topimage

2017-08

理論の下で懸命に実践 - 2015.06.02 Tue

NHK文化センターでの仕事でした。出席日数の関係で全員ではありませんが、多くの生徒さんが第1課題を描き終えました。
陰りを付けることで、自身が描きました画が本当に立体的に見えたり、テーブル面に生じる影を描くことで、如何にもモチーフがテーブル面に乗っているように見えるようになりましたことに、新鮮な驚きを伴っていました。

そうのようになる理論の下で、そのようになるまで懸命に実践し、そして結果に感激できます事、大切と思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1564-f864ad5f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

水彩と鉛筆で描き重ね «  | BLOG TOP |  » 視野が開く時

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 個展「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」
8月16日~22日
横浜タカシマヤ
(045-311-5111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1528)
雑記 (155)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事