FC2ブログ
topimage

2013-06

急かされたため - 2013.06.06 Thu

昨日事務仕事をしていましたら、スーパーファイン紙を使い切ってしまいました。外出のついでに家電量販店へ寄り、少なくなっていますインクも共に購入しようと思いましたが、ヨドバシの通販で購入した方が僅かながら安価ですしこれまで貯めていますポイントで更に安く購入できると思い、その場でタブレットから注文しました。

今日の午前中、届きました。 マゼンタのインクカートリッジを注文したつもりが、ライトマゼンタが入っていました・・・・。 
昨日注文の際、「あと1分以内に注文の場合、本日中にお届けします」といった内容の案内が表示されていて、それに急かされ画面を押し間違えたのだと思います (結局その時間内にも間に合わず)。

NHK文化センター徳島での授業でした。ご新規の生徒さんも来られました。ありがたいです。 

今後の発表予定 - 2013.06.05 Wed

画面右上の「プロフィール」に、今後の発表予定を書きました。 内容は、
■「それぞれの写実表現展」
2013年7月10日(水)~15日(月・祝) 
天満屋広島八丁堀 7階美術画廊 (広島市中区胡町5-22)
電話番号 082-246-5606

というものですが、小さすぎて読めないかもしれません。会期が近付きましたらブログのトップで挙げ続けておこうと思います。 (その際は出品者名や開場時間も含めた詳細記事にします。) 

定規 - 2013.06.03 Mon

終日制作していました。普段よく描いています静物に比べますと、今描いていますような屋内風景では、定規が多様される傾向にあります。

使っています定規は全体が透明で、目盛りを青色で振っていますので、画面が明るい時は目盛りを見易いのですが、暗い画面では読み辛いです。
目盛りが白い定規も在るのでは、と思います。

帰路で見た風景 - 2013.06.02 Sun

新しい作品を描き始めました。 今年3月24日の夜、出品していましたアートフェア東京からの帰路のため立ち寄りました、東京駅の隣のビルのエントランスを取材した時の風景が、元になっています。

サイズは10号(455×530mm)です。
このところは3号(220×273mm)やミニアチュールを手掛けることが多く、少し新鮮に思いました。

夜、先日お宅へお邪魔させて頂きましたF先生へ、お礼状を投函しました。

発売日とはずれる物 - 2013.06.01 Sat

夕方、茨城県在住の友人・Kさんからお電話がありました。 先週送った手紙がきちんと届いているかのご確認でした。金曜日にお返事を投函しましたので週明けに届くと思います、と答えました。

Kさんは今日発売の某美術誌を目当てに書店へ行ったところ、土曜日の為入荷されていなかったそうです。茨城でも物によってはそのような状況にあることにやや驚きました。
私の実家のあります香川県でも状況は似ていまして、水曜日発売の週刊誌も店頭に並びますのは木曜日です。高校生の頃はこれを当たり前と思っていましたが、たまに遭遇しますとハタと思い出したりします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1684)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事