FC2ブログ
topimage

2013-06

展覧会へ出かけました - 2013.06.28 Fri

お昼より、ご案内いただいています展覧会へ出かけました。 
阪急・梅田駅から画廊Tまで歩きました。1㎞程でしょうか。

私の美術学校での指導教官でしたK先生の個展が開催されています画廊Tは、オフィス街の中でそこだけくり貫かれたように設けられました一段下がった広い円形のスペース、その円形を囲う一面ガラス張りの画廊に、K先生の作品は展示されていました。 瑞々しく植物の様を描かれていますK先生の作品そのものが、都会の中で清涼をほとばらせているように感じられました。

そこから再び1㎞程歩き画廊Dへ行きました。 画廊DではIさんの個展をしていました。これまでも美術雑誌等でIさんの作品の画像は見ていましたが、実作品を拝見したのは初めてでした。画像での印象よりも実作品は色調も随分しっとりと落ち着いた印象を抱きました。

最後に伺いました画廊Yへの移動は400mくらいでした。Tさん個展のオープニングでした。
充分な準備期間でご用意された力作ばかりでした。作品を拝見し、お話を伺い、これからの自身の制作に対しても刺激を頂いた想いです。
社長ご夫婦からTさんと共にご夕食までご馳走していただきました。本当にありがとうございました。

そこから阪急・梅田駅まで歩きました。1.4㎞くらいでしょうか。
合計しますと今日は半日で4㎞前後歩いたことになりますが、Sさんは銀座の画廊街においてこれ以上の距離を、仕事でもないのに毎週末歩いて展覧会を見て回っていました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1684)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事