topimage

2013-06

Yさんの個展へ伺いました - 2013.06.30 Sun

夕方より、美術学校での先輩・Yさんの個展へ伺いました。会場はYさんもそこで制作しています共同アトリエです。
Yさんは長らく実家のお庭の植物を、写実的に描くというスタイルで制作されていましたが、3年ほど前から木彫の作品も手掛けています。今回の展示は殆どが、その木彫作品でした。 木彫ではありますが、表面は彩色されています。絵画作品ではストイックに慎重に手掛けられていますのが、立体では彩度の高い色を感覚的に扱っていました。
お話を伺っていますと、それら手掛けている事は補完し合うもので、この経験から得たものをやがて絵画に活かしたいとの事です。

共同アトリエには美術学校でのクラスメイトでしたFさんも入っていて、制作している姿を見ることが出来ました。 美術学校のアトリエみたいでしたが、不思議と懐かしさは抱きませんでした。

本当はこの展覧会へも金曜日に行こうと思っていましたが、こちらのみ尼崎市での開催で、他3件は大阪市内での展覧会でしたので、後回しになっていました。

Tさんの個展の事を考えていました - 2013.06.29 Sat

昨日最後に伺いました画廊YでのTさんの個展の事を考えていました。
個人的には特に、DMにも使われていましたゴミ箱の作品と、芳名録の上の蓋の作品、その左隣のドアノブ、ドライヤーの作品から、描かれたモノの構造がしっかりと伝わってくる感覚に心地良さを感じました。

構造が理解できるほど描かれていることは、一瞬の驚きの後、骨太な安定感、安心感につながりました。よほど誠実に実直に描かないと、伝わらないと思います。

社長ご夫婦へ、ご夕食をご馳走いただいたお礼かたがたメールしたいと思います。

展覧会へ出かけました - 2013.06.28 Fri

お昼より、ご案内いただいています展覧会へ出かけました。 
阪急・梅田駅から画廊Tまで歩きました。1㎞程でしょうか。

私の美術学校での指導教官でしたK先生の個展が開催されています画廊Tは、オフィス街の中でそこだけくり貫かれたように設けられました一段下がった広い円形のスペース、その円形を囲う一面ガラス張りの画廊に、K先生の作品は展示されていました。 瑞々しく植物の様を描かれていますK先生の作品そのものが、都会の中で清涼をほとばらせているように感じられました。

そこから再び1㎞程歩き画廊Dへ行きました。 画廊DではIさんの個展をしていました。これまでも美術雑誌等でIさんの作品の画像は見ていましたが、実作品を拝見したのは初めてでした。画像での印象よりも実作品は色調も随分しっとりと落ち着いた印象を抱きました。

最後に伺いました画廊Yへの移動は400mくらいでした。Tさん個展のオープニングでした。
充分な準備期間でご用意された力作ばかりでした。作品を拝見し、お話を伺い、これからの自身の制作に対しても刺激を頂いた想いです。
社長ご夫婦からTさんと共にご夕食までご馳走していただきました。本当にありがとうございました。

そこから阪急・梅田駅まで歩きました。1.4㎞くらいでしょうか。
合計しますと今日は半日で4㎞前後歩いたことになりますが、Sさんは銀座の画廊街においてこれ以上の距離を、仕事でもないのに毎週末歩いて展覧会を見て回っていました。

夏季講習へ向けたメール - 2013.06.27 Thu

今年も大学の夏季講習にて鉛筆画の講座を開講いたします。これまでも事務の方へ準備物や授業の流れなどメールをしていました。

7月10日の初回授業で生徒さんへ配布しますバロンケント紙へ、事前に印刷しておいていただく画像(線画)をメールしました。
昨年の夏季講習、冬期講習でも、同様の課題を初回授業にて行いました。

画家・麻田浩さんの特番映像 - 2013.06.26 Wed

未明、制作していますとSさんからメールが届きました。動画のURLが添付されていました。
「スマホでは見れないみたいなのでパソコンで見てみます。それにしてもSさんも夜更かしですね。」と返信しましたら 「もう結構、意識朦朧としててね。ところがこいつで覚醒です。何でしょうね、このビリビリ感は。でもそろそろ限界なので寝ます。」と返ってきました。

朝、件のURLをパソコンで確認しました。画家・麻田浩さんを特集しました70年代の番組でした。
動画が始まって約10秒後、私はモニターの前で唸っていました。「・・・・・何?このテクニシャン…。」
制作されている場面を初めて見て、その作家の様が非日常的で儀式的と言いますか、トランス状態で描いているかの印象を受けました。
麻田さんの画は昔から好きで、作品も多く見ていました。(Sさんも私同様、麻田さんのファンで、数年前回顧展が京都で開催された折にはその為だけに東京から来られたほどです。) 

もっとも、シュルレアリズムと分類されます作品の多くが私の心を捕えます。
その多くはテーマを外界ではなく、内面心理に求めたもので、見ていて落ち着きます。
ルネ・マグリット、ポール・デルヴォーなど、比較的再現的に描かれた対象で世界を構成するタイプも好きなのですが、イブ・タンギーやマックス・エルンスト、ジョルジョ・デ・キリコなど非再現系の仕事も好きでした。

(冒頭でSさんのメール文を掲載するにあたり、Sさんに了承を得ています)

面積あたりのモチーフ数が多くて - 2013.06.24 Mon

終日制作していました。漸く画面左下のテーブルと椅子への描き込みを終えました。テーブルが3つ、椅子は9つあります。
構造として正確に描くことは勿論ですが、単純に面積あたりのモチーフ数が多く、かつ全て同じサイズ、同じ形に見えることに留意しました。

画面右下は床面となります。 先程まで描いていました画面左下の複雑な場所と比べますと早く描けているように思いますが、気のせいかもしれません。

気を遣わせる物との出逢い - 2013.06.23 Sun

友人・Fさんより、野菜とお茶をいただきました。ありがたいです。 普段お茶は熱湯で乱暴に淹れても大丈夫な、安価なほうじ茶を淹れています。 
しかし今回Fさんにいただきました緑茶は、そのパッケージからも繊細な雰囲気が漂っています。白湯でゆっくりと淹れました。

気を遣わせる物との出逢いには、いつもゾクゾクする高揚感を感じてしまいます。

宛名と一筆/DM画像をアップしました - 2013.06.21 Fri

昨日よりNHK文化センターの仕事で、徳島、香川に来ています。
ブログトップでご案内していますグループ展 「それぞれの写実表現展」のDM(諸事情により今回はチラシ)や封筒、同封します便箋を持って帰り、宛名と便箋に添えます一筆を書いています。 明日、投函したいと思います。

また、ブログトップに同展のDM画像をアップしました。

なかなか進みません。 - 2013.06.18 Tue

終日制作していました。 画面左下のテーブルと椅子を描いています。構造の整合性にも留意しながら描きます。

毎日描いていますが、本当に細かくて・・・・、なかなか進みません。

運転免許証の更新講習 - 2013.06.17 Mon

自宅のあります川西市の南隣、伊丹市にあります免許センターへ、 運転免許証の更新へ行きました。 ゴールド免許になっていました。
講習も30分で終了しました。 (自分に責任 があるとは言え、)これまでの長い講習と比べますと格段の差で す。

講習も30分くらいですと集中出来ます。講習用の映像のナレーショ ンの声が、タモリ倶楽部のナレーションと同じ方だ、と気付けるくらい集中していました。

夏の夜は短くて - 2013.06.14 Fri

このところ日中に事務仕事をし、夜制作するというパターンが続いています。 夏は涼しい夜の方が落ち着いて制作できます。

時間の経つのを忘れ、夢中で描いて、4時ころ窓外を見ますと、既に空が白けていて、若干興冷めします。

夏の夜は本当に短くて、貴重です。

おまかせでOK - 2013.06.13 Thu

髪は毎回同じ方に切っていただいています。 日常生活における価値観が似ているのでしょうか、そのスタイリストさんとお話ししていますと同じような体験をしていたり、共感することが本当に多く、毎回楽しいです。

そろそろ切りたいと思い、お昼前に美容院へお電話しました。スタイリストさんの都合を訊いたところ、丁度今日ですと空いていて次に空いていますのは来週、と言われました。 今日は特に予定もありませんので、切っていただきました。
他店ではカットの本を持参し希望を伝えながら切って頂いていましたが、この方とは感性の方向も似ていますのか、「スタイリストさんの、良いと思う形でお願いします」とのみ伝えますと、季節に応じた感じにしてくれます。

「アントニオ・ロペス展」( Sさんからのご感想) - 2013.06.12 Wed

Sさんより、現在、Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)で開催されています「アントニオ・ロペス展」を見てのご感想のメールをいただきました。 ありがたいです。
メールには、「久々に人外の所業というやつを観ました。圧倒的でした。それが絵なのか何なのか、よく分からなくなるほど圧倒的でした。」
「鉛筆による素描じゃない素描も結構出てました。これもいろんな意味で鉛筆じゃなくなってました。」 とありました。

ロペスは現代スペイン・リアリズムを代表する画家です。
今展は私も美術誌等で伺い、気になっていました。 そのうち、美術学校の先輩や後輩のブログにも良い刺激となった旨の感想が多く書かれ始め、私の関心は更に高まっていました。
そのような状態のところへSさんのメール。これはやはり行かざるを得ないでしょう。東京での展示は16日までなので見れないと思いますが、長崎県美術館(6月29日~8月25日)か岩手県立美術館(9月7日~10月27日)での巡回のいずれかは見たいと思います。

屋内風景は久しぶり - 2013.06.10 Mon

描いています10号の制作は4割方描き込みました。 屋内風景を描きますのは久しぶりで、当初勘を取り戻すまでに時間がかかりましたが、陰から光への変化の付け方など漸く本来の感覚が戻ってきました。それにしても定規を使う場面が多く、気を遣います。 
描き手としましては画に不可欠な1点1点の部分を描くことに留意します反面、完成した画面では部分に過剰な力が籠って見えず、全体的な流れに眼が行くように組み上げる、という仕事が出来ます事を願います。

夜、Sさんとお電話で話しました。

頭の中で描いたイメージ(像)を、現実の画面上に移動させるとき - 2013.06.09 Sun

11月に画廊Dで企画されています展覧会へは、12号と4号の新作をご展示いただきます。 まだ先ではあるのですが、なるべく早い時期に画廊へ納めたいものです。 特に12号となりますと画面空間もそれなりに大きく、サイズにふさわしい構成をしないと途端に破綻します。

この辺りの事情は大変デリケートで、頭の中で描いたイメージ(像)を、現実の画面上に移動させるとき、そこにはサイズという規定が設けられていますので、イメージとピッタリのサイズ、というのが本来在る筈です。
なので8号がジャストのイメージはやはり8号に描くのが自然であり10号では描けず、10号にフィットしているものを12号に描きますとどうしても不自然な感が生じてしまいます。 

グループ展と個展、それぞれの楽しみ方 - 2013.06.07 Fri

NHK文化センター高松での授業でした。7月10日から始まります天満屋広島八丁堀でのグループ展「それぞれの写実表現展」 (画面右・「プロフィール」に詳記)のご案内をしました。 昨日の徳島教室でも生徒さんへご案内しました。 
会期が近付きましたらこちらのブログのトップで挙げ続けておこうと思います。

生徒さんの多くは、私の教室へ来られるくらいですので写実的な表現が好きで、著名な作家さんの作品も多く出品されます今展に、強い関心を持ってくださいました。

グループ展は1度の来観で或るテーマを基に纏まった作品を見ることが出来て、むしろお得感がある、と昔から思っていました。 その中から気になる作品に出逢えたら、その作家さんの個展へ行き現在進行形の仕事を伺う、というのも楽しいと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事