされることで、瀬戸内海側には少ししか来ないようです。
なので香川県の新しい家では最初から雨戸をつけません。 徳島出身の友人に指摘されるまでそのことに気付かなかったくらいです。

もちろん今住んでいます川西市の自宅にはあります。そして直射日光の苦手な私は、普段も家中の窓の右半分は雨戸を閉じています。 そうしておいても丁度良い量の日光は入ってきますし、左側を開けることで換気も出来ます。

穴の空いた多面体、のようなもの - 2011.07.14 Thu

夜、友人で美術ライターのSさんから電話がありました。
現在制作中の本で特集するため、物故作家Aさんの周辺人物へのインタビューを重ねているのだが、訊く人によってその作家への感想に大きな隔たりがあり、Sさん自身も、過去の本や展覧会図録などこれまでに纏められた資料を調べることで事前にイメージしていたものが一旦更地になった、と言っていました。

そのような中、「Aさんを含め、その周辺人物の印象って安冨さんのそれと似てます。安冨さんも交えて話す機会があれば面白いと思います。」 という話しに至りました。 うーん、やはり多重人格と見抜かれていましたか。(笑)

ヤスさんのこと - 2011.07.13 Wed

昨日ブログに書いたことにも繋がることですが、夜を引きずりながらも新しい朝が来て、というのをイメージできます曲に、オフコースの「昨日への手紙」があります。こちらです。
また同じアルバムに収録されています「憂き世に」は一見、環境問題をテーマにしつつも、周囲をいたわる気持ちがやがて自分の負担を軽減させるというメッセージのようで素敵です。こちら

オフコースといえば小田和正さんのイメージが強いと思いますが、上の2曲は共にもう1人のボーカル、鈴木康博さん(通称ヤスさん)の曲です。
共に才能に恵まれながらも、それをメジャーラインに乗せてきた小田さんに対して、いつしか「オフコースのB面」 というポジションのヤスさん。周囲との関わり方や時間の重ね方のスタンスの違いは後期ほど明確で、脱退直後に発表した 「流れゆく時の中で」(こちら)には特にストレートに表れているように思います。

自分の弱点も含めて物事の解決をはっきり言い周囲を引っ張っていく、というのとは真逆の、不安は不安として停滞させておくことも良し、日常を良しと見なすおおらかさや一種の諦念、無常感がどの曲にも漂っているように思います。

グループ展「Physical side」最終日 - 2011.07.10 Sun

グループ展「Physical side」、本日最終日でした。
今回もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうございました。
そして格別のご評価の上、お買い上げいただきました皆様には、心から感謝申し上げます。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。

個人的にはとても得るものの多い、意義のある展覧会でした。

グループ展 「Physical side」 - 2011.07.10 Sun

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

「Physical side」
6月13日(月)-7月3日(日)    11 時~19 時
7月 4日(月)-7月7日(木)      休廊
7月 8日(金)              14 時~19 時
7月 9日(土)・10日(日)      11 時~19 時
※ 会期が延長されました。
Yoshimi Arts (大阪市西区江戸堀1-8-24若狭ビル3F)
電話番号 06-6443-0080

・ DMの画像、紹介文はこちらです。 (ヨシミアーツさんのホームページへ繋がります。)
・ 出品作家・・・・小田志保、柿沼瑞輝、小勝負恵、寺林武洋、安冨洋貴。 一人2点ずつ出品します。
・ 私は6号と10号の作品を出品いたします。
・ 私は6月13日(月・終日)、6月19日(日・終日)、6月24日(金・16時以降)、画廊に居る予定です。お声をかけていただければ嬉しいです。


※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。
(5月24日アップ。6月10日追記。6月25日追記。)

せっかくなので焦らず - 2011.07.08 Fri

一昨日、構図を決めました次作の荒描きを終えました。
実物大の下絵で確認しているとはいえ実際の画面への入り方も不足なく出来、まずは安心しました。

一方、今描いています10号、水面などモチーフ部分は全て描き終えましたが、背景の塗り込みがまだ終わりません。
本当にあと少し。 せっかくなので焦らず取り組みます。

学びの輪 - 2011.07.01 Fri

今日はNHK文化センター高松で仕事。
新規の生徒さん、復帰された生徒さんも何人か加わりました。 ずっと受講されている生徒さんからのご紹介で新しい生徒さんが受講される、ということも多くあります。
高松教室のみならず徳島教室も梅田教室も同じように学びの輪が広がっていて、大変嬉しく思います。

帰宅すると京都造形芸術大学の油絵コースから、コース紹介のパンフレットが届いていました。 こちらに卒業生として、私も紹介されています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事