topimage

2014-05

急に暖かく - 2014.05.29 Thu

もう5月も末といいますのに、自宅のあります兵庫県川西市は比較的寒く、つい10日ほど前まで、昼間はそうでなくても夜外に出ますと吐く息が白くなるほどでした。

それが今週あたりから急に暖かくなりました。ストーブを押し入れへしまい、入れ替わりに扇風機を出しました。アトリエで使いますスリッパも内起毛でブーツ型の冬用から、メッシュ使用の夏用の物に替えました。
午前中、制作の傍らこたつ布団や毛布など冬の物を洗濯しては庭の物干し竿へ干しました。

髪を切る日 - 2014.05.28 Wed

お昼より外出し、神戸へ行きました。メインの目的は髪をカットしてもらうことです。他の用事を幾つか済ませて、予約していました時刻に美容院に入りました。
1年半くらい前から毎回切ってもらっていますTさんに、今回もお願いしました。 いつもは仕上がりのイメージをお話ししながら切ってもらうのですが、今回は、以前撮影しましたポートレートを持って行き、「この頃の感じで」とお願いしました。
いつも本当に私がイメージしています仕上がりに近付けてくださいます。 Tさんとお話ししていて思いますのは、プロのテクニックとこだわりの凄さを感じてしまいます。

今回は、過去の私自身へ近付ける、というものだからでしょうか、いつもに増してスムーズに進みました。イメージ通りの仕上がりに満足し、シャンプーしていただく頃には眠気で何度か記憶が途切れていました(笑)。

骨取りに骨が折れる - 2014.05.26 Mon

昼食に食べましたシャケ、肉厚で美味しかっただけに、急いでいたのだと思います。骨が、喉に刺さってしまいました。
アジ等のそれのように、細く先端が尖っているわけではないシャケの骨ですから、正確には突き刺さったのではなく引っ掛かったということなのですが。

ご飯を飲み込んだり、お茶を飲み込んだり、と色々やってみましたが全く取れません。
鏡を見ながら箸で取ろうとしましたがなかなか距離感がつかめません。しかし暫くしている内に、何となく出来そうな感覚を感じました。道具をさい箸(舌を押さえる)とピンセットに変えて行いますと、これまでの苦労が嘘のように直ぐに掴め取れました。

不定形な映り込み - 2014.05.25 Sun

現在描いています15号の作品の、画面上半分への描き込みが終わりました。
画の構成上、描き込む情報量を画面の上半分に偏らせていますので、実際の仕事量的には、7割方描き終えたと言えます。光沢のある床への、不定形な映り込みを描きました。 ゆらゆらと形が定まっていない柱の映り込みなのですが、それでも「これは柱の映り込みである」ことが伝わる画でなくてはならず、気を遣います。

しかしそういった手間のかかる箇所は今日で一旦終えました。明日からは新たに薔薇の描画に入ります。 落ち着いて、より気持ちを込めて描きたいと思います。

DM投函 - 2014.05.23 Fri

ブログトップで紹介しています大阪タカシマヤでの「 Rose Rose Rose 」展(6月4日-10日)の、案内状への封筒や同封します便箋へ、必要な情報や紹介文を、自宅プリンターで印刷しました。 
部数が少なかったこともあり、新たに買い足すことなく常備の物で賄えました。 また同じ理由から、投函は関西在住の方に限らせていただきました。

薔薇というテーマのもと、ベテラン・中堅から若手まで、30余点の作品が展示されます。それは写実的であったり装飾的であったり表現方法も様々です。また技法も日本画、洋画、ミクストメディアと様々です。
他の方の多様な表現の中で自身の作品を展示し、比較し、一同に見られますのも、グループ展の醍醐味です。

郵便料金が変わり、82円と2円の切手を何枚か買いました。 当然と言えば当然ですが、新しいデザインになりましたら、普通切手でも目新しく感じました。 

スーパーマーケットIにて - 2014.05.21 Wed

夕方より外出しました。 駅前の写真店へUSBメモリーを預けましたら、少し山手へ行き、スーパーマーケットIへ。
こちらへ来ました目的は、この中に入っています傘修理店です。 先日のブログ(こちら)へも書きました、高校の先輩Bさんからいただいて以来10年使い、先端部分(石突)が欠けて割れてしまいました傘を補修してもらおうと思っていました。 
傘店を見付け近付きますと、シャッターが閉まっていました。 そしてホワイトボードに「今月○日と21日は休店させていただきます」と・・・・。
ネットでは定休日の欄が空欄になっていたのですが。いずれにしても月2回しかないお休みの日に当たるとは。また後日行こうと思います。

嘆きつつ何気なく入りました同店3階の書店にて、友人Mさんの勤めています会社が発刊しています、雑誌が並んでいました。Mさんが直接手掛けていますのは同社の別の本なのですが、 こんな田舎のスーパーの書店(失礼)にもきちんと入ってるのは、すごいと思いました。

タイヤ交換 - 2014.05.20 Tue

バイクで出かけていました。 ガソリンスタンドで給油していますとスタッフさんより、後ろタイヤが沈んでいるように見えた、と指摘されました。調べてみますと地面との接地面にパンクを発見し、タイヤのサイドもうっすらシワのような跡が伺えます。
取り敢えずそこで空気を満タンに入れるだけ入れ、自宅と駅との丁度間くらいにあります個人で行っているバイク店へ行き、タイヤの交換を依頼しました。
お店に着きましたのがお昼時でしたので、店番をしていますおばちゃんのみで、実際に作業をしてくれるおっちゃんは昼食に出かけたとのこと。昼食後作業に取り掛かるので2時間くらいかかると言われました。
作業が終わりましたら知らせてもらえるとの事でしたので、私の連絡先を伝え、そこから歩いて一旦帰宅しました。

帰宅し制作していますと、やがて窓外から雨音が聴こえてきます。次第に大きくなります。 雨のなか外出するのは嫌だなあ、と思っていましたらそこへバイク店から、タイヤの交換が終了したので引き取りに来てください、の電話。
傘を差して再びバイク店へ行きました。 新しいタイヤは見るからに気持ちよさそうでした。

画像は、自宅最寄りの業務スーパーでの陳列棚の様子です。 
ひと月ほど前、テレビ番組でクルミが動脈硬化予防に効果が認められる、と流されて以来、どこもこのような感じです。 左に写っていますアーモンドのほかカシューナッツなど他のナッツ類は普通に売られているのですが…・。

2014052019170000.jpg

高松天満屋あと - 2014.05.18 Sun

先週金曜日、NHK高松での仕事の後、今年3月末に12年間(高松そごうの頃も含めますと16年)の営業にピリオドを打ちました高松天満屋のありました、琴電・瓦町駅へ行きました。20分ほど歩きました。
ビル自体は営業していて、高松天満屋の頃入っていたテナントの幾つかは今もやっているようです。


(瓦町駅直結の2階入り口。閉まったままのシャッター)


(今も天満屋のマークが灯されています、近くの駐車場)

四谷シモン人形館へ - 2014.05.17 Sat

昨夜は神戸に帰らず実家でもう一泊しました。 お昼、母の車を借りて坂出にあります四谷シモン人形館へ行きました。
10数年前、大好きな人形作家・四谷シモンの作品を常設展示する施設が、私の出身地・香川に出来たことは知っていましたが、開館日は火・木・土曜日のみ、しかも16時30分に閉館するという事もあって、今回初めて行きました。

ここは元々、地元旧家の別邸でした。 退廃的で朽ちた魅力に溢れますシモンの人形と、古い洋館の雰囲気は大変マッチしていました。また展示室や作品への撮影が許可されていましたことも嬉しかったです。
今月末から年末まで、横浜のそごう美術館や西宮の大谷記念美術館へ作品を貸し出されます。今日はその貸し出し前なので、収蔵作品が全て展示されていました。 
応接間のような展示室の、テーブルの上にありました芳名帳には訪れた方々の感想が綴られていました。 東京や北海道からこのために来た、という物や、とても一度の訪問でこの感動を吸収しきれないので必ずもう一度来ます、といったコメントがありました。
皆、何か言いようのない情動に駆られ、吸い寄せられるようにここを訪れるのが、何となく分かる気がしました。
またそこには若いシモンを被写体にした細江栄公の写真集も置いてあり、異常なまでの色気を感じました。

このすばらしい退廃美を湛えた作品と邸宅の雰囲気は、夜こそ似合うと思います。
それだけに16時30分閉館は勿体なさ過ぎます。 年間の或る期間だけでもいいので夜間拝観の機会をつくってほしいものです。 (冬だと少しは暗がりになるでしょうか。冬にまた行こうかな…・。)




高橋由一展へ - 2014.05.16 Fri

NHK高松での仕事の後、香川県立ミュージアムへ行き、高橋由一展を見ました。いつもは17時閉館ですが、金曜日は19時30分まで開いていますので金曜日に高松へ来て夕方以降フリーとなります私には丁度良かったです。
自画像から始まり、風景画、代表作「鮭」をの筆遣いへ眼を運び見ていますと、彼が実際に描いていた様がイメージされます。 「鮭」の、特に板に描いた作品は、板の元々の木目と、描かれた対象が融合していて、現実と非現実の狭間を彷徨うような不思議なリアリティを感じました。

今展の正確な展覧会タイトルは「日本近代洋画への道 山岡コレクションと高橋由一の名品を中心に」です。 
このタイトルにもありますが、今展では高橋由一の作品以外にも、江戸後期に日本へ渡ってきた西洋絵画をもとに日本人がいかに西洋絵画を理解しようとしたか、その研鑽の中で生まれた作品124件を伺える展覧会でした。
中村不折や黒田清輝の人体デッサンからは、彼らが人体の骨格や筋肉といった構造を、また空間認識を厳しく意識し、確かな理解のもとに表現している事が伝わる物でした。
また個人的に大好きな小田野直武の作品も、実物が見れました。欲を言えば彼の植物画も見たかったです。

作品ファイルの増補刷新 - 2014.05.15 Thu

昨夜から未明にかけて、作品ファイルの新しいページをつくりました。 作品ファイルは、ページの増補刷新の可能なリング式の物を使っていますが、増える新作にあわせてページ数を増やすよりも、なるべく掲載する作品点数は絞り、入れ替えています。
この選定や掲載順を決める作業、毎回なかなか難しいのですが、考え込めば考え込むほど、面白いです。

特定の展覧会や相手に見てもらう場合は、その展覧会に出品します作品を、前半に掲載するなど、より具体的にイメージしながらつくります。

京都でのワークショップ - 2014.05.10 Sat

お昼より、勤めています美術学校が主催しますワークショップの講師をしますため京都まで行ってきました。普段私が担当します授業は、同校の大阪サテライト校での開講のみですので、京都まで足を運びますのは2~3年振りです。
今回のワークショップ、ビー玉を細密描写で描くのですが、参加された皆さん途中休憩もなく3時間集中して描き切りました。 微に入り細に入り見詰めると、普段目にしている物の中に如何に細やかな変化があり、心をハッとさせる美が在る、と発見した事と思います。

私も高校生や一般の方にレクチャーしながら描いていただくにあたり、 伝わりやすい言葉の選択やその順序ってどのような物だろう、と思い、 普段何気なく行っている描画のことを、改めて意識したり見つめ直す機会を いただけた想いです。
本当にありがとうございました。

学生時代からお世話になっていますK先生、副手のUさんも当時行った自主企画の展覧会でお世話になった事があり、お二人に再会できましたことも懐かしいです。
アシスタントを務めてくださったMさん、IさんはK先生のゼミに所属しているとのこと。棟の様子も当時のままですし自身の10数年前の姿と重なります。

ワークショップ終了後、K先生の受講生の実習室をご案内して頂きました。当時は各自で行っていたような研究を、組織立ってしているのが羨ましく思えました。

加筆作品を持って。 - 2014.05.07 Wed

昨年12月に東京・日本橋から始まり、一部作品を入れ替えながら横浜、岐阜、と 高島屋を巡回しています「Rose Rose Rose」展。 来月(6月4日~10日)は大阪店での展示となります。関西での展覧会、大変楽しみです。
先日そちらに出品します新作を納めましたが、後日気になる点があり、加筆のため一旦お返しいただいていました。 今日、加筆しました作品を持って再度お渡しに行きました。
スタッフの皆様には、私の個人的な事のために色々ご手配いただきまして、誠にありがとうございました。

美術画廊では、野田弘志先生等の写実のグループ展「存在の美学」展がちょうど今日から始まっていました。
しっかりと描き込まれた作品、また骨太なデッサンの伺えます作品を見ていますと、眼に心地良く、気持ちが充実してくるのを感じます。
これまで画廊Dでのグループ展、また上記 「Rose Rose Rose」展 でご一緒になっていますMさんの作品も展示されていました。

ストライキとしか思えないよ - 2014.05.02 Fri

お昼過ぎまで、数日前より立て続けにデスクトップパソコンが起こしていましたストライキへの復旧対応に、費やしていました。 カメラ、 プリンター、 遂にはインターネットに至るまで接続不良を起こしてくれました。 これらに不具合が起きますと様々な事案が一気に滞ります。
結局カメラの会社とプリンターの会社、それぞれのお客様相談センターへ電話し、訊きながらなおしました。丁寧に教えていただきありがたいです。

最初に不具合を起こしましたのはカメラでした。カメラとパソコンはUSBケーブルで接続し画像を取り込むのですが、半月ほど前、そうしてパソコンに接続しても突然カメラを認識しなくなりました。 只、このトラブルはメモリーカードを写真店へ持って行きCDへ画像データを移してもらえば、そのCDに移した画像をパソコンへ移すことは出来ます。実際この方法、1度使いました。
結局オペレーターさんに、パソコンがカメラを認識するようにする方法を訊き、なおりました。

次にプリンター。パソコンとは無線通信なのですが、デスクトップ、プリンター其々の受信状況は良いのですがお互いを認識していない状態になっていたようです。ルーターのコンセントを抜いて再度差し込みますとなおりました。
インターネットの不具合は、プロバイダ等に訊く以前にモデムののコンセントを抜いて再度差し込みますと意外と簡単になおりました(笑)。

今回色々と設定する中で通信も安定しましたし、むしろ懸念していましたことが一気に解決できて良かったです。
加えて、1ヶ月くらい前から起動時とシャットダウン時に表示が出ていましたもののこれまで上手く出来なかった、更新プログラムのインストールも、今日漸く最後まで出来ました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 個展「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」
8月16日~22日
横浜タカシマヤ
(045-311-5111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1510)
雑記 (152)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事