topimage

2012-02

実は最も近かったようです。 - 2012.02.29 Wed

昨日ブログに書きました、もう1件のグループ展は、下記です。 実は最も会期が近かったようです。 
ご案内遅れまして失礼いたしました。 画面右上の「プロフィール」の一番上に書きました。

■ 2012年3月8日(木)-3月28日(水)
グループ展 「ASIAN REALISM」 に出品いたします。
Yoshiaki Inoue Gallery  (大阪市中央区心斎橋筋1丁目3-10 心斎橋井上ビル TEL:06-6245-5378)

Yoshiaki Inoue Galleryさんにとりまして、今年度のラストを飾る展覧会に、出品させていただけますことを嬉しく思います。
出品者名や開場時間も含めた詳細記事を、ブログのトップで挙げ続けておきたいと思います。 

今後の発表予定 - 2012.02.28 Tue

画面右上の「プロフィール」に、今後の発表予定を書きました。 内容は、
■ 2012年4月9日(月)-4月29日(日・祝)
グループ展 「Physical side Ⅱ」 に出品いたします。
Yoshimi Arts  (大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F  TEL:06-6443-0080)

■ 2012年4月11日(水)-4月18日(火)
グループ展 「LA VIE EN ROSE (薔薇色の人生)」 に出品いたします。
日本橋タカシマヤ6階美術画廊  (東京都中央区日本橋2丁目4-1  TEL:03-3211-4111)

というものですが、小さすぎて読めないかもしれません。会期が近付きましたらブログのトップで挙げ続けておこうと思います。 (その際は出品者名や開場時間も含めた詳細記事にします。) 

4月にはもう1件、グループ展に出品いたします。
こちらは海外へも巡回するそうです。 会期など分かり次第、こちらも同様にご紹介したいと思います。

確定申告 - 2012.02.27 Mon

確定申告は毎年、提出のみでしたが、今年は相談したいことがありましたので午前中、伊丹市立産業情報センターへ行きました。 相談したいことは2件ありましたが、 下書き通りで大丈夫だった件と、相談したおかげで少し有利になる事がありました。
来年以降は、今年作りました資料を元に提出のみで大丈夫と思います。

個人事業なので、確定申告も自分で行います。
作成していますと毎年様々なことを思いますが、こうして好きなことをして生きていられることに、心から感謝いたします。

細部の構築が全体を構成している - 2012.02.26 Sun

終日制作。 4月9日(月)からYoshimi Artsで企画いただいていますグループ展「Physical side Ⅱ」 に出品します作品で、水の波紋を描いています。

 私が描くモチーフには、傘、花、椅子、室内空間、水の波紋、等々あり、どれも鉛筆の細いタッチで描くため手間がかかかるのですが、モチーフ間で比較しますと、圧倒的に水の波紋が時間がかかります。 他のモチーフの2倍近くもかかってしまいます。

この展覧会はタイトル通り身体性をテーマとしています。細部の構築が全体を構成していることの確認とそれを表現できれば、と思っています。 これは手技における私の想いと一致しています。なので、2倍の時間がかかっても、重層的に在る水の波紋が幾つも透過して見える様を描き切り、ここで発表したいと思いました。

ラジオ好き - 2012.02.25 Sat

未明、嘉門達夫さんの番組をインターネットラジオで聴きながら制作しました。 私の家は本来FMの電波が届かないのですが、インターネットラジオですとこういった問題もクリアできます。

 私のラジオ好きは中学、高校生の頃形成されたと思います。特に当時好きだったのが嘉門さんで、番組は毎週カセットに録音し、その番組を一週間、毎日ウォークマンで繰り返し聴く日々でした。

当時を想い出そうとすると、そのあらゆる場面は録音したラジオの声を伴って甦るほどです。
現在のようにデジタル的にデータがコピーできるわけもない当時のラジカセやコンポですが、頭出し、オートリバース、倍速ダビングなど、驚くほどの「工夫」によるアナログ的機能が満載でした。

weblio(ウェブリオ) - 2012.02.24 Fri

先日、作品タイトルの英訳について、Sさんに相談に乗っていただきました。
先ず私の方で英訳し、これで如何ですか?と送りますが、毎回細かな質問が返ってきます。
例えば、「懸け離れた星々」というタイトルでは、イメージしているのは 「地上からの距離が離れている星」、という意味なのか、「星と星の間隔が離れている」のか、など訊かれます。
どういった状態・状況をイメージし指しているのかが分からないと、それを言葉(英語)で表せられない、と。 これは本当に真っ当な感覚だと思います。
翻訳サイトは便利ですが、或る日本語の単語に対応する言葉が、英語ではニュアンスによって異なる複数種類の言葉に分かれていることや、ニュアンスを正確に伝えるための語法は、翻訳サイトでは掲載されませんので、結局辞書をひき調べたり、Sさんのような英語に明るい方に訊くことになります。

Sさんより、weblio(ウェブリオ)という、日本人向けの統合型のオンライン百科事典をご紹介いただきました。500以上の様々な辞書・百科事典・用語集などを対象に一気に検索を実行できます。

ウェブサイトは、機械的に何かを任せられる機能もいいのですが、微妙なニュアンスなど機械的には出来ない用件では、説明をしてくれる機能の方が便利に思いました。

お礼状 - 2012.02.23 Thu

昨夜、Sさんへ送る画像をまとめる傍ら、今月13日まで新宿タカシマヤで開催されていました個展で、芳名帳にご記帳いただいた方へお礼状をお出しするべく、それのレイアウトデザインを行いました。 フォトショップとイラストレーターで自分で作ります。

年賀状や暑中見舞いも自分でデザインして印刷します。 文章と画像を独立配置する、極めてオーソドックスなデザインです。年賀状・暑中見舞いでは私の作品の画像を、お礼状にはその展覧会の会場風景の画像を載せます。どの画像を載せるのか、毎回悩みます。
お礼状を書くのは個展の時のみで、グループ展では他の出品者との兼ね合いもあり、基本的には書かないのですが、個人的に旧知の方にはお出しすることもあります。
今日は終日制作と、お礼状を書きました。

昨日ブログに書きました、「猫の日」に関してSさんからコメントがありました。「私は1年365日、毎日が猫の日です。例外はありませんので」 だそうです(笑)。

雨が降れば中止・「猫の日」(笑) - 2012.02.22 Wed

終日制作していました。
途中、確定申告の下書きを書き終えました。
例年ですとこのまま清書し提出するだけなのですが、今年は清書をする前に質問・確認しておきたい事項があります。 伊丹市立産業情報センターへ向かうべく提出書類と資料を持ち家を出ようとしましたが、雨模様の空を見て、止めました。

その後制作していますと、Sさんよりお電話があり、先日の新宿タカシマヤでの個展の、展示風景の画像を送ってほしい、とのことでしたので画像を纏めて送りました。 

そう言えば今日、2月22日は(ニィー、ニィー、ニィー、で)「猫の日」らしいです。 猫大好きのSさんに、昨年教えられました(笑)。
が、今日は割りと長くお電話で話していたのですが、「猫の日」は最後まで話題に上がりませんでした(笑)。

長い夜、そして15年目の初体験 - 2012.02.21 Tue

昨日のブログからの続きとなります。
昨夜、Sさんから頼まれていた或る物を、郵便局から送り出した直後、伝票への記入ミスが発覚しました。
いつもなら、直ぐに郵便局に連絡し止めておいてもらい書き直しに行くのでしょうけど、郵便局に持ち込んだのが終了間際。 受付番号からネットで追跡をかけましたが、Sさんから書き直しの必要を言われた時点で、その荷物は川西郵便局を出て尼崎も通過し日本郵便・大阪国際支店に。
電話受付が24時間となっていましたので、深夜2時を過ぎていましたが電話しました。事情を伝えたり、ファックスしたり、その間Sさんとも電話で指示を仰ぎながらのやり取りの末、何とか荷物を止めておいてもらい、午前中書き直しに向かうことになりました。
Sさんと全ての打ち合わせが終わる頃には、朝の6時になっていました。

さて、朝から向かうことになりました日本郵便・大阪国際支店ですが、てっきり梅田(自宅から20~30分)辺りにあると思い、先の電話口でも簡単に「そちらへ向かいます」などと言っていましたら、調べたところ大阪の南端、関西空港のフロート内でした。しかし行かないことには仕方ありませんので朝から1時間40分かけて関西空港へ。
関西在住15年目にして初めて南海電車に乗りました。 関西空港は思っていた以上に広く、共に空港内に在ります、駅から郵便局までが徒歩では行けないほどの距離で、バスで移動したほどです。フロート内に会社や病院もあり、一つの町になっていました。

Sさんも私も不眠の1日となりましたが、先方に失礼のない形に収めることが出来て、何よりです。

画像は南海電車です。
鉄道雑誌では、この特徴的すぎるフォルムはよく見ていましたが、いざ実物を見ますと本当に鉄○28号のイメージで、テンションあがりました。 円形の窓も珍しいデザインです。





長い夜 - 2012.02.20 Mon

Sさんから頼まれていました仕事の為、郵便局へ。 時間外受付も終わろうかという15分前に何とか送り出すことが出来ました。
いただきました伝票の控えを写メで撮影し、Sさんにメールしますと、品名の表記に誤りがあるとご指摘されました。

この仕事は半年ほど前にも同じことをしており、その時の伝票の控えを見ながら書くつもりでした。 しかしそれを郵便局へ持っていくのを忘れていて、適当に書いたところ、ご指摘を受けることになりました。

そしてここから、長い夜となります。
これ以降は明日未明の内容ですので、明日のブログに書きます。

都市(大規模組織)から羨ましがられる存在 - 2012.02.19 Sun

昨日ブログに書きました、猪名川町 (自宅のあります川西市の北隣の町)ですが、wikipediaによりますと大変ユニークな発展の仕方をした町であることが分かりました。
町南部地区には大規模ニュータウンを形成していて神戸や大阪へのベッドタウンとなっています。 事実、ここ数年、人口増加率は年2%台を維持し、兵庫県内の首位を独走中(2005年~2006年4月の人口増加率は5.7%)。 また、全国的に過疎化が進行中の郡部としての人口増加率も猪名川町は全国トップクラスとのこと。
過去には隣接します宝塚市、川西市、伊丹市との三市一町での合併を検討する合併協議会があったそうですが、人口増加傾向にある猪名川町が独立採算で町の運営をやっていける、と解散したそうで、このような事は全国的にも郡部としては特異なことだそうです。
健康面でも2008年発表の結果によりますと女性の平均寿命が全国2位。兵庫県では男女とも1位。

また、県下でもっとも早く、全ての校舎で耐震化が完了しているそうで、これは全国平均が未だ50%程度という事を考えると驚くべき速さです。
前述の、合併協議で周辺の3市に頼らず独立採算で町の運営をやっていく道を採られたことも、この結果と無関係ではないと思います。 組織規模が大きくなれば却って進まなくなることも往々にしてあります。

地方(=小規模組織)の目指すべき道は、如何にその地を魅力ある物にするかにかかっていると思いますが、都市部(=大規模組織)と同じ価値観(利便性等)を追いかけるのではなく、都市が逆立ちしても叶わない、別の魅力(手間のかかる事象への品質の向上、実行までのスピード化、他に無い特異性)に特化すれば、特化した領域においては他の追随も許さぬ存在となり、都市から羨ましがられる存在になるのではないでしょうか。
 私の郷里・香川県のうどん屋さんなんて、駅から数km離れた田んぼの納屋のような所で看板も出さず営業し、しかも営業時間は昼間の2~3時間のみ。 もはやお客の接近を拒むかのような条件(笑)です。
こんな条件、都市では絶対にできないことですが、これを魅力と見てもらえています。

広々とした空間で - 2012.02.18 Sat

お昼より、自宅のあります川西市の多田神社へ行きました。 先月詣りました、お隣の宝塚市の松尾神社もしっとりとして魅力的でしたが、こちらは境内も広くてロケーションに開放感がありました。
お正月に来たらどのような様子なのか、想像するのも楽しいです。 これからも丁寧に仕事が進みますように、とお祈りをして歩を進めていますと、次第に粉雪が舞い始め鳥居に結ばれた布のはためきや厳かで広々とした空間とマッチして、何とも清らかな気持ちになりました。

その後、車を更に北上させ、猪名川町のイオンモール猪名川へ。店内のパン屋さんで昼食をとり、ゆっくりショッピングをしました。
格好良い雑貨店があり、しかも私の目当てのブランドの品のほとんどが半額になっていました。 手帳や財布もとてもよかったのですが、今使っている物も気に入っていますのでそれらは控えて、ペンケースを買いました。青緑色の革製です。 他、同じブランドのアロマキャンドルとグラス、ランチョンマットを買いました。 モノクロームを基調に、植物のシルエットのみを装飾にしたデザインは私の好みのど真ん中でした。

その後、一般雑貨や食品を買っていて思いましたが、このお店で揃っている商品のラインナップは、川西市や伊丹市のそれとほぼ変わらないと思うのですが、それらで買い物をしている時とは比べ物にならないほど精神的な落ち着きを感じます。
恐らくそれは、お客さんの数が少ないから、と思います。 急かされる感じが全くせず落ち着いて買い物をしていますと、買い忘れそうになった物を思い出したり、家の中で切れそうな物をあらかじめ買っておこうと考える、気持ちの余裕が芽生えます。
そういった余裕のある気持ちで過ごす毎日が重なって、必要ではないけれど質の良い生活のために、とお洒落な雑貨等を購入しようという気持ちにつながるのだと思います。 大きな駅からは離れていますが、閑静な住宅地での生活も良いものです。 
(その所為か否か分かりませんが、立地的には恵まれているとは言い難い条件にもかかわらず、売り上げがジャスコ(当時)全店舗中第3位を記録したこともあるそうです・驚。)

積極性と協調性、強すぎる浜風 - 2012.02.17 Fri

NHK文化センター高松では、13時のクラスの生徒さんから、「たまにブログ見ています」、とカミングアウトされました。 一見、コンピューターなど触らなさそうに見えましたので(失礼。)、意外でした。
しかし気持ちの若さが積極性に表れていて、しかも協調性もある、そこが香川の県民性ですし、大変良いと思います。

お昼、NHK文化センターの入っています駅ビルから、隣接しますサンポート高松へ所用あって移動していますと、煽られそうになるほどの強風。 高松駅周辺は海がすぐ側で、浜風が強いのですが、浴びる度に 「これぞ高松らしさだなあ。」と思います。

私の描くデッサンの手順 - 2012.02.16 Thu

勤めていますNHK文化センター徳島では、最近入会されたお二人へそれぞれ苺と松ぼっくりの描写のポイントを説明しました。
全体の立体感と、その中に在る部分の立体感 (苺の粒・くぼみ、松ぼっくりの鱗片)を両立させることが鍵で、具体的にはそれぞれを独立して描き、後で塩梅を調整する、という方法を採っています。 これはガラス器など立体感と質感(向こう側が透けて見える透明感、乱反射するハイライト、映り込み、等々)の場合なども同様の描き進め方を励行しています。 

本来デッサンですと最初から全体のバランスを考えながら仕上げていく、という方法が一般的と思います。(この方法は利点も多く、特に木炭で行うこれは、油彩のシステムに合致していると思います。)
しかしこの理論は体感的に把握しづらいですし、何より後々全体への配慮とバランスのみが先行した、突っ込みの弱い絵になる可能性が高いので、要素を分断し 「一度、在る物(要素)の全てを描き込み、後でつぶす(消す)」 という方法を採っています。 骨描き、塗り絵、上等です。
一枚描くのに時間はかかりますが、重厚な絵になりますよ。


余談 ・ 一昨日ブログに書きました森脇健児さんのライブ、どうやら今後は毎月やるようです。来月は3月13日とのこと。楽しみです。

素晴らしく、「面倒くさい」人生 - 2012.02.15 Wed

今月13日まで新宿タカシマヤで個展を開催いただいていましたが、その期間中最初の日曜日にTさんが来てくださいました。 Tさんは小学校から高校卒業までの実に12年間も、私と同じ学校だった方です。高校卒業後は地元の国立大学に進学、大手企業Fの香川支社に就職しますが、7年前から転勤で東京へ来ていました。
昨年3月、郷里・香川県の高松天満屋での個展に、Tさんのお母様が来られました際、概要は伺っていましたが、会うのは15年振り、しかも中学、高校ではクラスが違っていました (高校の「クラスが違う」は、単に学級が違うのではなく、字義通り「階級が違う」の意味です・笑) ので纏めて話したのは21年振りでしょうか。 外見はお洒落になっていましたが、当時の面影は残っていました。

Tさんはご自身の近況をお話しされた後、知っている同窓のお話をしてくださり、大変懐かしい気持ちになりました。 何人かの同級生のお話を聞く中に、Tさん同様、小学校から高校卒業まで私と同じ学校だったKさんのお話が出ました。Kさんも中学、高校では私とクラスが違っていました。 (こちらは、単に学級が違うの意・笑) 
Kさんは高校卒業後、郵便局でしたか警察でしたかに就職した、というところまでは、知っていたのですが、今回Tさんから聞きました、Kさんの「その後」 は興味深いものでした。  
Kさんはご自身が視力が弱いこともあり、、医療に携わりたいという夢をずっと想い描いていたそうです。そして大学の医学部に入学しその夢を叶えるため、数年間勤務したのち退職したという事でした。

こう言ってはS高校の同窓生や先輩、後輩にも悪いのですが、 Tさんのいました、私たちとは「階級が違う」クラスなら、卒業生のほぼ全員が国立大学に進学しますが、Kさんや私の居ました「その他多数」のクラスから国立大学に、しかも医学部に進学なんてありえないことです。 
その「差」を「夢」で埋めるためには働きながら受験勉強していたのではとても埋まらない、とKさんはまだ進学できるかどうか決まってもいない (と言いますか常識的に考えると、ほぼ無理)のに、公務員の職を辞し、他の同級生より数年遅れで(当然その間無給で)、受験勉強に入ります。
その準備期間がどのくらいだったのかは聞けませんでしたが、模擬試験で合格圏内とされるところまで積み重ねて来られたそうです。 しかし本番のセンター試験で思うような点数に結びつかなかったそうです。 そして折角勉強を重ねてきたのだから、と翌年も受験しますが、同様に模試では高得点ながら本番で得点が伸びないという結果に。この年、センター試験の得点も勘案し志望コースを変更した結果、某国立大学の農学部に合格します。 これでも充分以上に凄いことで、本当に頭が下がります。

そして現在Tさんは、通関士(国家資格)の資格を取得し、税関職員として働いているそうです。
高校卒業時せっかく就職できた公務員を数年で辞めてまで励んだ大学受験、望んだ医学部には結局入れずでしたが、この回り道の時間は、間違いなく 「生きた時間」であったと思います。
自己責任のもとに自分で自分の人生は切り拓く、という素晴らしく、「面倒くさい」人生を歩んでいる知人がいることを、心から頼もしく思います。

個展後は風邪に - 2012.02.14 Tue

昨夜から少し風邪のようなダルさがあった為、薬を飲むなどしました。 先日までの個展のための緊張感で、体に疲労が蓄積されていたのかもしれません。
今朝は起きた頃より、寝込まなければならないほど重症ではなかったので、昼間はメールをうったり、新宿タカシマヤの美術画廊スタッフさんへお礼状を書いたり、画廊Iへ提出する領収書を纏めたりと、事務仕事を行いました。

徐々に体調も回復しているのは感じますが、大事をとって、予定していた森脇健児さんのライブ(寄席)へ行くのは中止にし現在制作中の絵を描き進めました。

このライブ、1年前に初めて行き、開演前には話しかけてくださったりととても嬉しく感激しました。
(このときの会話の様子が某動画サイトにアップされていて、尚嬉しかったのですが、その1ケ月後某番組で、その時の私のことをネタとして話されていて、大変気まずくなりました・笑)
行くのを楽しみにしていましたので残念ですが、仕方ありません。 もっとも3月下旬から4月上旬にかけて描き上げなくてはいけない作品が複数枚ありますので、これで良かったのかもしれません。
後で無理をするよりもコツコツと描き重ねたいものです。

しかしアルバイトをしながら描いていた20歳代の頃に比べて、制作に集中できる今の環境には感謝しなくてはいけません。
周囲にあわせて描けるほど器用なタイプでもない私が、この業界での収入のみで自活できていることは稀有なことで、それを成り立たせてくださっていますお客様、画廊等関係各位には、いくら感謝してもし切れないほどです。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 「Attirant Ⅴ」
6月15日~24日
瀧川画廊
(06-6365-6578)

⬛「リアリズム・アンソロジー Ⅳ」
6月26日~7月4日
あべのハルカス近鉄本店 美術画廊
(06-6624-1111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (55)
文献・メディア (25)
日記 (1490)
雑記 (149)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事