topimage

2012-09

「ハーメルの笛吹き」状態 - 2012.09.27 Thu

今描いています10号の作品、右の薔薇も7割方描き込みました。本当は今日の内に全て描き込みたかったのですが。

すっかり秋めいて朝は寒いくらいです。寝具も徐々に変えています。
先日まで、近くの中学校が体育祭の練習をしていたようで、昼間は少し騒がしくありました。 尤も、家中の窓の半分は雨戸を閉めていますし、中学校と自宅とはそこそこ離れていますので、一般的には気にならないレベルの音と思います。それに音を避けようとアトリエに籠ってしまいますので制作に向き合えます。 「ハーメルの笛吹き」のような状態でしょうか。

獅子舞いの残業 - 2012.09.26 Wed

高校のクラスメイトでしたMさんと、久しぶりに電話で話しました。 途中、同じくクラスメイトでしたFさんの話題になりました。

Fさんは、来月に迫りました地元のお祭りで獅子舞いを舞う役をしています。 毎日仕事のあとに稽古だそうで、時には帰宅が0時近くになるそうです。

構想を巡らせる - 2012.09.24 Mon

今描いています10号の作品には左右対象に2輪の薔薇を描くのですが、今日、左側の薔薇を描き終えました。 私の多くの場合ですと、この後は引き続きガラス器の左半分に着手するのですが、今回は先に右の薔薇を描きたくなりました。安定感のある構成だからでしょうか、

次に描きます30号の構成は少しだけ複雑です。
下絵つくりでは、心の中に去来します心象を基に構想を巡らせます。
最初は、とてもシンプルな構成のイメージが見えてきます。これは強く印象的で、後々まで構成の根幹となるイメージです。 
幹が決まれば、そこから枝分かれするように幾つものアイディアが浮かびます。
一度は良いと思った案の中にも、考えている内にやらなくてよい事柄が見えてくることがあります。 それを省き再度構成します。

・・・・このような工程の一つ一つに数日から数週間、或いは数ヶ月を経ますので、時間がかかるのだと思います。

構成のシンプルさと、発せられる幸福感。 - 2012.09.23 Sun

近所のスーパーで、懐かしい包みのチョコレートを見付けました。 懐かしさのあまり、中身のお菓子より寧ろパッケージのデザインに魅せられて、買いました。

シンプルで品のよいデザインには程よい高級感が漂っていて、手にした一瞬、幸福感を与えてくれます。

構成のシンプルさと、発せられる幸福感。
感覚的ですが、レトロなモノやデザインからは、私が制作で目指していることの体現を、感じることが多くあります。

ことでん・栗林公園駅 - 2012.09.21 Fri

JR栗林駅を降り、15分くらい散策しました。
画像は故郷・香川県にあります、ことでん・栗林公園駅です。 左端の踏切も良い味を出しています。

栗林公園自体は、全国的にも割と知られた観光地と思います(私が思っているだけ?)が、そこからほんの少し歩けば高松で有数の住宅地でもあります。一軒家も多いのですが、最近ではマンションが立ち並んでいます。
高松では繁華街にいちばん近い住宅街でしょうか。


辿り着きました。 - 2012.09.20 Thu

そろそろ髪を切ろうと思いネットで美容院を調べていたところ、三ノ宮(神戸)に良さそうなお店を発見しました。三ノ宮へは月に4回ほど行きますので、その時に行けると思っていました。

そして今日、行きました。スタイリストさんはじっくりと話を聞いてくださる方で、また私の髪質等を踏まえた上でドライヤーやワックスの使い方などアドバイスしてくださいました。
施術自体も満足のいくもので、遂に理想の美容院に巡り逢えた、と思いました。
休日は予約もできないくらいだそうですが、平日は比較的空いているとのこと。私が三ノ宮へ行く半分は平日ですので何とかなると思います。次回が楽しみです。

コンビニのコピー事情 - 2012.09.19 Wed

以前ブログに、コンビニのコピーでは、最大手の赤緑の某店がそのクオリティーで頭ひとつ抜けた存在、と書きましたが(そしてもう1つの最大手である青白の某店がまるで使えない、とも・笑)、先日10号の下絵を拡大するに当たり、青黄の某店のコピーを試したところとても美しく、前述の赤緑のクオリティーより良いのでは、と思いました。
今日も次作の3号の下絵を拡大コピーしました。

しかもこの青黄の某店は、私の故郷・香川県にも多数出店していて、何となく親近感があります。

紹介されました。 - 2012.09.18 Tue

私のブログ、「安冨洋貴-夜話-」が、「アート・建築・デザイン本マニア」さんというサイト(こちら)で紹介されました。ありがたいです。
紹介箇所はその中の、「厳選!絵画関連ブログサイト 関連サイト」 (こちら)です。
「アート・建築・デザイン本マニアは、おすすめ情報・感想ブログ・書評レビュー・Twitter・ニュース・Q&Aなど、話題になっている口コミ・記事をまとめた本の人気ランキングサイトです。様々な切り口から、あなたの大好きなアート・建築・デザイン本の情報を探してみませんか?」とのことです。

トップページを一番下へスクロールして頂きますと一番下のグレーの帯の右端に「おすすめリンク」というリンクがあります。
こちらをクリックして開く「おすすめ関連サイト」ページ右下の「厳選!絵画関連ブログサイト 関連サイト」の「もっと見る」をクリックすると「厳選!絵画関連ブログサイト」ページにたどり着きます。
ここの「や行」 の中に「安冨洋貴-夜話-」へのリンクがあります。

私のブログからもリンクを貼らせて頂きました。 (画面右、「リンク」の中にあります)
絵画ブログやアート関連書籍のチェックなどにご利用くださいませ。

消化することにパワーを取られるから? - 2012.09.17 Mon

某・中華料理店で餃子とラーメンを食しました。特に餃子が美味しかったのですが、昔から私は、こってりした物を食べるとその後猛烈に眠くなります。 消化することにパワーを取られるからでしょうか。

だからといって、嫌いな或いは苦手な食べ物というわけではありません。 むしろ、「好きなのに大量には食べられない」という物があります。
現在は前述のような物がそれに相当しますし、幼少期は貝類がそうで、美味しいと感じるものの後で気分が悪くなる、という事が繰り返されていました。 しかし11歳ころからそういったことも起こらなくなり、今では貝は普通に好物です。 なので、前述のような不便もそのうち解消するのでは、と思っています。

取材後のサイドテーブルの上は - 2012.09.15 Sat

取材が終わるとその後には、当然ながら取材のために買い求めた花が残ります。

取材後のサイドテーブルの上は毎回華やかで、制作に向けて少し、テンションが上がります。
画像はそんな一角です。 

fc2blog_20120917151146a4e-2.jpg

下絵をつくる時に調整し、再現 - 2012.09.13 Thu

月曜日と昨日と2回に分けて購入しました薔薇をガラス器等と構成し、撮影しました。

私の場合、実際に作品を描く前、更には取材の前に完成のイメージが割りと詳細に浮かび、記憶の中に留まります。今回もそのイメージは大分以前に出来上がっていました。

しかし取材となりますと、そのイメージ通りのサイズと形を備えた薔薇や器、またその状況(光の強弱や水鏡への映り込みの具合等)を完全に揃え再現するのは容易ではなく、毎回、イメージした完成像からせめて雰囲気を外さないくらいの一致が、達成出来ているか否か、を考えながら取材しています。
尤も最終的な表現としてあるのは、写真ではなく絵画ですので、写真はその図像が、心象光景を描くに当たって不都合なほど外れてなければ良いです。下絵をつくる時に調整し、当初想っていたイメージを再現します。

夏季講習の合評・生花店にて - 2012.09.12 Wed

お昼より、勤めています大学(夏季講習)へ行きました。最後の40分は合評をしました。 今回の課題は3回分の授業を使い、また授業時以外も家へ持ち帰り制作を重ねたものですので、生徒さんの作品には充分な描き込みが伺えました。
トーンを把握する理解力と、それを実行出来るテクニック、それらが毎回速くなっていくのを感じていました。

帰路途中、生花店にて思いもよらず店員さんに話しかけられ、少し驚きました。このところ割りと頻繁に見に行っているからと思います。
今日購入したものと一昨日購入したものを使って、取材出来そうです。

「LA VIE EN ROSE (薔薇色の人生)」最終日 - 2012.09.11 Tue

グループ展 「LA VIE EN ROSE (薔薇色の人生)」 、本日最終日でした。
今回もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうございました。

展覧会2日目に、私も見に行きました。平日の昼間でしたが、多くの方が美術画廊に入り、ご高覧くださっていました。嬉しかったです。
これからも更に画道に精進したいと思います。

グループ展 「LA VIE EN ROSE (薔薇色の人生)」 - 2012.09.11 Tue

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

「LA VIE EN ROSE (薔薇色の人生)」
2012年9月5日(水)-11日(火)    10時~19時(最終日は16時閉場)
米子タカシマヤ本館4階美術画廊  (鳥取県米子市角盤町1丁目30番地)
電話番号  0859-22-1111

・ 出品予定作家・・・・赤木範陸・安西 大・大津英敏・大沼映夫・大畑稔浩・大森暁生・岡義実・河村純一郎・菊地武彦・北田克己・絹谷幸二・國司華子・栗原一郎・神下雄吉・小杉小二郎・櫻井孝美・佐々木豊・菅原さちよ・崔恩景・千々岩修・司修・内藤綱男・野田弘志・林敬二・平澤篤・平松礼二・広田稔・廣田真知子・堀井聰・三浦明範・港信夫・宮いつき・安冨洋貴・柳沢正人・山村博男・山本明比古・山本貞  (敬称略 50音順)

・ 私は3号の新作を出品いたします。
・ 今展は4月に日本橋タカシマヤ、7月に横浜タカシマヤで開催されました同展の巡回展ですが、今回の米子展では、私は別の新作を出品いたします。新作を発表できますご縁に恵まれ、幸せに思います。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。

コードレスの掃除機 - 2012.09.10 Mon

昼、電器店へ行こうと外へ出ると郵便受けに、土曜日に注文していました、つげ義春著 『夏の思いで』が届いていました。

電気店では、コードレスの掃除機を買うのが目的です。 現在アトリエで使っています物は、吸引力がやや弱く感じていますで、吸引力の強さを今回選ぶポイントにしていました。お店のスタッフさんにその旨を伝え選ぼうとしますが、コードレス(充電式)で吸引力の強い物、となりますと想像していたよりも高額でした。 悩みましたが購入することにしました。
しかし商品がこの支店では展示品のみで在庫がない、とのことでしたので、他の支店から取り寄せ、直接自宅へ配達いただけることとなりました。

夜、Mさんとお電話でお話ししました。プロとしては引退しましたが、今もボクシングは続けている模様でよかったです。

セミ・ハンドメイド・パネル - 2012.09.09 Sun

昨日のブログに書きました作品は完成しました。 そして夜半より160×160mmのパネルを5枚、作りました。
作ったと言っても、市販のサムホールのパネルの長辺をカッターナイフとノコギリで切り、裏に角材を接着する、セミ・ハンドメイドです。

学生の頃はベニヤ板と角材を材料に、パネルも完全に自作していましたが、卒業後、何よりも絵を描く時間が欲しいのでパネルを作る時間を絵画制作に回したい、と思うようになり市販のパネルを使うようになりました。 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事