topimage

2017-08

猛暑続きの夏/Mさん宅の植物園 - 2017.08.30 Wed

お盆も過ぎてしばらく経ちますが、香川ではまだ日中35℃になる日が続いています。 冷夏と言われている関東地方にお住まいの方には信じがたい話かもしれませんが、西日本では連日こんな感じの猛暑続きです。おかげで今年も連日短パンで過ごしました。

それでも、つい数日前まであんなに騒がしかったセミの音が静かになり、赤とんぼが飛ぶようになったり、いつの間にか季節は秋へと移ろいでいます。
画像は自宅裏のMさん宅。 様々な花や樹が所狭しと植えられ、さながら植物園のようです。取材させてほしいなあ。 2階の窓から見下ろしますと、アゲハ蝶が飛んでいました。

水彩画講座(1枚目) - 2017.08.27 Sun

画像は、NHK文化センター徳島での水彩画講座の生徒さん・Nさんが描かれました画(1枚目)です。



初めての制作に戸惑いながらも、楽しんで出来たようです。
「まだまだ甘いなぁ…」と話されていましたが、 その向上心は必ず次に活かされると思います。

私の携わっています講座では、鉛筆画講座も水彩画講座も、基本的にはお一人ごとに描きたい物を相談して個別にモチーフを設定し、個別指導をしていますが、最初の1枚は基礎作りのため私の方で課題を設定しています。
水彩画講座では、この「袋パスタ、青い立方体」 を基礎課題として描いてもらっています。

トーン変化による立体表現、という基本的なデッサンの要点を徹底し、水彩の効果的な使い方を助言します。
また、奨励しています鉛筆を重ねてトーンを深める方法は、少ない手数で立体感を表せ、独特な色彩も魅力的です。

10月からは高松でも水彩画講座がスタートします。(詳細下記)

【記】
NHK文化センター高松
鉛筆画講座 (第2・4月曜日 13時~15時)
水彩画講座 (第2・4月曜日 15時15分~17時15分)
 ※10月9日より開講
香川県高松市 浜ノ町1-20 COM高松3階
電話:087-823-6677
https://www.nhk-cul.co.jp/school/takamatsu/

NHK文化センター徳島
鉛筆画講座 (第1・3水曜日 10時~12時)
鉛筆画講座 (第1・3水曜日 13時~15時)
水彩画講座 (第1・3水曜日 15時15分~17時15分)

徳島県徳島市寺島本町東3丁目13−1 徳島駅前濱口ビル 9F
電話:088-611-6881
https://www.nhk-cul.co.jp/school/tokushima/


ギャラリーボランチ・絵画教室
鉛筆画、水彩画 (第1・3火曜日 10時~12時)
香川県高松市天神前7-19 2階 ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-1999.html
画面左の 「メールフォーム」 にお名前、メールアドレス、お電話番号をご記入のうえ 「確認」をクリックしていただきますと、こちらから詳細をご連絡差し上げます。

春斗くん・・・・、後ろ足・・・・ - 2017.08.25 Fri

春斗くん、2か月ぶりの散髪でした。サロンでは普段のやんちゃな性格を抑えて大変おとなしくしています(ビビってる?)。家では偉そうに傍若無人の限りを尽くしていますが、人前ではお行儀よく振舞う、典型的な内弁慶(笑)。 
慣れないことをして気疲れしたのか、帰宅後はすっかり静かにしています。

DCIM0459.jpg
ところで後ろ足の関節、どうなってんの・・・・?
幼い頃からこういう座り方をよくします。

DVC00121.jpg
だから後ろ足の関節、どうなってんの・・・・?

個展 「 安冨洋貴展 ~煌めく夜~ 」 最終日 - 2017.08.22 Tue

個展 「 安冨洋貴展 ~煌めく夜~ 」 、本日最終日でした。 今回 もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうござ いました。 そして格別のご評価の上、お買い上げいただきました皆様には、心から感謝申し上げます。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。

展覧会をしていますと、普段接することのない方とも画を通してコミュニケーションでき、ご感想を伺いますと新鮮な発見があります。 画に直接かかわっている人のみならず、都会の夜景や水辺、花、といった私の描くテーマに共鳴してくださいます方が話しかけてくださったのも嬉しかったです。
3月の京都店と併せて、同展もひと段落した想いです。 しばらく制作に集中する期間となりますが、11月には早くも催事での発表(特集個展)があります。今展を通して感じたことから方向性を定めて、取材を重ね、充実した画を描きたいと思います。

個展 「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」 - 2017.08.22 Tue

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

個展を企画いただきました。ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。

個展 「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」

2017年8月16日(水)~22日(火) 10時~20時 (最終日16時閉場)
横浜タカシマヤ 7階美術画廊 (神奈川県横浜市西区南幸1-6-31)
電話番号 045-311-5111

・ 静寂の夜に煌めくカフェレストラン、デパートの待合所にある長いソファ、夜の水辺に咲くクローバー、薔薇、向日葵、カーネーションなどを描きました作品を、小品から大作まで20余点、展観いたします。 

・ 静かな都会の夜、内奥を照らす優しい光、夜と水に抱かれて煌めく生命・・・・。 透き通る静寂を、鉛筆で描き留めました。 永遠に続く夜の世界を、ご高覧ください。

・ 私は、8月19日(土)の13時~17時、 20日(日)の13時~17時、 画廊に居る予定です (結局、終日居るかもしれません・笑)。 お声をかけていただければ嬉しいです。


img050.jpg
(DM画像面)

img051-01.jpg
(DM宛名面・紹介文)

マンションの駐輪場 / 雷雨 - 2017.08.21 Mon

マンションの駐輪場に行きますと、そこに並んでいる自転車の全てに、何か紙が巻かれていました。
撤去命令か?とビビりながらよく読みますと、内容は予測と遠からずですが、この紙を外しておけば問題ないようです。



制作していますと夕方、突然激しい雷雨があり、部屋の照明が一瞬消えました。すぐに再び着きました。
関東では花火大会が中止になったり、天候不順なこの頃です。

変わっても、変わらず - 2017.08.20 Sun

昨日と今日、横浜タカシマヤ7階の美術画廊にいました。今回も在廊していましたら色々な人が来てくださいました。 これまでの展覧会の芳名帳で、お名前は知っていましたが、お会いしてお話しするのは初めてという方もいました。

12年来の知人Sさんはお子さんと一緒に、19年来の友人Fさんは奥様と一緒に来てくださいました。東京で知り合った人、香川県から来てくださった人、私と入れ替わるように高松から横浜へ転勤しましたIさん(メチャお世話になった人)・・・・、積み重ねた年月で色々変化があるものです。
そういう私も3月から郷里へ移住しました。

色々変わっていく事があっても、変わらずこうやって、画を描き続けて、皆様からのご支援のもと発表し続けられていることに、心から感謝いたします。

前日入り - 2017.08.18 Fri

横浜タカシマヤの個展(8月16日~22日)での私の在廊は、19日(土)と20日(日)ですが、NHK文化センター青山で1日講座を企画いただき、今日から関東へ来ています。

NHK文化センター青山では今年3月まで通期の講座を持っていて、今日はその時の生徒さんも何人かいました。始めて受講される方もとても熱心に、短い時間でしたが集中して仕上げてくれました。
個展のことを紹介しますと、見に行くと言ってくださる方が何人かいました。本当にありがたいです。
授業後、旧友Sさんから久し振りにメールがあり、明日か明後日、見に行きます、と。ありがたいです。

Sさんに対しては、本当ならもう大分、立場が違ったように思っていましたが、それは私が勝手に思っていただけで、Sさんは何も変わっていないのかもしれません。

1日講座 「モノクロームの魅力 鉛筆で描くリンゴ」 - 2017.08.18 Fri

こちらの講座は終了しました。ご応募、ご受講ありがとうございました。

鉛筆画の1日講座を開講します

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。

「モノクロームの魅力 鉛筆で描くリンゴ」


2017年8月18日(金) 13:30~15:30
NHK文化センター青山 (東京都港区南青山1-1-1 新青山ビル西館4F)
電話番号 03-3475-1151

教室ホームページはこちら

リンゴをモチーフに、鉛筆の濃淡による、モノクローム表現の魅力をレクチャーします。
画面の中でモノを立体的に描き表すために必要な理論を、丁寧にレクチャーします。
初めて取り組む方から、もう一度デッサンを見直してみたい方まで歓迎です。

タイミング - 2017.08.16 Wed

お昼過ぎ、アトリエ最寄りの美容院Sでカットしてもらいました。
今日から開催いただいています横浜タカシマヤでの個展に、19日と20日は在廊しますので、それに合わせて切りたかったのですが、Sが昨日と一昨日お休みされていましたのと、一昨日までは私が制作の追い込みをしていましたので、今日となりました。

前回のカルテがありますので、それに合わせてもらいました。

手に、覚え込ませる - 2017.08.14 Mon

明後日から企画いただいています横浜タカシマヤでの個展。そこへ出品します最後の画として、薔薇を描き終えました。 過去最速かもしれないくらい、テキパキと描けました。
これまで何枚も描いたモチーフです。描く行程も、考えも、シンプルに出来ました。
行程を手に、再び覚え込ませることが出来た感覚でした。

スケジュールが空白なく詰まっていますと、気持ちが落ち着きます。

高校野球全国大会 - 2017.08.13 Sun

以前の記事にも書きましたが、母校S高校が高校野球全国大会に出場していて、今日1回戦が行われました。
テレビを付けますと1回終了時1-0とリードしていました。 所用あり外出して、帰宅しますと次の試合が行われていました。データ放送で確認しますと、9-4で勝ったようです。

甲子園へは今回を含めて3度出場していますが、これまでは2度とも1回戦負けだったため、全国では初勝利のようです。

Kさん - 2017.08.11 Fri

今月16日から企画いただいています横浜タカシマヤでの個展。そのDMをお出ししていましたKさんから、お手紙が届きました。
封筒の差出人にはKさんのお名前の横にカッコがあり、奥様のお名前がありました。
便箋には、Kさんがお亡くなりになった旨が書かれていて驚きました。

生前、Kさんには2006年1月にギャラリー本城で企画いただきました個展で、作品をご高覧、お買い上げくださいました。
当時私は20歳代後半で、画家としてやっていきたい気持ちはあるもののまだ実績も乏しく果たしてスタート出来るかどうかもはっきりしない端境の心境でした。そんな時Kさんは優しく励ましてくださいました。 その後も何度も展覧会に足を運んでくださりました。
私自身この頃から、描いて発表するのを生業とするペースが、少しずつ身についてきたように思います。
生前のご厚誼に感謝するとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

春斗くんの食事情 - 2017.08.09 Wed

愛息子・春斗くん、普段はフードと細かく切ったジャーキーを混ぜたご飯をあげていますが、いつも最初にフードを咥えては脇へどかし、ジャーキーを先に食べます。
好きなものを集中的に全部、先にたべて、フードは後で気が向いた時にボソボソ食べたり、残したりしています。

あくまでマイペース。
まったく自然界では考えられない態度で過ごしています。

画像は、食事が終わって少し眠くなった春斗くん。


ピンポイントで・・・・ - 2017.08.07 Mon

アトリエとして使っています部屋は、マンションの6階の角部屋です。
角部屋は2面の壁に窓があり、特に私の部屋は外の道から一番遠い側なので出窓も道に面していない方にあり、静かです。間取りも他の部屋とは少し違っていて使い易く、その点も気に入っています。

気に入っているのですが・・・・、私の部屋の前だけ吹き抜けになっています。 正確には、私の部屋と隣人(通称・ライス)の部屋の前だけ、ネットを張った吹き抜け。
今日のような横殴りの雨では通路が水浸しになります。

残念・・・・。 しかしその点をさっ引いても、気に入っています。

集中力増幅に効果テキメン - 2017.08.05 Sat

制作中はイーゼル横のノートパソコンで動画をかけっぱなしにしています。
基本的に内容はその日の気分の赴くままに流しますが、集中力が増しますのは、怪談や恐怖映像。他事に思いが廻ることがなくなり、制作が進みます。

こういうのは人によって様々と思いますが、私にとっては断然、効果的な物です。 また、涼しく感じる効果もあります。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【これからの出品予定】
■ 安冨洋貴 特集
11月12日(日)
高松国際ホテル 2階 讃岐の間
(香川県高松市木太町 2191−1)

■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (26)
絵画講座 (1)
日記 (1191)
雑記 (140)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事