FC2ブログ
topimage

2019-07

ヤノベケンジat丸亀町商店街 - 2019.07.12 Fri

丸亀町商店街を歩いていますと、突然そこにヤノベケンジ氏の作品が。



菅義偉さんが参院選の応援演説に来られていました。テレビで見ていますと、アクのない穏和なイメージに思っていました。 実際に見ますと・・・・・、何と言いますか、良くも悪くもテレビの印象そのままで、良くも悪くも想像の以上でも以下でもない感想を抱きました。
明日は小泉泉進次郎さんが来られるそうです。

カーネーションの画、完成 - 2019.07.11 Thu

3号サイズ(273×273mm)で描いていましたカーネーションの画が完成しました。この小さな画面にカーネーションを20本前後描きました。
柔らかい光に包まれた様を描きました。来月末、広島の或る展覧会へ出品します。どのように感じられますか、楽しみです。

自宅の外壁塗装について先日4社ほど下見に来て頂きました。そしてご提示いただきました施工内容やお見積りなどから検討し、お願いすることにしました業者さんに昨昼来ていただきました。
お借りしました色見本帳から6色ほど選んで伝えれば、実際に壁を塗る塗料での見本パネルを作ってくれるとの事でしたので、色の選定作業に入っています。
アトリエに借りていますマンションは、コンクリート打ち放しの無機質な印象なのですが、自宅は和のテイストにしたく思っています。
そういう希望と、私の元来の性質からか、選ぶ色はどれも、暗くて渋い(笑)。

水田 - 2019.07.09 Tue

画像は夕方通りかかった自宅近くの水田。



毎年繰り返す風景。どこにでもある風景。 今ここにある風景。

3回で学ぶ はじめてのデッサン・水彩 - 2019.07.08 Mon

短期講座を企画いただきました。 ありがたいです。

※ 講座初回まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。


こちらのブログで生徒さんの作品画像を見た方や、実際に授業を見学に来られた方から、
「絵を描くのは初めてですが描けるのでしょうか・・・・」
「描きたいけど、他の生徒さんについていけるか不安・・・・」
といった声をよく聞きます。

そこで、初めての方もチャレンジしやすい、3回講座を企画しました。

「3回で学ぶはじめてのデッサン ・ 水彩画」

7/8、7/22、7/29 月曜 15:15~17:00 (詳細はこちら)

絵画をはじめる第一歩であるデッサンを楽しく学んでみませんか。水彩絵具で色もつけ仕上げます。
これから絵画をはじめたい方、基本から学び直したい方、絵は苦手だと思われる方も、安心してご受講ください。デッサンを通して絵画を描く喜びを味わいましょう。

NHK文化センター高松
香川県高松市浜ノ町 1-20 JR高松駅 COM高松3階
電話番号: 087-823-6677

3kai 190708-01

今回この講座を受講されるのが、初めての方、2度目の方、3度目の方、それぞれの描く対象を下に載せました。

1(材木と色紙)
初めてご受講の方・・・材木と色紙
(受講生作品)

2(2色の布と紙コップ)01
2度目のご受講の方・・・2色の布と紙コップ
(受講生作品)

3(薔薇)
3度目のご受講の方・・・薔薇
(イメージ)

日曜美術館(7月21日放送)に - 2019.07.07 Sun

奈義現代美術館(岡山)のKさんからメールを頂きました。
7月21日Eテレ朝9時から日曜美術館で、「にほん美の地図一岡山一」として奈義現代美術館が取り上げられるとの事です。再放送は28日の20時。

岡山県は備前焼に代表される工芸のみならず、美術(絵画や彫刻等)も比較的フォローされていて、美術館やギャラリーも地方都市の中では充実している方では、と感じます。
日常の中で、特別意識せずとも文化的な物に触れられるのは素晴らしい環境と思います。

冷やし中華始めました。 - 2019.07.05 Fri

九州をはじめ西日本では、今年も雨の被害が各地から聞こえてきますが、ここ香川県では少雨です。天気予報では今週は軒並み雨との事でしたが、実際は水曜日に半日ほど降ったのみ。

これといって特徴的なイメージの薄い香川県ですが、それは、洪水も台風被害も積雪もなく、被害がないからニュースに取り上げられないのであって、実は大変安全という他にない魅力があるのでは、と思います。

という事で、今年も冷やし中華始めました。


「あ、始まってた」(春斗談)

電子書籍 「洋画1 素描と絵画」 - 2019.07.03 Wed

先日発売されました電子書籍 「洋画1 素描と絵画」 (京都造形芸術大学 東北芸術工科大学 出版局)の、第2部・第一章に「鉛筆による静物画表現」 というタイトルで、著述しています。

Amazon オンデマンド (ペーパーバック) 版 → こちら
Kindle版 → こちら

こうやって自身の制作について考えている事を、文章に纏めた物が発表されますのは実に10年振りで、本当に感無量です。

上記の他、下記サイトからも買えます。 「洋画1 素描と絵画」で検索お願いします。
■ヨドバシカメラ  yodobashi.com
■honto  https://honto.jp
■どこでも読書  http://dokodoku.jp/
■miobon 電子書籍 未来屋書店  https://mibon.jp
■シャープの電子書籍ストア COCORO BOOKS  http://galapagosstore.com/
■iBookstore  https://itunes.apple.com/jp/genre/books/id38?mt=11&itscg=

31W640sM84L.jpg

グループ展 「星座の会展」 - 2019.07.02 Tue

こちらの展覧会は終了いたしました。 ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
通常のブログは下方で更新しています。

「星座の会展」

2019年6月26日(水)~7月2日(火) 10:00~20:00(金・土は21時まで。最終日は17時まで)

阪神百貨店梅田本店 9階美術画廊 (大阪市北区梅田1-13-13)
電話番号 06-6345-1201

・ 出品作家 ・・・・
〈日本画〉 阿部穣、石踊達哉、上村淳之、長田佳子、絹谷香奈子、椎名保、下田義寛、清水達三、竹内浩一、中島千波、中村あや子、平松礼二、福井江太郎、福王寺一彦、牧進、松村公嗣、他 (五十音順・敬称略)
〈洋画〉 青木敏郎、伊藤尚尋、大路誠、片桐聖子、絹谷幸二、小杉小二郎、児玉健二、小林聡一、小森隼人、谷川泰宏、中島健太、中山忠彦、福井欧夏、丸山勉、三嶋哲也、光本昭弘、安冨洋貴、山内大介、他 (五十音順・敬称略)

・ 1960年七夕の日、夜空の星のごとく輝く新作を集めた展覧会を「星座の会」と名づけ、現在まで続けてきた阪神梅田本店の伝統企画。日本画・洋画壇の人気作家から新進気鋭作家まで小品を中心に展観いたします。

・ 私は都会の夜の風景を描いた、4号と8号の画を出品いたします。

日本芸術院会員や文化功労賞受賞の作家陣が連なります同会で、末席を汚させていただき大変光栄に存じます。

img20190623_08590514.jpg
(DM画像面)

img20190623_08595448.jpg
(DM宛名面・紹介文)

春斗さがし - 2019.07.01 Mon

春斗は何処?


正解は・・・・・


画面の左上、リクライニングチェアの座面と背もたれの間でした。
本来ここは人が座る場所なんだけど(笑)。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
7月2日 (火)
7月16日 (火)
8月6日 (火)
8月20日 (火)
9月3日 (火)
9月17日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-2192.html 


■「星座の会展」
7月13日(土)、14日(日)
大阪美術倶楽部

■ 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (77)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1476)
雑記 (174)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事