topimage

2012-08

木津文哉さんの個展・高松の商店街 - 2012.08.31 Fri

NHK文化センターでの仕事の後、高松三越での木津文哉さんの個展を見に行きました。

高松三越は、NHK文化センター(高松駅の駅ビル内)から徒歩13分くらいです。高松の商店街(全長2.7kmで日本一の長さのアーケード街)の北端に位置し、商店街の中では高松駅に最も近い位置にあります。

個展会場では、その質感もリアルに再現して描いた板や看板など平面的なモチーフが、あたかも画面の手前に浮かんでいるように見えるように描かれた、木津さんの作品に特徴的なだまし絵のような作品の他、そのような要素を抜いた、透明感のある作品もあり、見ごたえがありました。

徳島在住の方が言うのですから - 2012.08.30 Thu

NHK文化センター徳島へ行きますと、このブログをよく読んでくださっていますYさんから、「米子タカシマヤでの展覧会、9月5日からなんですね。私の誕生日が丁度この会期中に重なっています。」と話してくださいました。

今展への出品が決まった時もYさんはLineでメッセージをくださいました。気にしてくださっていますことに、感謝します。
続けてYさんは「会期中、伺おうと思います。」と。
徳島在住の方がそう言うのですから、中国四国地方は元より、関西からも充分、来れますよ。(笑)

エスカレーター問題 - 2012.08.29 Wed

エスカレーターで歩く人と止まる人、どちらが右でどちらが左? よく知られていますのは、東京では歩く人が右で止まる人が左。大阪では逆に、歩く人が左で止まる人が右。
しかし範囲を広げて、日本の東側-西側でこの通りかと言えば、そうではありません。

西においては、京都・大阪・神戸は、上記の通りでしたが、兵庫県の西隣・岡山県では早くも 、歩く人が右で止まる人が左、と東京ルール。私の出身地・香川県も同様に東京ルールでした。
これを知った時は、「関西だけが逆で、他は全て東京と同じなのでは。」と単純に思いました。
しかし今日、仙台在住の方のブログを読んでいますと、仙台では、 歩く人が左で止まる人が右、と大阪ルールのようです。

この問題、皆様のお住まいの地域では、如何でしょうか?

快適に仕事するための工夫 - 2012.08.27 Mon

大学の夏季講習の準備をしました。 今回のレクチャーのメインは、小さな下絵を画面サイズまで拡大するためのコピーのとり方です。 殆どのコンビニにありますコピー機では、拡大してもA3サイズまでしかできませんが、少しの工夫で無駄なく拡大でき、下絵のデータ管理もし易くなる方法です。
とは言いましても、アトリエの備品の加工や置き方の工夫、材料の処理の仕方など、快適に仕事するための工夫は作家各々が自己流で行っており、私のもその範疇と思います。

そういえば昨日MDFを買いにホームセンターへ行きました時、カットサービスの所に、カットした際に生じる端材が安く売られていました。それを求めて、イーゼルの受け部分を下の画像のようにしました。 たくさんの鉛筆を置けて便利です。
また画像でイーゼルに架けていますのは、8号サイズ以下の作品を描く時に使います下敷きパネル(表面を白色に塗装)です。表面に施しましたネジ釘に引っ掛ければ小さい作品を描く時も手元が安定します。 画像右上には、以前ブログにも書きました、手製の腕枕(長短4種類あり、画像は最短の物)も写っています。
イーゼルは足をたたみ、壁に掛けるようにしています。(たたまれた足が画像左に写っています)
画像には写っていませんが、イーゼルの左には作業台兼サイドテーブル(中身は画材と本)と、ノートパソコンを載せたラック(中身は画材とDVD)があり、共に手製です。 コンパクトな制作環境です。

fc2blog_2012082920242306d-1.jpg

MDF (繊維板) - 2012.08.26 Sun

「LA VIE EN ROSE」に出品いたします作品は、お昼に完成しました。
夕方より買い物へ出かけました。 5ミリ厚くらいのベニヤ板が必要でしたのでホームセンターでシナベニヤを買おうと思っていましたが、MDFが在りましたのでそちらを買いました。

MDFは、木材チップを解繊した繊維板です。 反りや乾燥割れなどの癖が少なく均質で、しかもシナベニヤはおろかラワンベニヤよりも安価。未利用廃材や低質木材が主に利用されるリサイクル製品です。
ベニヤ板に比べてカットも楽で、5ミリ厚ですが、カッターナイフでサクサク切れます。

終日制作/等価でありつつ「溜めと抜け」。 - 2012.08.25 Sat

昨日のブログに書きました通り、今日は終日制作していました。

画像は、制作中の画面の一部です。
画面左の、変化の少ないない空間、こういったところの処理にも右に描いていますグラスやその映り込みと、等価でありつつも、「溜めと抜け」の関係(←感覚的な表現で申し訳ございません)にさせたいと思うのです・・・・。
言うは易く行うは難し、です。

fc2blog_20120828162043b1f-1.jpg

ラッピング列車・こころ動くアート県 - 2012.08.23 Thu

画像は、「うどん県」をラッピングしたマリンライナー(岡山駅と高松駅の間、瀬戸大橋を走る列車)です。 過日、郷里・香川県の高松駅で見かけました。 モデルの男性はうどん県副知事の要潤さんです。

fc2blog_20120825142228f30-1.jpg

また、こういったラッピング列車もあります。

fc2blog_20120825141930107-1.jpg

下は、香川県情報誌「新・さぬき野」 夏号(こちらで電子ブックで読むこともできます) に掲載されていました文章です。
「美しく穏やかな瀬戸内海、なだらかな平野におむすび山の点在するうどん県で、田園風景の中を電車に揺られたり、船で爽やかな潮風を感じたり、街角をぶらりと歩いてみると、たどり着いた先には、自然と共に息づくアートが待っています。要潤さんの優しい笑みには、それらのアートに出会ったときの安らぎと感動が込められています。「こころ動くアート県、香川へ」ぜひお越しください。」

来年には「瀬戸内国際芸術祭2013」があります。 
2年前に開催された同展では3ヶ月余りで約93万人もの方が訪れました。

グループ展 「 2nd Anniversary でも記念日より早め 」最終日 - 2012.08.20 Mon

グループ展 「 2nd Anniversary でも記念日より早め 」 、本日最終日でした。
今回もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうございました。

会期中、今月4日と本日も夕方より在廊していました。ご来廊、高覧くださいます皆様、そして画廊スタッフさんといろいろお話が出来ました。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。

突然の豪雨 - 2012.08.18 Sat

制作していますと夕方、突然の豪雨で窓外が騒がしくなりました。 雷が鳴り、アトリエの蛍光灯がほんの一瞬消えました。気付けるか否かギリギリくらいの一瞬のため、付けっぱなしのノートパソコンも無傷でした。
昨日も同じくらいの時間帯に同様のゲリラ豪雨がありました。

突然の豪雨も、このところ夏の風物詩に思うようになりましたが、外でお仕事をされている方にはたまった物じゃないと思います。  元々夏は、苦手な季節です。早く秋になってほしいものです。

三重県・某市 - 2012.08.17 Fri

夜、Sさんとお電話しました。 Sさんはお盆の期間中、三重県に帰省し、昨日東京に戻られたとのこと。往復共に青春18きっぷで、のんびり行かれたそうで、羨ましいです(笑)。
会話しながら、ご実家周辺で撮影された画像を次々とメールしてくださいました。 

送ってくださったご実家周辺の画像を見ますと、「空も地面も、だだっ広い。 北海道みたい。」
これが第一印象です。私の現在の住んでいます北摂や、故郷・香川県、また仕事で行きます関西の主要都市、徳島市内、のどれにも似ていない風景でした。 見慣れぬ風景ですが、そこからは全く攻撃性を感じず、アウェー感や不安も覚えませんでした。 
数年前、Sさんのご実家の近くにアトリエを構えています、画家・Y先生のお宅へ伺った時も、全くアウェー感を感じず、優しい気持ちになれました。 
同じ三重県でも県庁所在地・津市周辺には、熱を帯びた「その街」特有の雰囲気を少し感じましたが、そこから少し先へ進み某市まで来ますと、アウェー感は完全になくなり今からでも生活できそう、と思えます。

そのような話をSさんとしていますと、その地域は二方を山が閉ざし、その中に大きな川と広い肥沃な平野が最初から在った、しかも後に人が農地や居住地を整備した時かなり大きな単位で整備したためじゃないでしょうか。 というところに落ち着きました。

薔薇 - 2012.08.15 Wed

生花店にて、普段主に使っている種類とは異なる種類の薔薇を求めました。
次作の、直線的なベクトルを作る構成にはこちらの方が向いていると思いました。 夜、早速取材しました。
これを元に下絵をつくりますが、私の場合取材し、一旦下絵をつくっても直ぐには描けません。 そこからの微調整や変更に時間がかかってしまいます。 
今日も、先日作りましたミニアチュール用の下絵に手を加えました。その結果、こちらの制作を先にすることになると思います。

ところで、薔薇とひと言でいいましても、その種類は数千とも言われています。(19世紀半ばには既に品種数が3000を超えていたそうです。)
野生の薔薇は、生花店に並ぶ現在のそれと比べますと、花弁が小さく、また花弁の数も少なくて、少し地味な印象を抱きます。 ウィキペディアによりますと、薔薇が人類の歴史に登場するのは、古代バビロニアの『ギルガメシュ叙事詩』(紀元前3000年頃)だそうです。 

この花に魅せられた古代の人たちが、華麗で、繊細で、且つ野趣を孕んで・・・と多方向に向けられた願いが、数千年以上もの間絶えず研究と改良を重ねさせ、現在の多様な姿があるのだと思います。
薔薇が、如何に古来から人の心を惹き付けて来たのかを想います。

déraciné [デラシネ]  - 2012.08.13 Mon

過日、友人でプロボクサーのMさんが、現役を引退しました。 
キャリアで最初の1敗をした試合の直後に引退を表明し、その夜の内に私にもメールが来ました。 内容は要約しますと、以下のようなものです。

今日まで、何よりBoxingを優先する生活を送ってきました。幼少の頃から文化系一筋でろくにスポーツもして来なかった自分が二十代後半でプロライセンスを取得し、アスリートとして沢山の人に声援を送っていただきました…嬉しかった、夢みたいでした。

Mさんとは、Mさんがプロになる前からの知り合いなのですが、口数少なく、控えめで内向的な性格は、たしかに一般的なアスリートという感じの印象ではなかったように思います。 上記のメールにあります文化系一筋、というのも恐らくその通りと思います。
Mさんにとってボクシングは、人生の中でこれをやらずしては死ねない、生きた証と言えるモノのような気がします。
恐らくMさんには勝つことも或いは勝ち続けることも、リングに上がることも最重要な事ではなく、何か一つのことを懸命にやって、人生最大の「納得」をするのが、ボクシングと向き合った期間だったのかと、勝手に思っています。

タイトルの「déraciné」(「根なし草」の意のフランス語)は、Mさんのトランクスに刺繍された言葉ですが、Mさんを象徴してるなあ、と思いました。 また、ボクシングとフランス語というミスマッチ感も何となくMさんらしいと思いました。

「風景の夢」 - 2012.08.12 Sun

過日、私の卒業しました高校(香川県の某県立高校)のF先生より、神戸での展覧会に作品が展示されるとのご案内状をいただいていましたので、今日行きました。

展覧会名: 「風景の夢」 ヤマザキ教授のイチオシ展 
http://www.kouseikai.or.jp/public/fukushi/event/minnade/itioshiten.html
会場: アートホール神戸
会期: 2012年8月9日~2012年8月21日・10時00分~18時00分(最終日は16時00分)会期中無休
※ 上記URLのリンク先に、F先生の作品「静寂の彩」の画像があります。

会場には「風景」をテーマに、専門の異なる4名(絵画、彫刻、写真、環境造形)の作家の作品が展示されていました。 
F先生のご専門は写真です。数年前岡山県の美術館で企画された個展の時など、先生の近作を拝見していました。 その時は、雪の降る夜に長時間露光させた、優しくて温かみのある雪景色の作品で、大変感激したのを覚えています。 

今展で展示されていました作品では、半数が前述の雪景色のシリーズからのものでした。先生の作品では(今展では展示されていませんが)他に、夜の水田を長時間露光で撮影したシリーズも好きですが、今展で初めて見る作品がありました。 
瀬戸内海に浮かぶ小さな二つの島を写した作品です。 先生のこれまでの制作には技術的な巧みさが顕著なので、この作品にも技巧を凝らしていると思うのですが、その優しさや温かさ、安心感のような想いが、自然と滲み出る作品でした。 雪景色のシリーズも併せて、拝見できてよかったです。

デフレ・スパイラル、ホスピタリティ的サービス - 2012.08.09 Thu

昨日の授業後、梅田駅構内にあります画材店へ行きパネルを購入しようとしましたが、私の求めるサイズのものは在庫切れとなっていました。それほど大きなお店ではありませんので仕方ありません。 
その後自宅近くの画材店へ寄ったところ、そのサイズのパネルがありました。 購入しようと価格を見ますと、普段使っている物より随分高価に感じました。 結局あと少しストックもあり、今日直ぐに必要というわけでもありませんので見合わせました。

帰宅後ネットで調べてみますと、後で行きました自宅近くの画材店で提示されていました価格は、定価の価格でした。
 
このところ画材の購入は、大手画材店の通販(相当値引きしており送料も安価または無料)を利用していますため、定価が高価に感じてしまったのだと思います。
市場強者によるデフレ・スパイラルに加担したような思考に、少し自己嫌悪になりました。
しかし、決して自己保身するわけではありませんが、こういった選択も消費者の自由意思の行動と思います。そして自由意思であるので、全く逆の行動もあり得ると思います。 
つまり、価格によるサービスよりも、品質面でのサービスや、ホスピタリティ的サービスを求める、ということ。
扱っている物が自社製品ではないため商品の品質は変えようがないのであれば、店内を清潔にし、内装やディスプレイに気を配り、お客様にまた来たいと思ってもらえる店づくりをすること、これも立派なサービスの在り方と思います。

客観的に見る効用 - 2012.08.08 Wed

複数枚制作します160×160mmの作品の、1作目が完成しました。 またこのシリーズの次作の下絵を5作分、着手しました。

午後からは大学の授業へ。 授業の最初に前の2回分の課題作品を教室前のイーゼルに架けて、合評しつつ生徒間でお互い見比べ合いました。
授業時の制作中は自身の手元に集中していますので、他人の作品と見比べたり、自分の作品も画面から離れて客観的に見ることも、なかなか出来なかったりします。 そういった普段あまり出来ない確認の機会を設け、その上でアドバイスや感想を受けるのは、制作に集中しているだけでは気付けなかったことに気付け、補正するポイントを早期に発見でき効果的です。 その所為か合評の後、今日の課題説明をし早速実技に入りましたが、大変スムーズに手が動いていました。 
これまでの授業は1日1課題で、練習課題のような内容でした。 今日からの課題は、それまでの内容を活かして、少し長い期間(授業3回分)をかけて取り組みます。

ワッフル状マット - 2012.08.07 Tue

この季節、自宅の中では素足にサンダルで過ごします。(和室ではサンダルを脱ぎます)
アトリエでも基本的にはこの格好で過ごしていますが、イーゼルの下に敷く足置き用のマットが欲しいと思っていました。これがあればイーゼルでの制作中は素足になれますので。 

そして今日、どんなものが良いか探そうとニトリへ行きました。ワッフル状の凹凸のあるバスマットに、丁度良い物がありました。
居間に敷いている夏用のラグも買い替えようと、それも探しましたが、適当なものが見つからなかったので、足置きマットのみ買いました。
凹凸にはほど良い硬さがある為、それと足裏の間に隙間が生じ、そこに風が通ります。 快適です。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事