topimage

2017-05

S先生回顧展 - 2015.09.22 Tue

故郷・香川でのS先生の展覧会がありとんぼ返りで帰省しました。シルバーウィークですし、ちょうど良かったです。

作品は全て水彩で、画面の所々には薄美濃紙がパッチワークのように貼られていて、それを透かして下の色彩と響き合いますと、色彩はより深く拡がる感がありました。また箔を使った部分も全体の中で調和と小気味良い効果となって表れていました。

展覧会は回顧展の様相で、60点くらい飾られていたと思います。
100号前後の大作は20歳代の頃の作品から最近の物まで、また本画以外にも模写、広報誌の表紙絵や巻物絵(複製)などの依頼仕事も展示されていました。

上述しました近作のカラフルな作品に目が行きますが、20歳代の頃の模写や、近作では考えられないほどのモノクロームの仕事が延々続きます40歳代の制作が、後の多彩なテクニックや色彩を闊達に使いこなすベースとなっているのを感じました。


(近作)


(近作)


(近作)


(20歳代の頃の模写)


(40歳代の頃の作品)


(「農業香川」表紙絵)

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1635-99bff95c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

展示案を見ていただきながら «  | BLOG TOP |  » 銀座伊東屋へ。

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 「Attirant Ⅴ」
6月15日~24日
瀧川画廊
(06-6365-6578)

⬛「リアリズム・アンソロジー Ⅳ」
6月26日~7月4日
あべのハルカス近鉄本店 美術画廊
(06-6624-1111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (55)
文献・メディア (25)
日記 (1491)
雑記 (149)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事