FC2ブログ
topimage

2013-01

道路工事の音で思い出す過去 - 2013.01.11 Fri

未明起きていますと、外から低い音が響いてきます。外へ出て確認しますと、自宅前の坂道を降り切ったところのY字路で道路工事をしていました。
元来こういった機械的な音はあまり気にならない性質です。 以前は私鉄の線路の真横の家に住んでいたこともありますし、 幼少の頃は家内制の手袋工場に預けられミシンの音の中で過ごしていたせいでしょうか。
その反面、人の話し声が苦手です。 5年前、当時住んでいました長屋から今の家へ移った理由の一つに、その壁が薄く隣人の話し声が聞こえ、制作と生活に支障をきたすほど気になったことが挙げられます。

その長屋では、アトリエに使っていた部屋にエアコンを入れていませんでしたので、夏は扇風機のみで窓を開け放して乗り切っていました。 私の部屋だけではなく全ての住人がそうしていました。 また、アトリエと言ってもフローリングの無い、全室和室の古い長屋でしたので、畳敷きの上に養生板とシートを敷きアトリエとしていました。
美術学校卒業後の4年間は、経済事情によりそこに住む以外ありませんでした。 最初の3年間は隣人が静かな人でしたので、特に問題に思っておらず割とのんびりと過ごしていました。
4年目に騒がしい家族が隣へ越してきました。この1年間は本当に苦痛でしたが、この年運よく百貨店での作品の取り扱いが始まり、画業と絵の指導業のみで生活できる目途が付きました。 29歳になっていました。

夜の道路工事の音で、こんな事を思い出すに至るとは、意外でした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
11月5日 (火)
11月19日 (火)
12月3日 (火)
12月17日 (火)
1月7日 (火)
1月21日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (79)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1540)
雑記 (180)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事