topimage

2017-06

絵画教室の備品 - 2017.06.30 Fri

来月4日から始まりますギャラリーボランチでの絵画教室でモチーフとして使う、白い箱を作りました。
2個の材木をガンタッカーでくっ付け、ケント紙で包みます。この時、のりしろを設けた事が、その後の作業がやり易くなった最大のポイントと思います。

画板は教室で貸し出す形を考えているのですが、既製品を用意すると高額になります。 MDFボード(5.5mm) ですと、B3サイズよりも少し大きいくらいの物が、1枚あたり約300円で用意出来ました。
角へヤスリ掛けをしました。

アトリエの椅子 - 2017.06.28 Wed

少し前までアトリエで画を描く時に使っていました椅子、背もたれが高いからなのか理由は分かりませんが、1年近く使いましたが描くときに少し描きにくさを感じていました。
それ以前はホームセンターで買ったそれなりの物を使っていて、その椅子に対しては、特に快も不快も感じませんでした。 このままでも不満はなかったのに、換えたらこの違和感椅子・・・・。

そこで買ったのが下の椅子。 使い始めて10日くらい経ちますが何の問題もありません。
結局、画を描くための椅子なのですから、業務用っぽいものがベストなのかもしれません。


ビフォー → アフター - 2017.06.25 Sun

伸びに伸びた愛犬・春斗の毛をカットしてもらうべく、ドッグガーデン高松(イオン高松に入ってるサロン)へ。道中30分ほどの車内、彼は興奮して吠える吠える。普段あまり外出しませんので興奮するのだと思います。
そしてお店に着く頃には疲れて大人しくなっているので、スタッフさんからは静かな仔と思われているようです(笑)。

約3時間かけて切ってもらって、帰りの車内ではとっても良い表情。


カットする前はこんな感じです。


実際にこの画像を撮影したのは冬頃です。最近撮った適当な画像がなかったので貼りましたが、毎回伸びたらこんな感じになります。伸びるのメチャ早いし・・・・。

Mさんの結婚式 - 2017.06.24 Sat

先日の記事にも書きましたMさんの結婚式に招かれて、神明殿へ。
お式も披露宴も、Mさんらしく内容満載で華やかでした。古くからの地元の友人、職場の上司や同僚など多くの方が来られていたのも、お二人のご人徳と思います。
私は友人のFさん、Mさんと同じテーブルで、久し振りに歓談できて楽しかったてす。
途中、私を紹介してくださるというサプライズがありました。持つべきものは優しい悪友 (笑)。
その際、神明殿でのランチのお食事券をプレゼントしてもらいました。ありがとうございます。自宅から近いですし、再びあの綺麗な景色を見ながら食事ができる楽しみが増えました。

心配していました天候も、終宴まで持ちこたえました。
これもお二人のご人徳と思います。
ともあれ、末長くお幸せに!


グループ展 「Attirant Ⅴ」 - 2017.06.24 Sat

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。
※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。

「Attirant Ⅴ」

2017年 6月15日(木)~24日(土) 11時~18時 日曜休廊
瀧川画廊 (大阪市北区西天満4丁目5−7 三旺ビル 2F)
電話番号 06-6365-6578

・出品予定作家・・・・三嶋哲也・山本雄三・勝国彰・藤井路夫・米村太一・安冨洋貴 (敬称略・順不同)

・ 私は6号の作品を2点、出品いたします。

・「Attirant (アティロン)」 はフランス語で、「魅力的」という意味を持ちます。 ご高名で魅力的な先輩作家の作品と同じ空間に飾っていただき光栄です。

月刊美術7月号 - 2017.06.22 Thu

現在発売中の「月刊美術」(株式会社 実業之日本社)7月号 の145ページ、「今月の注目展」に、出品作品 『燭灯』 の画像と出品作品ついての文が掲載されています。

6月26日から始まります、あべのハルカス近鉄本店 タワー館11階 美術画廊でのグループ展 「リアリズム・アンソロジー Ⅳ」(ブログトップで掲載・紹介中)の紹介記事です。 

ご尽力、ご推薦くださいました画廊スタッフさんに、心から感謝申し上げます。


(「月刊美術」7月号 145ページ)


(同 表紙)

ネクタイ - 2017.06.20 Tue

今週末、Mさんの結婚式へお招き頂いています。当日どのネクタイにしようか、考えていました。
結局、最近買った明るい紫色の物に決めました。ポケットチーフも同色。

画像の上段中央の、抜けている場所にあったのですが、抜いた後に撮ったため、画像には写っていません。

お申し込み状況 - 2017.06.18 Sun

7月4日からスタートします、ギャラリーボランチでの絵画教室。
現在6名の方からご受講のお申し込みを、そして2名の方から1日体験のお申し込みを頂いています。ありがたいです。

少し場所が分かり難いかも、と思い、詳しい地図をつくり、お申し込み頂いた方へ投函しました。
ブログトップにも同じ物を載せました。

マツダ新高松南店 - 2017.06.16 Fri

助手席のエアバッグのリコールを報せる葉書が届いていましたので、マツダのディーラー(新高松南店)へ行きました。
取り替え作業自体は30分程で済みました。その間はただ座って待っているだけでしたので正直ヒマでした。

ところで私は高松へ転居した後も、大宮ナンバーのままにしています。県外ナンバーの方が道を譲ってくれそうなので(笑)。
これからも出来れば大宮ナンバーのままでいたいと思い、待っている間にその方法を訊きました。

後輩? - 2017.06.14 Wed

アトリエとして使っていますマンションは、1階部分が全て駐車場と駐輪場となっています。

そこで見つけたのが、下の画像。 私の母校・S高校のステッカー・・・・。
数字から、後輩と分かります。まさか同じマンションにいるとは。

内科医院へ - 2017.06.12 Mon

数日前より体調がすぐれず、今朝、近所の大橋内科へ行きました。予約しなくても比較的すぐに診てもらえました。
歩いてすぐの所に生活必需なお店が多くあって、本当に便利な場所です。

帰宅後、東京の画廊Tと大阪の画廊Tへ送る画を梱包し、NHK文化センター高松の仕事へ向かう途中、各所へ送り出しました。

一休さん(笑) - 2017.06.10 Sat

山口華陽の『青柿』の図版に描かれている黒猫に対して、「出てこい!」と言ってそうなほど吠えたくる春斗くん。

でもこれは周りに私が居るから張り切ってるのであって、独りでいる時は、かなり素っ気ないキャラクターであることも知っています(笑)

砂子 - 2017.06.08 Thu

一緒に暮らしています愛犬・春斗を描きました。
これまで家族や友人、知人を描いたことはありませんでした。しかし今年になって、身の回り、自身を取り巻くあらゆる環境が、とても愛おしく感じています。

背景には砂子という金箔を撒く技法を使いました。これも作品で実用するのは初めてです。
魅力に感じる対称の、幅が拡がっているのかもしれません。


(部分)

カール - 2017.06.06 Tue

東日本から撤退し、その余波からか、このところ店頭で見かけなかったカール。 自宅近くのドラッグストア・コスモスでも数日前に見たときは入荷待ち状態でした。

今日覗きますと、漸くありました。2つ買いました。
こんな画像がネタとなる日が来るとは・・・・。


地域の清掃活動 - 2017.06.04 Sun

地域の清掃活動でした。年1回、自宅近くの高田公園を清掃するそうです。
8時の集合時間でしたが、15~20人くらい来ていました。お隣のUさんも来ていました。
公園の小枝や落ち葉は普段から風で飛ばされているのか、端のフェンスに固まっていました。てきぱきとそれらを集めて、約30分で終わりましました。

見た感じ私が最年少。40歳台、50歳台は結構いたと思います。
高松市の人口は緩やかに増加傾向にあるそうで、なかでも私の住んでいますのは、その傾向が顕著な地区の1つと思います。近くにはマンションも、戸建ても多いです。



潤んだ夜気に包まれて - 2017.06.02 Fri

このブログでは敢えて制作以外の、日々のよしなごとを書くことが多いのですが、実際は毎日毎日「ほとんど制作しかしていない」、というのが実状です。(画家としては、わざわざ言う必要もないほど至極当たり前のこと・笑)

今は、潤んだ夜気に包まれた水辺に咲く大振りの白薔薇と波紋を描いた画を、中心で描いています。
明日には完成すると思います。


(部分)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 個展「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」
8月16日~22日
横浜タカシマヤ
(045-311-5111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1510)
雑記 (152)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事