topimage

2014-01

原風景 - 2014.01.31 Fri

以前描きました作品「手袋工場」に、足踏みミシンを加筆しました。画面右端の窓に少し重なる形で配置しました。(こちら のページ中段)

私の生まれ故郷(香川県東部)は手袋の製造が地場産業で、市内には大きな工場もありましたが、 その下請けをする 家内制工房のような家も 多くありました。
幼い頃の私は、親が帰ってくるまでの間、そういった工房のある近所の家に預けられることが少なくなありませんでした。
これは、その時見て、感じた、原風景です。
板張りの部屋に、縦長の窓から光が 射し込み、壁や窓のシルエットが床に映る様は、母を待つ不安な気持ちと共に強烈に記憶に残っています。
恐らくこういう体験は、誰しもの心の中に残っているのでは、と思います。

アクセサリー作家・Yさん - 2014.01.30 Thu

NHK文化センター徳島へ向かうべく駅まで行きますと、偶然Yさんにお会いしました。
Yさんは私の自宅のあります川西市のお隣、宝塚市在住のアクセサリー作家です。ジャンルは違いますが、同じクリエイティブな仕事をしている同年代で、住まいも近所、と共通する点も多いので話しやすいです。

聞くとYさんも三ノ宮へ行くところとのこと。
道中、Yさんが現在手掛けています、アメリカの皮革作家とのコラボレーションのお話や、最近川西にできたBARの話しなどでき、興味深かったです。

愛犬Yちゃん - 2014.01.29 Wed

帰省した時の楽しみに、愛犬Yちゃんと会えることがあります。



せっかく撮っているのに、なかなかこちらを向いてくれません。



やっとこちらを向いてくれました。 うん、良い表情(笑)。

 - 2014.01.28 Tue

画像は先日実家から持って帰った苺です。美味しいのはもはや当然ですが、如何にも栄養価が高そうで身体に良さそうです。

他にも、お供えにいただいたお菓子も大量に持って帰りました(笑)。

瀬戸内の海 - 2014.01.27 Mon

昨日訪れました故郷、香川県。
瀬戸内の海は、色も波も穏やかで、島が近かったりします。



浜辺に集まるカモメは寒そう(笑)。


生家で。(昔かいた画、姪のKちゃん、手袋資料館) - 2014.01.26 Sun

生家を訪れますと、玄関には美術学校2回生か3回生のころ模写しました、森本草介の「紅白牡丹図」があります。
いま見ますと、実作に漂う格調や空気すら写せていないのですが、模写をしていました当時は、デッサン的整合性を求めるのに必死で・・・・。唯一そのポイントだけ、かろうじて叶ったかなと思える1枚です。

edit_2014-01-26_15-39-45-556.jpg

姪のKちゃんにも会いました。お正月以来ですので1ヶ月も経っていませんが、そんな期間でも、小さい子は何だか成長した印象です。



昼食後、帰りのバスに乗るまでの間に手袋資料館へ行きました。 以前より、昔のミシンの資料がほしいと思っていましたので取材、撮影できて良かったです。
私の生まれ育った町は、手袋の製造が地場産業です。手袋資料館は市役所の隣にあります。



只帰るだけですので - 2014.01.25 Sat

祖母の法要のため実家へ。法要は明日の朝からなので今日の内に帰っておく必要があります。とは言え、この件について私が今日すべき仕事はなく、只帰るだけですので、キリの良いところまで制作し、19時ころ自宅を出ました。

現在描いています画は、半分くらい描き終えました。
ここ3日ほどは普段よりも早く描けています。後半もこのペースで描き上げたいです。

今後の発表予定 - 2014.01.24 Fri

画面右上の「プロフィール」に、今後の発表予定を書きました。 内容は、

■「 ROSE ROSE ROSE」
2014年2月26日 (水) ~3月4 日 (火)
横浜タカシマヤ 7階美術画廊(神奈 川県横浜市西区南幸 1−6−31)
電話番号 045-311-5111

というものですが、小さすぎて読めないかもしれません。会期が近付きまし たらブログのトップで挙げ続けておこうと思います。 (その際は出品者名 や開場時間も含めた詳細記事にします。)

子機のバッテリー - 2014.01.23 Thu

近所の家電店Eで、自宅で使っています電話機の子機のバッテリーを買い、交換しました。おかげで現在は快適ですが、以前よりその電池の持ち時間が弱ってきている事を気にしていました。 連続通話できるのは10分くらいだったでしょうか。
その前にバッテリー交換しましたのは3年前くらいだったと思います。その時は、子機では全く通話出来ない状態でした。(充電ホルダーから取り上げると「要充電」と表示されていました。) 

そもそも内蔵バッテリーってこんなに交換が必要なのでしょうか? ひょっとして初期不良?

技術や知識を言葉として - 2014.01.22 Wed

勤めています美術学校の、冬季講習の初日でした。今回はこれまでの内容の応用編のようにしました。

制作している中で私が体得している技術や知識を、言葉で伝えるのですが、そのためにはそれらを言葉として、イチから構築し直す必要に直面します。
そして毎回授業の流れや説明のプリント等を作ります。 この説明の仕方では伝わりにくいかも、とか、誤解を招くかも、など頭の中でシミュレーションし、資料を纏めていく工程は本当に勉強になります。

R-1ヨーグルト - 2014.01.21 Tue

画像は鳥肉と野菜としめじの炒め物。朝ご飯です。

画像右はR-1ヨーグルトです。 普段はバニラヨーグルトとプレーンヨーグルトを混ぜたヨーグルトを食べますが、最近はこちらを食べることが多いです。
ヨーグルトの乳酸菌はインフルエンザの予防効果がありますし、何より好物ですし。

大寒とお汁粉 - 2014.01.20 Mon

今日は二十四節季の大寒でした。皆様は寒くしておられませんでしょうか? エアコン・ヒーターを使わない私は普通の靴下の上に厚い靴下、内起毛のブーツ風スリッパ、レッグウォーマー、保温機能膝掛け( 先日ニトリで購入 。めちゃ有能。)、ウインドブレーカー、肩掛け、と防寒しています。 

電気スリッパや電気座布団など使っていた頃もありましたが数年前からそれらは辞めました。
上述のような布素材の性能が向上し軽量化したため、これらで代用できるようになったのだと思います。

昨日庭に出たときは雪が降ってました。今日は1日中アトリエに籠もってましたので確認できませんでした。
自宅のあります川西市は今日も寒かったです。

画像はお昼作りましたお汁粉です。美味しかったです。
寒い日にはこういったものが温まります。 薄めに作りましたが、しっかりした味でした。

心霊映像 - 2014.01.19 Sun

未明より妙に集中して制作でき、結局6時頃まで描いていました。そして11時起床(笑)。 

見ていました動画サイトで、心霊映像っぽいのを発見してしまいました。 バラエティー番組なのですが、パネラーさんの奥にこちらを覗き込む人の顔が見えました。瞬間、背筋が凍りつき鳥肌が立ちましたが、実は私はこういう物に、あまり怖がらない性質なのです。
高い所も平気なのですが、ジェットコースターやお化け屋敷は苦手です。

※ 後にそのシーンを再確認しましたところ、たまたまパネラーさんの奥にいたADさんが映っていたようです。(笑)

「新春展」 最終日 - 2014.01.18 Sat

2014年の最初の展覧会、「新春展」 (東邦アート) 、本日最終日でした。 今回もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうございました。

会場へ足をお運びいただき、ご高覧いただき、皆様からいただきますご批評は本当に貴重です。
今年も更に画道に精進したいと思 いますのでご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。。

新春展 - 2014.01.18 Sat

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

「新春展」
2014年1月6日(月)~18日(土) 11:00~18:30
東邦アート (東京都港区芝公園3-1-14)
電話番号 03-5733-5377

・ 出品作家・・・・青木恵美子・赤木範陸・阿部澤・阿部友子・安西大・奥村美佳・栗原一郎・菅原さちよ・菅原健彦・千々岩修・ツジモトコウキ・堀井聰・平松礼二・三浦明範・港信夫・安冨洋貴・柳沢正人 (敬称略)

・ 2014年の、最初の展覧会です。 新春に相応しい日本画・洋画の作品を展観いたします。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。

今年最初の授業 - 2014.01.17 Fri

NHK文化センター高松での今年初めての授業でした。昨日は徳島教室での今年初めての授業でした。
画家なので当然なのですが、普段は自宅アトリエで独り描いています私としましては、人と会える機会そのものが貴重です。

今年も真剣かつ楽しいクラスのもと、 皆様とともに上達したいと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1545)
雑記 (157)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事