FC2ブログ
topimage

2020-09

オンライン講座のご提案 - 2020.09.26 Sat

NHK文化センターのIさんよりメール頂きました。 Iさんは、以前NHK文化センター高松へご赴任されおり、その時は大変お世話になりました。現在は同じNHK文化センターの関東の某教室へ転勤しております。
メールは、現在会社が進めていますオンライン講座のご提案でした。 
大変ありがたいです。 個人的にも、これからの社会を考えた時、いずれ取り組みたい案件と思っておりましたので、丁度良い機会と思いました。

しかし私はこれまでオンラインでのやり取りをした事がありません。その旨お尋ねしますと、オンライン講座の使用ソフトや、ダウンロードの手順等を、丁寧にお教えくださりました。誠にありがとうございました。
先ずは、Webカメラ(手元を撮ったりするためにはパソコン内蔵の物よりもUSBプラグインカメラがあると便利と思う)、音声機器(ヘッドセットまたはマイク付きイヤホン)の準備を整え、接続テストを行ってみたいと思います。


ふ~ん、


ま、頑張って。(愛息・春斗談)

 - 2020.09.24 Thu

朝食後、画廊Dよりお電話あり、先日お送りした資料が昨夕届いたとの事でした。
私がレターパックライトでその資料を郵便局に出したのは、先週金曜日の夕方。当日の最終発送に間に合いました。
レターパックライトなので、配達員が郵便受けに入れておく事も出来ますし、私も番号から追跡が出来ます。
翌日の夕方、郵便局のサイトで追跡してみますと、その日に着いたみたいなのですが、「お届け先休日等のため保管」と表示されました。
郵便受けに入らなかったからか、直接画廊Dに渡そうとしたところ4連休と重なったようでした。そして昨日ようやく届いたという顛末です。
尤もこの資料、実際に使うのは来月です。

お昼過ぎ、近所のベーカリーPへ行き、ブログトップで紹介しています「高松鉛筆画の会 作品展」(10月15日~18日・サンポート高松)のDMを置かせてもらいました。
食パンを買って帰ろうとしていましたら、事前に今日伺う旨を伝えていましたスタッフFさんから、まだ青いけど、と言いながら柿を頂きました。
この柿、Fさんの旦那様のご実家(徳島の剣山の近く・風光明媚な所)で取れた物だそうです。


ありがとうございます。 いただきま~す。

31年前の・・・・・ - 2020.09.22 Tue

アトリエのありますマンション、その駐輪場の脇に不用品(粗大ごみ)が置かれていて、それ自体は便利と思っています。ステイホーム中に断捨離された方も多いのか、古い家具が幾つか棄てられています。

何の気なく見ていますと本棚があり、その裏面には日焼けした古い新聞紙が貼られていました。

31年前のテレビ欄。


ここで注目すべきは、画面右、OHKテレビの13時「オールスター実家大賞 傑作集」の中に、クロマティって(笑)。 しかも再放送みたいです。

他にも「日曜特集・新世界紀行」(山陽テレビ 20時)の水木しげる先生、「笑点」(西日本テレビ 17時20分)の堺すすむ、「のど自慢」(NHKテレビ 12時15分)のチョー・ヨンピル、「野球教室」(西日本テレビ 11時)の亜仁丸、「春日局」(NHKテレビ 20時)の大原麗子、「たけしのここだけの話」(OHKテレビ 22時30分)の山口美江・・・・・各氏のお名前、懐かしいです。 
あと、「それゆけ!マーシー」(山陽テレビ 11時)の田代まさし(笑)。

連休ですがステイホーム(笑) - 2020.09.20 Sun

自宅の車庫の横に少しだけ土の部分があり、蝋梅を植えています。(まだ植えたばかりで低いですが)。 
そこの草抜きをしました。少し油断すると地面が見えないほど伸びてしまいますし、蝋梅があるため除草剤が使えないのです。

画像は夕食。


唐揚げも自宅で揚げました。 
お店のお総菜も良いですが、どうしても味は万人受けになっており、良くも悪くも無難で中庸。 家で作ると個人好みになり、美味。

連休ですがステイホームしています(笑)。とはいえ、コロナ禍で様々な活動が縮小し全体に漂っていた停滞感も、少しずつ緩和され、社会が再び動こうとする兆しを感じております。 私は、変わらず画を描くことに励みたいです。

図書館 / お遍路/木村克朗先生動画 - 2020.09.18 Fri

NHK文化センター高松での仕事の後、画材店Nへ行きクリアファイルとアクリル絵具を買いつつブログトップでご案内しています講座展のDMを置かせてもらい、隣接しています郵便局でレターパックを買い、高松市中央図書館へ。  
入るのは初めて。しかし同館へは過去に2度来ており、1度目はコロナによる長期休館のため利用できず、2度目は年に1度の資料整理期間と重なり利用できずで、3度目の正直でした。事前に同館ホームページで蔵書を検索していましたので直ぐに見付けられました。

バス停からの道すがら、20~30歳台と思われますお遍路さんに遭遇。 年齢は関係ないとは言え、若者が遍路修行をしているなんて、何か人生に疲れたり思い悩んだ事があったに違いない、と思ってしまいます。エールを込めて会釈しました。

帰宅後は、購入したクリアファイルへ昨日の内にプリントアウトしておいた資料を纏め、手紙を書き、レターパックにて画廊Dへ送ったり、額縁店Tへ行き、注文していた額縁を貰いがてら前述のDMを置かせてもらったり、恩師・木村克朗先生の新しい動画(こちら)を見たり。

「損して得(徳)取れ」 - 2020.09.15 Tue

先日自転車に乗りますとタイヤの空気が弛い感じがしました。その時は自宅で空気を入れれば元の状態に戻りました。
今日、マンションの駐輪場で何気なくタイヤを触りますと、後輪はそうでもありませんが、前輪はパンクしているかのようにペシャンコ。診てもらうべく近くの自転車店へ行こうにも乗ることも出来ない状態ですので、押して行きました。

スタッフさんに診せますと1時間くらいかかるとのことで、自転車を預けて1時間後に再び行き、修理してもらった自転車を受け取りますと、確かに前輪は直っており空気もパンパンに入っていますが、後輪はそこまでではありません。 後輪もついでに空気を入れてほしいと頼みますと、「良いけど500円もらうよ。」と。
断りました。 これまでも修理の翌日に異常が出た事があったり、特別良いお店とも思っていませんでしたが、もう行かないと思います。
改めて「損して得(徳)取れ」の気持ちで生きていきたいと思いました。

ざらめヨーグルト - 2020.09.14 Mon

Go to キャンペーン只中とは言え、なかなか外出できない昨今。お取り寄せしました。



宝塚牧場のざらめヨーグルト。
愛息・春斗が来ない内に食べよう。春斗が来ない内に・・・・。


「呼んだ!?」

このヨーグルト、酸味はゼロ。独特のトロみがあり味もまろやかでした。

国勢調査って・・・・ - 2020.09.12 Sat

午前中、アトリエで描いていましたらインターホンが鳴ります。 アトリエのありますマンションはエントランスの扉がオートロックになっていて、訪問者はそこにある機械に部屋番号を打ち込みます。すると打ち込まれた番号の部屋では電話からインターホンが鳴り受話器を取ります。 訪問者は機械横のスピーカーに向かって要件を言い、それを聞いた居住者が開錠ボタンを押すと、鍵が開くという仕組みになっています。
普段私の部屋に来るのは、事前に分かっている人か、宅配業者(これも自分で注文した商品なら来る日時は事前に把握している)くらいなので、そういった予定を事前に知らない場合は、正直、出ないことも多いです(失礼)。

今日は特に何かが届くとか誰かが来る、といった予定はなかったので、本来でしたらインターホンが鳴っても出なかったと思うのですが、ちょうど昨日届くのが2件あり、明日も1件あるのを意識していたからか、何気なく受話器を取りますと、国勢調査でした。 
私が、この部屋は事務所として借りているだけでここに居住していない旨を伝えますと、そこで会話は終わりました。
でもその会話って、スピーカーを通してエントランス中に聞こえています。 
「(部屋番号→)×××室の安冨洋貴さん」や、「ここに居住していない」など、個人情報がスピーカーで流れたんですが・・・・。

ここからは聞いた話。 
今では回答した紙は開封されることなくスタッフが回収したらそのまま機関へ提出するのですが、昔は回収した紙をスタッフが開封して記入漏れがないか確認していたそう。 
このスタッフ(調査員)って派遣やバイトで、その多くは地元住民。 年収や家族構成など個人情報が満載の用紙を見せて大丈夫だったのでしょうか。
位置付けは非常勤の公務員ですが、実態は公募で選ばれた地元住民。 職員なら守秘義務は当然職務上の「義務」なのですが、派遣やバイトにそこまでの意識徹底なんて出来たのでしょうか。
もちろん上述の通り現在は、用紙は開封されることなくそのまま提出されるので安心です。

明瞭と幽暗 - 2020.09.10 Thu

台風一過の後は、晴れたり小雨が降ったり安定しません。何より長期予報していた天気が直前で変わったり、ことごとく外れています。
描いています6号のクローバーの画は、7割くらい描き込めました。

特に配慮するのは、画面全体の空間感であり世界観。 
そこにあるのは、決して均一でフラットなモノではなく、明瞭と幽暗の混在。闇のベールに包まれて、微かに見え隠れするその具合を、如何に表現できるかだと思います。

インスタ☆デビュー - 2020.09.07 Mon

愛息・春斗が最近インスタグラムを始めました(こちら)。 宜しければ見てやってください。

台風? - 2020.09.06 Sun

九州南部を中心に台風10号が猛威を振るっております。交通機関が運休したり、神戸のFさんは出店する筈だったハーバーランドでのイベントが中止になったりと、各所で影響が出ています。

ここ香川県高松市は、めちゃ晴れています(笑)。 


画像はアトリエのベランダからの眺め。(左上のシーツは上の階の人が干している物。時々私のベランダに落ちています・笑)。
台風の季節も高松は毎年こんな感じで、周辺の喧騒が嘘のように、穏やかです。

夕方、8月は控えていた三条池へのウォーキングを再開しました。


突然の雨 - 2020.09.04 Fri

NHK文化センター高松での仕事の後、サンポート高松へ行き、同所で行います「高松鉛筆画の会 作品展」(10月15日~18日)についての用事を済ませ、画材店Nを経由し、高松市中央図書館へ。
約2kmを歩いたのですが、最後の最後で突然の雨。 とはいえラスト100mくらいでしたので、走れば大事には至りませんでした。

高松市中央図書館へは初めて来ました。来秋に企画頂きました展覧会への資料を調べるのが目的。これまでも当館のホームページで蔵書検索したり、 他にも目星を付けている物が数冊あり、楽しみにしていました。
入館しますと看板があります。「年に一度の蔵書点検のため今月3日~9日休館」と。
よりによって年に一度の期間に遭遇し、しかも雨。

一応建物の中には入れましたが、外はバケツをひっくり返したような雨。それまで全然はれていて雨の兆しもなかったので当然傘は持っていません。 それが30分後には小降りになり、40分後にはすっかり止んでしまいました。

激しい風雨 - 2020.09.02 Wed

徳島新聞カルチャーでの仕事へ。雨の予報でしたので折り畳み傘を持って出掛けました。
講座では、先月までお休みされていた2名の方がご復帰されました。どの講座もそうですが、コロナ禍で自重される方、またこうしてご復帰される方がおられます。
再び一緒に描けます事を嬉しく思います。
徳島新聞カルチャーも、NHK文化センター高松も、フォンテーヌ絵画教室も、ご復帰、お待ちしております。

終業後外に出ますと、雨はそれほどでもありませんでしたが、ゴォーと唸るような音と風。折り畳み傘を差しましたら、途端に傘の翼が裏返るほど(笑)。
そんな激しい風雨でしたのに、駅前まで歩いている間に止みました。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「高松鉛筆画の会 作品展」
10月15日(木)-18日(日)
10:00~17:30 (初日は11時~。日曜日は16時迄)
サンポートホール高松 1階 コミュニケーションプラザ 
(高松市サンポート2-1シンボルタワー・ホール棟)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
10月6日(火)
10月20日(火)
11月10日(火) ※第2週
11月17日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (85)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1707)
雑記 (185)
作品 Works 2020  (1)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事