FC2ブログ
topimage

2021-08

必死💦 - 2021.08.29 Sun

100号(1620×1620mm)の傘の画は、全体を描き込めた。 この後の額装と梱包は、家じゃないと出来ないのでアトリエ(マンション6階)から家へ移動。

めちゃ重いパネルを抱えて外階段を降りる。半歩ずつしか進めない。必死💦 まるでボルダリング・・・・。
次は絶対、軽いパネルにする。

「傘の日」 - 2021.08.27 Fri

或る画家のTwitterを見ていると、その人は蛸の画が得意なのだが、「8月8日は蛸の日」とあった。
では私がよく描く傘、傘の日っていつ? 調べると、「傘の日は6月11日」 (詳細こちら)。

ん? 6月11日って個人的にも記念日じゃない!?
凄い偶然にビビった(ΦωΦ)💦

ストリートビュー - 2021.08.26 Thu

昨日、車体に「Google」と記された車が家の前を走って行った。ストリートビューの撮影車だろうか。

一昨年、自宅の外壁を塗り替えたのだが、それ以降ストリートビューの更新がなされていないので、検索しても以前の壁色のままになっている。更新が待ち遠しい(・・;)。

知らなかったなぁ・・・・ - 2021.08.25 Wed

私が卒業したH小学校、昨年閉校していたようだ。
実際は、近隣3校と同地区の中学校が統合して、小中一貫校になった模様。

故郷の風景が、記憶の中と別物になってしまうのは、何とも寂しいなぁ。
子供のころ近所にあった大きなスーパー(JスコとMルナカ)や書店(M脇書店)が失くなった時は、時代の変化なので仕方がないとも思えたけど、まさか小学校がなくなるとはね。

荷下ろし。重かったよ。 - 2021.08.24 Tue

フォンテーヌ絵画教室の後、ホームセンターへ行き、板段ボール、材木、接着剤など購入。
特に板段ボールは183×91cmを8枚、車に積む。そしてアトリエで荷下ろし。重かったよ。

この板段ボール、来月上旬には全部使い切るんだから、それはそれで大変な工作を作る事になるな。

ラジオ - 2021.08.22 Sun

アトリエではラジオをかけっ放しにしている。以前はノートパソコンで動画をかけっ放しにしていたが、ラジオの方が相性が良いようだ。

日中はRNC、夕方からはFM香川に変える。今の時期はNHKで高校野球を聴く事が多い。 そういえば父も生前はラジオをよく聴いてたなぁ。地元の番組を聴いていると、ふと思い出した。

微調整するやり取り - 2021.08.21 Sat

ラナンキュラスの小品へ、荒描きを施した。
このところは次に30号で描く画の下絵を作っている。作っては別案が浮かんで、別案の下絵をまた作るのが、ここ1週間くらい続いている。5割くらい完成した下絵がたまってる。

だいたい毎回そう。 本画を描き始めても、下絵を微調整して確認する。 こういうやり取り、嫌いじゃない。

絶妙のスケジュールに感謝 - 2021.08.20 Fri

病院Oより電話あり、ワクチン接種日が決まった。絶妙のスケジュールに感謝。
秋は東京と京都で作品発表の機会がある。移動には公共交通を使うし、会場となる美術館や百貨店も多くの人が行き交う。

会期が始まるまでに2回の接種を終える事ができるスケジュール。 引き続き気を緩るめる事なく用心したい。

逆さまにしたことでん路線図 - 2021.08.19 Thu

1週間ほど前、ネットに「逆さまにしたことでん路線図 関西の大手私鉄にそっくり」という記事があった。(当該記事こちら) 

これは私も数年前ふと思った事がある。 でもこんなにきちんと、全体像として思いを巡らせるまでは、至らなかった。
これに当てはめると、自宅最寄りの伏石駅は、京都線の淡路駅あたりに相当するのかな。

※「ことでん(琴平電鉄)」は、地元香川を走る私鉄。

c2f584782065b2b275beb3af5d1ead19_640px.jpg
ことでん路線図(正位置)

9a430b5495298d3e4b464071d9b9b94a_640px.jpg
ことでん路線図(天地逆)

hannkyu 1
阪急路線図

西日本の豪雨と地元香川 - 2021.08.14 Sat

九州、中国、四国地方を中心に西日本は豪雨。
河川が氾濫しそうなら迷わず避難してください(*_*)💦

ここ香川県高松市も降ってるけど、勢いは普通の雨と同じか穏やかなくらい。いつもこんな感じ。
近県に何か起こった時でも、香川だけ無傷って事がよくある。 県内に大きな河川や山がないのも理由かな。

結構長くて多くて - 2021.08.12 Thu

描いている蝋燭の画は最終盤。同時進行で2点描いている。
今の時期、アトリエでは大作を描いているので、主に帰宅後、自宅で描いた。

炎も蝋燭も、描くのは初めてだったが、描きたいと思い続けた期間は結構長かった。 
こういう、決行していないが思い続けている事って、結構多い。

変更してたんだ・・・・ - 2021.08.11 Wed

今日って祝日じゃなかったの? 変更されていることを額縁店との電話で気付く。

個人事業は基本的に毎日稼働してるから、自身の制作においては曜日はそれほど関係ないんだけど、そうは言っても取引先はカレンダーに従って動いてるので、やはり曜日や祝祭日は頭に入れておきたい。

部屋に掛かっているカレンダーでは「11日(祝)」となっているけど、あとで今年に限り変更されたようだ。(詳細はこちら

他用もあり結局、額縁店へは行けなかった・・・・。

残暑お見舞い申し上げます - 2021.08.10 Tue


毎日暑い日が続くけど、熱中症に気を付けてお過ごしくださいませ。(愛息・春斗談)

オリンピック閉幕 / 近代五種に - 2021.08.08 Sun

オリンピック終わったね。

昨日の近代五種(フェンシング、水泳、馬術、射撃、ラン)に香川の乗馬クラブ・スタリオンステーブルの馬が出ていた。クイドゥーソ2と、アルティメイトZ。
2頭とも無事競技できていた。

ところで近代五種は上の競技を1日の間に行う。
しかも射撃とランは、レーザーランといって800m走と射撃を交互に4セット行う。 独特だ。


クイドゥーソ2


アルティメイトZ

それなら今、実行した方が良いと思った - 2021.08.07 Sat

今秋企画いただいています展覧会の事で、他の出品者さんとメールをする中で、
余裕をもって日程を作っていたが、実際はその通りにする方が後半のスケジュールが厳しくなるように思えてきて、それなら今、実行した方が良いと思った、
というやり取りがあった。

この感覚は、よく分かる。 私にもよくある。

作品を飾られたお部屋 - 2021.08.06 Fri

特注作品を納めたお客様から、作品を飾られたお部屋の画像を頂く。

シックで整ったお部屋の中央には縦長の窓があり、以前ご購入頂いた私の別作品と今回の作品が、窓を挟んで左右対になる形で飾られていた。 
お部屋の雰囲気によって作品が引き立てられた感じがして、嬉しくなる。

(画廊を通してやり取りしている都合上、画像を上げるのは控えます😵💦)

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。

★ ツイッター ↓
https://twitter.com/hiroki_yasutomi


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
9月7日(火)
9月21日(火)
10月5日(火)
10月19日(火)
11月2日(火)
11月16日(火)
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html


【発表予定】
■ 「枕草子にみる悠久の轍(わだち)」
10月13日(水)~19日(火)
京都大丸 6階 アートサロン


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、
「鉛筆の可能性」の頁に、
作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、
第2部・第一章に、
「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (95)
文献・メディア (38)
絵画講座 (2)
日記 (1935)
雑記 (198)
作品 Works 2021 (0)
作品 Works 2020  (1)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事