FC2ブログ
topimage

2018-08

石膏像 - 2018.08.31 Fri

10年ほど前に勤めていました某・美大受験予備校から、不要になった石膏像(アリアス)をもらいました。
現在勤めていますNHK文化センターでのモチーフに良いと思いましたが、表面が相当汚れていましたので、仕事の後、白のジェッソで塗装しています。

次の授業もありますので作業ができますのは10分くらいです。なので1回で全部を塗ることはできず、4~5回に分けて塗ろうと思います。

物事の優先順位 - 2018.08.28 Tue

Sさん(猫の民)へのメールをしました。お互い業務的にメールを重ね、議論が煮詰まっていました時に、Mさん(親族)宅のナオコちゃんの画像



を添付して送信しましたら、すぐに返信が来ました。

「なんですか、この子は!めちゃくちゃかわいいじゃないですか。」
「たまちゃんとは対極にあるタイプというか深窓の令嬢っぽい子ですね。」
「早速保存しました。」

・・・・、例え仕事中でも、物事の優先順位は忘れないSさんでした。

イーゼルへの工作作業 - 2018.08.26 Sun

午前中、自宅最寄りのホームセンター・西村ジョイ成合店へ。材木やベニヤ板を買い、カットしてもらいました。
レジに並んでいますと、私の直前に並んでいる人の後ろ姿が中学時代の教師M先生に似て見えて、まさか・・・との思いと同時にイッキに緊張感が全身に走りました。結局、別人でしたけど(笑)。
帰宅後、更に材木をカットしたり接着したり、塗装したり、と色々な作業をしました。

それとは関係ありませんが、アトリエで使っていますイーゼル、私はトリガー式のH型イーゼルを、通常の立て方ではなく畳んで壁に立て掛けるような形にして普段制作に使っているのですが、左右の柱を下部で繋ぐ材木が以前から邪魔で切りたいと思っていました。 そう思いながらも本当に切ってしまうと何か他に支障があるかも、と思って実行できずにいました。 
しかし今回、ついでもあって切ってしまいますと、何の支障もなく、脚が伸ばせて快適そのものでした。

再現よりも響きあいを - 2018.08.24 Fri

私が透明水彩で褐色を表現する際、茶色系の絵具は使わず、ネイプルスイエローをメインに、コンポーズグリーンやグリーングレーを混色し作ります。そこへ青がほしいときはプルシャンブルーを、赤がほしいときはバーントシェンナかライトレッドを混ぜて得ます。
色がどのように見えるかは外光の種類によって変わり、それが画全体のテーマとなりますし、固有色の再現よりも画面の中での響きあいを重視します。

何れも、殆どシミのようにしか着色しないほど多量の水で薄めたものを重ねます。 
今は古い銀塩写真の資料書を傍らに置き、その画質を意識しながら描いています。

かえり道 - 2018.08.22 Wed

風景が、こころを充たしていきます。

生徒作品(金曜日クラス) - 2018.08.20 Mon

勤めていますNHK文化センター高松では、第2・第4月曜日と第1・第3金曜日に鉛筆画の講座を担当していますが、今回は金曜日クラスの生徒さんの新作を、ほんの一部ですが掲載しました。

IMG_20180817_111818_1-01.jpg
瓶とドクダミ。 
葉や花のしべなど表情を細かく描き込んでいます。 ガラスや水面によって茎が屈折する様や、ガラスから光が透過して床に落ちる様など、現象も発見して細かく描き込めています。

IMG_20180817_111909_1.jpg
鍋つかみ。 
キルティングの立体感、手を入れる口の部分の柔らかな質感が表現されています。黒バックもしっかりと塗りこめました。(撮影時に画面が光ってしまいましたので加工しています)

IMG_20180817_112318_1.jpg
キタキツネ。 
頭や首や脚など各部の位置とプロポーション(比率)、ポーズなど何度も検討して描きました。制作後半は、テーマ(疾走感)に沿った描き込みが出来ました。

お返事頂きました / 生命力 - 2018.08.18 Sat

先日まで企画頂きました個展 (7月18日~31日・大阪タカシマヤ) にて、作品をお買い上げ頂きましたお客様へお礼状をお出ししていましたら、何人かからお返事のお手紙を頂きました。
手紙以外でもメールや、古くはLINEで頂く事もありました。

会場でお話しを伺った方や、私の不在時でも、スタッフさんを通してお話しを伺ったお客様も勿論ですが、こうしてお気持ちを聞かせてもらえて、本当に嬉しいです。ご丁寧にありがとうございます。


ありがとー♪


ありがとー♪


ありがとー♪

車を出そうとガレージへ行き、片隅に眼を転じますと、材木の裂け目から葉が伸びていました! 何たる生命力!
どこでも、芽吹ける。

三本松高校 / 薔薇を描いています - 2018.08.16 Thu

今夏の甲子園で島根県代表として出場しました益田東高校、校名から公立校と思っていましたら、益田東は私立校。他にも奈良大付、花巻東や上田西など公立っぽい校名の私立校は全国にあります。
逆に私の母校、香川県にあります三本松高校は名前のイメージから私学のように思われる事も少なくないみたいなのですが、実は100年続く県立高校です。

今アトリエではスクエアの3号サイズで薔薇を描いています。
水彩作品では、最初に5割方を鉛筆で描いておいてから透明水彩で着彩し、そのあと再び鉛筆で描き込みます。

DCIM0615.jpg
この画像は少し前に撮影した物で、今は既に鉛筆での描き込みの段階に入っています。

言葉のスケッチブック - 2018.08.14 Tue

先日の個展 (7月18日~31日・大阪タカシマヤ) の在廊日に、私が、タイトル案などをまとめた「言葉のスケッチブック」を作っているという件が、お客さんとスタッフさんと話しています中で、少し盛り上がるネタとなりました(笑)。下の画像がそうです。
私は画の元となる現場取材や下絵つくりの他に、言葉の収集もしています。

画を描く時は毎回そうなのですが、このビジョンを画面に描き留めたいと思った動機や、そこに込めた想いといった物は確実に在る筈なのですが、描く前の段階では、明瞭な言語化は出来ずにいます。
描く中で、それが言葉として炙り出されてくる感覚です。 そして描き終える頃には「想いの要素」のようなモノが揃ってきます。

ここまでは潜在意識のなかに既に在った物が、自然と降りてくる感じなのですが、それらを組み合わせて文章とするのにあたっては、頭を捻って考えます。 初期衝動を最も素直に表現できる文章を、机の上で頭を捻って考えます。

心が動かされるのはいつも、ごく細部の、些細な事物。それは例えば薄い花弁を透かす光の漏れた様であったり、ガラスの中を透過し乱反射する煌めきであったり。

朝に散歩 - 2018.08.12 Sun

夏になると日中は路面の温度が上がって肉球が火傷しそうなので、春斗の散歩を止めていましたが、それだとストレスが溜まるようです。
ちょっとそれがピークに達した感じがありましたので、朝、散歩するようにしました。

久しぶりに涼しい時間帯に歩きますと表情からも楽しそうな感情が汲み取れて、帰宅後は精神的に落ち着いたようです。分かり易い仔で助かります(笑)。

DCIM0623.jpg
散歩前・・・・

DCIM0627-01.jpg
散歩後♪

「美じょん新報」 第226・227号 - 2018.08.10 Fri

「美じょん新報」 第226・227号の評壇(瀧悌三・筆)に、今夏出品させて頂きました東京でのグループ展2件につきまして、書いて頂きました。

東京の2ヶ月間だけでもこんなに展覧会が開かれていて、そこへ出品されています作家もそうですが、それを支えるギャラリスト、伝えるジャーナリスト、そして何より足を運んでくださるファンの方々の存在を思い知り、敬服します。

bijon 0801-8
「美じょん新報」 第226・227号 8面

bijon 0801-9
「美じょん新報」 第226・227号 9面

メール、復旧しました。 - 2018.08.07 Tue

先日のブログに、プロバイダを介したメールが使えなくなった旨をお伝えしましたが、ようやく復旧しました。
復旧して良かったのですが、何かと物騒な世の中になりました。先日Sさんはラインを乗っ取られたそうです。私も数年前乗っ取られたことがあります。

今日の春斗はずっーとこの格好です。
DVC00109.jpg

クッションを退けると・・・・

DVC00139.jpg
こうなっています。

DVC00163.jpg
彼の中で流行っているのでしょうか。

お礼状投函 - 2018.08.06 Mon

大阪タカシマヤでの個展での、お礼状を書きました。
芳名録にお書きいただいた方へは葉書を、お買い上げ頂きましたお客様と大阪タカシマヤ美術画廊のスタッフさんへは便箋を、書きました。

葉書でお出しします方へは、時期的にギリギリ暑中見舞いのタイミングですので、かもめーるで投函しました。
お客様でも、私の在廊日にご来廊頂き個人的にお名刺を頂いたりした方へは、私から直接お送りするのですが、そうでもない限りは、一旦タカシマヤへ送って、タカシマヤのスタッフさんからお渡ししてもらいます。

猛暑にお気をつけくださいませ。 - 2018.08.05 Sun

愛息・春斗も昼間はこんな感じです。 部屋ではクーラーをかけていますが、たまに廊下に出て、また部屋に戻ってきます。
皆様も適度な温度調節を、なさってくださいませ。


ん~・・・・


はっ!


ん~・・・・


はっ!

Outlookが一時的に使えないので、G-mailでお願いします。 - 2018.08.03 Fri

Outlookからメールを送信しようとしますと、サーバーのアカウント名とパスワードの入力を求めるメッセージが出ます。 思い当たる物を入力しましたが解決しなかったのでサポート会社へ相談しますと、プロバイダーへの連絡を勧められました。
プロバイダーへ連絡しますと、私のメールアドレスとパスワードが流出したらしく、緊急措置を施したとのことで今後の対策を記した書類を送付しようとしていたところ、とのことでした。
不便はありますが、理由がわかり良かったです。 
しかし書類がまだ届いていない現段階では、今件の解決方法がないので、Outlookは使えないままです。

G-mailと携帯のメールは使えますので、そちらを使っています。
このブログの左にあります「メールフォーム」も、G-mailと繋がっていますので、何かございましたらそちらのご使用をお願いいたします。

ありがとうございました。 - 2018.08.01 Wed

個展 「 安冨洋貴展 ~透明な鏡のように~ 」 、昨日最終日でした。 今回 もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうござ いました。 そして格別のご評価の上、お買い上げいただきました皆様には、心から感謝申し上げます。
おかげ様で7月28日の記事(こちら)にも書きました、愛息・春斗を描いた画も婿入り先が決まり、ホッとしております。

今年は6月末からずっと展覧会が続いていまして、列記しますと、
・「それぞれの写実展」 (6月27日~7月3日/日本橋タカシマヤ )
・「星座の会展」 (6月30日~7月1日/大阪美術倶楽部、7月11日~17日/阪神百貨店梅田本店 )
・「~Rain~」 (7月6日~14日/東邦アート )
・個展 (7月18日~31日/大阪タカシマヤ)
全ての展覧会で、会場まで足をお運びくださいました皆様、作品をお買い上げ頂きましたお客様へ、心から感謝申し上げます。
皆様から頂戴しましたご批評を胸に、これからも更に画道に精進したいと思います。

画像は今朝見ましたブログランキング。 
「絵画」ジャンルに登録しています1439人中、「9位」。
一体、何があったというのでしょうか(驚)。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
11月6日 (火)
11月20日 (火)
12月4日 (火)
12月18日 (火)
1月8日 (火) ※第2火
1月22日 (火) ※第4火
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-2192.html


【これからの出品予定】
■「ニュースターたちの美術展」
12月12日(水)~17日(月)
阪急うめだ本店 9階ギャラリー
(大阪市北区角田町8-7)
電話番号 06-6361-1381

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (69)
文献・メディア (35)
絵画講座 (2)
日記 (1362)
雑記 (166)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事