topimage

2012-04

黒電話の作品 - 2012.04.30 Mon

終日制作しつつ次作の構想を進めています。 2002年と、2008年ころ描きました黒電話を、再び描きたくなっています。
以前より、その造形の無骨さや表面の艶の不気味さを、魅力に感じていました。 今後もそれを引き摺りつつ構図や構成により意識を張り巡らせたいと思います。

今、自宅に持っていますダイヤル式の電話は黒い物が1つ、薄緑色のものが1つですが、黒がもう1つ有れば尚良いと思います。

「Physical side Ⅱ」最終日 - 2012.04.29 Sun

グループ展「Physical side Ⅱ」、本日最終日でした。
今回もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうございました。
そして格別のご評価の上、出品作品もお買い上げいただき、心から感謝申し上げます。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。

Physical side は「頭の中で想い描いたイメージを、実際に存在させるために必要な物理的側面」 という、制作にあたって私が留意していますことに合致していて、その展覧会に、昨年に続いて参加させていただけ本当に光栄に存じます。

グループ展 「Physical sideⅡ」 - 2012.04.29 Sun

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

「Physical side Ⅱ」
4月9日(月)-29日(日・祝)  11時~19時(会期中無休)
Yoshimi Arts  (大阪市西区江戸堀1-8-24 若狭ビル3F)
電話番号  06-6443-0080

・ 紹介文はこちらです。 (ヨシミアーツさんのホームページへ繋がります。)
・ 出品作家・・・・興梠優護、小勝負恵、佐藤未希、寺林武洋、安冨洋貴
・ 私は8号と15号の新作を出品いたします。
・ 私は4月9日(月)、14日(土)、22日(日) の終日、画廊に居る予定です。お声をかけていただければ嬉しいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。

筍と薔薇 - 2012.04.28 Sat

Iさんより筍の天ぷらと水煮ををいただきました。 近くの山で採れたそうです。天ぷらは早速食べ、水煮は筍ご飯にしました。
瑞々しくて歯ごたえもあり大変美味しかったです。 そういえば筍のシーズンでした。
お返しとして、先日訪れた宝塚市のあいあいパークで購入しました薔薇のジャムを、お分けしお渡ししました。

訪れた日はちょうどローズフェアをしていましたが、薔薇の商品は他の物を含めて、恐らく普段も販売されていると思います。 薔薇の香りが豊潤で、一般的なジャムのようにパンに付けるよりも、むしろ紅茶やヨーグルトに入れるか、クッキーに付けるなど、少量で食べた方がより美味しいと思いました。

張り詰めた中にも穏やかに和める感覚 - 2012.04.27 Fri

或る方のお庭にて、牡丹を取材しました。 見事な形と紅白の色が切り替えされた柄が素敵で、撮影させていただきました。
植木鉢が置かれていた場所は、取材時、想うような光の入り方ではなかったので、丁度良いところまで動かせていただきました。本当にお世話になりました。

まだ作品の下絵にはしていませんが、とても良い空気のようなものを感じました。
 私の場合どの作品でもそうなのですが、取材時に、対象を見詰め、それを包む空間、空気を意識すると、張り詰めた中にも穏やかに和める感覚を感じます。 描いている最中もそれはずっと保たれています。 完成後も、画面内に漂っていることを願います。

魅惑のグラス - 2012.04.26 Thu

豊中市にありますイオンへ行きました。 普段車ではあまり遠出はしませんが、ようやく最近、少し遠くまで運転するようになりました。 北摂は、神戸や大阪の中心地とは比べるべくもなく閑静です。

以前、このイオンの店舗に入っています雑貨店Gでガラス器を購入し、作品のモチーフとして使ったことがあります。 今日もその雑貨店へ行きましたら、私の琴線に触れる造形のガラス器がいくつもありました。 一つ一つはそれほどに高価ではないので (しかしモノはしっかりしていて、お値打ち)嬉しくなります。 
角張ったグラス(同じデザインのサイズ違い)を2つ、ボウル型のグラス、下膨れ型のグラスを購入しました。

このところやや大ぶりの花を描く機会が多いのですが、今回購入しましたような、角やスリットが鋭角的に入った小さなグラスと花の構成も構想します。 しかし未だ頭の中での構想段階で、エスキスに描くことも、先のような気がします。

懐中時計をカスタマイズ - 2012.04.24 Tue

懐中時計のカスタマイズに応じてくださるサイトを見つけました。
全体のデザイン、またそこに仕様するチェーンや根付けの形、素材も融通をつけてくださり、しかも非常にお安くしていただけました。

全体のデザインの例も、10種類以上あります。
長さの異なる2本のチェーンを垂らすデザインが、格好よく思いました。

花弁を描き込み - 2012.04.23 Mon

終日制作。 いま描いています作品は、画面に白い薔薇が2つありますが、その片方の花弁を描き終えました。

スマートフォンに替えて以来、画像のアップが簡単に行えるようになりましたので、以前に比べますと画像の登場頻度が高くなっていますが、作品への使用以外でのスナップは元来あまり写しませんので、毎回という感じにはならないと思います。

Line - 2012.04.22 Sun

先日、スマートフォンにおいてもスカイプをできるようにしましたが、会話中よく途切れます。 昨夜もSさんと話していて何度も途切れ、最後はパソコンを介してのスカイプで話すようになりました。

そこで、以前Fさんが使っていると言っていましたアプリ、Lineを登録しました。
登録は大変簡単に出来ました。 まだ会話はしていませんが、レビューを読む限りでは期待できそうです。

現在スマートフォンの電話帳に登録している内でLineのできる人の、一覧を表示させることが出来ますので見てみますと、今では交流の少なくなったSさん等懐かしいお名前が挙がったり、美術学校でお世話になりましたK先生など意外なお名前も挙がっていて、嬉しい驚きでした。(笑)

椿 - 2012.04.21 Sat

自宅の周囲は住宅街ですが、山や丘がすぐ近くに在り、自然の草木が豊かです。
庭の桜は現在、葉桜になりかかっていますが、駅へ向かう道沿いに在ります八重桜は、今まさに満開です。

画像は自宅庭のヒトコマ。椿が美しくありました。

ユザワヤ高松店 - 2012.04.20 Fri

NHK文化センター高松に着きますと、その壁に、ユザワヤ高松店オープン、とのご案内のプリントが貼られていました。

関東では多く在る同店ですが、関東以外の地域では本当に少なく、政令指定都市に1店ずつ、くらいではないでしょうか。
そのような中、故郷・香川県に出店が決まりました。 中国四国では初出店。ここに九州を加えても、福岡に次いで2番目です。
広島よりも熊本よりも岡山よりも早い、という事態、嬉しいです。

新しいサングラス - 2012.04.19 Thu

川西市内の眼鏡店へ、新しいサングラスを受け取りに行きました。陽光が苦手な私にとって、サングラスは必需品です。

実際は、陽光そのものはまだ大丈夫なのですが、大きく種類の異なる光が混在している状況、というのが大変疲れます。 具体例を挙げますと、昼間に蛍光灯の灯っている室内で、窓から陽が射し込む状態、といったものです。
こういう状況下でも、サングラスをしていますと快適に過ごせます。また、単一種の光は大丈夫ですので、一般的な屋内、屋外は普通の眼鏡で十分です。(アトリエは昼間も遮光カーテンを施し、蛍光灯を灯していますので普通の眼鏡で平気。)

今回作っていただいたのは、20%のグリーングレーのレンズが入っています。
フレームのデザインもレンズの形も、満足しています。

画像は今回作っていただきましたグラスと、タオル美術館で購入しました、大好きなスナフキンのタオルハンカチです。無料サービスで名前も刺繍してもらいました。

巡り逢う今 - 2012.04.18 Wed

10号サイズで、薔薇の絵を描き始めました。 先日も10号サイズで薔薇を描いたばかりです。
たまに、飽きないの? と訊かれることもありますが、全く飽きません。
毎回、新しいアプローチがあり、その度に(そのせいで?・笑)新しい発見に心踊りますし、たまに失敗して焦ったり、と楽しい気持ちが勝っています。

今回の絵に使いました下絵、その構想を作ったのは4年前です。当時は、構想を作ったもののピッタリと当てはまるサイズがイメージ出来ず、お蔵入りにしていました。 先日別件で下絵を見返していましたら、ピンと来るものがあり、今回の採用となりました。

「LA VIE EN ROSE (薔薇色の人生)」最終日 - 2012.04.17 Tue

グループ展「LA VIE EN ROSE (薔薇色の人生)」、本日最終日でした。
私は初日しか在廊できませんでしたが、それでもたくさんの方からお声をかけていただいたり、後日メールをくださったりしました。誠にありがとうございました。
そして格別のご評価の上、出品作品もお買い上げいただき、心から感謝申し上げます。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。

ご案内に、会期が「18日(火)」まで、と書いてしまっていたようで、ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。心からお詫び申し上げます。 正しくは17日(火)まで、でした。 以後このようなことのないよう、細心の注意をもって行いますので、どうか今後とも変わらぬ ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

展覧会はこのあと7月に横浜タカシマヤさんへ巡回いたします。
こちらへ、私は新作を出品させていただく予定です。

鉛筆の持久力 - 2012.04.16 Mon

日本鉛筆工業協同組合のサイトによりますと、鉛筆1本を使い切ると、50kmくらいの距離の線がかけるそうです。 一方、ボールペンは1本1.5km。シャープペンシルは、芯1本で250mと、かける距離は鉛筆の200分の1ほどだそうです。

多くの画材、筆記具の中でも群を抜く持久力も、私にとって魅力的に映ります。

サラリーマンコレクターYさんのフェイスブック - 2012.04.14 Sat

午前中、大阪へ行き、昨秋グループ展でお世話になりました画廊DなどFESTART OSAKA 2012(大阪市内北部の19の画廊が展覧会を一斉に開催するアートイベント) 参加の画廊を中心に、数件回りました。現在グループ展 『Physical side Ⅱ』で、私の作品を展示いただいていますヨシミアーツも、今展でFESTART OSAKA 2012に参加しています。

ヨシミアーツに着きますと、社長より、先週9日ご来廊くださいました有名サラリーマンコレクターYさんが、ご自身のフェイスブックとブログで、ヨシミアーツに出品の私の作品や、日本橋高島屋に出品中の私の作品について文章を書かれていた、と見せてくださいました。
ご紹介いただき、本当にありがたく存じます。

終日在廊していました。 高校の同級生Iさん、私が関西に来て以来15年来の友人Fさん、画家Oさん、コレクターOさん、同じくTさん(千葉県在住・驚)など、本日も多くのお客様にご高覧いただきました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【これからの出品予定】
■ 特集個展
11月12日(日)
高松国際ホテル
(香川県高松市木太町 2191−1)

■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1545)
雑記 (157)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事