topimage

2012-05

今後の発表予定 - 2012.05.31 Thu

画面右上の「プロフィール」に、今後の発表予定を書きました。 内容は、
■ 2012年7月11日(水)-17日(火)
グループ展 「LA VIE EN ROSE (薔薇色の人生)」 に出品いたします。
横浜タカシマヤ7階美術画廊  (神奈川県横浜市西区南幸1-6-31  TEL:045-311-5111)

というものですが、小さすぎて読めないかもしれません。会期が近付きましたらブログのトップで挙げ続けておこうと思います。 (その際は出品者名や開場時間も含めた詳細記事にします。) 

下貼り用の布へ拘り - 2012.05.30 Wed

昨夜は夕食をとり、少し準備して寝るのが精一杯でしたが、眠ることができて良かったです。
今日は自宅を9時に出、某所へ。先ずは今週末まで外出しますが、出先でも制作出来ますよう、パネルや画材、資料など持ってきています。

私は、支持体であるケント紙をパネルへ水張りする際、一般的な木製パネルのままではなく、表面に布を貼ったパネルを使います。
元々はパネルからの灰汁止めが目的でしたが、描く中でフロッタージュのようにその布目が、少し画面に表れるのを期待しています。布目の粒度によって、その表れ方の程度が決まります。

8~5年前は僅かしか目の出ません、綿布を使っていました。
4年程前からは極細目の麻布(キャンバス)を使っていました。
そして2年前からは、更にサンドペーパーで表面の布目を整えるなど比較的小さい粒度を用いていました。

今作で使っています布は、布目の表れ方が最も適当な感があります。これまでの極細目麻布+サンドペーパーよりも柔らかい描き味です。
特に10号以下のサイズではこれくらい繊細な方が美しく思います。 しかし今回の麻布、昔アクリルで描いていたころ使っていました物の端材。しかも現在は絶版のようです。
何とか他の布で同じような描き味になるものは無いかと試しましたところ、綿布を二重にしたものが、比較的似ているように思いました。

ユラユラと屈折 - 2012.05.28 Mon

制作の傍ら、次作の構想を考えました。
このところガラス器を描くことが多いです。

透明ビニール傘や水溜まりなど透明な物は以前より好んで描いていました。夜の状況と共にある 時、それが鏡面のようになり、周囲の像が映り込む様を美しいと思いました。
最近はそれに加え、ガラス器の内部で、像がユラユラと屈折して見える様にも興味があります。

アイビー - 2012.05.27 Sun

終日制作していました。現在制作中の作品は、画面全体にアイビーが在ります。
モノクロームで描く場合、一般的には、平面的な物よりも、ボリュームの感じられます立体的なモチーフの方が、表現しやすいように思います。

しかしアイビーくらい平板になりますと、却って描くのに手間取らなくなります。薔薇の葉くらいの凹凸が最も手間取ります。
おそらく凹凸の程度以外に、対象の明度も、鍵になっていると思います。

眼鏡に求めること - 2012.05.26 Sat

先日選びました眼鏡が出来上がりましたので、もらいに行きました。
私が、機能面で眼鏡に求めることは、軽くて、フレームが無いまたは細くて、ツルが自由に曲がること、です。 掛けていて負担がなく、掛けているのを忘れるくらいのものが理想です。なので外見・装飾性はシンプルで良いです。しかし機能性を重視した結果、スポーティーというイメージが前面に出たデザインというのも、考えてしまいます。
あまり一つのイメージの枠に固定されず、汎用性が高くあってほしいですし、主張し過ぎないデザインが好きです。

これまでの眼鏡は約10年間使っていました。 全く特徴の無い、フレームレスの造り。ツルも針金のような細い金属で、これ以上削りようが無いほどシンプルなデザインでした。
それですので、10年も使い続けられたのだと思います。

自分で扱ってみますと - 2012.05.25 Fri

お昼より緒用あり2軒の画廊へ行きました。 当初はどちらも宅配で済む用件でしたが、急遽同じ方面へ外出する用事が出来ましたので伺う事にしました。

普段外注で出来上がった状態を使っています物も、改めて自分で扱ってみますと、その扱い方に新たな発見が満ちていました。  

今の感情に巡り逢う為に - 2012.05.24 Thu

過去に撮影しました画像の整理をしていましたら、とても魅力的に映る何枚かの画像がありました。 まさにこれから描こうと思っていました、サムホールくらいの小品で込めたい魅力に合致しているように思いました。
暗がりの中、柔らかい光に湛えられています白い薔薇、逆光で透けているものもありました。 

思い出してみますと、それは4年くらい前に撮影したもので、当時も、またその後毎年見返した時も、直ぐに作品化できるようには思えず、何かの作品の一部、一要素としての魅力なのだろうと思っていました。 それにしても、当時魅了されたその魅力の元が一体何なのか、解りかねていました。 
それを造り手は、少なくとも私は、描く前の段階である程度把握しておきたいと思います。(それでもそれの持つ魅力の大半は、制作している途上で新たに発見されます。)

4年前撮影したのは、今の感情に巡り逢う為に、と思います。

住み続けて5年 - 2012.05.23 Wed

今の家に住み始めて、5年目になります。 高校卒業後、関西へ来てからの最長住み続け住宅になりました。
これまでの最長は、美術学校時代に住んでいましたワンルームと、現在の家に移る直前に住んでいました長屋が、共に4年間でした。

自宅周辺も比較的散策しているつもりでいましたが、今日歩きました道は初めて通る道でした。
いつも通る曲り道の中を、ショートカットするように直線で通れる細い道がありました。少し歩くと昨年お風呂を修理している際に利用していました銭湯の前を通る道に出たり、看板では見たことのあります体育館が表れました。
まだまだ知らないことが多くあって、その知らなかった道も、或る人にとっては当たり前に使っている道なのかと思いました。

洗車 - 2012.05.22 Tue

ここ半月ほど、高速道路を運転したり比較的長い距離を運転していましたので、日中、車を洗いました。 ガソリンスタンド等での洗車ではなく、車用のウエットタオルのような商品を使いました。
このタオルにはコーティング作用もあるそうで、その膜のような効果を懸念してでしょうか、窓ガラスには使用しないでください、と書かれていました。

思っていたより短時間でできました。 改めて綺麗にしておきたいと思いました。

富山のお土産 - 2012.05.21 Mon

今朝は多くの方が金環日食に注目されていたと思います。 私もその時間は起きていましたが、空を見上げることなく外出の準備をしていました。
8時に家を出、お昼過ぎ、両親と岡山市内で合流しました。
両親は郷里・香川県に暮らしています。 金環日食を見届けた後で家を出ても、岡山市内まで2時間かからずで到着したそうです。
緒用の後、私の運転します車で母と川西市の自宅まで帰り、今夜は自宅で一泊します。 母がこの家に来るのも久しぶりです。

画像は、父が先週末、旅行で訪れました富山県のお土産です。 甘過ぎず、大変美味しかったです。私は和洋を問わずお菓子好きです。  
富山と言えば、藤子不二雄先生のご出身の地。名著「まんが道」の初期には、富山の雪の風景がよく描かれていました。 そして先月、画廊Yでのグループ展でご一緒に出品させていただきましたTさんも、富山県ご出身。

イヤホンマイク - 2012.05.20 Sun

スマートホン用にイヤホンマイクを買いました。 これで制作しながら会話ができる、という私の特技(?)が更に発揮し易くなると思います。

イヤホンマイクは、ここ4~5年は持っていませんでしたが、以前も使っていました。 機種変更の際規格が合わなくなったのが理由で、その内持たなくなったように記憶しています。 恐らく今回のもので3個目くらいと思います。
その中で最もインパクトがありましたのは、10年ほど前、初めて購入した時のものです。 そのイヤホンマイク、インカムのようにマイク部分を口元まで伸ばすためのワイヤーが入っています。 これを使って会話している姿は、さながら飛行機のパイロットのようでした(笑)。

今回購入しましたイヤホンマイクの色は、スマートホン購入時に最後まで迷った経緯のあります、メタリックピンク(Fさんご推薦・笑) にしました。

画廊D、白日展巡回展 - 2012.05.19 Sat

緒用あり、お昼より、昨秋グループ展でお世話になりました画廊Dへ行きました。
画廊Dは企画展があれば土曜日も開けていますが、それのない期間は基本的に画廊は閉めています。 今日は事務業務などされていたためスタッフさんが出勤していました。
貴重なお時間をおとりしてくださいまして、ありがたく存じます。本日の内容が上手く進みますことを、お祈りいたします。
現在、近鉄百貨店(阿倍野橋本店)で開催中の、白日会選抜展のチケットをいただきました。ありがとうございます。

画廊Dを出、近鉄百貨店へ。2フロアのスペースで作品が展示されていました。 9階は白日展の巡回展で大作を、8階の美術画廊では会員の小品が展示されていました。
一口に写実表現と言っても、その幅は広く、特に空間処理の巧みな作品に感心しました。

受付にいました、恐らく出品者さんと思われる方が、Oさんのお名前を挙げて話していました。
Oさんは前述の画廊Dでのグループ展でご一緒しました作家です。白日展にも出品されています。 受付の方の話す内容を聞いていますと、今日Oさんが来られている、という内容のようです。
 私としても昨秋以来お会いしていませんので会いたかったのですが、美術学校の先輩でもありますOさんを、私が電話し呼び出すわけにはいけませんので、控えました。
帰宅後、後輩AさんのTwitterを見ますと、Aさんも今日、近鉄百貨店へ来ており、Oさんとお会いしていた様子・・・・。 この記事に気付いていれば、Oさんへ直接連絡するのは、はばかられても、Aさんに連絡すれば良かったと思いました(笑)。

最後になりましたが、Oさんのご受賞に、心よりお慶び申し上げます。

自宅 - 2012.05.18 Fri

自宅は坂道に面していて、下の画像のような門があります。(画像は敷地内から外へ向かって見たアングルです。)
共に見切れていますが、向って右に家主さんのお宅が、左に私の自宅が、同じ敷地内にあります。 自宅は借家の一軒家です。

家主さんからは、たまに野菜やおかずをいただいたり、また私も贈り物したりと、とても仲が良く、何でも言える間柄で安心です。 前述の門の存在や、同じ敷地内に住んでいることも、セキュリティ面で安心です。


理論的・・・・かな? - 2012.05.17 Thu

NHK文化センター徳島へ。 先月より受講いただいていますYさんより、「ブログ見ています。」 と言われました。 文章が理論的な感を抱きました、とまで言っていだき困惑しつつも嬉しいです。

ブログに書く内容は、日々の何でもないことを、特に主張や主義を掲げるでなく、書きたいと思っています。
特別劇的なことが毎日あるわけないのが普通で、他愛もないこと、自分の生活に直結しないことにまで想いを廻らせられる余裕が、幸せなのかもしれません。

その上で書き方としては、出来るだけ分かりやすく書こうと気をつけています。 とは言え私の能力の範囲内ですので、多分に難解なときもあるかもしれません。申し訳ございません。
具体的に気をつけている事は、書く順番です。 授業等でも、話す順番によって理解の難易は影響すると思いますので、出来るだけ気をつけています。
教室の生徒さんからは、好奇心、向上心がたいへん感じられ、パワーをいただけます。

ペダル操作の影響? - 2012.05.16 Wed

終日、事務仕事していました。 その合間を縫うように11時より髪を切りに行きました。
家の前の坂道を降り切ったところに、お洒落な美容院があります。徒歩1分です。 
美容院のカードを見ますと、前にこちらへ来てからちょうど半年たっていました。 さっぱりしました。

そして18時よりタイ古式マッサージへ。同じ川西市内ですが、少し高い丘を越えるためこれまでもバイクで行っていましたが、今日は初めて車で行きました。細い道や狭い駐車スペースは緊張しましたが、できて良かったです。
ここ1ヶ月、急に車の運転をはじめ、ゴールデンウィーク明けには高速道路運転を2度行ったからでしょうか、右太ももに疲れが溜まっていたようです。
日常生活で自覚があるほどではありませんが、施術されますと明らかに張りがあります。 ビタミン剤の補給を再開しようと思います。

小さい薔薇 - 2012.05.15 Tue

雨の中、昨日より描き始めました新作を、終日制作しました。 先日取材しました、薔薇とアイビーとガラス器で構成した10号です。
今作の薔薇は一輪で、小さく描いています。
昨日まで描いていました作品の薔薇は大ぶりに描いていましたので、今作の細やかさは新鮮に感じます。
大きく描くのも気分が良いのですが、像(イメージ)が繊細に出来上がっていくのも、不思議と高揚感を覚えます。  
雨のなか終日、意識は画中に在りました。薔薇の左半分を描き上げました。

庭の桜はすっかり葉桜になりました。雨に打たれた姿も、美しく感じます。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【これからの出品予定】
■ 特集個展
11月12日(日)
高松国際ホテル
(香川県高松市木太町 2191−1)

■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1545)
雑記 (157)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事