topimage

2017-05

コレクション展、幻獣神話展、拝見しました。 - 2015.08.16 Sun

お昼より展覧会を見に行きました。 途中クリーニング店に寄り、出していましたジャケットを貰いました。
自宅最寄りのJR北戸田駅からですと銀座へは、池袋駅で乗り換え45分ほどで着きます。

私の画も出品頂いています銀座かわうそ画廊での 「白と黒の法悦 関一彦マイコレクション展」、本日最終日でした。
画廊に入りますと今展の企画者でコレクターのSさんもおられました。 銀座特有のコンパクトなスペースにはSさんコレクションの作品が30点くらいあり、1点1点のクオリティが高かったです。 
その作品の技法や周辺のお話しも興味深かったです。コレクションする作品に予め傾向を設けているわけではなく色んな作品を持っているとのことでした。しかし今展はモノクロームに絞られていますのでSさんの視点や纏まりを感じられました。
画廊には作家のSさんも来られていました。思いがけない再会に驚きましたが、お元気そうで何よりでした。

渋谷へ移動し東急Bunkamuraで 「幻獣神話展Ⅱ-遙かなる憧憬との対峙」 展を拝見しました。Sさん、Eさん、Mさん等、気になっていました作品を拝見しました。
先のコレクション展もそうでしたが、表現が本当に多様で、その多くは作家が独自開発した技法の使用率が高そうで、それでいて使いこなしていて画面空間に破綻や違和感の類いがなく、見ていて脳が満足するのを覚えます。



(自作と9年振りに再会しました)


(全作品に、購入した画廊と年と共に、Sさんの感想が書かれていました)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1612-e45f1a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

帰省 (香川県東かがわ市≒うどん県てぶくろ市) «  | BLOG TOP |  » コレクション展 「白と黒の法悦 関一彦マイコレクション展」

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 「Attirant Ⅴ」
6月15日~24日
瀧川画廊
(06-6365-6578)

⬛「リアリズム・アンソロジー Ⅳ」
6月26日~7月4日
あべのハルカス近鉄本店 美術画廊
(06-6624-1111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (54)
文献・メディア (25)
日記 (1489)
雑記 (149)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事