topimage

2017-11

色彩が空間と合致するまで - 2015.11.02 Mon

メインとなる薔薇の描画を一通り終え、背景のカーネーション模様に着手しています。
カラー作品として描く時は、鉛筆で輪郭線の描き起こしととトーンを薄く施したら、そのまま描き込む前に水彩で着彩し、その後で鉛筆で本格的にトーンを施し立体感を伝えるようにします。
水彩の上に鉛筆が重なり、着色のみで立体感に乏しかった薔薇が立体的に見え始め、色彩も深くなり、色が空間と合致しますと、一安心なのですが。

画は、その中で奥へ奥へと拡がる空間を感じさせる物でありたいと思っています。
凄く簡単に言いますと、手前→奥を叶える方法として、モノクロームではハイコントラスト→ローコントラスト、色彩では高彩度→低彩度。
手前へ飛び出てくる要素と、画の奥へと吸い込まれる要素を、組み合わせることで空間を感じさせています。

特に私の目指す画面は、こちらへ飛び出てくる感よりも、画の中へ吸い込まれる感の方が、比率としては強くありたいと思っています。
色彩は画面の中でかなり発言力を持ちますので、最初から薄く施すのみで、重ね塗りも薄く、徐々に。立体感や空間感を与えるための調整には色彩も使いますが、鉛筆で行うのが殆どです。

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.com/tb.php/1658-c72ae5cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異なる表現が同居と対比 «  | BLOG TOP |  » 2枚重ねのカーテン

プロフィール 

安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)

Author:安冨 洋貴 (ヤストミ ヒロキ)
★ 夜の心象光景を鉛筆で描いています。 下の「カテゴリ Category」に、略歴、作品画像など詳しく在ります。

★ 作品のご用命、お問い合わせは、下の「メールフォーム」、または
東邦アート株式会社(03-5733-5377 http://www.tohoart.com/)へ、お願いいたします。


【ボランチ絵画教室・開講日】
11月7日(火)
11月28日(火)※第4週
12月5日(火)
12月19日(火)
1月16日(火)
1月30日(火)※第5週
香川県高松市天神前7-19 2階
ギャラリー ボランチ
http://hirokiyasutomi.blog111.fc2.
com/blog-entry-1999.html


【これからの出品予定】
■ 第5回 エトワールブリヤント展
11月10日(金)~21日(火)
画廊大千
(大阪市中央区道修町2-5-14
電話 06-6201-1337)

カテゴリ Category

プロフィール (1)
Biography (1)
作品テーマ (2)
Statement (2)
展覧会 (59)
文献・メディア (28)
絵画講座 (1)
日記 (1201)
雑記 (145)
作品 Works 2017  (1)
作品 Works 2016  (1)
作品 Works 2015  (1)
作品 Works 2014  (1)
作品 Works 2013  (1)
作品 Works 2012  (1)
作品 Works 2011  (1)
作品 Works 2010  (1)
作品 Works 2009  (1)
作品 Works 2008  (1)
作品 Works 2007  (1)
作品 Works 2006  (1)
作品 Works 2005  (1)
作品 Works 2004  (1)
作品 Works 2003  (1)
作品 Works 2002  (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

QRコード

QR

月別アーカイブ

おすすめ

最新記事