FC2ブログ
topimage

2013-12

グループ展 「Rose Rose Rose」 - 2013.12.10 Tue

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

「Rose Rose Rose」
2013年12月4日(水)~10日(火)10:00~20:00(最終日12月10日は16:00閉場)
日本橋タカシマヤ 6階美術画廊 (東京都中央区日本橋2−4−1)
電話番号 03-3211-4111(美術画廊)

・ 出品予定作家・・・・赤木範陸・阿部友子・荒木享子・有田巧・安西大・池口史子・伊藤晴子・大竹寛子・大沼映夫・大畑稔浩・岡義実・笠井誠一・河村純一郎・北田克己・菊地武彦・國司華子・栗原一郎・神下雄吉・小杉小二郎・櫻井孝美・佐々木豊・笹本正明・菅原さちよ・田尾憲司・田村鎮男・田村能里子・千々岩修・崔恩景・中島千波・中野嘉之・野田弘志・林敬二・平澤篤・廣田真知子・広田稔・保田井智之・堀井聰・松村卓志・三浦明範・港信夫・宮いつき・室越健美・安冨洋貴・柳沢正人・山口暁子・山本明比古  (敬称略 50音順)

【シャンパンとハープの夕べ・山崎祐介氏(日本ハープ協会副会長)】
■12月4日(水)18時から

【ギャラリートーク・小杉小二郎先生】
■12月7日(土)15時から

・ 私は10号の新作を出品いたします。
・ 今展は、2010年「5月の薔薇展」2012年「ラビアンローズ」に続きます、高島屋のイメージフラワーである薔薇をテーマにした展覧会です。日本画・洋画・立体それぞれの分野の作家による個性豊かな薔薇を展覧いたします。
・ 私は12月4日(水)の17時頃以降、画廊に居る予定です。 お声をかけていただければ嬉しいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。

マウスの右クリックが・・・ - 2013.12.08 Sun

事務仕事をしていますと、急にマウスの右クリックが反応しなくなりました。再起動させたり、処置方法を調べ試しましたがどうにもなりません。
結局強く押すと反応しています。

自宅の居間で使っていますデスクトップパソコンはマウスもキーボードも無線タイプで便利なのですが。

終業後会うつもりでしたが - 2013.12.06 Fri

NHK文化センター高松でのお仕事でした。 終業後、Kさん、Mさんと合おうと思っていましたがKさんはお休み、Mさんも仕事の約束が入ったとのことで叶いませんでした。お昼Mさんからお電話のありました際、Mさんは年末まで高松にいるとのことで、次回私が高松へ来ます20日にお会いし、Kさんはお休みかもしれませんがひとまず天満屋スタッフさんへもご挨拶に伺う旨をお伝えしました。

昨日夢に、まさかのM課長が出てきました。 
高松天満屋は来年3月で閉店します。私も気にしているのだと思います。

「Rose Rose Rose」、在廊 - 2013.12.04 Wed

私も出品しています、日本橋タカシマヤ6階美術画廊での「Rose Rose Rose」、本日より開催されています。 
夕方会場へ行き、タカシマヤ美術画廊のスタッフさん、画廊TのOさん、Sさんにご挨拶していますと、同じ出品者で顔見知りのHさん、Aさんも来られました。

普段、私が参加させて頂きますグループ展では、写実表現の洋画の方とご一緒になることが多いのですが、今展では日本画も洋画もあり、表現においても具象、抽象、装飾的表現、と様々です。 
50点に及びますそのような表現の中で見ていますと、自身の仕事の立ち位置、またどのような表現により近似性を感じるのかなど自作の事を客観的に確認でき、勉強になります。

18時からは「シャンパンとハープの夕べ」が催されました。 珠玉の作品を拝見しながら、美味しいシャンパンをいただき山崎祐介氏(日本ハープ協会副会長)によるハープの演奏を聴く。五感に優しいひと時でした。

フレーム幅のさじ加減 - 2013.12.03 Tue

現在制作中の6号作品への額縁を注文し忘れていましたことを思い出し、急いでT額装へ注文しました。
画廊TのMさんからのご助言もあり、フレーム幅を少し太くしてもらうようにしました。

元々、既製品の箱額ではこの部分が太すぎると感じていまして現在のフレームを作ってもらうようになった経緯があります。 このような感覚的なさじ加減は、ある程度の時間が経過して程よいポイントに合ってくるものなのだと思います。

前向きな気持ちに。 - 2013.12.02 Mon

徳島のKさんからメールいただきました。 先日のF先生の個展を見に行れたこと、お仕事での新たな展開のこと、など。
ご家業の鉄工業から少し展開して建築と絡む仕事、家具やマリッジリングの注文も増えており、近くアトリエ(仕事場)にショールーム的なギャラリースペースも作るそうです。

そして今回、ずっと見てこられたF先生の作品をご購入されたお話が載っていました。 
「次は安冨さんの作品だね。」と書かれていました。 とても嬉しいです。
いつも前向きなKさんのお話を伺っていますと、こちらもワクワクします。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
11月5日 (火)
11月19日 (火)
12月3日 (火)
12月17日 (火)
1月7日 (火)
1月21日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (79)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1540)
雑記 (180)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事