FC2ブログ
topimage

2017-11

四国新聞(11月9日)にご掲載いただきました。  - 2017.11.09 Thu

四国新聞(11月9日付け・15面) の文化情報欄 「週刊アート情報・木曜倶楽部」に、今月12日(日)に高松国際ホテルで催されます美術展 「讃美会」で企画いただいています、特集の記事をご掲載いただきました。

大きく載せていただきありがたいです。 大変励みになります。

img070blog.jpg

Kさん宅で夕食会 - 2017.11.09 Thu

昨夜、元・高松天満屋スタッフのKさんご夫妻のお宅へ、夕食会にお誘いいただきました。Mさん、Kさんと共に伺いました。
お鍋もおかずも本当に美味しくて、会話も楽しかったです。 普段は仕事で関わっていますMさんが、独り大根おろしをすってくださったのも意外性があって楽しかったです。

楽しく話しながらの食事は、あっという間で、時間の感覚が麻痺するほどでした。
今日、Kさんへお礼のメールをしますと、すぐに返信いただきました。 「昨夜は“普段の安冨さん”がチラチラ出ていました」と(笑)。
一体、私が何をしたのか・・・・・、麻痺していた、ということで。

眠りはると - 2017.11.06 Mon

秋色が日毎に深まっていますこの頃、愛息・春斗は、無防備に(笑) よく寝ています。

DCIM0487.jpg

至近距離でシャッター音がして・・・・

171103_135507.jpg

「はっ」 と目が覚めても、この後このまま眠り続けます(笑)。

171103_135351.jpg

川島猛先生 公開アトリエへ - 2017.11.04 Sat

画家・川島猛先生の公開アトリエ「宇宙華」を、NHK文化センターの先輩講師で美術文化協会会員の乾繁春先生と一緒に伺いました。
川島先生は昨年、53年間いましたニューヨークから帰国し、高松にアトリエを構えています。
乾先生と川島先生は以前よりお知り合いで、何度も伺っているようでした。

直に先生の作品を拝見するたび、画面の全体を見ようとする視点と、細部を見ようとする視点が繰り返されて、画が呼吸や鼓動をしているような、或いはさざ波の中にいるような、リズムを感じていました。多作でありながら一筆一筆に神経がこもっていて、圧倒されました。

電話取材 - 2017.11.02 Thu

昨日と今日、某新聞の記者・Fさんから電話取材をいただきました。ありがたいです。 久しくメディアに載っていませんでしたのに、私を掲載されるというご英断を下してくださり、心から感謝します。
Fさんは両日とも、私の仕事について丁寧に訊いてくださいました。

それなのに、嗚呼、それなのに、そもそも私から取材依頼までしてたのに、昨日に限って私は出先にいて、資料が充分ではない状況でした。 
昨日はFさんには一度待ってもらいました。 そして画廊TのMさんに事情を話し、資料をメールしてもらい、それをFさんへ転送しておきました。 そして今日の再取材となりました。
来週木曜日に紙面に載るとのことです。 こちらのブログにも、載せようと思います。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
1月7日 (火)
1月21日 (火)
2月4日 (火)
2月18日 (火)
3月3日 (火)
3月17日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【展覧会】
■「具象の現在(いま)-その先へ」
2月5日(水)~11日(火・祝) 
横浜タカシマヤ
(横浜市西区南幸1-6-31
電話 045-311-5111)

■「香川県文化芸術新人賞展」
2月8日(土)~24日(月・祝)
香川県文化会館
(香川県高松市番町1-10-31
電話 087-831-1806)


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (81)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1572)
雑記 (181)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事