topimage

2017-08

二度とない、貴重な一瞬 - 2015.02.21 Sat

お昼より、京都造形芸術大の卒業制作展へ行きました。
私が通っていた時よりも学生数が増え、全部見て歩くのは大変でしたが、瑞々しい表現の発端を見るに、元気ももらえました。

展示されていた作品も勿論見ていましたが、学内を歩く学生、画面を通して伺える人を見ていたような気がします。 
それは私が学生だった当時と、あまり変わらない人たち。忘れていた人たち。あの頃の私。
学内では知った人とは会いませんでした。研究室も副手さんが外出中で閉まっていました。 
帰り際、歩いていましたら夕闇の向こうから、プロダクトデザインのK先生に逢いました。 プロダクトデザインは私が最初に非常勤講師で勤めていました研究室ですが、あまり話せませんでした。

みんなどうしてるかなぁ。 
もう一度、みんなと同じ壁に作品を並べたいけど、それは叶わぬ夢、かな? 
二度とない、貴重な一瞬だったと改めて思います。

fc2_2015-02-26_00-36-02-861.jpg

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1504-58a2b4dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

髪を切って喉を潰す «  | BLOG TOP |  » 反響が続々と

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 個展「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」
8月16日~22日
横浜タカシマヤ
(045-311-5111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1528)
雑記 (155)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事