topimage

2017-05

日常の中に見る夢 - 2017.05.30 Tue

自宅からアトリエへ徒歩1分の道ですが、それでも様々な樹々が植えられていて、穏やかな陽を浴びて、青葉がワサワサと繁っています。

こうして陽を浴びて、風を受けて、季節が巡っていることを実感できて、当たり前の日々ですが私にとっては夢のようです。

中華・青山 / QUEEN - 2017.05.28 Sun

高松市円座町の中華・青山へ、MさんとKさんと夕食に行きました。 もう大分昔からここに在って、お店の外観はごくフツー。
超地元のKさんにして、今まで1回しか行ったことがないと言いますが、一応、先週予約しておきました。

18時30分に行きますと、予想に反してほぼ満席。
メニュー表では「4名から」となっていたセット、訊きますと3人からでも作ってもらえました。

画像はMさんと一緒に暮らしています、ナオちゃんと、クロちゃん。
「現クイーン」と、その座を虎視眈々と狙う「次期クイーン」だそうです。




アートコレクターズ6月号掲載 - 2017.05.26 Fri

現在発売中の「アートコレクターズ」(株式会社 生活の友社)6月号 の71ページ、「展覧会情報・プレビュー」に、出品作品 『月下輪舞』 の画像と出品作品ついての文が掲載されています。

6月15日から始まります、瀧川画廊でのグループ展 「Attirant Ⅴ」(ブログトップで掲載・紹介中)の紹介記事です。 

ご尽力、ご推薦くださいました画廊スタッフさんに、心から感謝申し上げます。


(「月刊アートコレクターズ」 6月号 71ページ)

img049.jpg

(同 表紙)

お申し込み - 2017.05.23 Tue

ブログトップでご案内しています、ギャラリーボランチでの絵画教室に、お2人の方からお申し込みを頂きました。
とてもありがたいです。

NHK文化センターや大学での講師経験も活かしながら、ここならではの教室に出来れば、と思います。

ギャラリーボランチは、昨日のブログで書きました画材店・ナルホドからも近い、高松の中心地にあります。

画像は高松中央公園の樹々。

高松の画材店「ナルホド 成豊堂」 - 2017.05.22 Mon

画像は高松市番町にあります画材店、成豊堂(ナルホド)。「赤いクリップが目印」 という点は、銀座の超有名文具店Iと同じ(笑)。
市役所の隣という高松市のど真ん中にあり、油絵具やアクリル、水彩はもとより、日本画の顔料や箔、書画道具に至るまで、必要な大概の画材はここで不足なく買え、大変重宝しています。



下の画像は現在の成豊堂(ナルホド)の向かいにありますビル。
20数年前まではここに入っていました。
私が高校2年のときに現在のビルへ移りました。



イーゼル事情 - 2017.05.20 Sat

画面を垂直に立てて描く場合、あると便利なものにイーゼルがあります。 とは言え美術学校の学生の頃は、壁やパーテションに釘を打ち、そこにパネルを掛けて描く人の方が多数派でした。
そんな中でも私は、高校生の頃からイーゼルが使い易いと思い使っていました。
卒業後、自宅でも同じ条件で描けるように美術学校で使っていたのと同じ、トリガーイーゼルを用意しました。 その前年、大阪の某イーゼル大手メーカーDが××したため、その商品を安く買えました。
引っ越しの度に持って行っていましたが、今のマンションに入るにあたり、メインで使っていますイーゼルの上部をカットしました。高校生の頃から使っていました小型イーゼルは捨てました。

数年前から、イーゼルの上部はカットしても大丈夫では、と思っていて、今回実行しました。
そして今は殆どイーゼルの昇降機能は使わず、高さを変えて打ちつけた釘にパネルを掛けて、高さを調節しています。

まるであの頃の同級生のスタイルのようです。

ドライフラワー - 2017.05.17 Wed

画像は自宅で作っていますドライフラワー。 以前、赤い薔薇で作ったことがありますが、今回は白薔薇。 完成しましたら、また画に描きたいと思います。

そう言えば、知人の画家Oさんも最近、自作のドライフラワーを描いているようです。

久米池の向こう - 2017.05.15 Mon

来月下旬に結婚しますMさんの、結婚式への出欠の返信葉書を投函しました。
先日車で走っていますと、偶然式場の近くを横通りました。久米池の向こうに見えたそれは、歴史的にも由緒ある所のようです。

画像は、一緒に住んでいます春斗くん。これからもちょくちょくご登場お願いすることになると思います。

うどん店・山田や - 2017.05.10 Wed

お昼、牟礼のうどん店「山田や」へ行きました。 店舗となっています古いお屋敷は、「約800坪の広大な敷地に建てられた屋敷は、登録有形文化財」とのこと。 お店の佇まいもさることながら、かけられています書や軸がとても格好良かったです。



ざるうどんは久し振り。つやつやの麺に香り高いだしはとても美味しかったです。
外国人観光客も多く来られていました。 お遍路を意識したデザインのTシャツも、脚が長くて顔の小さい白人男性が着ると格好良く見えます。

移動・独立 - 2017.05.08 Mon

NHK文化センター高松でお世話になっていますスタッフIさん、今月15日付けで、同・横浜への移動が決まったそうです。
Iさんは、2年前私が高松を離職しました際には花束を手渡してくださいました。埼玉にいる間に何度か企画していただきました1日講座や、今回の復職に当たっても、毎回丁寧なやり取りをしていただきました。
感謝の気持ちを贈りたいと思いました。そうしますとやはり、香川を表す贈り物はうどんとなりました。

先日は、この3月まで私が勤めていましたNHK文化センター青山でお世話になっていましたYさんの、同・大阪への移動を伺ったばかりでした。
また、埼玉で通っていた整体のスタッフKさんは、先月から東京で独立しました。

春は、移動や独立の季節。 そういう私も、埼玉から高松へ転居しました。
古い友人Fさんは埼玉県内で移動されたようです。 川越市→朝霞市。移動距離めちゃ短い…(笑)。

内子旅行(後編) - 2017.05.07 Sun

愛媛県内子町へ行くのは昨年に続いて2度目。 泊まったホテルも訪れる街並みも前回と同じ。

このトウモロコシは飾ると格好いいと思い1ふさ買いました。


昨年来たときは1年で最も暑い日だったと思います。 今回季節は春真っ只中。満開には少し早かったようでしたが、道中多くの桜が咲いていました。


菜の花も、


クローバーも、


時がゆっくり流れていました。

内子旅行(前編) - 2017.05.07 Sun

すっかり過日となりました4月の3日と4日、愛媛県内子町へ出掛けました。

途中、砥部焼観光センターに寄りました。これも今回の旅の目的地です。
これまで私は砥部焼に対して一定の固着したデザインのイメージがあったのですが、実際は伝統的な柄から個性的な物まで、作家が各々のイマジネーションで創っていて、見ていて飽きませんでした。







変わっていく事、変わらずにいる事 - 2017.05.06 Sat

先週末ダリアの画を完成させ、今はスノーフレークの画を描いています。 先月、アトリエへ向かう道の脇に小さく咲いているのに気付いて、思わず眼を奪われて、取材しました。

毎日通う道、その花はもう枯れて、無くなっています。
自然は日々変化していて、同じ日は二度と会えない。そして毎日が美しい。
描き留めておきたいと思える光景に、出逢えた奇跡に、感謝。

M先生へお返事 - 2017.05.04 Thu

先日お手紙いただきました中学時代の美術教師・M先生へお返事書きました。
書いていますと当時の事を色々と思い出します。

M先生の釣り好きのこと、毎年その年の釣果の写真が入った年賀状を頂いています事、中学1年生のときの担任・S先生にその後起こった事 (笑) など、色々。

日々の変化に - 2017.05.02 Tue

自宅に生けていますテッセンを、招き猫のオブジェと共に取材しました。
こちらへ越してきて、取材に対して、より積極的になりました。眼に写る風景に対して、遠慮なく融和の感を感じています。

毎朝自宅からアトリエへ向かう1分くらいの道の横にある小さな畑。
そこに植えられている菖蒲やガーベラ、スノーフレークといった花、また林檎や梅の樹々。日々の変化に、自然と眼が止まります。


二人展 「 若手新鋭写実 廣田真知子&安冨洋貴 」 - 2017.05.01 Mon

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。

二人展「 若手新鋭写実 廣田真知子&安冨洋貴 」

2017年4月26日(水)-5月1日(月) 10時~19時 (最終日17時閉場)
福山天満屋 6階美術画廊 (広島県福山市元町1-1 )
電話番号 084-927-2521

・ 廣田真知子の描く「雨」、安冨洋貴の描く「夜」。 二人の作品を展観いたします。

・ 私は、4月30日(日)の終日、 画廊に居る予定です。 お声をかけていただければ嬉しいです。


(廣田真知子「宵の雨」 8M)


(安冨洋貴 「夜夢の秘密」 6F)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【これからの出品予定】
■ 特集個展
11月12日(日)
高松国際ホテル
(香川県高松市木太町 2191−1)

■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1545)
雑記 (157)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事