topimage

2017-07

グラデーショントーンを豊かに加筆 / 遂に第3案に突入・・・・ - 2015.10.22 Thu

一旦描き終えていました画へ加筆しています。描いている最中は夢中になっていますので気付かない事も、暫く時間を空け、制作中とはまた違った気持ちで眺めていますと、伝わり易い画面へ向けてすべき課題が見えてきます。
画面へ筆を入れる前に、フォトショップで加筆のシミュレーションをしたり、プリントアウトした画像へすべき件をかき挙げておきます。これら行程計画と実際の画面を見比べ、少しずつ描き加えます。
メインモチーフの薔薇の明暗が単調でした所へハーフトーンを加え、その後ろの杉板も周囲へ背景に近いトーンを施し、グラデーショントーンを豊かにしました。その中で薔薇の花弁の質感を更に描き込みました。
鉛筆での仕事は今日で終え、明日から水彩での着彩と鉛筆での調整をします。

夕方より次に6号で描きます風景の下絵を再検討(次に、といっても描くのはスケジュールの都合で年明け2月頃)。最初に考えた案から数えますと第3案になります・・・・。恐らく今回はこれで大丈夫と思います。
第1案も良かったのですが、当初よりこの案は6号よりも12号くらいが自然なサイズと思っていました。
第3案はかなり昔に取材しましたオープンカフェが元になっています。
取材当初は少し難解な構成という印象で、描けると想えるまでに時間がかかりましたが、強く訴えかけてくる光景には何かしらの必然性があると思います。自身がそれを理解できるといいますか府におちるまでずっと気にし続けていますと思わず助けられた感です。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1652-dceced2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポトス «  | BLOG TOP |  » 暗い空間が少しずつ薄明るく

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

⬛ 個展「安冨洋貴展 ~煌めく夜~」
8月16日~22日
横浜タカシマヤ
(045-311-5111)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (57)
文献・メディア (26)
日記 (1514)
雑記 (152)
作品 Works 2017 (0)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

最新記事