topimage

2011-12

「うどん県」! - 2011.12.31 Sat

まずは、要潤さんのCM、こちらをご覧ください。
香川県三豊市出身の要さんは東日本大震災を機に故郷の大切さを実感され、ふるさと・香川県をPRするキャンペーンで架空の県名「うどん県」の副知事として広報活動を担当しています。
PRの一環として郵便事業会社へ出向き、香川県民への年賀状の宛て名を、「うどん県」と書いて投函しても届くよう要望し、認可されました。 その時の様子がこちらの動画でご覧になれます。 
また、同サイト中段には、うどん県としての年賀状テンプレートがあります。こちらもダウンロード(無料)できます。

もしも香川県在住または香川県ご出身のご友人がおられます方は、宛名を 「うどん県」で投函されてはいかがでしょうか。
私の実家は今も香川に在ります。
もちろん、私の実家への年賀状には、「うどん県」と書いていただければ幸いです。 私の実家へ投函されたい方(申し訳ございませんが、これまでに面識のある方にかぎらせていただきます) は、私のPCまたは、携帯へメールいただければ住所を書いて返信いたします。

しかし兵庫の自宅へ宛てた年賀状に「ヴィッセル県」や「ポートピア県(古い?)」と書かれても届きませんよ(笑)
あと、「うどん県」はシャレを理解できる相手に限ります。 上記サイトでも触れられていますが、必ず郵便番号の7けたを正確に書いてください。

※ 12月31日までブログトップに挙げ続けておきます。
通常のブログは下方で更新しています。

(12月18日アップ。)

今年も1年、おつかれさまでした。 - 2011.12.31 Sat

自宅から徒歩30秒のヤマト取扱店兼・米屋兼・クリーニング店にあります自販機でコーヒーを買いましたところ、「今年も1年、おつかれさまでした。」というメッセージが流れました。 本当に2011年が終わるのだなあと感じるとともに、そう感じさせるこのさり気ない演出に、ありがとう、と思い表現という物の原点を感じました。

今年は東日本大震災、それに続く原発事故で今も復興に向けて大変な思いをしておられる方がおられ、ご苦労が続いていることを辛く感じますと共に、本当に頭が下がります。 そのような中、私は幸運にも作品が描ける幸せを感じる毎日でした。
お客様はじめお世話になった皆様、心からありがとうございました。

先日からこのブログにて、私への年賀状は香川(うどん県・笑)の実家へ、と書いていましたが、年末年始は結局実家に帰らず川西の自宅で制作となりました。(笑) 
実家には年明け1月5日から6日まで、または7日の午前中まで帰る予定です。 帰る、と言いますか5日、6日はNHK文化センターの仕事なのですが。
もちろん実家に来ました年賀状はその都度メールで母に教えてもらいますし、遅ればせながら5日に帰った際、見たいと思います。

ともあれ、今年の1月9日から始めましたこのブログを通して知り合いになれました皆様、旧知の皆様、本当にありがとうございました。 皆様のご自愛を心からお祈り申し上げますとともに、新年も何卒宜しくお願い申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えいただけますことを、心からお祈り申し上げます。

緊張の中の幸福な終末感 - 2011.12.29 Thu

終日制作しました。 何とか画面左下の描き込みが終了しました。何かと気忙しい時期ですが、制作は今のところ順調に進んでいます。
もっとも背景を荒描きのまま残していますので、これくらいのペースで進んでいて丁度いいくらいなのだと思います。 もちろんメインモチーフと背景との際(キワ)の部分は同時に描いています。

この時期になりますと、色々あった1年の全てをリセットへ向けて纏めて行こうとする世の中の空気、見えない強い動力、のようなものを感じます。
個人的には冬の持つこの緊張の中の幸福な終末感が大好きで、例えるなら仕事の後の打ち上げ、または、就寝前に布団の中で1日を振り返りながら本を読んでいる時に似た感覚を覚えます。

そして、このまま年始まで制作があり続けるというのは、本当に幸せなことと思います。

2台のパソコンのネット事情 - 2011.12.27 Tue

我が家では居間でデスクトップを、アトリエでノートパソコンを使っています。共にインターネットをADSL無線で繋ぎっぱなしにしています。
以前より、アトリエで使っていますノートパソコンの接続が悪かったのですが、その原因も解らず、半ばDVDプレイヤーとして使っていました。

このところ、どうも片方が接続されていると、もう片方は繋がらない、という関係がはっきりしてきました。

今のところ現状のままで直ぐに不都合が在るわけではありませんが、そのうち解決したいです。

制作中想うこと - 2011.12.26 Mon

先週金曜日までは事務作業が多量にあり、その鬱積を晴らすように週末は制作のみでした。 おかげで制作中の作品もようやく見通しがたってきました。 
今日も終日制作していましたが、この2日と同程度には進みませんでした。 理由は、今日描いたパートは、入り組んで複雑な部分だったから、という単純なことなのだと思います。 

 私は制作のパートを小さく分節することで、短期目標を設け易くし、工程の漏れを防いでいます。
このように書くと、カギカッコ付きの「芸術」とは対極なイメージのことをしているように受け取られてしまいそうですが、ピカソも、「労働者が仕事をするように、画家も仕事をするべき」という言葉を遺していますし、別に良いと思っています。

よく訊かれる質問に、「制作中は何を考えていますか?」という物があります。
おそらく作品に込めた想いのことを訊きたいのだと思いますが、それは意識の底の方を常に流れているイメージで、表面に浮かび顕在しているのは全く別のこと。(もちろん画面全体を確認するときは、制作に向かわせた初期衝動の想いがかなり支配的によみがえって来ます。) 
色んなことを薄ーく考えていますが、よく想うのは、「今タッチを置いたその面を美しく仕上げる」 という局所的な関心(前の行の内容とも重なりますが、完成のイメージが強固にあるからこそ安心して部分的な仕事を行えるというもの)です。 
或いは、「あまり何も考えていない(覚えていない)、それくらい集中している。」 これも本音です。 しかしそれを言うと格好良過ぎて信じてもらえないかも、と思うあまり今までそう答えたことはありません。(笑)

年賀状投函・小さなポスト - 2011.12.25 Sun

年賀状を元日にお届けするためには、できるだけ12月25日までに差し出すのが望ましいようです。 
というわけで、投函いたしました。 
12月26日以降28日までに出しても、できる限り元旦にお届けできるよう取り組んでいらっしゃるようです。 ものぐさな性格の私は毎年この時期に出していましたが、何故か今年はテキパキと出来ました。(何故か、と言うかこれが普通・笑)

コンビニで投函しても良かったのですが、自宅最寄りのタバコ屋にあります小さなポストに投函しました。

ブランケットを重ねて - 2011.12.23 Fri

冬の時期、アトリエでは膝掛けブランケットを使っています。
これまでは1枚だけ掛けていましたが、今日からはもう1枚重ね、肩にも薄手のブランケットを羽織りました。

冬は大好きなのですが、寒がりです。そのくせファンヒーターやストーブが苦手、着膨れは更に嫌。
防寒には気をはらいます。 効率よく暖かく過ごしたいです。

スカイプで会話 - 2011.12.21 Wed

先週Oさんに設定してもらいましたスカイプを使って、初めてMさんと会話しました。 音声が耳に直接来る電話と違い、空気をはらんでいて、周辺の空間へ響いて行く感じ。あたかもそこにMさんが居て話しているような感覚です。

初めて電話に触れた人の感動ってこのようなものだったのでしょうか。

年賀状・宛名書き - 2011.12.20 Tue

「うどん県」での年賀状を、と呼びかけましたところ、思っていた以上の反響がありました。
しかし私がアップした時期が遅かったので、香川のKさんからは、「既に宛名も書いています」 とのメールをいただきました。しかし 「『うどん県』で書き直します」 と仰ってくださいました。

私も昨日から書き始めました。画像面のデザイン・レイアウトは以前より暇を見つけて少しずつ作って保存していましたのでプリントアウトするだけなのですが、どなたへ出すのかを、過去の送付先一覧(未だデジタルデータ化しておらずデータ管理は手書き・笑)や今年新たに面識を持った方の名刺などをもとに挙げ、約160枚、宛名を書きました。 

年賀状だけのお付き合いとなっている方へお出しするか否か、は迷うところですが、私は出します。 
これがなくなったら完全に付き合いが無くなりそうなので。そうしている内に密な交流が復活したことも1回や2回ではありませんし。

外壁塗装の営業 - 2011.12.19 Mon

午前中、制作をしていますと、玄関の呼鈴が鳴ります。ドアを開けると男性が立っていて、いきなり 「外壁塗装のご予定はありませんか?」 続いてこれまでの会社の実績や施工方法など矢継ぎ早に話してきます。どうやら営業のようですが、スーツではなく作業着です。
恐らく普段は現場で作業をしている方なのだと思います。話し方も本職の営業の方と比べるとあまり上手ではなかったように思います。

しかし個人宅を対象に外壁塗装の営業って・・・・。 数年前に読んだ『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』 と同じものでしょうか。

徳島ラーメン - 2011.12.16 Fri

故郷・香川県はうどんが有名ですが、隣の徳島県の名物、徳島ラーメンが近年、全国区になりつつあります。
徳島駅の駅前に「麺王」という美味しいお店があるのですが、帰りの列車の都合で普段の仕事の後に入ることはできません。
しかし今夏、高松駅の駅前にチェーン店ができました。気にはなるものの在れば在るで、寄らないのは私の性質。(笑)

今日、その高松店に初めて入りました。スープは豚骨醤油なのですが、最大の特徴はチャーシューではなく炒めたバラ肉が標準で乗っていることでしょうか。地元の方はこのラーメンをおかずという感覚で、ご飯と共に食べるようです。

大変美味しく、3食入りのお土産も購入しました。
神戸にもチェーン店があるのですが、私の自宅とは電車の路線が違うのと、方向も逆ですので、寄るとすれば、高松店になりそうです。

今後の発表予定 - 2011.12.14 Wed

画面右上の「プロフィール」に、今後の発表予定を書きました。 内容は、
2012年2月01日(水)~ 2月13日(月)
個展 「安冨洋貴展 夜の窓」 に出品いたします。
新宿タカシマヤ 10階美術画廊 (〒151-8580東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-2  TEL:03-5361-1111) 

というものですが、小さすぎて読めないかもしれません。会期が近付きましたらブログのトップで挙げ続けておこうと思います。 その際は出品点数や在廊日など書こうと思います。

ケーブル届く - 2011.12.09 Fri

先日注文しました、コンパクトデジカメとパソコンを繋ぐケーブルが届きました。しかしまだデスクトップでは見ていません。
先日プリンターのモニターで見ましたし、Mさんからのデータも含めて全部揃ってから見たいと思います。

プリンターのモニターで確認しましたコンパクトデジカメには、15年振りに見る高校時の友人・Mさん(前述のMさんとは別人)の姿が写ってありました。

接続ケーブル - 2011.12.07 Wed

制作のための取材では専らデジタル一眼レフを使っていますが、日常的なスナップの撮影には、コンパクトカメラ型のデジカメを使います。
ライカに似た外観が特徴的な、愛用のコンパクトデジカメですが、このところあまり使う機会がなく、先日久しぶりに使ったのは、Fさんに貸した時でした。 撮影した画像を本体のSDカードに残したまま返してもらい、その画像データはいただける約束をしていました。

デジカメを返却いただいた後、画像をパソコンで確認しようとしたところ、接続ケーブルが無くなっていることに気づきました。

デジカメのSDカードをプリンターに挿入すればプリンターのモニターで画像を確認したりプリントアウトすることはできます。 
そこで、このプリンター経由でデータをパソコンへ移せないものか、と試みましたがそれはできませんでした。 写真店でデータをCDに移してもらえないか、など色々な策を考えました

そうしている内に、この接続ケーブルを取り寄せてもよいのでは、そして、ひょっとして通販があれば電器店を通さなくてもすぐ注文できる、と思い調べてみました。
すると、思いの外簡単に商品に行き着きました。しかも大手の楽天で扱っていました。送料込で450円。
こんなに簡単なら最初から調べれば良かった。

肩と首をいたわる - 2011.12.06 Tue

このところ、日中は事務仕事をし、夜中に制作をする、というペースが続いています。
そのような日々ですが、夕方、このブログでも繰り返し出ていますタイ古式マッサージのお店へ行きました。あまりの気持ちよさに、施術されながら眠ってしまったほどです。

職業柄、肩から首にかけて疲れるようです。 最近はそこまで酷くないので止めていましたビタミンBのサプリメントも、まだ残っていますし、服用し直そうと思います。
マッサージからの帰り道、ドラッグストアに寄り、肩・首用の湯タンポなる物を買いました。電子レンジで温めて繰り返し使える物です。今年の冬はこれを試してみたいです。

見続ける内に - 2011.12.05 Mon

30号を描こうとしていましたが、同時に準備を進めていました0号に取りかかりました。
制作は私自身で撮影した写真をもとに進めます。写真の画像は現実と比べて立体感や空間感が曖昧で、それは私の表したい世界に合致していて、資料として使いやすいのです。
しかし今回の0号用の資料写真は(撮影時はさほど無かったのですが、)現像すると、細部が影に埋没していて、現像されたものを最初見た時は完成イメージとの解離を感じていました。

そうして数ヶ月見続ける内に、影で埋没している細部も自身のイメージで補って見えてきます。制作に着手する時点では完成までのビジョンが見えてきます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事