topimage

2011-11

水張りなど作業 - 2011.11.30 Wed

次に描く作品のためにケント紙を水張りをしました。 30号、8号、3号、サムホールを各1枚、0号を2枚張りました。

昨夜は制作の傍ら、今日水張りをするために、これらのサイズのパネルに予め麻布を貼る作業をしました。
こういった作業、案外好きです。

馴染んだ対象 - 2011.11.29 Tue

今描いています作品制作はラストスパートです。
昨夜、水の波紋を描くパートに入りますと比較的速く筆が進みます。 やはり描き慣れて馴染んだ対象だからなのでしょうか。

次に描く絵の下絵は既に作ってあります。明日、パネルに紙を水張りします。

高松天満屋、ゆめタウン高松 - 2011.11.28 Mon

高松天満屋へ。画廊を伺い、美術課長さんが在廊されており、ご挨拶できて良かったです。お世話になっていますKさんは外出中でしたが、Mさんがお電話をつないでくださりご挨拶出来ました。ありがたいです。
8階では琴平電鉄(通称・ことでん)の100周年記念写真展が開かれていました。
壮大な海や山の景色を背景に明るい車体が颯爽と走り抜けていく・・・・という有り体な写真展ではなく、サブタイトルは「仏生山工場編」。安全を守り続けるべく工場で働く工員さんの姿が並んでいました。当時のシートや社内ストーブなど実物もありました。
また、ホームページを見ますと、ことちゃんグッズが好評につき3000円以上ご購入で送料無料とのことこちら。 私は以前、青のことちゃんストラップを買いましたが、マグカップも欲しくなっています。
また、「鉄道で旅する高松×ことでん開業100周年」として以前の車体の電車を運行するというイベントもされています(こちら そして こちら)。 大正末期~昭和初期の車両が原形に近い状態で動態保存されているらしいのですが、その外観を見ますと、今見ても充分お洒落で、むしろ今風に思えました。

その後、ゆめタウン高松へ。 ゆめタウンは中国・四国・九州地方で勢力を伸ばすショッピングモールです。
その中でも高松店は Wikipediaによりますと、東四国(徳島・香川両県)では最大の売上と店舗面積。 年間売り上げ額は、西日本(中国地方をはじめとする、九州、四国、兵庫県)で展開するゆめタウン約50店舗全店中連続で1位。 年間来客数は東京ディズニーランドの年間来場者数の約半分の約1300万人とのことです。
流石に、勢いがありました。

今日訪れました高松天満屋、ゆめタウン高松に、高松三越を加えますと、服飾、宝飾の大体のブランドは揃います。
しかも高松は市の面積もコンパクトで移動しやすいというメリットがあります。

ステイトメント第2校 - 2011.11.26 Sat

夕方、移動のバスの中で、2月の個展へのステイトメントを考えていました。
昨夜第1校を書いていたので、大体の骨格と部品はありましたが、昨夜の時点では最終の4段落目が埋まりませんでした。
その段落で何を言うのかは決まっていたのですが、内容を上手く纏められませんでした。
それ以前を3つの段落に分けて書いていたのですが、今日はそれの2番目と3番目を逆にすれば、4段落目でスムーズに纏められると気付きまた。

文章を考えるのは大変苦手と言いますか、手間のかかる性質です。 ステイトメントを考える時は毎回、これまで作品について書いた文章や、インタビューで答えた記事などの大半をプリントアウトし検討します。
文章が出来ると早速、Sさんに添削とご意見を求めてメールしました。

美容院へ - 2011.11.25 Fri

自宅前の坂を降りた所にありますお洒落な美容院へ行きました。

2年くらい前にそこに美容院が出来たことは知っていて、その雰囲気の良さから気になっていたのですが、実際に店舗に入るのは初めてです。
少し髪をカットしてもらいました。

郷里の虎獅子 - 2011.11.24 Thu

夜、郷里の友人Fさんからお電話をいただきました。 地元のお祭りに参加しているFさんにとって、先月までは秋祭りの準備や実行で忙しかったのですが、今月は比較的暇とのこと。
こういった地域の行事をキチンと受け継いでいるのは、本当に凄いことだと思います。

私の郷里のお祭りは特に突飛なイベントはなく、夏祭りでは打ち上げ花火がメイン、秋祭りでは獅子舞とお神輿です。
少し変わりダネとしては、獅子舞の獅子が虎獅子という点でしょうか。全国的には馴染みの薄いものと思います。
想像通り、黄色いです。

プリンター回収・スピーチ文 - 2011.11.23 Wed

以前使っていたプリンターを、無料回収のR社に引き取りに来てもらいました。 先日来混雑していたアトリエも、昨日の大モノ集荷と今日の回収で幾分か整理されたようです。

また日中はスピーチ文を考えていました。人前で話すのは仕事柄これまでも少なくはないのですが、場数の割には慣れません。
考えれば考えるほど、無難なものがよさそうに思え、オリジナルは本当に一部のみに留めようと思います。

続く事務作業 - 2011.11.22 Tue

このところ事務作業が重なっています。 今日も未明までかかって或る作業をしていました。 
もっとも私の言う事務とは一般的なデスクワークではなく、ものを作って撮影する、データをファイリングする、手紙を書く、というような内容ですので、創造的とも言えますが、やはり大変です。ちなみに画業とは関係のない、私的(笑)な作業です。

今日は大モノを集荷してもらいましたが、続いて2月の個展へのステイトメント執筆があります。 

地域によるコンビニ事情 - 2011.11.21 Mon

先日日記に書きましたコンビニ事情、やはり地域によって様々なようです。 Tさん(富山県出身)の「北陸ではサンクスが多い」 というコメントも意外です。

Wikipediaで調べますと、香川で勢力を伸ばすミニストップが、瀬戸内海を挟んだ隣の岡山県には1店も無いとのこと。それどころか中国地方の5県に全く出店していません。 四国でも香川以外は多くないようです。(香川は後述しますが、徳島13店、愛媛7店、高知0店)
業界5位のこのお店は、東京300件、、愛知206件と集中してありますが、関西は軒並み少ないようです。先の2都県に対して大阪は80件です。 
兵庫は36件、京都35件ですが、そのような都市に対し面積最小の香川県には、31件もあります。何故に集中する傾向があるのでしょうか?

このようなことを高知県出身のFさんに話していますと、「高知ではやたらスリーエフが多い」と言いました。
スリーエフ・・・・、全く聞いた事のない店名です。
Wikipediaで調べますと、関東4県と香川以外の四国3県のみに出店している企業とのこと。特に高知県には60店以上あります。 こんな特徴のある企業なのでてっきり高知県に本社のある企業家と思っていますと、本社は横浜・・・・。
コンビニ事情はますます謎です。

枯葉の庭 - 2011.11.20 Sun

自宅の庭です。 桜の樹があります。
ジャズのスタンダードナンバー、「枯葉」を想いますが、履いても履いても葉が落ちてきます。

この葉がなくなって、寒い冬を越せば、春には再び新芽が芽吹き、真っ白な花吹雪になります。 
こうして一年を眼で確認できます。

自然に惹かれる。 一切の理屈なく癒されます。

2011112314020000.jpg

猫に教わった人倫の道(らしい) - 2011.11.18 Fri

東京在住のOさんよりメールをいただきました。要約しますと、「来月、上旬から中旬にかけて、1週間ほど関西に行こうと思ってます。その際、2日、3日泊めていただきたいんですが大丈夫でしょうか?ちなみに、寝袋持参で参りますので、屋根さえあればどこでも構いません」  何て大胆なことを発するのでしょうか。しかし私が上京した時、同じことを依頼しますが叶いません。理由も納得の出来る物なので仕方ないのですが。

 私は、「あえて何もお構いしませんが、その方が気兼ねなく出来るかと思いますので。」と返信しました。

Oさんからは、「ありがとうございます。私が気にしていたのは、緊張感を持続させると身体に良くないということでした。なので、滞在中も含め、安冨さんがしんどくなったら猫のようにいつの間にかいなくなっても良いくらいのつもりでおります。あ、気を使っているというより、Tちゃん(Oさん宅の猫) に教わった人倫の道というやつなので、あしからず(笑」と。

Oさんを自宅に泊めるのは2回目です。
前回はもう5年くらい前になります。 その翌日、私は早朝から外出しなければならない用事がありました。そのことをOさんに伝えるとOさんは、「私は一晩中起きていますので安冨さんはお気遣いなくお休みください。」と言いました。 その数秒後、Oさんの方へ眼を向けるとOさんは、既にお休みくださっていました(笑)。
ひょっとしたら、直前の発言も寝言だったのかもしれません。

ゴール目前でトラブル - 2011.11.16 Wed

このところ資料作成のためプリンターで印刷し続けています。1セット120枚を数セット続けて。 その甲斐あって仕事はどんどん消化されていきました。
そんな全体の4分の3くらいが終了した頃、インクが切れたので交換した際に、インクランプと配紙ランプが交互に点滅するという症状が出て、作業できなくなりました。
ネットで調べますと製品のトラブル、と出まして修理が必要と書かれていました。プリンターの会社の相談窓口へ電話し、指示された対応策を行いましたが、やはり同じ症状のままです。

長年使った物ですし、ここ数日の過酷な労働に遂に悲鳴を上げたようです。
修理も検討しましたが、断続的に使用する予定があるのと、(今春買い替えたデスクトップとの相性なのか、以前はなかったのですが、)特定のソフトで開いた物を印刷したとき筋が入ることがあるので買い替えるようと思います。
どうなることやら。

コンビニのコピー機 - 2011.11.13 Sun

写真を複写をする必要があり自宅近くのコンビニへ。今回は、画面の中の輪郭線の要素だけが必要でしたので自宅近くのコンビニへ行きましたが、普段は駅前の某コンビニへ行きます。

制作の資料をつくる際、よくコピー機を利用します。街に多くあるコンビニのコピー機で充分なのですが、コンビニ大手2社でもコピー機に対して認識に差があるのか、赤緑の会社は写真をコピーしても仕上がりが綺麗で機能も充実しているのですが、白青の方はその辺りの意識が悲しくなるくらい低くて、トーンを確認するための資料作りには使いかねます。
他の商品のラインナップも、赤緑の方が私好みなのですが・・・・。

コンビニは地域によって出店に差があるらしいです。 東京でよく見かける某社が関西では本当に少なかったり、私の郷里・香川県には、前述の赤緑社が1件もなかったりします。 
香川ではミニストップが比較的多いように思います。意外な会社ですが、イートインも充実していて印象が良いです。

紫陽花・描いても描いても - 2011.11.12 Sat

荒描きから輪郭線を描き起こしていく工程を行いました。初めて描く紫陽花の花の花弁(実はガク部分らしい)の多さに苦闘しています。
これまでもガーベラ、ダリア、菊など花弁の多い花も描いてきましたが、それらとは纏まり方が異なるようで花弁一つ一つはそれらより無造作で、全体として纏まる、という印象でしょうか。
描いても描いても次が有る、という感じで、全体が確認できるまでに、時間がかかります。

それも面白いところですし、全体としての明暗が見えてくると、途端に画面全体には当初のイメージが満ちてくると思います。

免疫力UP - 2011.11.11 Fri

昨夜から喉が痛くなり始め、風邪の兆候がありましたので風邪薬を飲んで寝ました。
今朝起きてもすぐれず、しかし益々悪くなるでもなく、少しだるい感じというのが続いていました。
こういう時は少し休めば直ぐ良くなるのですが、今日はNHK梅田でのお仕事で外出しなくてはなりません。 家で仕事をすることが圧倒的に多く、外出などたまにしかしないのですが、それがこんな体調のときとは。とりあえず薬を飲み、マスクとマフラーをして出勤しました。

梅田駅に着いた辺りから、だるさが軽減の方向に変わったのを感じました。授業中もしんどくならず、快方へ向かっているようで、一安心でした。

このところ食生活を改善し免疫力が上がったのでしょうか。風邪も本格化する前に治りました。

記憶と写真が在るだけ - 2011.11.10 Thu

今描いています10号の絵が明日には完成しそうなので、次に描く作品の下絵を作りました。
波紋の広がる水辺に咲いた紫陽花を描きます。

昨日の日記で、「次回作のために白薔薇を撮影した」、という内容がありますが、ここで言います「次回」は、「この先」くらいの意味で、直ぐ次の回、というわけではありません。
取材した直後にはなかなか描けず、実際に描くのは大分時間が経った後になってしまいます。

描き始める頃には、モチーフとなった物は既に無くなっていて、ただ記憶と写真が在るだけです。
紫陽花を描くのは今回初めてです。 これを取材したのはいつだったか、思い出すのも困難ですが、今日と同じような秋の夜だったと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【これからの出品予定】
■ 特集個展
11月12日(日)
高松国際ホテル
(香川県高松市木太町 2191−1)

■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1545)
雑記 (157)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事