FC2ブログ
topimage

2019-08

特定健康診査へ - 2019.08.29 Thu

8時30分に家を出て特定健康診査を受けるために病院Nへ。自営業ですし、やっておかないと。 
三条の自宅から病院Nへは車で約30分。 評判の病院と伺っていましたから朝でも混むと思っていましたので、診察の始まる8時に着くように行こうと思っていたのですが、予約している訳でもなくそこまで強い信念もないので上述の時間に出て9時前に着きました。

混んではいませんでしたが駐車場は残り2~3台くらいで、待ち受けで15~20分ほど待ったと思います。身長、体重、血圧、採血など一通り終え、問診時に胃の内視鏡検査を依頼しました。厄年ですし、やっておかないと。
私の希望を聞いて検査日を決めて頂きました。その日の朝7時40分から行うと。
あまり病院に行かないので知りませんでしたが、診察の始まる8時迄にするためだそうで、そういう物らしいです。

事務仕事、下絵づくりに勤しんで - 2019.08.27 Tue

現在ブログトップでご案内しています1日講座(9月12日・NHK文化センター京都)の参考作品を描きながら、事務仕事に勤しんでおります。
NHK文化センター京都へ確認と依頼のメールをしたり、画廊TのMさんとお電話で話したり、過去に描いた肖像画の画像を数点、添付してメールしたり。

来月描きます波紋の画の、下絵づくりが最終盤に来ています。 これまで50枚くらいの波紋の画像から候補を15枚くらいに絞り、一旦プリントアウト。それを見比べながら最終候補の2点を選び、トリミングや加筆をしたり、明度調整したりして、下絵を作っています。
完成するまでは結構時間がかかります。 しかしアイディアスケッチ、取材、下絵づくり、こういった実際に画面に鉛筆を乗せる以前の仕事(普段からやっておく仕事)が大変重要で画の出来を左右します。ここを疎かにすると挽回するのに相当の労苦が必要で、端折った分を挽回するために結局後で時間がかかることになります。最悪の場合、取り返しがつかなくなります。怖い・・・・。

「美の逸品展 夏」、ご来場誠にありがとうございました。 - 2019.08.25 Sun

本日催されました「美の逸品展 夏」、今回もお忙しい中、お時間を設けて作品をご高覧くださいまして誠にありがとうござ いました。 そして格別のご評価の上、お買い上げいただきました皆様には、心から感謝申し上げます。

1日のみの開催が勿体ない程の活況でした。多くの方から話しかけて頂きました。今年2月の岡山天満屋でのグループ展もご高覧頂きました事も伺いました。岡山では私は不在でしたが、かたじけなく存じます。

お世話になっております画廊TのMさんと久し振りにお会いできて、ご意見伺いたいと思っていた事を確認出来たのも、良かったです。

自宅から徒歩1分かからない所にバス停があるのですが、そこを8時18分に出発し、高松駅からはマリンライナーで瀬戸大橋を渡ります。 マリンライナー、後でMさんに聞いて知ったのですが、私の記憶よりも随分と値上がりしていました。
高松~岡山は約1時間。岡山~福山は在来線だと1時間かかるのですが、新幹線(のぞみ)でしたら僅か15分。会場の福山ニューキャッスルホテルは、福山駅の目の前でした。

「美の逸品展 夏」 安冨洋貴 特集 - 2019.08.25 Sun

こちらの展覧会は終了いたしました。ありがとうございました。

特集個展を企画いただきました。ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。

※ 通常のブログは下方で更新しています。


美の逸品展 夏  安冨洋貴 特集
2019年8月25日(日) 10時~18時
福山ニューキャッスルホテル 3階光耀の間 (広島県福山市三之丸町8-16)
お問い合わせ電話番号 084-927-2521(福山天満屋美術部)

・ 出品作品・・・・ベルナール・ビュッフェ、モイス・キスリング、小野竹喬、奥田元宋、加山又造、脇田和、香月泰男、河井寛次郎、ルネ・ラリック、薮内佐斗司、他

・ 特集個展・・・・石橋久美(油画)、加藤三英(陶芸)、高橋均(油画)、津金日人夢(陶芸)、守みどり(日本画)、安冨洋貴(鉛筆画)

・ 鞆の浦の常夜灯、吸い込まれるような光に包まれた都会の夜、月明りのもと静かに咲くクローバー、ガラス器に生けた薔薇やカーネーションなどを描きました作品を、約20点展観いたします。
永遠に続く夜の世界を、ご高覧ください。

・ 私は、11時より 会場に居る予定です。 お声をかけていただければ嬉しいです。

img20190802_18145441.jpg
展覧会パンフレット (掲載ページ)

福山ホテル 1
展覧会パンフレット (表紙)

時間割 - 2019.08.24 Sat

制作を中心に日々のスケジュールは手帳のカレンダーに書き、それに沿って進めています。完成までにすべき事の流れが目に見えるのが良いです。
最近はそれに加えて、1日の中での時間割も書くようにし始めました。
「何時に」するのか、そして1日の段取りが明瞭になり、更に良いです。実行出来れば達成感に繋がりますし。

え?そんなの全員してる?

今日は、来月12日に企画頂いていますNHK文化センター京都での1日講座の参考作品を描いたり、或る画の下絵や資料の作成等しました。

紫雲出山(三豊市) - 2019.08.22 Thu

このところ取り組んでいました仕事が、ひと段落し、気分転換に県西部へドライブへ行きました。国道11号線と浜街道を延々と走り、三豊市の荘内半島へ。 
初めて訪れた場所なのに不思議と懐かしく、田園風景の割には民家が多いからでしょうか、あまり疎外感を感じない街並みでした。

そのまま紫雲出山まで行き、山頂付近の駐車場に停めますと、最後10分くらいは山道を歩いて行きました。
そこには180度を超える眺望で拡がる瀬戸内海。 
波の立たない多島海の眺めは、他ではまず見る事の出来ないもので、故郷が美しくある事にありがたく思いますと共に、まさに瀬戸の宝と思います。


瀬戸の宝・・・・

小さくて、波も立っていないし、やたら島が多くてしかも意外と海岸線から近い・・・・。 
海外から来られた留学生は瀬戸内海を見て十中八九、「これ海というより、むしろ河か湖」 と思われるそうです。
無理もないです。 波が立っていない、というのが恐らく海の定義から外れるのだと思います。

千鳥大吾さんの故郷・北木島が肉眼で見え、意外と香川からも近いことに驚きました。
帰り道、偶然ながら以前私の画をお買い上げ頂きました病院Zの横を通りました。思っていた以上に海の側である事に驚きました。
地図やパソコンで見て知ったつもりになっていても、現場へ来ないと知り得ない感覚や、実際に触れないと感じられない刺激に、世の中は溢れています。

深い森 - 2019.08.19 Mon

6号サイズ(410×318mm)で描いています薔薇の画の背景を描き、完成しました。

背の高い樹々に囲まれた深い森の中、深く呼吸する度に、花や草木は、見る対象というよりも、それらにくるまれ、抱かれる感覚。
世界の隅から隅までを花や草木で満たし、それらと一体になる感覚。

夢を映す楽園 - 2019.08.17 Sat

5号サイズ(350×270mm)で描いています薔薇の画、花弁部分を描き終え、これからガラス器を描き込みます。

静物画を描いていますと、それは人の手が届かない楽園を少しでも実現しようと、夢想の花壇を卓上に創る営みのように想います。
そこに咲く花が、夢の領域を映す美の妖精となりますことを願います。

台風 / ほうとう - 2019.08.15 Thu

超大型の台風との事で、各地で新幹線や飛行機が運休になったり、お祭りが一部中止になったり、と慌ただしくありました。
ただ、一番激しいとされる今日でも、高松は少し風雨が強い程度で、街が機能できないという心配には程遠い、普通具合でした。近所のゆめタウンではセール日でしたし。

南の四国山脈と北の中国山脈に挟まれた備讃地区(岡山と香川)は、昔から自然災害が特に少なく、その事での不自由や不便に遭遇した経験も、他の地域に比べると少ないと思います。とは言え昨年は倉敷をはじめ甚大な被害もありました。

こういう日にわざわざ外出する事もなく、家で頂いたほうとうを作りました。初めて食べましたが想像を遥かに越えて美味しかったです。
うどん県・香川在住ですが、うどん以外の麺類も大好きです。

相談のための資料制作 - 2019.08.14 Wed

或る展覧会のカタログ(図録)とチラシ、ポスターへ掲載する作品について、画廊TのMさんとご相談したいと思い、そのための資料を制作しました。
また、次に描きます波紋の画についてKさんと話し合うので、そのための資料も作りました。

画家を生業としていても、こういった事務仕事は、意外と多いです。 
画を描くこと自体は独りで行いますが、活動に関わる何から何まで全て、独りで出来る訳がないです。
熱中すればするほど、意外と自身のやっている事(仕事など)を当人では客観視できなくなり、第三者の方がよほど傾向や反応、感想、仕事の全貌等について的確に見えているものだと思います。
画家(と言いますか全ての職業人)は個人的な拘りも良いのですが、何よりも「画にとって良いこと」を重ねるべきと思います。 なので、それについてご協力頂ける方へは、心から感謝いたします。

紫蘇 - 2019.08.12 Mon

画像はJさん(親類)から頂きました紫蘇(しそ)。正しくは、JさんがIさんから貰った紫蘇を頂きました。他にトマトやキュウリも頂きました。
誠にありがとうございます。

どれも枝付きで頂いたのですが、紫蘇は花瓶に活けました。

薔薇の画2つ - 2019.08.11 Sun

6号サイズで描いています薔薇の画、花弁部分を全て描き終えました。これから葉と背景を描き込みます。
花を描くときは毎回、その花弁が、柔らかく発光しているかのように感じられる表現を目指しているのですが、今回はそれに加えて、迫力のようなものも感じられれば、と思いながら描きました。

次に描く5号の薔薇の画も描き始め、荒描きを施しました。 

inspiration - 2019.08.10 Sat

そろそろ髪を切る時期になりました。自宅前のS街道沿いに数ヶ月前にできましたBという理髪店、外観はお洒落で以前から気になっていましたが、このご時世にホームページどころかホットペッパービューティーのような紹介サイトにも載っておらず、唯一Googleマップにレビューが一件あるのみです。
これではお店の情報は何も分からないのですが、予約電話した時に料金など訊き行きました。

結果的にはこれが大当たり。ときには直感に従うのも良いものです。
コンクリート打ちっぱなしの店内は広い空間に椅子が2つのみ。静かな音楽の流れる中、静かな店主さん(笑)に、丁寧にカットしてもらいました。個人的には大満足な仕上がりです。

バスと雨雲の進行が交わり / 材料の事も - 2019.08.07 Wed

徳島新聞カルチャーへ向かうバスの中で、画廊TのMさんからメールを頂きました。
ブログトップにも記しています特集個展(8月25日・福山ニューキャッスルホテル)への出品リストを作るので、今描いてる画のタイトルを教えて、とのことでした。
メールを打っていますと、高松でバスに乗った時は晴れていた空が見る見る内に曇ってきて、打ち終わり送信する頃には結構な本降りに。
このままでは徳島で傘を買わなきゃと思っていましたら、着く時には雨が上がっていました。にわか雨というよりは、瞬間的にバスと雨雲の進行が交わった感じでした。

教室では毎回実技が主なのですが、今日は鉛筆の歴史を講義しました。その中で各メーカーの特徴(描き味や硬さ等)、水性鉛筆やシャーペンといった鉛筆から派生した画材のことも例示しながら話しました。
生徒さんが友人に、自身の画と共に材料の事も説明できるようになれば、と思います。

暑中お見舞い申し上げます。  - 2019.08.05 Mon

暑い日が続いておりますがお変わりございませんでしょうか。 

こまめに水を飲んで、身体に差し障るといけませんので出来れば寝る時も冷房を付けて、睡眠を多くとってくださいませ。 疲労が回復せず、体力が低下するのが一番ヤバいので。

2019080323323901.jpg
うちの近所のアパートにも室外機のない部屋があるんだけど、どうしてるのかなぁ。 
高齢者は暑さにも鈍感になるらしいから、体感で判断するだけじゃなく用心してほしいなぁ。 
僕は快適に寝てるけど。(春斗談)

長岡まつり大花火大会 - 2019.08.03 Sat

DCIM0873.jpg
解説はいいから、花火、花火。(春斗談)

DCIM0877.jpg
始まったーっ。(春斗談)

DCIM0878.jpg
綺麗~。(春斗談)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
12月3日 (火)
12月17日 (火)
1月7日 (火)
1月21日 (火)
2月4日 (火)
2月18日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【展覧会】
■「Christmas 珠玉の小品展」 
12月6日(金)~25日(水) 
東邦アート
(東京都港区芝公園3-1-14
電話 03-5733-5377)


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (80)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1550)
雑記 (180)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事