FC2ブログ
topimage

2020-03

30号制作再開 / アトリエで使う物たち - 2014.12.08 Mon

日中、中断していました30号の制作を再開しました。 画面の中央に配置していますソファーの部分は中断前に描き終えていましたので、これから背景を集中的に描き込みます。

夕方、自宅最寄り駅の阪急・川西能勢口駅に直結していますアステ川西のSeriaでブックスタンドや霧吹き、修正テープ、ねじりっこ(ケーブル類を束ねる針金をビニールや和紙で覆った紐。正式名はビニールタイ。しかし今回買ったのは紺色の和紙で覆われた物)などの雑貨を買いました。 今回買った物は主にアトリエで使う物たちです。
ブックスタンドは黒で、花弁のカッティングが欄間のように施されたものです。 霧吹きも黒で、水を入れる胴体部分が黒のスモークのような半透明になっています。

所謂100円ショップなのですが、制作のモチベーションを向上させるような少しでもお洒落な物を、とあがいてしまいます。 同じ価格でもお店によって揃えている商品のデザインには相当な差(単純に目的による差異でもあるのですが)があるように思います。Seriaのラインナップは比較的好きです。(今は無き「クリスタル」も好きなお店でした)

自宅は居間を始め殆どの部分が和風の造りです(部屋と部屋の間は襖、窓には障子)。 家具の色も白やアイボリー、セピア色で占められているのですが、アトリエで使う物は黒や紺色が多いように思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1455-fa130747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プリント類を作成/何もない空間 «  | BLOG TOP |  » 教室展DM配布

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 画家・日本美術家連盟会員
夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【フォンテーヌ絵画教室・開講日】
3月3日 (火)
3月17日 (火)
4月7日 (火)
4月21日 (火)
5月12日 (火) ※第2火曜日
5月19日 (火)
香川県高松市鍛冶屋町1-2 榊原ビル2階 ギャラリー ラ・フォンテーヌ
(上記の日の、10:00~12:00)
ご見学、1日体験受講もございます。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2192.html 


【掲載】
● 平成31年高校3年教科書「美術3」
(光村図書出版株式会社) の、「鉛筆の可能性」の頁に、作品「雫の器」を掲載しています。
詳細は↓こちら↓。
https://www.mitsumura-tosho.co.jp/kyokasho/k_bijutsu/31bi/index.html


【論文・紀要】
● 電子書籍 「洋画1 素描と絵画」
(京都造形芸大 東北芸術工大 出版局)の、第2部・第一章に、「鉛筆による静物画表現」 を著述しています。
詳細は↓こちら↓。
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/blog-entry-2468.html

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (82)
文献・メディア (37)
絵画講座 (2)
日記 (1610)
雑記 (182)
作品 Works 2019  (1)
作品 Works 2018  (1)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事