FC2ブログ
topimage

2017-11

美術展 「讃美会」での特集個展、ありがとうございました。 - 2017.11.12 Sun

本日、高松国際ホテルで催されました美術展 「讃美会」、大盛況でした。私の特集をしていました場所へも、10時の開場からひっきりなしにお客様にご来場いただきました。本当にありがたい限りです。
地元香川県における美術への関心の高さを実感しますと共に、1日のみの開催というのが本当に勿体ないほどに思います。
お忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうござ いました。 そして格別のご評価の上、お買い上げいただきました皆様には、心から感謝申し上げます。

先日の公開アトリエにお邪魔しました川島猛先生ご夫妻、高校時代の美術教師・F先生、中学時代の美術教師・M先生ご夫妻、O先生、同年代のT先生、高校からの友人・Mさんご夫妻、Fさん、Tさん、Fさんのご両親、先日夕食にお招きいただきましたKさん・・・・、そして会場が遠くても近くても来てくださる皆々様、本当にありがとうござ いました。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。

画を介してお話をしていますと、初めてお会いするお客様の中にも、インターネットやこのブログ等で、以前から私の仕事を見てくださっています方が本当に多くいました。
アトリエで独りで描いているように思っていても、気にしてくださっている方がいることを実感します。ありがたいです。

20171112230034942.jpg

安冨洋貴 特集 - 2017.11.12 Sun

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

ホテル催事にて、特集を企画いただきました。ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。

安冨洋貴 特集 「~透明な鏡のように~ Like a Transparent Mirror」

第1回 讚美会
2017年11月12日(日) 10時~18時
高松国際ホテル 2階 讃岐の間 (香川県高松市木太町 2191−1)
お問い合わせ電話番号 087-814-3345(天満屋高松出張所)

・ 出品作品・・・・横山大観、パブロ・ピカソ、草間彌生、猪熊弦一郎、藤田嗣治、東山魁夷、モーリス・ド・ヴラマンク、荻須高徳、薮内佐斗司
・ 特集・・・・小橋順明(陶芸)、安冨洋貴(鉛筆画)
・ 讃岐漆芸

・地元高松の光景、吸い込まれるような光に包まれた都会の夜、月明りのもと静かに咲く薔薇、水辺のクローバー、ガラス器に生けたカーネーションなどを描きました作品を、20余点展観いたします。
永遠に続く夜の世界を、ご高覧ください。

・私は、当日は一日中、 会場に居る予定です 。 お声をかけていただければ嬉しいです。

「光の讃歌」blog
出品作品 「光の讚歌」 455×606mm(P12号)

img062-01.jpg
展覧会パンフレット (掲載ページ)

2017年11月高松催事チラシ(表紙)blog01
展覧会パンフレット (表紙)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
4月7日 (火)
4月21日 (火)
5月12日 (火) ※第2火曜日
5月19日 (火)
6月2日 (火)
6月16日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (82)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1615)
雑記 (182)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事