topimage

2016-12

今年一年ありがとうございました。 - 2016.12.31 Sat

いつも大変お世話になっています。
皆様におかれましては、ますますご清栄のことと拝察申し上げます。 
早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。

本年は 
「新鋭画家4人展 constellation」(京都大丸エスパス・1月20日~26日)、
「アートフェア東京2016」(東京国際フォーラム・5月11日~14日)、
「日本美術家連盟新人展」(美術家連盟画廊・6月13日~25日)、
「リアリズム・アンソロジー Ⅲ」(近鉄あべのハルカス本店・7月20日~26日)、
「第4回 エトワール ブリヤント展」(画廊大千・12月5日~15日)、
「聖なる絵画展」(東邦アート・12月5日~15日)、
「写実の現在展」(ジェイアール名古屋タカシマヤ・12月21日~31日)
など 多くの展覧会等で作品をご高覧くださり、誠にありがとうございました。 心より感謝申し上げます。

こうして選抜して頂き、他の上手な方の作品と同じ空間に飾ってもらい、お客様に見ていただけます機会、これら1つ1つのご縁が本当に貴重で、奇跡的に思え、感慨ひとしおです。

来年も更なる発展が出来るように、より一層の努力をする所存ですので、変わらぬご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
時節柄、ご多忙のことと存じます。 くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

安冨洋貴

グループ展 「写実の現在展 ─それぞれの視点─」 - 2016.12.31 Sat

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。
※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。

「写実の現在展 ─それぞれの視点─」

2016年 12月21日(水)-31日(土) 10時~20時 (最終日は16時まで)
ジェイアール名古屋タカシマヤ 10階美術画廊(名古屋市中村区名駅一丁目1番4号)
電話番号 052-566-1101

・ 本年最後の展覧会。 独自のリアリズムを追求する作家が完成度の高い緻密な描写力で描く、人物や風景、静物の写実絵画を一堂に展観します。

・ 出品作家・・・・ 石田淳一、市川光鶴、加藤裕生、高橋和正、田中英生、羽根田知篤、平澤篤、廣田真知子、松村卓志、港信夫、安冨洋貴、山梨備広 ほか(敬称略 50音順)

帰省しました - 2016.12.30 Fri

昨年から今年にかけては帰省せずずっと埼玉県戸田市の自宅でいましたが、今年は香川県へ帰省しました。
先日の茨城県北部を中心にします地震では、ちょうど帰省のタイミングと重なり、新幹線の中に閉じ込められたり、家の様子が気になって引き返した方もおられると思います。 何ともいたたまれない気持ちになります。

実家では、余っています良さげな机を見つけました。もしかしたら自宅へ持っていくかもしれません。

それを描こうと画上を滑る鉛筆の軌跡 - 2016.12.28 Wed

6号サイズで描いていますユリの画、画面の左右に配しました2輪の花弁を描きました。

花弁の伸びます放射状のラインは、それを描こうと画上を滑る鉛筆の軌跡と一致し、艶めいた質感となりますことを、意識して描いています。

琴平電鉄(通称・ことでん)の時刻表 - 2016.12.26 Mon

下の画像は私の出身地、香川県を走っています琴平電鉄(通称・ことでん)の時刻表です。 ことでんは大好きな電車です。
琴平線、長尾線、志度線の3路線あり、それぞれのイメージカラーを、黄、緑、赤の3色で分けています。

殆どの時間帯で15分に1本のペース、8時台は7分に1本と、意外に多く来ます。
そして最終は23時32分発と、案外遅くまで走っています。

花とカットグラス - 2016.12.24 Sat

ヒマワリを4号サイズ(333×242mm)で、ユリを6号サイズ(410×273mm)で描くべく、粗描きを施しました。 共にカットグラスに挿した状態です。

花とカットグラスの組み合わせは、以前は多く描いていましたが、最近は少なかったと思います。

奇跡的で貴重なご縁 - 2016.12.22 Thu

先日まで画廊Tと画廊Dで企画開催されていました2つのグループ展、それぞれで作品をお買い上げくださいましたお客様と、お菓子等くださいましたお客様へ、お礼状を書き、投函しました。 心から感謝申し上げます。

ブログトップでご案内しています、ジェイアール名古屋タカシマヤでのグループ展「写実の現在展 ─それぞれの視点─」(12月21日(水)-31日(土))。
大晦日まで開催しています、今年ラストの展覧会です。(詳細こちら
先日までの画廊Tと画廊Dでの展覧会もそうですが、こうして選抜して頂き、他の上手な方々の作品と同じ空間に飾ってもらい、お客様に見ていただけます機会、ありがたいことに少しずつ増えてきています。
これら1つ1つのご縁が本当に貴重で、奇跡的に思え、感慨ひとしおです。

スケジュール通りに - 2016.12.20 Tue

サムホールサイズの画を2枚、描いています。 粗描き、輪郭線の描き起こし、着彩、までは2枚同時進行で進めましたが、ここからは1枚に集中して描き込みます。
昨日、花弁と葉へトーンを描き込み、今日は背景と水滴を描き、完成しました。スケジュール通りに進んでいます。 明日と明後日でもう1枚を完成させる予定です。

昼間、NHK文化センター青山での授業中、最近ご入会されました生徒さんから、私の作品を見たいとのお声をかけられました。
そう言えば以前はたまに持って行き、見てもらっていましたが、最近はしていなかったと思いますので、次回持っていこうと思います。

幼少期の写真 - 2016.12.18 Sun

Sさん、Yさんと忘年会でした。13時~19時。とても健全な時間帯です(笑)。
Sさんのご自宅へ伺うのは初めてです。私の自宅最寄りのJR武蔵浦和駅からSさんの東武東上線・成増駅まで、もっと時間がかかるのかと思いましたら、乗り換え含めてたった20分でした。

お宅では幼少期の写真を拝見しました。 幼少の頃のSさんは本当に無邪気で、屈託ない笑顔が素敵でした。高校生の頃になると、とても堅い印象で。 今とは大違いでした(笑)。

画像はYさんから頂いたチョコレート。たいへん美味しかったです。

グループ展 「聖なる絵画展」 - 2016.12.17 Sat

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。
※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。


「聖なる絵画展」

2016年 12月5日(月)-17日(土) 11時~18時30分 (最終日は16時まで)
東邦アート (東京都港区芝公園3-1-14)
電話番号 03‐5733-5377

・ 出品作家・・・・ 大畑稔浩、三浦明範、安冨洋貴、山梨備広 (敬称略 50音順)

・ 私は12月6日(火)の16時以降、在廊いたします。

バージョンアップをきっかけにした不調? - 2016.12.16 Fri

半年くらい前からデスクトップパソコンのマウスの調子が悪く、電源を入れた状態で暫く放置していますと反応しなくなってしまい、難儀していました。
また、ノートパソコンにおいても、DVD再生ソフトが反応せず、見られなくなりました。
お世話になっていますサポート会社に訊きますと、Windows10へのバージョンアップをきっかけにした不調ではないかとのことです。
先日記事にも書きましたモデムの不調も原因はこれらしいです。
マウスは新しいものに替え、DVDは無料で修理してもらい、漸く元の環境に戻りました。

出版社Mからお電話頂き、事前にメールで伺っていました描画材としての鉛筆の魅力についてインタビューに答えました。
まだ詳しく書けませんが、現在も係わらせて頂いています大変意義を感じる事業を、数年先まで継続更新いただける予定との事。
大変ありがたく思います。

サムホールサイズでクローバーを描いています。昨日施しました粗描きの上に輪郭線を描き起こし、着彩まで行いました。 同じサイズで2点描いています。

グループ展 「第4回 エトワール ブリヤント展」 - 2016.12.15 Thu

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。
※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。

「第4回 エトワール ブリヤント展」

2016年 12月5日(月)~15日(木) 11時~18時30分(土、日、最終日は16時まで。)
画廊大千 (大阪市中央区修道町2-5-14カイゲンビル1F)
電話番号 06-6201-1337

・ 出品作家・・・・有吉宏朗、大路誠、小林聡一、三箇大介、マシュー・フィン、松村卓志、松本貴子、丸尾宏一、安冨洋貴 (敬称略 50音順)

・ 私は4号、10号の作品を出品いたします。

・ 私は12月12日(月)の11時~17時30分、在廊いたします。
(※ 私が投函しましたDMと同封の便箋等、当初のご案内では 「終日在廊」 としていましたが、 「17時30分まで」 と変更いたします。申し訳ございません。)

・ 「エトワール ブリヤント (etoile brillante)」は、フランス語で 「輝く星」、という意味です。 とても素敵な展覧会タイトルを付けてくださいました画廊オーナーに感謝します。 


2016daisen 01
(DM画像面・左)


2016daisen 02
(DM画像面・右)


2016daisen 03
(DM宛名面・部分)

モデムをリセットし、事務仕事 - 2016.12.14 Wed

突然、モデムの調子が悪くなりインターネットへの接続ができなくなりました。モデムをリセットしましたら、簡単に直りました。

来年3月の個展の件で画廊Tへメールし、次回授業で借りる物の件でNHK文化センター青山へメールしました。
世界堂へパネルと紙と筆を、ヨドバシへ新しいマウスを注文しました。
事務仕事を一気に出来て良かったです。

画像は一昨日撮りました、大阪の街のイルミネーション。

空いた期間を一気に記します(11月27日~12月12日) - 2016.12.12 Mon

ブログの更新が途絶えて、かなり日が空いてしまいました・・・・。
これまで2日に1度のペースで書いていました物が、こう空いてしまいますと、これまで通りの体裁で復旧するのには時間も体力も要ります。
空いていました期間も、一応メモのような形では残していましたので、それを一気に記そうと思います。


12/12(月)
大阪へ移動し、現在グループ展を企画いただいています画廊Dに在廊していました。久し振りの関西でしたが、今日の大阪は底冷えする寒さでした。
私は同時期に画廊Tでもグループ展へ出品していて、どちらの会場も、出品してますのは写実的具象表現を標榜しています方々です。

展覧会場の壁にかかっただけでも、アトリエで見るのとは比べ物にならないくらい、自作を客観的に見れるようになるものです。 それに加えて今回のように、志を同じにする画が同じ空間に並びます機会は、たいへん刺激を頂けます。


12/10(土)
Fさん、Yさんと忘年会でした。 近況を話して、最近の仕事を見せ合ったりしていますと、時間はあっという間に過ぎてしまいます。
Fさんとは知り合って20年になります。この20年も、あっという間だったように思います。

帰宅後、一昨日のミーティングを基にカットグラスに挿した花の下絵を2枚、作りました。
若い頃は思い返しても無茶苦茶な呑み方でしたが、最近は極めておとなしいものです。それはFさんも同じとのことです。(尤も私は今夏、言い訳の余地もない醜態を晒しましたが・笑)


12/8(木)
東京駅から日本橋三越へ行き、NさんとOさんの個展を鑑賞。
その後、京橋の画廊Zで高校時代の美術教師F先生も出品していますグループ展へ。長い歴史のあります画廊Zも今展をもって画廊を閉じるそうです。
そこから築地まで歩き、地下鉄日比谷線で画廊Tへ。来年3月に企画いただいています個展の、出品ラインナップや今後の制作スケジュールの確認とミーティング。細かく話し合ってくださり、ありがたいです。話していますと、青森在住の作家さんから画廊にリンゴが届きました。帰り際、幾つか持たせてくださいました。こちらもありがたいです。
最後に新宿タカシマヤへ移動し、Lさんの個展を拝見しました。
移動の疲労と、ミーティングの緊張と、作品鑑賞の緩和で、色々あった1日でした。


12/7(水)
画廊Tと画廊D、それぞれへメールと電話をしました。お願いすることや約束することなど。
個人事業で仕事をしていますと、する事は色々とあります。


12/5(月)
描いています薔薇の画、ラストスパート
夜遅く画廊TとNPO法人Yへメール。共にすぐに返信が来ました。スマートホンに連動しているのでしょうか?


12/2(金)
高校時代の美術教師のF先生より、京橋の画廊Zでグループ展に出品しているとのメールを頂きました。


12/1(木)
寒い。12月ですもの。先日よりアトリエに出しましたストーブに加えて、膝掛けもするようになりました。
共にずっとしているわけではなく、むしろたまにしかしないのですが、それでも本格的な冬の訪れを感じます。


11/30(水)
先にするべき件があり中断していました4号の薔薇の画を再開しました。
水彩での彩色のパートを完了させました。


11/29(火)
朝からすこぶる調子が良く、ミニアチュールとはいえ、一気に半分くらい描けました。 たまにこういう日があります。


11/27(日)
画廊Tと画廊Hへメール。
サントリー美術館へ小田野直武の展覧会と講演会へ。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事