FC2ブログ
topimage

2020-07

教室展に向けての準備のスケジュール - 2020.07.14 Tue

以前から少しずつ進めて、少しずつ生徒さんに発表していました教室展、下に記しました形で企画しました。 
受講生には先週と今週の講座にて、展覧会へ向けての準備(各種訊くこと・額装レクチャー)のスケジュールを伝えました。
欠席者には郵送にてお知らせしたのですが、このためのプリントを作っていましたら、色々考えが纏まりました。プリントは次回の講座で配布し改めて説明したいと思います。

8月の講座日に、作品サイズ(=マットの窓のサイズ)、マットとフレームの色の希望、タイトル、受付当番に入れる日時を、受講生に訊きます。
そして9月の講座日に、額装の仕方をレクチャーします。

画像は、昨年3月に同会場にて開催しました時の様子。


【記】

展覧会名 : 「高松鉛筆画の会 作品展」

会期 : 2020年10月15日(木)~18日(日)  10時~17時30分(初日は11時~。最終日は16時迄)

会場 : サンポートホール高松1階 コミュニケーションプラザ

内容 : 画家・安冨洋貴が講師を務めます、NHK文化センター高松「楽しむデッサン・鉛筆画」、同「鉛筆画~デッサンの基本から~」、フォンテーヌ絵画教室の、受講生と講師が制作した作品(ひとり1点・サイズ自由)を、展観いたします。





「星座の会展」 - 2020.07.14 Tue

こちらの展覧会は終了いたしました。ありがとうございました。

グループ展を企画いただきました。 ありがたいです。

※ 会期終了まで、この記事をブログのトップでご案内し続けられるようにしています。
※ 通常のブログは下方で更新しています。


「星座の会展」

2020年7月8日(水)~14日(火) 10:00~20:00(最終日は17時まで)

阪神百貨店梅田本店 9階美術画廊 (大阪市北区梅田1-13-13)
電話番号 06-6345-1201

・ 出品作家 ・・・・
〈日本画〉 阿部穣、石踊達哉、上村淳之、奥村美佳、長田佳子、絹谷香奈子、椎名保、清水達三、竹内浩一、中島千波、中村あや子、浜田昇児、平松礼二、福井江太郎、福王寺一彦、松村公嗣、他 (五十音順・敬称略)
〈洋画〉 青木敏郎、有吉宏朗、伊藤尚尋、大路誠、小野彩華、片桐聖子、絹谷幸二、小杉小二郎、小林聡一、小森隼人、谷川泰宏、中島健太、中山忠彦、福井欧夏、丸山勉、三嶋哲也、光元昭弘、安冨洋貴、山内大介、他 (五十音順・敬称略)

・ 1960年七夕の日、夜空の星のごとく輝く新作を集めた展覧会を「星座の会」と名づけ、現在まで続けてきた阪神梅田本店の伝統企画。日本画・洋画壇の人気作家から新進気鋭作家まで小品を中心に展観いたします。

・ 私は、夜の川の畔を描いた8号の画と、泉に映るビルの灯りを描いた6号の画を、出品いたします。

日本芸術院会員や文化功労賞受賞の作家陣が連なります同会で、末席を汚させていただき大変光栄に存じます。

img20200704_00331983.jpg
(DM画像面)

img20200704_00342107のコピー
(DM宛名面・紹介文)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1684)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事