topimage

2013-12

今年もおつかれさまでした - 2013.12.31 Tue

今年は3月のアートフェア東京での個展を皮切りに、7月の広島八丁堀・天満屋での「それぞれの写実表現展」、10月の横浜タカシマヤでの「リアリズム4人展」(来年タカシマヤ巡回)、11月の画廊大千での「エトワール ブリアント展」、12月の日本橋タカシマヤでの「Rose Rose Rose展」(来年タカシマヤ巡回)、福山・天満屋での個展、と多くの展覧会を企画いただきました。ありがたい限りです。
お客様はじめお世話になった皆様、心からありがとうございました。 

このブログを通して知り合いになれました皆様、また旧知の皆様、本当にありがとうございました。 皆様のご自愛を心からお祈り申し上げますとともに、新年も何卒宜しくお願い申し上げます。
どうぞ良いお年をお迎えいただけますことを、心からお祈り申し上げます。

効果を考え全体を微調整 - 2013.12.29 Sun

次作の下絵を制作しました。某百貨店の吹き抜けから下階を見下ろした構図です。
交錯するエスカレーターや棚などは細かく描き込み、金属の部分は周りの映り込みなど質感をシャープに表現、シルエットとする部分も設け、対比効果が出ますことを狙っています。

効果を考え全体を微調整している段階は、欲しい物がもう眼に見えているだけに、少しもどかしくもありますが、やはり大切な工程です。
頭の中で想っているのと、眼に見えるのとでは、やはり違うと思います。

パンフレット 「美術催事のご案内」 (福山・天満屋) - 2013.12.28 Sat

12月23日の、福山・天満屋での個展の記事(こちら)へ、当件をご紹介いただきましたパンフレット 「美術催事のご案内」 の、掲載ページの画像を載せました。
A4サイズのパンフレットの1ページ全体を使い大きくご案内いただき、本当にありがたいです。

ページ右下には私の作品の透かしが入るというお洒落なデザインで、ご来廊頂いたお客様にも、お持ち帰りされる方が多くおられました。

海外には。/ 1年のお礼メール - 2013.12.26 Thu

某所にて食事していますと、ウエイトレスが近付いて来ました。そして「お客様のではございませんか?」 と言いながら財布を拾ってくださいました。気付かない内に落としてしまっていたようです。ありがたいです。 海外だと盗られてるかもしれない、と思いました。 日本は親切で優しく、モラルが整っていて・・・・たまに麻痺しそうです。
ところで私は、海外には行ったことがありません。国内も行ったことのない県の方が多いです。

直近でお世話になりました画廊TのOさん、Mさん、画廊FのIさんへ、直近のお礼かたがた今年1年のお礼のメールをしました。
時期的には年賀状もいいのですが、感謝の気持ちを思ったのですから、早く伝えたいと思いました。

Fさんのブログ事情 - 2013.12.25 Wed

下記、数日前の内容です。

一週間ほど前、Fさんのブログを見ますと、数ヶ月ぶりに更新されていました。私の作品画像もあり、懐かしくまた嬉しく、思わずコメントしました。 そこから今日まで、お返事はありません。もとより更新自体、ごくたまにしかされませんFさんです、気付いていないのだと思いました。

そして今日、Fさんとお会いしました。 冒頭いきなりFさんから、「先日はブログにコメントいただきありがとうございます。」と、お返事いただきました(笑)。
そして私のブログを読んでいると告白されました。しかも聞いていますと、本当に最近アップしたばかりの記事の話題が出ていて、驚きました。 昨日はGさんからも同様の告白がありました。
私のブログなんて、果たしてどれほどの数の方に読んでもらっているのでしょうか・・・・。と吐露しましたら、「そんなぁ、たまに母も読んでいますよ。」と(笑)。 それはありがたいです。
続けて、「たまにAさん(Fさんも私も大変お世話になっている方)も読んでいますよ。」と。 それはありがたい気持ちと共に恐縮至極です。

個展「-透明な鏡のように- 安冨洋貴 絵画展」最終日 - 2013.12.23 Mon

個展「-透明な鏡のように- 安冨洋貴 絵画展」 、本日最終日でした。 今回もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありが とうございました。 そして格別のご評価の上、お買い上げいただきました皆様には、心から感謝申し上げます。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思 います。

展覧会期中の土曜日と日曜日は、在廊させていただきました。 福山での個展は初めてでしたが、お客様の滞留時間が長く、大変ご熱心にご高覧いただいたことが印象深かったです。嬉しかったです。

個展 「-透明な鏡のように- 安冨洋貴 絵画展」  - 2013.12.23 Mon

個展を企画いただきました。 ありがたいです。

「-透明な鏡のように- 安冨洋貴 絵画展」
2013年12月18日(水)~23日(月・祝) 10:00~19:00(土曜は19:30まで。最終23日は17:00まで)
福山・天満屋 6階アートギャラリー (広島県福山市元町1-1)
電話番号 084-927-2521(美術画廊)

・ 静寂が包む夜の風景、樹々のシルエットを背景に湛えたユリ、ガラス器に活けられた薔薇…等を描きました鉛筆画作品、約15~20点をご展示いたします。
・ 私は12月21日(土)、22日(日)の終日、画廊に居る予定です。 お声をかけていただければ嬉しいです。

パンフレット 「美術催事のご案内」 掲載ページ
Email002のコピー

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。

ミーティング・特注制作 - 2013.12.22 Sun

昨夜は画廊Tにご用意頂きました駅前のホテルへ宿泊しました。
今日も午前 中より在廊しました。

昼食時、私の不在日に来られたお客様から伺いました特注作品の件で、ス タッフさんとミーティングしました。
春夏秋冬の花をテーマに、と予めメールで伺っていましたので私もイメージ し易く、ミーティングはスムーズに進みました。

特注制作はこれまでも例えば、過去の私の作品の、画はそのままにサイズを お客様の任意のものへ変えて描いたり、お客様のご要望のモチーフや構成を訊き下絵を描き、確認して描いたこともあります。

福山天満屋へ在廊 - 2013.12.21 Sat

昨日はNHK文化センター高松での仕事の後、実家で宿泊しました。
今朝は個展を企画いただいています福山天満屋が開店します10時から在廊したいと思い、自宅最寄りのT駅を6時30分に出発しました。新幹線を使えばもっと短時間で移動できるのですが、今日は在来線で向かいました。

スタッフさんへ挨拶し在廊していますと、NHK文化センターの生徒さんも来られました。ありがたいです。 これまでも来られた方が居られますことは、一昨日と昨日の授業時に伺いました。また、芳名録でも伺いました。中には私が30歳のとき企画いただきました奈義現代美術館で作品を見て、それ以来のご高覧の方も居られたようです。
継続的に作品を見てくださいます事は、本当にありがたいです。

誇れる対象 - 2013.12.20 Fri

NHK文化センター高松での仕事の後、来年3月で閉店します高松・天満屋へ行きました。
これまで同店美術画廊で企画頂きました個展では、美術スタッフの皆様に本当にお世話になりました。 個展時に画廊で一緒に接客したのみならずマスコミへのご挨拶や、コレクターさんのお宅へ作品設置へ伺う際ご同行させて頂いたのも、貴重な思い出です。
今日は、スタッフ内で最も私と年齢が近く親しくさせていただいていますKさんはお休みでしたが(ご調整を試みましたがどうしても外せなかったようです)、美術スタッフのMさん、Nさん、Aさん、Fさんへひとまずご挨拶しました。

私の故郷、高松・天満屋は、来年3月で閉店します(決定はそれの僅か半年 前の今年10月でした)。
美術画廊は成績優秀だったと以前からもそして今も聞いています。昨年末 には高松・天満屋も協力で、地元ミュージアムでコレクション展を企画され、多いに盛り上がり市民の美術への関心が喚起されました。僅か1年後、このようなことになるとは。
高松の風景から誇れる対象がなくなるのは本当につらいものです。




古手帳風タブレットケース - 2013.12.19 Thu

注文していましたタブレットケースが届きました。革製の古手帳風で、格好良いです。
過日起こしてしまいました表面の破損とそれに伴う修理の面倒から、ケースは絶対要る、と強く思うようになりました。

先日は家電量販店Yの店頭で、私のタブレットの規格に合うものを探してました。店員さんに尋ねたところ、良い形の物に巡り会えたのですが、色について更に良いのがあるのでは、と思いショッピングサイトを探しますと理想の物がありました。 形は店頭で確認済みですので安心して注文しました。

画像の物です。二つ折りで、上の画像はカバーを閉じた状態、下の画像は開いた状態です。
私の持っていますタブレットは、薄くコンパクトなのが気に入っている特徴ですから、その良さを保てますこのスタイルが好きです。

fc2_2013-12-20_13-38-41-596.jpg


猫神さまのご加護 - 2013.12.17 Tue

Sさんよりメールいただきました。 1年近くに渡り活動していました案件が漸く纏まったとのことです。心からお慶び申し上げます。
しかし如何なる場面にも謙虚なSさんからのメールには、このように書かれていました。 「今回の結果は私自身の実力とは全く関係ございません。うまく行ったのは全て、信仰と愛の力です。」「現猫神Tちゃんの下僕ですので、猫神さまのご加護が人一倍だったのでしょうね。ありがたやありがたや。」・・・・と。

ともあれSさん、本当におめでとうございます!

Endless Night - 2013.12.14 Sat

昨夜は完徹。 おかげで花弁とガラス器といった主要部分を描き終え、周辺の要素も7割方出来、そこを描き込むのみです。

何の自慢にもなりませんが、20歳代の頃、徹夜はほぼ毎日でした。 若かったのと、美術学校卒業後は勤めていましたのでそうでもしないと時間が確保できなかったのもあると思います。 
その頃を思い出してみますと、画面に向かい描いていた記憶は勿論多いのですが、一方で本を読んだり電車に乗ったり、昔の映画やドラマをレンタルしては毎夜見ていたり、と貪るように時間を使い、好奇心の赴くまま動いていたように思います。(それは今も基本的に変わっていない気もします・笑)
肉体的消耗の実感は、時間というものを想うきっかけでもありました。

それと徹夜しても私の場合、あとでその分の睡眠時間が要ります。長い目で見れば同じ事ですが、そこは、相変わらず好奇心の赴くまま動いている、ということで。

寒さ対策は段階的に - 2013.12.13 Fri

実家より、ユズとミカンが届きました。 ミカンは食用ですが、ユズはそれに至らぬ屑物なのでお風呂に入れよとのことでした。大変温まりました。  ありがたいです。
 
ところで今日は猛烈に寒く、アトリエで描いていましてもマフラーとレッグウォーマーを導入しました。
夜、アトリエから居間へ移動しますと、暖房も電気も付けていない部屋では、息が白くなります。

そのような私の冬のアトリエにおけます寒さ対策は段階的でして、 
ウインドブレーカー →ストーブ →内起毛スリッパ(ブーツタイプ) →膝掛け →マフラー →レッグウォーマー →肩掛け →指切り手袋
といった感じ進みます。これに倣いますと、今年は12月の時点で既に、level 6~7に到達していることになります。

過去の仕事が今の仕事を導いて - 2013.12.12 Thu

終日制作していました。昨日より描き始めました薔薇の画を描き込んでいました。 カットの入っていない低く丸い(球形)ガラス器に花を活ける構成は、だいぶ以前にもしています。

過去の仕事を振り返りますとその中に、今までに至る己の根幹となっている要素に出逢う事があり、過去の仕事が今の仕事を導いてくれることが多くあります。

グループ展 「 Rose Rose Rose 」最終日 / スカイツリー - 2013.12.10 Tue

グループ展 「 Rose Rose Rose 」、本日最終日でした。
今回もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうございました。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。

画像は、初日の在廊にあわせて東京へ行ったとき、浅草寺から見たスカイツリーです。
東京タワーのあります辺りは、NHK放送博物館や東京さぬき倶楽部、画廊T等あり、何度も行っていますが、こういった東京の下町に来たのは初めてです。 
浅草駅を出ますと駅前にタクシーではなく人力車が何台も並んでいたのには驚きました。そして車夫さんの話しかける様は、関西人以上にフレンドリーでした(笑)。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事