topimage

2014-09

NHK文化センター生徒作品 - 2014.09.29 Mon

勤めていますNHK文化センターでの生徒作品を一部アップします。

fc2_2014-09-28_15-32-56-155-01.jpg
口の部分は円形で、底面は四角形のかごです。
網の織り目一つ一つが整合し、かつ規則性にこだわり、何度も確認し描き直されていました。 かごの中央部と端におけます見た目の角度の違いもよく再現され、奥へ回り込む感じが表れています。

fc2_2014-09-28_15-34-00-247-01.jpg
ビーグル犬 (写真からの展開)です。
胸と横腹と下腹、喉と首の側面、画面右端の後ろ脚などに顕著に見られます、面の変化を明暗で積極的に(強調して)表そうとしています。 前脚と肩、後脚と腰の関節も、筋肉の隆起と共に伝わって来ます。

実物モチーフでも写真からの展開でも、眼前の対象を観察するだけではなく(それは当然基本なので重要なのですが)、形に内在する法則を見出したり、明暗を理論から導いて表したり、と 「対象を理解するために描き手が積極的に働きかける」姿勢も、上達の鍵と思います。

グループ展 「次代のアート展 」 - 2014.09.29 Mon

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。
※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。


「次代のアート展」
2014年9月24日(水)-29日(月) 10:00~19:30(最終日9月29日は16:00閉場)
広島八丁堀 天満屋 7階美術画廊 (広島市中区胡町5-22)
電話番号 082-246-5606

・出品予定作家・・・・青木恵美子、阿部友子、荒木亨子、大竹寛子、小笠原雄介、金丸悠司、田尾憲司、ツジモトコウキ、松村卓志、港信夫、安冨洋貴、山口暁子、吉田洋紀 (敬称略 50音順)

・伝統を踏まえながらも個性豊かに独自の絵画を追求する作家の、さまざまな絵画表現をご高覧いただければ幸いです。

広島土砂災害で被災されました方へ、心からお見舞いを申し上げます。

雪が雪らしく/Iさんの画 - 2014.09.26 Fri

終日制作していました。 メインとなります椿の花弁と葉、またそれらと枝に積もった雪を描き終えました。
特に雪の細部に気持ちを込めて、葉の上にぼたっと落ちた様、シャーベット状に溶けていく様など、雪が雪らしく見えるよう留意し描きました。
10月8日より岐阜高島屋で企画頂いています「リアリズム4人展」のDMが届きました。 現在、こちらのブログのトップでご案内している物です。画像と共にアップしました。

夜、Kさんよりお電話いただきました。 先日、国立新美術館 で開催されています「チューリヒ美術館展」や画廊Sなど見て回られたそうです。画廊Sでは、私も気になっていましたIさんの画を見られたそうです。
色々ご感想を伺いましたが、特に印象に残ったのが、「描き込み仕事が大変丁寧で、ああいう真面目な仕事の画を見ると、色々な事がありながらも日々仕事を頑張っているいる私の生き方を肯定してくれているようで、とても元気をもらえる」というものでした。私はネットで画像を見たのみで、実物をまだ見ていませんが、その言葉を聞きますと見てみたくなります。

秋は見たくなる展覧会が多くなります。 私も今描いています画が一段落しましたら、京都国立近代美術館での「ホイッスラー展」や、京都高島屋での「川瀬巴水展」など行こうと思っています展覧会が幾つかあり、今から楽しみです。

椿のある雪景色 - 2014.09.24 Wed

最近、制作中のアトリエではFC2動画で「美の巨人たち」か「孤独のグルメ」をかけっぱなしにしていることが多いです。 前者はテレビ番組として長く放送されています。後者は原作がスタートしたのが、私が高校生の頃だった記憶があります。

昨日より、椿のある雪景色を3号サイズで描いています。 先日のブログではシロツメクサの8号を手掛けていると書きましたが、諸事情によりこちらを先に仕上げます。
雪景色は、25歳の頃メインテーマにしようと一度思ったことがあります。結局その時はそこまで深く見詰めることもできませんでした。
10年経った今改めて向き合ってみますと、当時とは比べものにならないくらい情報の細かい所が見えている事に、自分の事ながら驚きます。 特に、葉や花弁の上に乗った雪の「重さ」或いは「支えられるモノと支えるモノ、両者の関係」を適切に表すことが、この画を見た時の納得を高める事の鍵であり、必要なのだと感じています。 

お礼状へのお返事 - 2014.09.22 Mon

夕方、郵便受けを覗きますと一通のお手紙が届いていました。 先月、京都髙島屋でご開催頂きました「リアリズム4人展」で作品をお求めいただきましたお客様からでした。
開封しますとそれは先日私が投函しましたお礼状へのお返事でした。
お礼状そのものは(個人情報保護の観点等により)百貨店から教えていただけない場合以外はお出しさせていただくのですが、それに対してお返事をいただけるとは。 私にとって恐らく初めてと思います。大変驚き、そして大変嬉しかったです。

抜粋、要約しますと、
・私の手紙を読み、「絵を益々待ち遠しく思っていた」
・届いた絵を見て、「精緻な鉛筆の跡、郷愁を誘う建物と車、白と黒の絶妙な比率・・・(中略)・・・涙が伝うような感動でした」
・届いた絵は、ガレ写しのランプやウイリアム・モリスのカーテンなどアンティーク家具と美しく調和し、空間が更に輝いて見える。
・再び私の画を見ることが出来る機会を楽しみにしている。
・・・・等。実際は丁寧な文章で更に記されていました。 

そして作品が飾られていますお部屋の、写真が同封されていました。 心を込めて描いた画を心から喜んでいただき、末永く愛されていくのが目に浮かぶようで、本当に嬉しい限りです。
アンティークなシャンデリアとテーブルセットのある、まるでレストランのような綺麗なお部屋でした。 その一壁をそっと照らす存在として、そこに馴染んでいただければ幸いです。

季節の推移は早くて - 2014.09.21 Sun

衣替えすべく、夏の衣類を全て洗濯しました。
今年は特に時間が流れるのを早く感じてしまいます。 つい先日夏のシャツやカーペット、扇風機等を出し、日々暑いと思いながら、いつか更に本格的な猛暑がやってくるのだろうなぁ、と気にしている内に、夏は去り秋の訪れを感じていました。

では、今年の夏の一番の猛暑っていつだったのだろうかと振り返ってみますと、案外Sさんの結婚式のあたりだったような気がします。

合評/テープバッグ - 2014.09.19 Fri

NHK文化センター高松での仕事でした。 文化センターでは3ヵ月毎に合評をします。毎回1枚描き上げる授業でしたら合評は毎回でも良いと思いますが、私の講座は比較的細密に描く方も多く、1枚仕上げるのに3ヵ月(6回の授業)かそれ以上くらいのペースの方が多いです。昨日は徳島教室でも合評をしました。
教室前面のホワイトボードに画を貼り、距離を置いて画を見つめますとますと、自作を客観的に見ることができます。また他の生徒さんの画も比べながら見ることができるのが学び易いようで、毎回好評です。

画像は15時台のクラスのNさんからプレゼントいただきましたテープバッグです。先々週、ビーズ織りをカードケースへ施していただきましたTさんもですが、皆さんの創作活動の幅に驚きます。

季節は、秋へ - 2014.09.17 Wed

8号サイズで、シロツメクサを描いています。 夜闇のなか雨露の着いた葉が群生し、そこにひときわ白い花が、光るように咲いています。
群生の図は、私の作品では珍しいと思います。

お昼より大阪市立美術館へ行きました。 画像は天王寺公園から見えました、あべのハルカスです。日差しの割りには風が涼しく、夜にはフリースを引き出しました。
季節は秋へと流れていると感じました。

小品制作時のイーゼル - 2014.09.15 Mon

このところ小品を立て続けに描いていました。 直近の2点はまったく新しい描き方を試みました。
そのための実験も30枚近く行いました。 丁寧に慎重に実験データをとりながら、新しい事をしますのは大変刺激的でした。

ところで私は制作では常にイーゼルを使用しています。 
小さい画(パネル)をイーゼルへ直接掛けますと不安定ですので、下の画像のように、ビスを付けた10号サイズくらいのパネルをイーゼルへ掛け、そのビスへ小品パネルを掛けて描きます。
今日、2点の画が完成しました。 今日まではこの10号パネルへ下絵やメモを大量に貼っていましたが、画を描き終えましたらそれらも剥がします。 既に次作の下準備は出来ていますので直ぐに描き始めます。



髪を切る日 - 2014.09.11 Thu

昨夜はめちゃ眠かったです。雷の音で目覚めましたら、めちゃ雨降ってるし雷だし(笑)。
今日、髪を切りました。 以前からですが、私は髪型で随分印象が変わってしまいます。 すぐ伸びるのを見越して少し短めにしました。 

私の髪は短くしたり長くなったりで、一貫してなくて、しかもそのたびに印象が大幅に変わってしまって・・・・。自分でも訳が分からなくなります。

「人は髪形で印象の大部分が決まる」というご意見もあり、実際その通りと思います。
特に顔のパーツが薄い(醤油顔?)私にはその傾向が強いように思います。 今は見慣れていないので若干違和感(ラップ風・笑)です。その内、慣れると思います。

「次代のアート展」 (2012 - 14) - 2014.09.08 Mon

画面トップでご案内していますグループ展 「次代のアート展」。 2012年末に今は無き故郷の高松天満屋で、同タイトルで催されました。

その時のブログ記事に、「出来れば今後第2回展、第3回展と続き、高松の地に定着すれば良いなあ、と思いました。」 と書いていました。(こちら
いま読み返しますと、当時の呑気さに呆れつつ、平和な感じが懐かしいです。
この時は翌年秋に2014年春での閉店が発表され、実際に今春閉店となるとは思いもしませんでした。 

高松天満屋はなくなりましたが、第2回展とも言えます今展が企画いただけましたことを感謝いたします。そして先月の土砂災害で被災されました方へ、心からお見舞いを申し上げます。

桔梗の画 - 2014.09.07 Sun

終日制作していました。 今は、サムホール・サイズで桔梗の画とを描いています。先日までも、別の画で桔梗を描いていました。 秋の花だけに今の季節を感じます。
今日で主要な部分の描き込みを終えました。
桔梗は元々Yさんが好きな花で、お話を伺っている内に私も描きたくなり、最初の1枚は描いた経緯があります。
以来何枚か描いています。このようなことが最近は以前に比べますと在るようになってきたと思います。

勿論いまも大多数の画では、それを描く発端は自己の内発的な欲求なのですが、他の人との会話や、資料を見せていただく中で描きたくなり描いたものも、自発的に描いたものと変わらぬご共感を抱いてくれているようです。

そう思い、以前Sさんがニューヨークへ行かれたときに撮った画像をまとめたCDRを確認しました。
そこには約50枚の画像がありました。
その約50枚の中、最初の10枚が猫や小鳥の画像で、残り40枚は延々、飛行機の窓越しに上空から撮られたアラスカの大地でした(笑)。
青と白のみの画像は、本当に全部ほぼ同じに見える物で、一体どこに違いがあるのでしょうか?

ビーズの織物(を表面に施したカードケース) - 2014.09.05 Fri

NHK文化センター高松にて仕事でした。 こちらでは午前クラス、13時クラス、15時15分クラスと3クラス、各2時間で行っています。

生徒さんには様々なキャラクターの方がいて、毎回楽しいです。 しかし全員に共通していますのは、向学心の高さ。皆さんの真剣な姿勢、活力に負けないよう私も指導に懸命になれます。
画像はそんな「様々なキャラクターの生徒さん(笑)」のお一人、Tさんが作ってくれたビーズの織物(を表面に施したカードケース)です。 元になっていますカードケース本体は私の方で用意しました。
いろいろなパターンを見せていただき、その中から好みの柄を選んでいました。他にもチョーカーやストラップなど様々に展開していました。

黒地にピンクと金の組み合わせは、チェルシーのパッケージを思わせます。

F先生の個展へのカード - 2014.09.02 Tue

先日、私の高校時代の美術教師で現在写真家のF先生よりメール頂きました。 10月にフランスにて催されます先生の個展のご紹介でした。
そして、 「もし良かったら、お好きな色あいのカードを画廊宛に送っていただけたら嬉しいです。 もしいただけたら、そのカードを今回の個展の一部として使わせていただこうと 思っています。」  「カードは既成の絵葉書等どの様な物でもよく、絵葉書の絵の上にメッセージなどを書いてもいいし多少ちぐはぐでもいい」 とお誘いいただきました。
ありがたいです。個人的に参加したいと思いました。

手元の絵ハガキの中から飛行機雲と青空が美しい物を選び、その上にマーブリングとカラースプレー(画像右の絵ハガキの上方。黒色の部分)を施しました。同封いたします一筆箋にもマーブリングを施しました。
絵ハガキへは、各処理をする前に楕円形のマスクをし、そこは写真の画像がそのまま露出するようにしました。

エアメールで、画廊(フランス)へお送りしました。

高校美術の教科書に作品掲載 - 2014.09.01 Mon

この度、光村図書出版株式会社の教科書、「美術3」(平成27年度用・高校3年・美術) に、私の作品「雨やどり」が掲載されることとなりました。 大変嬉しいと思いますと共に、改めて気持ちが引き締まる想いです。
ご掲載いただいていますページや、製本されました教科書の全体像を改めて見て、 この教科書を使って若い学生が学ばれる場面を想像しますと、感慨ひとしおです。

この作品「雨やどり」は、美術学校の修了制作であり、故郷・香川県の百貨店・高松天満屋での個展で発表しました際、高松市内の病院の先生にお買い上げいただき、現在もその病院でご展示いただいています作品です。 
描いていた時の集中していた気持ちも、展覧会場で緊張していた時の気持ちも、昨日のように思い出されます。 高松天満屋は今年3月に閉店してしまいましたが、私にとっての当時の思い出が、この作品に乗り移っているような気がします。 

この教科書が実際に学校で使われ始めますのは来年4月からですが、出版社へ問い合わせましたところ、文部科学省の検定を終え、且つ全国の高等学校での来年度の使用教科書の決定も終え、ブログを含め公表してよいとのことです。 掲載ページ等の画像を下に添付しました。
なお、ブログで写真等を公表される際には、著作権保護のため他の先生方の作品が写りこまないように、とのことですので、実際のページには木下先生、木村先生の作品画像が載っていますが、隠しています。


kyoukasyo-600-1.jpg
(7ページ目の上段に、掲載されています。)


kyoukasyo-600-2.jpg
(同テーマである6ページ目)


kyoukasyo-blog0.jpg
(表紙)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事