topimage

2011-08

アトリエで取材(過去の2回も含めて) - 2011.08.31 Wed

13時、某・美術出版社の方が取材に来られました。
以前ご依頼のお電話をいただいた時は、新幹線でわざわざ川西市まで来てくださるの?と誠に恐縮しました。
比較的長時間インタビューしていただき、アトリエの様子を撮影されていました。貴重な機会、本当にありがたく思います。

これまでメディアに取材されるのは、展覧会の会場がほとんどでした。
アトリエで取材、というのは今回で3回目です。これまでの2回は下記のものです。

最初は2004年、神戸アートアニュアルのインタビューDVDであったと思います。
10人の出品者のインタビューがリレーされるのですが、その1人目でした。 当時若干26歳。あまり上手く話せなかった記憶があります。編集技術の匠の技によって何とかモノにしていただきました。 関西の美術大学(ひょっとしたら全国的に配布されているかもしれません)の図書室や美術施設等に今もひっそりと在ると思います。
皆様、どうか捜さないでくださいませ。(←余計気になる・笑)

そして次は2006年、京都の芸術系NPO団体、プラン・ユノーの出版しますフリーブック「temiru」に。京都市内の中学校に無料配布されるものでしたので、特に言葉遣いに注意しました。

展覧会場以外での取材と言えば、一度だけ駅の構内でインタビューを受けた事がありました。(笑)
しかもこれが凄く丁寧な記事にしていただき、今となっては良い思い出です。

閑話休題・自宅最寄駅の川西能勢口駅ですが、関東には西川口駅があり、こちらとよく間違われます。
以前東京から自宅へ荷物を送ろうとした時、住所に記した「川西市」を、「川口市」と読み間違われ、荷物が埼玉県に行っていたことがありました。

レンタルビデオ店 - 2011.08.29 Mon

昨夜から今朝にかけて徹夜で制作、今日の日中も制作していました。 昨日から再び「ゲゲゲの女房」のDVDをかけています。
物語の中で、貸本は1日10円で庶民的な存在、とありました。
昭和30年代当時の物価は今の10分の1くらいのようですから、現在の感覚でいえば1泊100円、といったところでしょうか。

1泊100円といえば、美術学校在学中によく行っていたレンタルビデオ店がその価格でした。 
毎日22時まで学校で制作し、その後ビデオを借りて3時頃まで見ていました。それでも翌朝は9時には学校で制作していました。
学生時代は今思い出しても奇跡的な時間だったと思います。何かに急かされているような気持ちがあり、何でも吸収しようとしていたと思います。

このビデオ店も、多い時はほぼ毎日行っていました。
芸術的な映画作品も借りましたが、昔のテレビドラマ(「俺たちの旅」、「夕陽ヶ丘の総理大臣」、「スクールウォーズ」など)や、仮面ライダーも多く借りました(笑)。

今ならお店まで借りに行かなくてもYouTubeやニコニコ動画で無料で見放題ですが、当時はインターネットも現在ほど普及しておらず、私も下宿にパソコン(安い組み立てパソコン。これを今年の春まで使ってました)はありましたがネットは引いていませんでした。
それだけにレンタルビデオ店の需要は高く、このような低価格でもやっていけたのだと思います。
何でもアナログでやっていた時代が、つい最近までありました。

画廊へ - 2011.08.26 Fri

夕方、10月のグループ展でお世話になります画廊大千へ伺いました。
着いた時刻が早すぎましたので画廊近くのコンビニに立ち寄り適当に時間を潰して、再度画廊へ向かおうと店を出ますと、先ほど来た道が分からなくなりました。結局そこからしばらくプリントアウトした地図を片手に迷いました。

出品作品のことなど、ご面談は滞りなく行われました。 興味深いお話もたくさん伺い、ありがたいひと時でした。
画廊にかけられていました写実系の作品も、多く見させていただきました。

追憶・F書店/記憶や写真の優位性 - 2011.08.24 Wed

夕方駅前に出た際、F書店を覗きに行くと、既にシャッターが下ろされ、看板は外されていました。 
それまで看板のあった空間にそれがなく、壁が直に現れているのを見た時、あの見慣れたご主人はここにはいない、という現実を突きつけられた気持ちになりました。 しかし本当にそれを実感するのは、この建物に別のお店が入った時か、この場所が更地になる時だと思います。

個人のお店なのでこれまでイニシャルでの表記を貫いてきましたが、既に無くなってしまったので実名を書きますと、フミヤ書店。

2011052517000000.jpg

この写真は今年の5月25日に撮影した物で、すでに閉店セールをしていましたので通常の姿ではありませんが、それでもほんの数日前まで、70年以上もの間変わらずそこに在りました。

そして今日の夕方撮ったのが下の写真です。

2011082418230000.jpg

道に面した入り口にドアはなく、夏の暑い日も扇風機ひとつで、雪の降る冬の日は電気ストーブとジャンバーで接客を続けてきたこの書店を、恐らくこの地域に住む全員が、永劫ここにあると信じて疑わなかったと思います。
そして今、眼の前に物質としてのソレが無いにも拘らず、記憶の中ではソレは在り続け、写真の図像はソレが在った時を保持し続けています。
その時、記憶や写真の優位性がありありと立ち上がってきます。

世界は、二度と来ない一瞬一瞬が積み重なって出来ています。それは個々人の生涯でも、同じ。 写真はその無二の一瞬を切り取れます。ダラダラとした日常の中に確実に在る輝かしい瞬間。
写真は、想い出は、その人にとっての価値は、すでにこの世にない実物を、遥かに凌駕している。写真は単に図像を再現しているのではない。想い出を焼き付けている。

二度と再現されない現象、他愛もない日常、その中での個人的な発見や感動の数々。
語れる過去が多くある人生は、満ち足りた人生と思います。

このブログを情報のベースに - 2011.08.22 Mon

終日、事務仕事。 パソコンでデータを作ったり、それをメールしたり、ライターのSさんと北方ルネサンスのことでお電話したり、とパソコン周辺の仕事のみで一日が過ぎてしまいます。

夜半、先日より少しずつ進めていました、ブログの作業を本格的に着手しました。
以前から、このブログをホームページのような、情報のベースに出来るのでは、という考えがありました。 
実際、画面右の 「カテゴリ」には 「プロフィール」や展覧会の「お知らせ」を設けており、情報はそこをクリックすれば閲覧できますし、展覧会の約1ヶ月前からは、その詳細をブログトップで挙げ続けています。

そして今回着手しているのは、これまでの私の作品画像を比較的多く見られるようにする、という作業です。
これまでも 「カテゴリ」内の 「作品」で紹介はありましたが、大まかな状態でした。
画家でありながら、自作の紹介作業があまりに後手に回った感があります。 ようやく、開始です。
制作年で分けた作品画像を、別々の日付のブログ記事として貼り付け保存し、カテゴリには制作年別の表題を挙げておくことで、検索し易くするシステムです。

もちろん、これまでの全ての作品を掲載したのでは雑多になりますので、先日抜粋し、63枚に絞りました。
作品画像は手元に作品がある物と、お買い上げいただいた物に分けて別フォルダで保管していますので、イチから探すことには及びませんでした。 それでもフォトショップで画像のリサイズ作業など行っていますと、今日の成果は13枚のみでした。
約5分の1ですか。 なかなか進まないものです。

普通に考えればそれ以外ない、真っ当な方法 - 2011.08.20 Sat

通常、第1・3金曜日のNHK文化センター高松での仕事の後はそのまま帰宅するところを、昨夜は実家で一泊し、今日帰宅しました。

通常ですと一日中立ちっぱなしの授業の後バスと電車に揺られ、疲れ果てて深夜に帰宅、疲労が翌日の制作効率にも響いていました。 しかし今日のような流れですと、疲労もなく、帰宅後すぐに制作に取り掛かれました。
なぜこのやり方に今まで気付かなかったのか、不思議です。
これからはなるべくこのようにしようと思います。 金曜日の夜、実家の庭での撮影もできますし。

先日まで描いていて、一旦筆をおいて全体の仕上がりを確認をしていた作品があるのですが、その時点では画面から感じる空間が、私がこの光景に出逢った時の空間まであともう一歩足りない、というところでした。 
画面をトリミングするなど、解決のための方法を先日来いろいろと考えましたが、結局、「当初の想いを保ったまま画面がそのイメージに到達するまで描く」、という普通に考えればそれ以外ない、真っ当な方法に至りました。 今日、その足りなかった描きこみを終え、一安心しました。

今はまだ、ゆっくり待っていればいい - 2011.08.19 Fri

NHK文化センター高松での仕事の後、通常でしたらそのまま兵庫の自宅へ帰るのですが、今日は実家にもう一泊し、次作のモチーフの撮影を行いました。
下がコンクリートの駐車スペースに水をまき、家や外灯の灯りに照らされた傘やベンチを撮影しました。

半年くらい前からこの場所が気になり、庭の木々の影など、既にこの場所で撮影したこともありますが、まだ下絵にもなっていません。 今回撮影した物もすぐに描き始めるとは思えませんが、何度か繰り返し撮影すると思います。

独特の愛着や気配を感じさせられるポイントって限られていますので、そういう場所は必ず描く時が来ます。 
今はまだ、ゆっくり、その時が来るのを待っていればいいと思います。

開梱作業終了 - 2011.08.18 Thu

NHK文化センター徳島での仕事の後、前の実家に届いている或る物の開梱作業をしました。
先々週も作業をしていたのですが、その時は用意した電動ドライバーがパワー不足であまり使えず、手回しで行ったため時間も体力も浪費して全体の半分しかビスを外すことができませんでした。 その反省から今回は完全に充電しましたので、ビスはすぐに外すことができました。

海外から船便で届く物の木箱梱包はとてつもなく頑丈で、いつも感心します。

終日制作、事務作業 - 2011.08.17 Wed

終日制作。先日より始めました8号、左半分の描写を終えました。

今日は制作の傍ら、スプレー塗布の事務作業を行いました。
昨夜の内に部品を解体し、水性塗料による下塗りを済ませていました。 1000番くらいの耐水ペーパーで表面を整え、油性シリコンラッカーのスプレーを4層施します。

制作の傍らのこういった作業も、気分転換になります。

水木しげるさんエッセイ本 - 2011.08.16 Tue

水木しげるさんのエッセイ本、「ゲゲゲの人生 わが道を行く」を読んでいました。

戦時中、水木さんは南方にいましたが、その地の人は夜明けと夕方だけ働いて、昼は寝てるそうです。 あんまり暑くて身体が動かない。 だから働かない。
そんな時間に働いているのは日本の軍隊だけでしたよ。
というところが印象的でした。 数日前Sさん(拝猫の民)からのメールに書かれていました、た○ちゃん(Sさんちの猫)の一日がまさにこの通りで、誠に合理的、とSさんも納得のご様子でした。

また、漫画家として売れなかった時代も決して質を落とさず、己を信じて雄々しく突き進む姿には見習う点がありました。

一生現役の個人事業 - 2011.08.14 Sun

所用あって駅前へ行った際、ふとF書店を見に行きました。 4月末に70年の歴史に幕を降ろす、といったものの70年分の荷物整理は容易ではなく、この間店舗で文具の特売をしつつ店の奥や2階の荷物整理をずっとしていました。
しばらく見に行かなかった内に店舗スペースの棚がなくなり、荷物が運び出されていました。

80歳を越えていると思われる3人の方を中心に経営されていました。今日片付けしているのもその3人だけでした。
株主や出資者もいないと思われる個人書店ですから、70年間、全ての責任を一手に引き受けてこられたのが伺われます。

画家もまた生涯現役の個人事業です。
同じ形態で仕事と時間を重ねてこられた先輩の姿には、勉強させられることがたくさんあります。

「きっぷ」の季節 - 2011.08.13 Sat

昨夕Sさんから、お盆なので今晩帰省します、とのお電話がありました。 そして今日未明、到着したとのメールをいただきました。愛娘(猫)の画像と共に。東京から三重までの道のりですが、今回は新幹線を使ったとのことです。おそらく最終便で東京を出たのだと思います。おつかれさまです。
Sさんの帰省方法、最近でこそ新幹線ですが、つい数年前までは、長期休暇中のみ発行されJRは終日乗り放題・途中下車し放題の、「きっぷ」(←商品名に従ってあえてひらがな表記) でした。

このきっぷ、5枚一綴りで販売されていますので、往復で使うと2往復して1枚余る、又は足りない、という状態になります。
5年前の夏、Sさんと呑み明かして、その切符 (18・・・・どころか28歳になっていました・笑) を1枚譲ってもらいました。
東京駅を朝7時に出発。川西池田駅(兵庫)に到着したのは17時。 
10時間乗りっぱなしです。 米原(滋賀)~尼崎(兵庫)は急行に乗りましたが、それ以外は全て各駅停車の鈍行です。当時、東海地方はあまり訪れたことがなく、いったいいつになったらここを通過できるの?と思いました。 特に静岡が極端に大きくて、12時を過ぎてまだ名古屋にも到着していませんでした。 

鉄道は大好きですので、良い思い出です。

一枚一枚に気持ちを集中させて - 2011.08.12 Fri

昨夜撮影しました画像をもとに、午前中の1時間ほどで25号の下絵がほぼ出来ました。
そして元々25号に描こうと取り組んでいました下絵は、改めて8号に描くことにし、下描きを終えました。 先にこちらを描きます。

同時進行で複数枚の作品制作を手掛けられれば良いのですが、なかなか器用に出来かねます。 同時にできるのは一枚を制作しつつ他の作品の下描きを入れるところくらいまでで、描き込みの段階は、やはり一点ずつでしか仕事ができないのです。
制作しつつ電話、とか、制作の合間に事務作業、は大丈夫(むしろ得意)なのですが、複数の制作を同時に、というのはどうも私は気持ちが散漫になるため避けています。

もっともこれは描き込み段階を同時にしないということで、一枚を描き込んでいる間に、次作の構想や取材、下絵作り、支持体つくり、を行います。 これを怠ると制作が途切れてロスになりますので、怖くて怠る気にもなれません。

切り花 - 2011.08.11 Thu

昨日、下絵データを現像に出すために外出したついでに、次作用のモチーフに、とイメージに合う薔薇を探しました。
川西能勢口駅周辺にはよく覗く生花店が、6店くらいあります。 運よく3店目に行ったお店に、イメージ通りの薔薇がそれも1つだけありましたので購入し、今夜撮影しました。

ところで、私は植物を描き始めた頃は公園の樹木や街路樹をよく描いていました。 
一貫しているテーマ、「拠り所」を表すものとしての 「傘」、「雨宿り」、のイメージが、それらにも在ったからだと思います。
樹を描く内に、意識は人間の目線を離れて小動物や、小人(こびと)にとっての傘や雨宿りを想うようになり、ヤツデの葉や、自分で栽培した花を描く時期がありました。 
それと同時期、ガラスの器に入った切り花も描くようになりました。
自然界にはあまりない、漂白されたような純白に映る光から闇へのトーンと、ガラス器の表面を乱反射する光、又その中を透過して床に生じる光は誠に幻想的で、それまで以上に感覚的な、拠り所を感じるに至りました。

 私の絵に多く登場するのは、透明のビニール傘や公共の建物の室内など、所有者の特徴が反映されていない、言わば誰のものでもない、というものです。 個人の所有物だと、少し間借りしたい、という場面で躊躇する心境になりますが、それらには少しだけ心を預ける、というのも受け入れられる懐の深さを感じ、それが安らぎに通じます。
生花店に並ぶ花もまた、一つ一つに個体の特徴が薄く、それだけに、時々で変わるこちらの想いに呼応するように印象が変わって見えて、話しかけ易いというのがあり、それもまた安らぎに通じます。

別案への変更と直後の復活 - 2011.08.10 Wed

25号くらいのサイズに薔薇と水滴のみで描こうと思い、下絵を作りました。 以前サムホールでは描いたことのある構図なのである程度、着地点は想像できていました。
 私がよく描きます薔薇は、花弁の先端が尖るように巻く種類のもので、シャープな印象を好んでいます。

午前中から14時くらいまでかかってフォトショップで下絵を作り、ようやく現像に出そうかという段階で、改めてアトリエの25号のパネルを見るに、このサイズのイメージには今回の下絵の薔薇よりも、矩形に近いシルエットの方が合う、と思い、悩んだ末に取材からやり直すことにしました。

しかし今回作りました下絵は、一部を変えれば8号くらいのサイズに丁度よく収まると、8号のパネルと下絵を交互に見て思いました。

光景そのものは過去のものになっていて - 2011.08.08 Mon

終日制作していました。現在描いています作品も終盤です。 この段階になりますと着地点が見えてきますので、制作中の作品を仕上げつつ次作の準備も視野に入れます。
直近に描こうと思っている案が2つあり、それに見合うサイズもF25号とF15号と、想定できているのですが、ストックにあるだろうと思っていたそれらのサイズのパネルを切らしていることが判明しました。 
そこで25号パネルは他のついでと共に注文し、15号の方は以前勤めていた美術予備校でいただいたB2サイズのパネルがありますのでそれをリサイズすることにしました。

案を考えている時は不安もありますが、案と下絵、サイズが決まり、基底材(私の場合は、木製パネル+麻布+KMKケント紙)を準備する、というように徐々に可視化できてくると、遂に生まれる、という気持ちになります。 
なにぶん私は、イメージの発端から実際に制作に移るまで、長ければ4~5年を要します。
取りとめもない日常の中に、何故か心地よさを誘導してくれる光景があり、その刹那的憧憬を留めようと、カメラに収めるのですがなかなか直ぐには描けず、現像した写真やエスキスをアトリエの壁に貼って、たまに見返すという日々を重ねています。

そうしている内にその光景そのものは過去のものになっていて、残っているのは私の心の中に心象として在るだけになってしまい、描き留めざるをえない気持ちや、自分の筆跡と共に残したい気持ち、もう一度その光景に出合った時に戻りたい願望、など様々な想いが満ちてきて制作に取り掛かります。

ちなみに、案と下絵、サイズは全てほぼ同時に決まり、比較的細部まで見通しが立ちます。描き始めた後での変更もほとんどありません。 そのための予備討論が頭の中で日常的に行われているのだと思います。 
壁のエスキスにはメモのような文字がいっぱい書き込まれています。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事