FC2ブログ
topimage

2019-02

作家便り - 2019.02.28 Thu

私の画を取り扱って頂いています画廊、東邦アート(東京都港区)。こちらのブログに先日より「作家便り」というコーナーができています。
2月22日の記事に愛息・春斗のことを書いた寄稿文と画像が載っています(こちら)。

最近はこのブログも春斗の事を書くことが多いのですが、ちゃんと制作もしています。といいますか、それしかしていない (笑) のが実情で・・・・(画家なのだから当然)。
最近はアトリエでは海の画を、自宅ではクローバーの画を描いていますが、今夜はアトリエで描いています海の画(15号)が遅れ気味なので、持ち帰り自宅の三脚イーゼルに架けて描いています。


月刊アートコレクターズ(株式会社 生活の友社) 3月号 - 2019.02.25 Mon

本日発売されましたの「アートコレクターズ」(株式会社 生活の友社)3月号 の 巻頭特集「完売作家 全データ2019」の、「5人の目利きコレクターが2018年に買ったアート作品」のコーナーに、作品 『光の射す道』 の画像と、この画をお買い上げ頂きましたコレクター・佐々真さんの文章が掲載されています。 11ページです。

多くの作品をお持ちの中から、私の画をお取り上げくださり、本当に嬉しいです。心から感謝申し上げます。 このようにご紹介くださり、大変励みになります。


(「月刊アートコレクターズ」 3月号 11ページ)

img20190225_23011387-01.jpg
(同10-11ページ見開き)

img20190225_23011387-001.jpg
(表紙)

確定申告 - 2019.02.24 Sun

今年も確定申告の時期となりました。画家も個人事業。当然私もします。
とはいえ面倒くさい事でもあり、投函しますのは毎年期限ギリギリになっていました。今回こそは余裕を持って、と思うのが毎年なのですが・・・・・。
そういうこともあり、今年は今日、投函しました(早っ・笑)。
e-taxを使っても、打ち込みや項目によっては必要な足し算は、自分でしなければならなず、結局一晩かかりました。

それでも複雑な計算は自動でしてくれますので、これを手書きでしていた頃に比べますと、随分楽になったものです。

グループ展 「小さな絵画展」 - 2019.02.23 Sat

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。


「小さな絵画展」

2019年2月12日(火)~23日(土) 11時~18時30分
東邦アート (東京都港区芝公園3-1-14)
電話番号 03-5733-5377

・ サムホール(227×158㎜)や3号(273×220㎜)といった飾りやすい小さなサイズの絵画を展観いたします。

小さな絵画のコピー01

猫の日 - 2019.02.22 Fri

今日、2月22日は「猫の日」。 ということでMさん宅で暮らしています娘たちに、ご登場いただきます。


現クイーンのナオコちゃん (美人)。


その座を狙う、時期クイーンのクロちゃん (見た目はきついがとても優しい仔)。

20190223144236965-01.jpg
そして、愛息・春斗 (お調子者の反面、激しく落ち込み易い仔・笑)。
猫の日、か・・・・(春斗・談)

移動のバスの中で/リモコン - 2019.02.20 Wed

NHK文化センター徳島での仕事でした。 往路のバスの中で、教室展(3月6日~9日/NHK徳島放送局 1階 ハートプラザ ・ 3月14日~17日/サンポートホール高松 1階 コミュニケーションプラザ)のキャプション用に、生徒さんの出品作品のタイトルを打ち込みました。
他にもY先生や画廊Dへメールしたりスケジュールを見直したりと、往路は事務仕事ができるのですが、仕事を全力で行った後の復路では寝ています(笑)。

帰宅後は、キッチンのテレビのリモコンを新しいものに交換しました。思っていた以上に登録の仕方が簡単で、大丈夫かなと思いました。

グループ展「薔薇 ・バラ・ばら」 - 2019.02.19 Tue

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。


※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。


「薔薇 ・バラ・ばら」


2019年2月13日(水)~19日(火) 10時~20時(最終日は16時まで)
大阪タカシマヤ 6階美術画廊  (大阪市中央区難波5-1-5)
電話番号  06-6631-1101

・ 出品作家・・・・青木恵美子・赤木範陸・荒木享子・安西大・伊藤晴子・岡義実・奥村美佳・笠井誠一・金木正子・狩俣公介・河村純一郎・栗原一郎・小杉小二郎・櫻井孝美・佐々木豊・佐藤泰生・菅原さちよ・田尾憲司・田中英生・田村鎮男・田村能里子・千々岩修・長谷川幾与・平澤篤・平松礼二・廣田真知子・舟木誠一郎・堀井聰・三浦明範・港信夫・安冨洋貴・山口暁子・山梨備広 (50音順・敬称略)

・ 私は8号の作品を出品いたします。 新作を発表できますご縁に恵まれ、幸せに思います。

・ 高島屋のシンボルフラワーである薔薇をテーマにした展覧会です。日本画・ 洋画の作家、約40名による“薔薇”の競演をお楽しみください。

oosaka bara 2019-01
(DM画像面)

oosaka bara 2019-02
(DM宛名面・紹介文)

夢の中へ・・・・ - 2019.02.18 Mon


あ、・・・・・


あぁ・・・・・


スゥー・・・・・

2ケ月遅れの誕生日プレゼント。 - 2019.02.17 Sun

エディオンゆめタウン高松店の中に先日オープンした「ひごペットフレンドリー」で、愛息・春斗の新しい首輪を買いました。
昨年の彼の誕生日(12月18日)にプレゼントをしてあげられなかったので、2ケ月遅れの誕生日プレゼント。

春斗は小型犬の中でも特に小さいので、これまでも犬用ではなく猫用の首輪をしていました。 
猫用首輪のコーナーに行きますと緑色の格好いいものがありました。 私がよく描くクローバーの柄、と思い喜んでいましたら、よく見ますと一般的な花柄でした(笑)。


上・これまで着けていた首輪 (ボロボロ・笑)。 下・今日新しく買った首輪


装着~。


似合ってる?


レッツ・ゴー!(失笑)。

高松駅にて ・ 1年後のための記憶 - 2019.02.15 Fri

自宅のあります高松市三条町から、NHK文化センター高松のありますJR高松駅までは毎回、循環バスで通っています。安くて便数も多くてとても便利です。

JR高松駅に着きますと催物案内のラックに、先週土曜日に行きました高松明日香さんの個展のチラシがありました (私が行った際の記事はこちら)。
香川県文化芸術新人賞を受賞した作家の作品展を、受賞の2年後に香川県文化会館で催すという同展。 高松さん受賞の翌年、幸いに私も同賞をいただきましたので、来年は私が発表します。
そうしますと1年後は、私のチラシがここに在るかと思うと感慨深いです。でも1年なんて本当にあっという間に経つと思います。 1年後、今日の記事を「1年前の記憶」として紹介しているような気がします(笑)。

春斗カット - 2019.02.13 Wed

お昼前に愛息・春斗を連れてイオン高松店へ行き、そこに入っていますドッグガーデンで伸びた毛をカットしてもらいました。 2ヶ月に1度の頻度で行きますので今年になって初カットです。
普段の家での彼は本当に無遠慮で、開放感の限りにいますが、他人の前に行くと途端に緊張して大人しくなり、一言も話さなくなります。 典型的な内弁慶の性格(笑)。
カットしてもらう間も、一切の抵抗をせず、(もしかしたら瞬き一つせず)全てを受け入れます。

帰宅後もその緊張が数分間続いた後、毎回泥のように眠ります(笑)。

before

のびのび~。

after

緊張~。

少し前

リモコンは渡さん。(春斗・談)

文章を作ったり確認したり - 2019.02.11 Mon

先週土曜日の朝、画廊DのUさんよりお電話頂き、DMに掲載する文章が要るので連休明けまでにメールを、という事でしたので、制作テーマである夜への想いと、鉛筆の事を中心にした文章にまとめました。
お昼一度メールしましたが、読み返してみますと難解な表現に思える箇所があり、なるべく平易な言葉遣いを心がけて、夜、再送信しました。

コレクターSさんから、某美術誌に掲載されます文章について、内容を確認してほしい旨のメールを頂きました。 拝見しましたら、私に関します箇所は現状で大丈夫でした。
これまでも展覧会へのコメントなどを通して、Sさんの作品に対する想いを伺っておりましたが、今回の文章を拝読し、展覧会キャプションのコメントを作家とやり取りされますなど、コレクションする作品への拘りや熱意、愛情を感じました。

作品をつくる作家、紹介する画商、そして作品にお金を払いコレクションするお客様。 それぞれの行動原理を支えているのは、それぞれの立場で持つ熱意と愛情なのだと思います。

香川県文化芸術新人賞展 - 2019.02.09 Sat

今日から香川県文化会館で始まりました『香川県文化芸術新人賞 高松明日香展 クラウディア Claudia』へ、お昼より見に行きました。
今展は香川県文化芸術新人賞を受賞した作家の作品展を、受賞の2年後に香川県文化会館で催すという物です。 
昨年(2018年)、幸いに私も同賞をいただきました。その前年(2017年)の受賞が高松さん。
来年(2020年)には私もこの会場で展示いただくのでその雰囲気も知りたいと思い、また会期中の土日は作家によるトークイベントもありますので聞いておきたいと思い、今日行きました。

会場に入りますと、フォンテーヌ絵画教室やNHK文化センター高松の生徒さん、四国新聞生活文化部のTさん、香川県文化芸術局のOさん、県立ミュージアムの学芸員さん、などが話し掛けて来てくださいました。とても嬉しく、ここを制作拠点としていることを実感します。

2つの展示室に加えて廊下の壁にも作品(それも大作)が架かっていて、全部で100枚を優に超える作品数に圧倒されました。
トークイベントで作家の言葉を聞けたのも良かったです。 ありがちな作品説明に依らない方法でなされていて、とても為になりました。

あ~、来年どういう展示にしようかな・・・・。 良い物を見た後は、不安と楽しみが綯い交ぜになります。その全てを糧として精進したいです。


出品作家・高松明日香さん(右端)によるトークイベント






廊下の壁にも展示

津山信用金庫本店ロビーに作品を展示頂いています - 2019.02.07 Thu

昨秋、岡山県で開催されました「第30回 しんわ美術展」にてグランプリを拝受しました私の作品 「満天に浮かぶ夜」 が、現在、津山信用金庫本店ロビーにて、ご展示頂いています。

津山信用金庫本店ロビーに展示01コピー

この作品は受賞に際して一般財団法人しんわ文化財団にお買い上げ頂きました。 心から感謝申し上げます。
(しんわ美術展の時のブログ記事は、こちらこちら。)

11年前に個展を企画いただきました奈義現代美術館をはじめ、岡山県の北部地域には大変お世話になっています。 多くの方にご高覧頂ければ幸いです。

重なる - 2019.02.05 Tue

夕方、画廊DのUさんからお電話頂き、その約1時間後、画廊TのMさんからお電話頂きました。
それぞれ4月に企画頂いています個展と、7月に企画頂いています催事への出品作品について。
別々の画廊なのに重なるものです。

昨日の寒気に対して今日は日中穏やかな陽光でした。そして明日は午前中雨・・・・。
気温差が大きいので、体調管理を万全に行いたいものです。

冬晴れ - 2019.02.04 Mon

愛息・春斗は元来寒がりで冬はこたつが定位置となりつつあります。それでも1日おきに散歩へ出掛けます。今日外へ出ますと見事な冬晴れ。



日々寒いながらも最近はそれにも慣れてきた感じがします。
冬は空気が澄んでいて風景が鮮やかに見えます。夜は本当に星が綺麗で、オリオン座がくっきり見えます。

散歩から帰ると春斗も落ち着いた感じがします。それでもこたつの横にべったり(笑)。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
5月7日 (火)
5月21日 (火)
6月4日 (火)
6月18日 (火)
7月2日 (火)
7月16日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-2192.html 


■「星座の会展」
6月26日(水)~7月2日(火)
阪神百貨店梅田本店 9階美術画廊
(大阪市北区梅田1-13-13
電話 06-6345-1201)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (76)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1450)
雑記 (171)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事