topimage

2011-12

2台のパソコンのネット事情 - 2011.12.27 Tue

我が家では居間でデスクトップを、アトリエでノートパソコンを使っています。共にインターネットをADSL無線で繋ぎっぱなしにしています。
以前より、アトリエで使っていますノートパソコンの接続が悪かったのですが、その原因も解らず、半ばDVDプレイヤーとして使っていました。

このところ、どうも片方が接続されていると、もう片方は繋がらない、という関係がはっきりしてきました。

今のところ現状のままで直ぐに不都合が在るわけではありませんが、そのうち解決したいです。

制作中想うこと - 2011.12.26 Mon

先週金曜日までは事務作業が多量にあり、その鬱積を晴らすように週末は制作のみでした。 おかげで制作中の作品もようやく見通しがたってきました。 
今日も終日制作していましたが、この2日と同程度には進みませんでした。 理由は、今日描いたパートは、入り組んで複雑な部分だったから、という単純なことなのだと思います。 

 私は制作のパートを小さく分節することで、短期目標を設け易くし、工程の漏れを防いでいます。
このように書くと、カギカッコ付きの「芸術」とは対極なイメージのことをしているように受け取られてしまいそうですが、ピカソも、「労働者が仕事をするように、画家も仕事をするべき」という言葉を遺していますし、別に良いと思っています。

よく訊かれる質問に、「制作中は何を考えていますか?」という物があります。
おそらく作品に込めた想いのことを訊きたいのだと思いますが、それは意識の底の方を常に流れているイメージで、表面に浮かび顕在しているのは全く別のこと。(もちろん画面全体を確認するときは、制作に向かわせた初期衝動の想いがかなり支配的によみがえって来ます。) 
色んなことを薄ーく考えていますが、よく想うのは、「今タッチを置いたその面を美しく仕上げる」 という局所的な関心(前の行の内容とも重なりますが、完成のイメージが強固にあるからこそ安心して部分的な仕事を行えるというもの)です。 
或いは、「あまり何も考えていない(覚えていない)、それくらい集中している。」 これも本音です。 しかしそれを言うと格好良過ぎて信じてもらえないかも、と思うあまり今までそう答えたことはありません。(笑)

ブランケットを重ねて - 2011.12.23 Fri

冬の時期、アトリエでは膝掛けブランケットを使っています。
これまでは1枚だけ掛けていましたが、今日からはもう1枚重ね、肩にも薄手のブランケットを羽織りました。

冬は大好きなのですが、寒がりです。そのくせファンヒーターやストーブが苦手、着膨れは更に嫌。
防寒には気をはらいます。 効率よく暖かく過ごしたいです。

スカイプで会話 - 2011.12.21 Wed

先週Oさんに設定してもらいましたスカイプを使って、初めてMさんと会話しました。 音声が耳に直接来る電話と違い、空気をはらんでいて、周辺の空間へ響いて行く感じ。あたかもそこにMさんが居て話しているような感覚です。

初めて電話に触れた人の感動ってこのようなものだったのでしょうか。

外壁塗装の営業 - 2011.12.19 Mon

午前中、制作をしていますと、玄関の呼鈴が鳴ります。ドアを開けると男性が立っていて、いきなり 「外壁塗装のご予定はありませんか?」 続いてこれまでの会社の実績や施工方法など矢継ぎ早に話してきます。どうやら営業のようですが、スーツではなく作業着です。
恐らく普段は現場で作業をしている方なのだと思います。話し方も本職の営業の方と比べるとあまり上手ではなかったように思います。

しかし個人宅を対象に外壁塗装の営業って・・・・。 数年前に読んだ『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』 と同じものでしょうか。

徳島ラーメン - 2011.12.16 Fri

故郷・香川県はうどんが有名ですが、隣の徳島県の名物、徳島ラーメンが近年、全国区になりつつあります。
徳島駅の駅前に「麺王」という美味しいお店があるのですが、帰りの列車の都合で普段の仕事の後に入ることはできません。
しかし今夏、高松駅の駅前にチェーン店ができました。気にはなるものの在れば在るで、寄らないのは私の性質。(笑)

今日、その高松店に初めて入りました。スープは豚骨醤油なのですが、最大の特徴はチャーシューではなく炒めたバラ肉が標準で乗っていることでしょうか。地元の方はこのラーメンをおかずという感覚で、ご飯と共に食べるようです。

大変美味しく、3食入りのお土産も購入しました。
神戸にもチェーン店があるのですが、私の自宅とは電車の路線が違うのと、方向も逆ですので、寄るとすれば、高松店になりそうです。

今後の発表予定 - 2011.12.14 Wed

画面右上の「プロフィール」に、今後の発表予定を書きました。 内容は、
2012年2月01日(水)~ 2月13日(月)
個展 「安冨洋貴展 夜の窓」 に出品いたします。
新宿タカシマヤ 10階美術画廊 (〒151-8580東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2  TEL:03-5361-1111) 

というものですが、小さすぎて読めないかもしれません。会期が近付きましたらブログのトップで挙げ続けておこうと思います。 その際は出品点数や在廊日など書こうと思います。

ケーブル届く - 2011.12.09 Fri

先日注文しました、コンパクトデジカメとパソコンを繋ぐケーブルが届きました。しかしまだデスクトップでは見ていません。
先日プリンターのモニターで見ましたし、Mさんからのデータも含めて全部揃ってから見たいと思います。

プリンターのモニターで確認しましたコンパクトデジカメには、15年振りに見る高校時の友人・Mさん(前述のMさんとは別人)の姿が写ってありました。

接続ケーブル - 2011.12.07 Wed

制作のための取材では専らデジタル一眼レフを使っていますが、日常的なスナップの撮影には、コンパクトカメラ型のデジカメを使います。
ライカに似た外観が特徴的な、愛用のコンパクトデジカメですが、このところあまり使う機会がなく、先日久しぶりに使ったのは、Fさんに貸した時でした。 撮影した画像を本体のSDカードに残したまま返してもらい、その画像データはいただける約束をしていました。

デジカメを返却いただいた後、画像をパソコンで確認しようとしたところ、接続ケーブルが無くなっていることに気づきました。

デジカメのSDカードをプリンターに挿入すればプリンターのモニターで画像を確認したりプリントアウトすることはできます。 
そこで、このプリンター経由でデータをパソコンへ移せないものか、と試みましたがそれはできませんでした。 写真店でデータをCDに移してもらえないか、など色々な策を考えました

そうしている内に、この接続ケーブルを取り寄せてもよいのでは、そして、ひょっとして通販があれば電器店を通さなくてもすぐ注文できる、と思い調べてみました。
すると、思いの外簡単に商品に行き着きました。しかも大手の楽天で扱っていました。送料込で450円。
こんなに簡単なら最初から調べれば良かった。

肩と首をいたわる - 2011.12.06 Tue

このところ、日中は事務仕事をし、夜中に制作をする、というペースが続いています。
そのような日々ですが、夕方、このブログでも繰り返し出ていますタイ古式マッサージのお店へ行きました。あまりの気持ちよさに、施術されながら眠ってしまったほどです。

職業柄、肩から首にかけて疲れるようです。 最近はそこまで酷くないので止めていましたビタミンBのサプリメントも、まだ残っていますし、服用し直そうと思います。
マッサージからの帰り道、ドラッグストアに寄り、肩・首用の湯タンポなる物を買いました。電子レンジで温めて繰り返し使える物です。今年の冬はこれを試してみたいです。

見続ける内に - 2011.12.05 Mon

30号を描こうとしていましたが、同時に準備を進めていました0号に取りかかりました。
制作は私自身で撮影した写真をもとに進めます。写真の画像は現実と比べて立体感や空間感が曖昧で、それは私の表したい世界に合致していて、資料として使いやすいのです。
しかし今回の0号用の資料写真は(撮影時はさほど無かったのですが、)現像すると、細部が影に埋没していて、現像されたものを最初見た時は完成イメージとの解離を感じていました。

そうして数ヶ月見続ける内に、影で埋没している細部も自身のイメージで補って見えてきます。制作に着手する時点では完成までのビジョンが見えてきます。

アトリエの冬支度 - 2011.12.04 Sun

先日からアトリエでは冬仕様への転換が行われています。
電気ストーブ、電気スリッパ、膝掛けです。さらに冬が深まって来ますと、電気座布団を取り出すことになるでしょう。

今年は電気スリッパに発熱性のインソールを入れました。 早速効果があり、朝から昼にかけてはスイッチを入れなくても暖かく感じます。

膝掛けもやがては、同じ素材の物を新調したいです。

「宅ふぁいる便」 - 2011.12.03 Sat

夕方、Mさんへメールで画像を送ろうとしましたが、送信できない、とのエラーメールが届きます。 私の送ろうとしているデータのサイズが、相手の設定している容量より大きいためのようです。 
急いでCD-Rにデータを焼き宅急便で送ろうと用意している時、以前Yさんとメールでやり取りをしている際、送られてきたメールに、「宅ふぁいる便」という大容量ファイル転送サービスが使われていたことを思い出しました。
早速このサイトに登録し、サービスを利用して送りました。 また、その旨もMさんへ通常のメールでお伝えしました。

おそらく学校や会社に勤めていますと、このように新しく始められた便利なサービスを知る機会(使わなければならない場面)も多くあるのだと思いますが、個人で仕事をしていますと意識しない限りそういうのが少し無知になります。 
もっともそれで不便な思いをした、というのもあまりなく、代替案でも間に合いますが、なるべくなら便利なサービスは受けておきたいです。

未だ憧れる気持ち - 2011.12.02 Fri

NHK文化センター高松での仕事の後、成豊堂(画材店)へ行き、頼んであった商品を受け取りました。 この画材店のある周辺には高松高校(県内で一番偏差値の高い高校)、高松工芸高校(相当伝統のある芸術高校)、香川大学(国立大学)、香川県文化会館、中央公園、があり、文化的な一帯です。 また、香川県庁やオフィス街でもあります。
この辺りを歩くと未だに、高校生の頃の気持ちが蘇り、憧れに似た気持ちで風景や行き交う人を眺めてしまいます。

冬の高松は、あちこちにイルミネーションが飾られ大変綺麗です。 決して派手ではないのですが、地に足を付けた厳かな華やかさが良いのです。

つげ義春作品集 - 2011.12.01 Thu

先日Amazonで注文しました、「つげ義春作品集 ねじ式」が届きました。 電話帳くらいの厚さがあり、「ねじ式」以外に22作品、エッセイ、解説・資料、88年に撮影されたつげさんのポートレートが収録されています。

ストーリーもさることながら絵に魅力を感じます。
ストーリーは作品の最重要な骨を成しているわけですが、それだけに個々の作品独自の特徴を端的に感じたり作品のイメージを決定付けるのは、絵からなのだなあ、と改めて思いました。
個人的には、「やなぎ屋主人」に漂う虚無感や、発展への諦念が優しくて、主人公の「いっそ駄目になってしまえたら・・・・・・」「どれほど気が楽かしれないと思っていた」 の独白、エキセントリックな夢想とどうしようもない地味な現実・・・・、魅力的でした。
勿論「ねじ式」「紅い花」「沼」、旅モノ、時代モノも素晴らしいものでした。

つげさんの、特に「ねじ式」を見る度に以前同じグループ展に出品したYさんの作品を思い出します。 学生の頃このようなビジョンに憧れ描いたことがありますが、自分のものになりませんでした。 憧れと資質を混同せず自分の仕事をする以外ないのだなあ、と思うのです。

Amazonのレビューにも書かれてありましたが、印刷が当時の2色刷りのままであったり、今では使われない表記を当時のままにしていたり、後の出版物では訂正された誤字(この画像にもあります「眼科」とするところが「眠科」となっている)がそのまま残っていて、初めて読むには打ってつけの一冊と思います。
収録作品の解説や2000年5月時点での全単行本リスト、つげさんの年譜も充実しています。

20111204153236-1.jpg

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
7月3日 (火)
7月24日 (火)
8月7日 (火)
8月21日 (火)
9月4日 (火)
9月18日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-2192.html


【これからの出品予定】
■「星座の会展」
7月11日(水)~17日(火)
阪神百貨店梅田本店 9階美術画廊
(大阪市北区梅田1-13-13)
電話番号 06-6345-1201

■ 個展
7月18日(水)~31日(火)
大阪タカシマヤ 6階ギャラリー
(大阪市中央区難波5-1-5) 
電話番号 06-6631-1101

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (67)
文献・メディア (34)
絵画講座 (2)
日記 (1302)
雑記 (157)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事