FC2ブログ
topimage

2019-11

誇れる対象 - 2013.12.20 Fri

NHK文化センター高松での仕事の後、来年3月で閉店します高松・天満屋へ行きました。
これまで同店美術画廊で企画頂きました個展では、美術スタッフの皆様に本当にお世話になりました。 個展時に画廊で一緒に接客したのみならずマスコミへのご挨拶や、コレクターさんのお宅へ作品設置へ伺う際ご同行させて頂いたのも、貴重な思い出です。
今日は、スタッフ内で最も私と年齢が近く親しくさせていただいていますKさんはお休みでしたが(ご調整を試みましたがどうしても外せなかったようです)、美術スタッフのMさん、Nさん、Aさん、Fさんへひとまずご挨拶しました。

私の故郷、高松・天満屋は、来年3月で閉店します(決定はそれの僅か半年 前の今年10月でした)。
美術画廊は成績優秀だったと以前からもそして今も聞いています。昨年末 には高松・天満屋も協力で、地元ミュージアムでコレクション展を企画され、多いに盛り上がり市民の美術への関心が喚起されました。僅か1年後、このようなことになるとは。
高松の風景から誇れる対象がなくなるのは本当につらいものです。




● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1209-02c38cab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福山天満屋へ在廊 «  | BLOG TOP |  » 古手帳風タブレットケース

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
11月5日 (火)
11月19日 (火)
12月3日 (火)
12月17日 (火)
1月7日 (火)
1月21日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (79)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1540)
雑記 (180)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事