topimage

2015-11

訃報 - 2015.11.30 Mon

水木しげる先生の訃報を知りました。
ほんの2、3日前も事務所スタッフさんのツイッターを見ていたのですが。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

夜のオープンカフェ / アイロンでリサイズ - 2015.11.29 Sun

新しく、4号で夜のオープンカフェを描き始めました。 郷里・香川県の高松駅の近くにありますカフェです。
高松はもちろん勝手知った場所ということもありますが、元々風景がとても綺麗です。 同じ港町でも横浜や神戸のような大規模ではないのですが、それだけに画にするには丁度良いくらいの大きさのスポットに出逢い易いです。

リビングのテーブルにはテーブルクロスを掛けています。 昨日新しいものを購入したのですが、既製品では丁度いいサイズの物がなかったのでテーブルの大きさに合わせてリサイズすることにしました。
上等の物でしたら、加工などとても出来ないのですが、シンプルな量販品ですので躊躇なく行えました。 ミシンではなく裾上げテープで十分でした。 今回使いましたテープ、水漬けも当て布も要らず開封して直ぐスチームアイロンを掛けるだけで良く、とても楽にできました。

グループ展 「サロン・ド・TOHO」 - 2015.11.28 Sat

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。
※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。

「サロン・ド・TOHO」

11月20日(金)-28日(土) 11時~18時30分 (22日(日)、23日(月・祝)休廊)
東邦アート (東京都港区芝公園3-1-14)
電話番号 03‐5733-5377

・ 出品予定作家・・・・大畑稔浩、奥村美佳、河村純一郎、絹谷幸二、栗原一郎、小杉小二郎、千々岩修、中根寛、平松礼二、宮いつき、港信夫、安冨洋貴、山梨備広 (敬称略 50音順)

・ 私は8号の新作を出品いたします。

・ 画廊創立40周年の記念展として企画されました展覧会です。 日本画・洋画の巨匠から若手作家の秀作、約15点を展示しています。

事務仕事や掃除、冬支度。 執筆と下絵作りの日々 - 2015.11.27 Fri

ブログトップでご案内しています 「PREMIUM ROZE」 展への作品は先日完成しまして、このところは、ここぞとばかりに事務仕事や掃除、冬支度(といってもカーペットを冬物に替えただけですが) に余念がありません。 
それにしても午前中からパソコン仕事をしていますと、まるで本職のようだ、とか考えて脳内笑化してしまいます。やるべきことをスケジュール表に書き、てきぱき行っています。 

事務仕事としては、来月開催の某企画のために文章を8本書きました。
文と画像を送るのですが、文の完成を待っていては先方を待たせることになりますので、予め画像のみ先に送ろうとしました。 しかし文の道筋がある程度決まらない事には、どの画像を送るのかも決められません。そのように企画と向き合っていますと、何となく枠組みが見えてきて、何度か再考した後、一昨日画像を送りました。 
そして昨夜から今日未明にかけて文を清書しました。1つ1つは短文なのですが、改めて文章で説明しようとしますと難しいです。勉強になりました。

制作は、次に描く構想があるものが3件(4号、6号、30号)あり、その内の4号の物は下絵が完成していますので本画に描く段階にあります。 まずはその4号を描きつつ、30号や6号の下絵を作る日々です。

「さすべえ」テスト - 2015.11.25 Wed

朝から小雨でした。そんな今日は、さすべえ(自転車に傘を取り付けるアタッチメント)のテストには絶好の天気。
果たして走っても安定できますか否か心配でした。 が、杞憂。安定抜群で特に問題ありませんでした。強い風が吹くとやばいかもしれませんが、普通の降り具合でしたら手で持つのと同じくらいの安定は保たれそうです。
これによって両手でハンドルを握れますのは安全ですし、安心して漕げます。

武蔵浦和駅へのロスのない道順を調べて、自転車で行きました。
地図上では最短距離となる道なのですが、そこそこ遠く感じます。しかしこれも慣れと思います。
道中、ロッテの浦和工場の横を通るのですが、チョコレートの匂いがします。
ここに住んで毎日嗅いでいたら、もはやお菓子を食べたい気持ちにならず、ダイエットになっているのかもしれません。

ポトスは順調に - 2015.11.23 Mon

先月モチーフとして描くために購入したポトスは、光に浴びさせるのが肝要なようで、晴れた日の日中は窓辺へ移動させます。 そして今日のような曇り空の日は、蛍光灯の下に移動しています。

取材のためカットしました鉢植えの茎は順調に伸びて(再生して?)います。
カットした方の茎も水に差していますと根が出て、凄く健康に伸びています。グラスに玉砂利を入れていますのが、水を浄化させているのかもしれません。




(下の段ではサツマイモも芽吹かせようと挑戦中)

漸く見付けました - 2015.11.22 Sun

武蔵浦和の須原屋へ行き、Sさんが記事を書かれました雑誌P、漸く見付けました。先日Sさんより、漫画家のT先生を御自宅まで取材に行き、記事を書いたと伺っていました。
さすが人気作家、T先生のご自宅はお洒落そのものでした。そしてT先生のお顔、初めて見ましたが少しSさんに似ています。

以前はライターでありながら、ちょくちょくSさんご自身の姿が誌面に載っていたりしたのですが(笑)、今回Sさんは見つけられませんでした(当たり前・笑)。
しかし、もしかすると載っていましたT先生の写真の内の1枚くらいSさんに刷り変わっていたりしたら・・・・・、もはや油断できません。

創立40周年 - 2015.11.20 Fri

私の画を主に扱って頂いています画廊Tは本年、創立40周年です。スタッフの皆様のご努力に敬意を表しますとともに、今後更なるご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

ブログトップでもご案内しています通り、画廊Tでは本日から創立40周年記念「サロン・ド・TOHO」を企画いただいています。こちらへは8号の新作をご展示くださっています。
お近くに来られました際は是非お寄りいただき、ご高覧いただければ幸いです。

今も全国各地での展覧会や催事、外販での作品のご紹介、また画料の管理やプレスリリースといった事務作業など、スタッフの皆様には大変お世話になり、いくら言葉を重ねても足りぬほど感謝しています。

グループ展 「第3回 エトワール ブリヤント」 - 2015.11.20 Fri

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。
※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。

「第3回 エトワール ブリヤント展」

11月10日(火)-20日(金) 11時~18時30分(土・日・最終日は16:00まで。17日(火)休廊)
画廊大千 (大阪市中央区道修町2-5-14-1階)
電話番号 06-6201-1337

・ 出品作家・・・・有吉宏朗、大路誠、大谷郁代、小林聡一、三箇大介、マシュー・フィン、松村卓志、松本貴子、丸尾宏一、安冨洋貴 (敬称略 50音順)

・ 私は6号、15号の作品を出品いたします。
・ 私は11月14日(土)、画廊に居る予定です。お声をかけていただければ嬉しいです。

・ 「エトワール ブリヤント (Etoile Brillante)」は、フランス語で 「輝く星」、という意味です。 とても素敵な展覧会タイトルを付けてくださり感謝します。 


daisen3-3.jpg
(DM画像面・左)


daisen3-2.jpg
(DM画像面・右)


daisen3-1.jpg
(DM宛名面)

森本草介画集 - 2015.11.19 Thu

不在伝票より再配達をしていただきました。受け取ったものを開封しますと、なんと、先月プレゼント企画に応募していました、森本草介先生の画集でした。

先月Kさんから、画廊Sのサイトに応募案内が載っていると聞き、直ぐに投函しました。締め切りは明記されていませんでしたが、掲載日からは結構日数が経っていましたので、既に募集を締め切ったか、予定の冊数に達したと思い諦めていましたので嬉しさもひとしおです。

森本草介先生の画集は17年前にも当時発売されていました別の物を購入し、模写したりしていました。21世紀展や国展で新作を見ても、昨年の大規模な個展を見ても、本当に別次元の仕事で、心に刺さるような刺激を受けていました。お亡くなりになりましたことを心からお悔やみ申し上げます。


(左は今回いただきました画集、右は17年前から持っています画集)

青山→銀座→有楽町。されど武蔵浦和、高松 - 2015.11.17 Tue

NHK文化センター青山での仕事でした。終了後、銀座へ移動し伊藤屋で取り置きしてもらっていましたボトルインクと補助軸を購入しました。
画廊Tへ入っていますと、Kさんからお電話を頂きました。 以前より伺っていました来月開催の某企画に必要な画像について、具体的な指示を頂きました。15点ほど選び、各々へ簡単なコメントも書きます。1週間くらいで用意したいと思います。

その後有楽町まで歩き、書店でSさんが記事を書いています本とボタニカルの画集を探しましたが、両方とも在庫していませんでした。
近所では大きめの武蔵浦和の須原屋で探したいと思います。(それでも見付からなければ、Sさんに頼んで、記事のコピーかPDFを送って頂ければ、それで充分済むのですが・笑。)
書店で言えば、郷里・高松の宮脇書店本店が如何に充実していて(本館3階+新館6階、全て売場、と馬鹿デカイ)、その点では恵まれていたのかを改めて感じます。 それ以外にもあらゆる専門店が小さい範囲内に集中していて、実はかなり便利だったのだと思います。

NHK文化センター西宮で1日講座 / 川西市でYさんと食事 - 2015.11.15 Sun

昨夜はホテルに泊まりました。直前に予約しましたので格安のところは軒並み満室でしたが、直前は綺麗なホテルのお部屋が安く出ていたりしますのでそれを狙っていました。
今日はNHK文化センター西宮で1日講座です。なので宿泊も西宮方面、或いは阪急沿線ですと便利と思っていたのですが、直前予約でそんなに条件が揃う筈もなく、取れましたのは、「河内小阪」。 ・・・・・関西に18年間住んでいましたが、初めて降りた駅です。おかげで移動距離は長かったもののお部屋は快適でした。

NHK文化センター西宮は、以前よりこちらでの1日講座のお話をいただいていて、いくつか挙げていただいていました候補日の中から、グループ展の期間と重なる日を選びました。 午前と午後の2講座開催しました。これまで高松や前橋でも同様に行っていましたし、午後講座は特に、これまでの教材を更に一段階シンプルに改良しましたので、滞りなく行えました。
午後の講座が終わりましたのが16時。グループ展開催中の画廊Dは、平日でしたら18時30分まで開いていますので講座終了後移動したいところですが、日曜日は16時までですので在廊できませんでした。
NHK文化センター西宮が入っています阪急西宮ガーデンズの1階には、伊東屋がありました。梅田でも見かけました。ずっと銀座にしかないと思っていましたが、関西にも小規模なお店はあるようです。しかし私が求めますマニアックな商品は置いていませんでした。調べてみますと、池袋や新宿にも中規模店はあるようです。こちらでしたら自宅から乗り換えなし、または帰宅途中で寄れますので便利と思います。

講座後は今年3月まで住んでいました兵庫県川西市で、Yさんと食事しました。
つい数日前まで行っていたアメリカでのよもやま話は聞いていて大変面白いのですが、ちょっと書けない内容です(笑)。
アクセサリー作家のYさんは、レザークラフトの分野へも商品を展開していて、話している内に皮手袋の話から、私の生地・東かがわ市(手袋製造が地場産業)へと話題が移ったのは意外でした。

雨と週末のビジネス街で - 2015.11.14 Sat

早朝新大阪駅に着き、着替え後、画廊Dへ向かいました。今日はOさん、Sさんと私が終日在廊していました。
在廊していますと、高校時代のクラスメイトMさんとFさんから、贈り物が送られてきました。包みを開けますとカステラでした。郷里・香川の名産、和三盆を使った物のようです。
誠にありがとうございます。展覧会に望みますとどうしても緊張感が募ってしまいますが、そんな時に旧知の友人からの贈り物、しかも香川県の名前が入ったものを目にしますは、何よりもありがたく懐かしいです。 数日前には高校時の美術教師・F先生からメールも頂きました。ありがとうございます。

今日はあいにくの雨で、ご来廊されるお客様も少な目だったように思います。その分、お一人お一人へじっくり対応されていました。
画廊Dの在るあたりはビジネス街で、ウイークデーの方がお客様も来られます。週末となりますと会社がお休みのため、街も飲食店も閑散としています。

閉廊後、3人で近くの画廊Aへ移動し、Mさんの個展を拝見しました。
その後、Mさんも合流して地下街にあるお店で夕食を一緒に摂りました。
この飲食店街も、ウイークデーの夜はサラリーマンやOLで賑わうそうですが、今日は半分以上のお店が休んでいました。


(画廊Dのショーウインドゥ)


(頂きましたカステラ)

乗り物は自然体で - 2015.11.13 Fri

日中制作。今描いています画、何となくモチーフごとに分けて描き込みを行うことになりそうです。
分割しますと、画面左上のポトスの葉、グラス、チェーン、薔薇、画面右のポトスの葉。 昨日、左上の葉を描き込みまして、今日はグラスとその表面の針金の網を描きました。グラスには水が入っていて、そこに薔薇やポトスの茎が映っています。
チェーンへも着手しましたが、今夜は、現在画廊Dで開催中のグループ展へ夜行バスで向かうべく東京駅へ行きます。

少し早いかな、と思いながら家を出ましたが、東京駅へは丁度くらいの時刻に着きました。
自宅が埼京線沿線のためいつもは新宿駅から乗ることが多いのですが、東京駅からの方が駅を降りてからの移動距離は短く、またバスの内部も良い感じがします。(ここでは東京の事のみ書きましたが、新宿を優位に思える点も勿論あり、一長一短)

今回のバスもいつもと同じ3列独立シート(隣に席が接してなく、席と席の間は通路であり、カーテンで仕切っているので個室感覚)です。
今回のバスは枕が取り外せた点が良かったです。自宅ですと枕は欠かせないのですが、昼間のバスや電車には当然それはありませんので、乗り物では無い方が自然体でいられるのだと思います。 同じような根拠と思いますが、リクライニングもほぼ倒しません。

短期講座を開催します。(NHK文化センター前橋) - 2015.11.11 Wed

こちらの短期講座は終了いたしました。 ありがとうございました。

短期講座を企画いただきました。ありがたいです。

※ 講座終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。


「基礎デッサンに挑戦」 詳しくはこちら
※ 途中受講できます
10月14日(水) 13:30~16:00
10月28日(水) 13:30~16:00
11月11日(水) 13:30~16:00
NHK文化センター前橋 (電話:027-221-1211)


真っ白な紙に鉛筆という最小限の材料で、絵を描いてみませんか。
石膏像をモチーフに、画面の中でモノを立体的に描き表すために必要な、基礎的なデッサンの捉え方を丁寧にレクチャーしながら描きます。
初めて取り組む方から、もう一度デッサンを見直してみたい方まで、その後の絵画制作に繋がる基礎が身につくよう指導します。


石膏デッサン(ヴィーナス)部分blog
(顔の一部分(主要部分)のみに集中したデッサンとして進めます)

グループ展、今日から - 2015.11.10 Tue

ブログトップでご紹介しています画廊Oでのグループ展「エトワール ブリヤント」、今日から始まりました。
出品されていますOさんやMさんのブログやツイッターを見ますと、最新の記事に挙げられています。 夕方は出品作家の誰かは在廊していると思います。

私は14日(土)の終日います。お声をかけていただければ嬉しいです。
14日も含めて土・日・最終日は16時閉廊なのでお気をつけくださいませ。 (普段は18時30分まで開いてます。17日(祝)は休廊です)

画廊EのIさんより来年1月に企画いただいていますグループ展の件でメールをいただきました。アトリエでは12月に企画いただいていますグループ展へ出品します画を描いています。
描いて、関わっていますことに、感謝!

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事