topimage

2017-10

思い描いていたビジョンで満たされるまで - 2015.08.10 Mon

描いています薔薇の画、薔薇そのものは先に描き上げていて、背景となります水の波紋に取り組んでいます。今日、その右半分を終えました。
私の手順の多くでは、大体の位置決めや粗描きを終え、描き込みますのは左から、となりますのが多いのですが、これも一様ではなく、毎回微妙に変わります。
技法によっては、些細な順序も仕上がりに左右を及ぼし厳密に決められることも多いと思いますが、鉛筆画においては、効果的な手順は大筋にはありますが、些細な順序ではどちらを採ろうとも同じと思える場合があります。

肝要なのは、どのような仕上がりとしたいのか、という最終の完成のイメージを、ありありと想像出来ていること。(長時間描いていましてもこの部分が薄れてしまわぬよう、当初の想いを纏めた小下絵を作っておきます。)
そこへ至る大筋の手順を知っていること。そして画面が当初想い描いていたビジョンで満たされるまで、頑なに辞めないこと。

尤も、止め時を 「見極める」 のは苦手と言うほどではありせんが、案外難しいです。一度これで良いと思っていても後で加筆することも度々です。 それも画との付き合いかとも思います。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1607-adf1e0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィールに追記 «  | BLOG TOP |  » 夏の暑さも冬の寒さも

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【これからの出品予定】
■ 安冨洋貴 特集
11月12日(日)
高松国際ホテル 2階 讃岐の間
(香川県高松市木太町 2191−1)

■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (26)
絵画講座 (1)
日記 (1191)
雑記 (140)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事