FC2ブログ
topimage

2020-08

京都でのワークショップ - 2014.05.10 Sat

お昼より、勤めています美術学校が主催しますワークショップの講師をしますため京都まで行ってきました。普段私が担当します授業は、同校の大阪サテライト校での開講のみですので、京都まで足を運びますのは2~3年振りです。
今回のワークショップ、ビー玉を細密描写で描くのですが、参加された皆さん途中休憩もなく3時間集中して描き切りました。 微に入り細に入り見詰めると、普段目にしている物の中に如何に細やかな変化があり、心をハッとさせる美が在る、と発見した事と思います。

私も高校生や一般の方にレクチャーしながら描いていただくにあたり、 伝わりやすい言葉の選択やその順序ってどのような物だろう、と思い、 普段何気なく行っている描画のことを、改めて意識したり見つめ直す機会を いただけた想いです。
本当にありがとうございました。

学生時代からお世話になっていますK先生、副手のUさんも当時行った自主企画の展覧会でお世話になった事があり、お二人に再会できましたことも懐かしいです。
アシスタントを務めてくださったMさん、IさんはK先生のゼミに所属しているとのこと。棟の様子も当時のままですし自身の10数年前の姿と重なります。

ワークショップ終了後、K先生の受講生の実習室をご案内して頂きました。当時は各自で行っていたような研究を、組織立ってしているのが羨ましく思えました。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1324-1ce217b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

作品ファイルの増補刷新 «  | BLOG TOP |  » 加筆作品を持って。

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


■ 「6人の洋画家たち -技法の魅力-」
8月19日(水)~25日(火) 
玉川タカシマヤ 5階 アートサロン
(東京都世田谷区玉川3-17-1
電話 03-3709-3111)


【フォンテーヌ絵画教室 開講日】
7月7日(火)
7月21日(火)
8月4日(火)
8月18日(火)
9月8日(火) ※第2週
9月29日(火) ※第5週
上記日程の、10時~12時
高松市 鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html



【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」が掲載されています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (84)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1682)
雑記 (184)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事