FC2ブログ
topimage

2013-11

グループ展 「第2回 エトワールブリヤント展」最終日 / 「船場博覧会」とは - 2013.11.15 Fri

グループ展 「第2回 エトワールブリヤント展」、本日最終日でした。
今回もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうございました。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。
この展覧会は終わりましたが、11月19日(火)~24日(日)、同画廊のあります船場(せんば)界隈で開催されます「船場博覧会2013」の中の企画といたしまして、「新鋭作家 リアリズム展」と題し同画廊で作品をご展示頂きます。(詳細下記) 
どうぞ足をお運び頂ければ幸いです。

「船場博覧会」とは、船場の街に息づくレトロで豊かな文化を6日間にわたり、展示、セミナー、コンサート、街歩きツアー、ギャラリーツアーなど様々なプログラムで、船場の魅力を知っていただくイベントです。 企業、ホテル、飲食店、画廊などが参加し、期間中は各企業 や店舗でイベントが開催されます。
詳しくは「船場博覧会」のサイト(こちら)をご覧くださいませ。

船場の街には明治から昭和初期に建てられた洋館(当時は銀行や商社として使われていました)が多数残っており、今も外観はそのまま、お洒落なカフェやショップが入っています。中央公会堂や中之島図書館のように建設当時と変わらぬ使用目的の建物もあります。 ビジネス街の側面が強いエリアですがイチョウ並木や緑も多く、歩道には洋風のガス灯もあり、お洒落な街です。

■「新鋭作家 リアリズム展」
2013年11月19日(火)~24日(日) 11時~18時30分。土日は16時まで
画廊大千 (大阪市中央区道修町2-5-14 カイゲンファーマービル1階)
電話番号 06-6201-1337
* 私は11月23日(土)の12時頃以降、会場に居る予定です。 お声を掛けてくだされば嬉しいです。


グループ展  「第2回 エトワール ブリアント展」 - 2013.11.15 Fri

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

「第2回 エトワール ブリアント展」
2013年11月6日(水)~15日(金) 11:00-18:30 (土曜日・日曜日は16:00まで)
画廊大千 (大阪市中央区道修町2-5-14 カイゲンファーマビル1階)
電話番号 06-6201-1337

・ 出品作家の略歴や作品画像、コメントなど紹介文、こちらです。
・ 出品作家・・・・有吉宏朗、大路誠、松村卓志、丸尾宏一、向川貴晃、安冨洋貴 (敬称略)
・ 写実的具象表現を研鑽します6人の新作を、ひとり2~3点ずつ展示いたします。
・ 私は4号と12号の新作を出品いたします。
・ 私は11月6日(水)の12時30分頃以降、9日(土)の終日、画廊に居る予定です。 お声をかけていただければ嬉しいです。

※ 上記リンク掲載について、リンク先の許諾を得ています。
※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。


DM画像面
Email001.jpg


DM宛名面・紹介文
Email131027.jpg

(10月27日アップ。)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1684)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事