FC2ブログ
topimage

2013-01

教材用に - 2013.01.07 Mon

大学の冬期講習で使います教材用に人物の画像をトレースし線画に起こしました。 やはり顔の入った人物画は、シンプルに描いた場合も見栄えがします。
線画段階の画像を大学の事務へメールしました。 私は更にトーンを描き込み、完成例をつくります。

この課題は過去にワークショップで行った物の発展型です。
ワークショップでは短時間で制作の主要部を理解いただく事と、少ない手数でも作品として見栄えのある完成度を、と考えます。

このところNHK文化センターでも1日体験授業を受けられた後に、ご入会されるか否かを決める方が増えています。
これまで体験授業では、ご入会後の第一課題の一部を実際にしてもらったり、経験者には好みのモチーフを選んで描いてもらいそれに私がアドバイスをする、という方法を採っていました。
この「線画+トーン描き込み」、ご入会後の生徒さんへは勧めており実践されている方も多いのですが、明暗でモノを表すという制作をイメージし慣れる第一歩としても有用では、と考え体験授業での選択肢の一つとしても検討しています。
只、従来の方法は眼前にモチーフを置き実物を観察しながら描くという一般的なデッサンのイメージと思いますが、この方法は写真を見ながら描く点が一般的なデッサンのイメージとは隔たりがあると思いますので、明暗でモノを表すことのトレーニングとして、など説明も要るかもしれません。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
11月5日 (火)
11月19日 (火)
12月3日 (火)
12月17日 (火)
1月7日 (火)
1月21日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (79)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1540)
雑記 (180)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事