FC2ブログ
topimage

2013-02

DMデザインの話し合い - 2013.02.08 Fri

先日来メールでやり取りをしています画廊Dとの、DMデザインの話し合いが詰めの段階にいます。フォントや背景色、間隔を、本当に微妙に変えながら、行ってくださいます。 他の件についてもそうなのですが、こういった丁寧にやり取りしていただけますことが、嬉しく思います。

Y先生へ、大学の来年度の授業のことでメールしました。 新しい授業案も2案、ご提案しました。

巧妙な操縦者 - 2013.02.07 Thu

未明より或る文章の作成作業に取り掛かりました。
当初は字数など制約の厳しい条件でどのように手を入れようかと当惑し、堪らずSさん(猫を崇める民)にお知恵を求めたくなりました。
しかしSさんに依頼したことで却って「この仕事は既に人手へ依頼している」、「私個人のみの問題ではなくなっている」と真剣に向き合え始めました。また、つまるところどのようなメッセージを込めたいのか、それにふさわしい形とは、と冷静に問題解決への道筋を考えられるようになります。
そうなると作業にも集中でき、未明の間に6案ほど書き、Sさんにメールしておきました。
そして午前中、Sさんよりお電話あり、双方の意見を交えて最終案を作成しました。

Sさんとは7年ほどのお付き合いとなりますが、その博識と親切心には、いつも助けられています。
しかしSさんは、ただ甘えておけばいいというのではなく、何かを依頼・相談する時も必ず、当人が出来る限りの努力によって作った案、努力の跡、というものを求めます。 丸投げは決して許されません。
このような関係を続けていますと、上にも書きましたが、或る程度は自分でやろう、という意識が芽生えます。 依頼するプロセスの発端に、作業に対して冷静に取り組む、というのが入っているのですから。実に巧妙な操縦者です。(笑)

お電話で話す中、
S「安冨さん、字数って確認されました?」
私「ええ。既存のレイアウトに当て嵌めて確認しています。」
S「それだけでは十分とは言えません。数えましょう。」
・・・・そこから暫く沈黙。数えてらっしゃるようです。
S「・・・・104字ですね。ではこの文章で大丈夫です。」
良かった。その後、正午近くまで近況など駄話を重ねました。そして電話を切って文章をレイアウトに当て嵌めたところ明らかに隙間が出来ています。
おかしいと思いつつ既存のレイアウトの字数を数えました。・・・・116字あります。

Sさんは頼もしい方です。しかし、110字ほどの字数を、12文字もカウントし損ねるというSさんらしさ、今日も健在でした。

グループ展 「現代写実絵画展」 - 2013.02.05 Tue

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

「現代写実絵画展」
2013年1月30日(水)-2月5日(火)    10時~18時30分(最終日2月5日は16時閉場)
岐阜髙島屋 8階美術画廊 (岐阜市日ノ出町2丁目25番地)
電話番号 058-264-1101

・ 出品予定作家・・・・安西大、小木曽誠、小笠原雄介、嶋中俊文、田村吉康、永田英右、中台ゆう子、野田弘志、廣田真知子、堀井聰、松村卓志、三浦明範、安冨洋貴 (敬称略 50音順)

・ 私はサムホール、4号、15号の作品を出品いたします。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。

悪寒対策 - 2013.02.03 Sun

終日制作していました。お昼過ぎより急に、悪寒を感じましたので暖かくして行いました。 
私は喉が弱いのかファンヒーターが苦手なので、部屋を暖めると言っても、電気ストーブがメインです。
内起毛でブーツ風のスリッパ、マフラー、ウインドブレーカー、リストバンド、レッグウォーマーで防寒し、風邪薬を服用しました。
特にマフラーとリストバンドは、効果的です。

幸い薬が効き、激しい悪寒は治りました。今はのどが少し痛いのと、悪寒が少し残っている状態です。
昨夜の3駅歩いたのが、体力を消耗させたのかもしれません。

3駅分歩く - 2013.02.02 Sat

昨日は教室後そのまま自宅へ帰宅せず、もう一泊、実家に泊まりました。 午前中、実家での用事を終え、いつもなら神戸行きに乗りますが、今日は大阪行きに乗りました。
大阪・三越伊勢丹でKさん、Oさんの個展を見ました。その後、画廊Yへ行きSさんの個展を見ました。

画廊Yを出た後、大阪駅までは地下鉄で1駅なのですが、歩こうと思いました。しばらく歩き地下街に入りました。再び地上に出た時に方向が分からなくなり、進むうちに反対方向へ2駅くらい進んでいることに気付きました。
そこから引き返しましたので結局3駅分くらいの距離を歩きました。

テーブルクロス - 2013.02.01 Fri

NHK文化センター高松での授業でした。こちらでの授業は第1・3金曜日の、10~12時、13~15時、15時15分~17時15分、の3クラスを開設させていただいています。
毎回10時の授業の前に机上にテーブルクロスを敷き、17時15分の授業後、片付けます。どちらも生徒さんと私で行います。

今朝、敷いていますと鉛筆による汚れが目立って感じられました。スタッフさんに言うと、メラミンスポンジと雑巾を貸してくださいました。
午前のクラスの終了10分前に表面を、午後の2クラスでは裏面を、生徒さんが全員と私で、拭き掃除しました。 完全に白くは戻りませんでしたが、清潔できれいになったのは気持ちの良いものでした。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
7月7日(火)
7月21日(火)
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1682)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事