topimage

2017-08

高橋由一展へ - 2014.05.16 Fri

NHK高松での仕事の後、香川県立ミュージアムへ行き、高橋由一展を見ました。いつもは17時閉館ですが、金曜日は19時30分まで開いていますので金曜日に高松へ来て夕方以降フリーとなります私には丁度良かったです。
自画像から始まり、風景画、代表作「鮭」をの筆遣いへ眼を運び見ていますと、彼が実際に描いていた様がイメージされます。 「鮭」の、特に板に描いた作品は、板の元々の木目と、描かれた対象が融合していて、現実と非現実の狭間を彷徨うような不思議なリアリティを感じました。

今展の正確な展覧会タイトルは「日本近代洋画への道 山岡コレクションと高橋由一の名品を中心に」です。 
このタイトルにもありますが、今展では高橋由一の作品以外にも、江戸後期に日本へ渡ってきた西洋絵画をもとに日本人がいかに西洋絵画を理解しようとしたか、その研鑽の中で生まれた作品124件を伺える展覧会でした。
中村不折や黒田清輝の人体デッサンからは、彼らが人体の骨格や筋肉といった構造を、また空間認識を厳しく意識し、確かな理解のもとに表現している事が伝わる物でした。
また個人的に大好きな小田野直武の作品も、実物が見れました。欲を言えば彼の植物画も見たかったです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1328-660891b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

四谷シモン人形館へ «  | BLOG TOP |  » 作品ファイルの増補刷新

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。

⬛ 個展「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」
8月16日~22日
横浜タカシマヤ
(045-311-5111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1530)
雑記 (155)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事