topimage

2017-06

回収修理されるプリンター/着色ー1 - 2015.01.27 Tue

先日、自宅で使っていますプリンター本体のモニターに 「廃インク吸収パッドの吸収量が 限界に達しました」というメッセージが出ました。ネット検索しますと回収修理の対象とのことでした。それでも数日は使い、 昨日依頼しました。無線接続に関して再接続が必要か否かなど気にしていたことを質問しました。
そして本日お昼、回収に来られましたのでプリンターを渡しました。

描いています薔薇の画は鉛筆での描画を終え、着色の段階に入りました。
アクリルで着色するのですが、最初はトランスペアレント・ローアンバー・ライト(リキテックス・プライム)の濃淡のみで着色します。主にハイライトとダルトーン以外の、ハーフトーンの箇所へ着色します。
元々画面は全てモノクロームなのですが、着色した箇所のみ色彩が感じられ、他に対して飛び出して見える効果が生じます。 着色はこういった事を意識しながら行いますので、一律的に塗るのではなく、ボリュームを意識します。この際私は全て面相筆を使います。
いきなり固有色(林檎なら赤、葉なら緑、といった最終的な色)を施すのではなく、鉛筆による描画→褐色による描画→支配色、固有色、と重ねて段階的に色彩を施します。

アクリル絵具は絵皿に取り、相当薄めて使います。ほとんど水のようです。 イーゼルのサイドテーブル(作業台)には霧吹きを常備しています。普段は紙を水張りするときに使うのですが、絵具を希釈する際の水としても便利です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1484-f20d1a8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

like an amber «  | BLOG TOP |  » 連絡したり制作したり

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛「リアリズム・アンソロジー Ⅳ」
6月28日~7月4日
あべのハルカス近鉄本店 美術画廊
(06-6624-1111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (56)
文献・メディア (26)
日記 (1503)
雑記 (151)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事